うえ松えいじの一言

雇用とくらし守って、市民の幸せつくる松原へ
平和・自然を壊さない・一人ひとりを大事にする社会へ!
うえ松えいじです

選挙戦3日目、公報がお手元に届けられました。

2018年08月29日 | 日記
選挙3日目も、ご支援のお願いと政策の訴えに上がりました。

今日もまだまだ、暑い陽射し照りつけます。
こんなに暑い中でも、汗を拭き💦、手にペットボトルを持った中学生の子どもたちがクラブ活動から帰る姿をよくみかけました。

もう直ぐ2学期が始まります。2学期の一番の行事、運動会の練習がまだまだ暑い中で始まります。幼稚園に通わせるお母さんが、「子どもは、暑くても張り切って練習するからこそ心配です。」と切実な声を聞いてきました。
いよいよ、皆さんのお手元に公報が届きました。


私、うえ松えいじは、「ただちにエアコンを遊戯室にだけでも緊急に付けてほしい」「子どもの命を守って欲しい」という願いを何よりも最優先で進めるために頑張ります。
気象庁は、この暑さを、「災害に匹敵する」と言っています。災害ならすぐに対策をしなくては命を守れません。
私は、36年間の市職員として働いた内の多くは、市民の皆さんの命を守る防災に関する部署で仕事をしてきました。
命を守る仕事を経験してきまからこそ、市の機敏な判断が必要であることがわかるのです。松原市は、幼稚園、小中学校の教室へのエアコン設置の計画すらありません。
私は、「子どものいのちを守って欲しい」という皆さんの願いを実現するため頑張ります。
私、うえ松えいじを議会に送って頂いてその仕事をやらせてください。どうぞご支援よろしくお願い致します。


最新の画像もっと見る

コメントを投稿