史跡訪問の日々

幕末維新に関わった有名無名の人生を追って、全国各地の史跡を訪ね歩いています。

沼津 Ⅵ

2017-12-23 01:03:16 | 静岡県
(千本浜公園)


沼津公園

千本浜公園入口に建つ石柱である。西園寺公望の書。この公園は明治四十年(1907)に開園されたが、この頃、西園寺公望はしばしば千本浜の仙松閣ホテルに滞在しており、別荘も建てようとしていた(用地まで取得していたが、最終的に取りやめている)。付近は沼津御用邸もあり、別荘地として栄えた場所であった。


間宮喜十郎頌徳碑

千本浜公園には、文学碑や顕彰碑が多数建立されているが、その中の一つ。篆額は西園寺公望。公望六十二歳の作。間宮喜十郎は、慶應義塾出身の教育者。明治初期の沼津の教育に貢献した人物である。碑文は明治四十三年(1910)に書かれ、明治四十四年(1911)に建立されている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 青梅 Ⅲ | トップ | 東松戸 »

コメントを投稿

静岡県」カテゴリの最新記事