よきおとづれ  

メッセージは榎本和義牧師

10月31日(火)の聖言

2017年10月31日 | Weblog

「わたしはみ言葉を与えられて、それを食べました。み言葉は、わたしに喜びとなり、心の楽しみとなりました。万軍の神、主よ、わたしは、あなたの名をもってとなえられている者です。」エレミヤ15:16

 言葉を食べるとは奇妙な言い方ですが、本意は神様の言葉に自分をぴったりと合わせることです。聞いてやり過ごすのではなく、食物の如く、咀嚼し、飲み込み、自分の一部にするのです。体に入ったものは姿かたちがなくなってもエネルギーとなり、行動を生み出します。(KE)

コメント

10月30日(月)の聖言

2017年10月30日 | Weblog

「主はわれらの神であり、われらはその牧の民、そのみ手の羊である。どうか、あなたがたは、きょう、そのみ声を聞くように。」詩篇95:7

 羊を飼う習慣が日本にはありませんが、羊は飼う者がいなければ自分の力で生き延びることができないそうです。牙も、角も、爪も、速い足も、戦うためのものはなにもありません。ただ、羊飼いの導かれるままに従う事が命を保つ秘訣です。それは私たちと神様との関係でもあります。神様に守られ養われる羊であることを自覚して、心の耳をひらき、その声を聞き、従いましょう。(KE)

コメント

10月29日(日)の聖言

2017年10月29日 | Weblog

「地と、それに満ちるもの、世界と、そのなかに住む者とは主のものである。」詩篇24:1

 人は神様に造られ、神様の所有でした。ところが、神様の位を奪い、自分を神とするようになり、人は神様のものを盗み取ったのです。その結果、世界は暗黒に覆われ、無秩序と混沌がはびこり、情欲によって穢されたものとなりました。神様は失われたものを取りもどすためイエス様を世に遣わしてくださいました。すべてのものを「主のもの」とするためです。イエス様の命を代価に買われたあなたは神様のものです。(KE)

コメント

10月28日(土)の聖言

2017年10月28日 | Weblog

「あなたがたの地の実のりを刈り入れるときは、畑のすみずみまで刈りつくしてはならない。またあなたの刈入れの落ち穂を拾ってはならない。」レビ19:9

 これは神様が命じられる掟ですが、それは弱い者、貧しい人々など、社会の底辺にある人々を忘れないようにとのことです。彼らが落ち穂を拾うことで生活できるようにするためです。現代では刈入れをしませんが、収入の全てを自分のためにだけ使い尽くすのではなく、幾分かでも自分以外の貧しい人々のために使う心のゆとりを持っているでしょうか。(KE)

コメント

10月27日(金)の聖言

2017年10月27日 | Weblog

「神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。」創世記1:27

 神様の創造のわざのなかで、唯一「人」を造られたとき、神のかたちに造られたのです。これは人がそれ自身で尊い存在であることを表すものです。また他の被造物と違って、神様は人をどれほど愛しておられるかを語っています。「親に似ぬ子は鬼の子」などと言いますが、「神のかたち」を失った私たちを創造の原型に従って再創造するためにイエス様はこの世に来てくださったのです。(KE)

コメント

10月26日(木)の聖言

2017年10月26日 | Weblog

「わたしは、それを人間から受けたのでも教えられたのでもなく、ただイエス・キリストの啓示によったのである。」ガラテヤ1:12

 パウロはイエス様の直弟子ではなく、そのため使徒と呼ばれる人達から軽んじられ、信頼されない時期がありました。しかし、それゆえに、彼の信仰は聖霊によって教えられ、また、直接よみがえったイエス様に触れて不動のものとなりました。信仰は人から説得されたり、高名な指導者に導かれて得られるのではありません。御霊によって信じる心が与えられるのです。それは神様の恵みです。(KE)

コメント

10月25日(水)の聖言

2017年10月25日 | Weblog

「神が死人をよみがえらせるということが、あなたがたには、どうして信じられないことと思えるのでしょうか。」使徒26:8

 日本人は神様も得意・不得意があるものと思うようで、家内安全無事息災、家業繁栄交通安全学業優秀など専門領域があります。しかし、真の神様はできないことのない、何でもできる方です。そうでなければ神様といえません。死人を生かすなど、人には決して出来ませんが、神様にできないはずがない。神様がなさるならどんなことでも出来ます。あなたはそれを信じますか。(KE)

コメント

10月24日(火)の聖言

2017年10月24日 | Weblog

「しかし、彼を受けいれた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである。」ヨハネ1:12

 イエス様の救いは主を信じる者たちを「神の子」にしてくださることです。私たちは到底神の子などになれるわけがありません。しかし、処女マリヤに聖霊が臨み御子イエス様が神の子として生まれたように、聖霊が私たちを神の子として生んでくださるからです。イエス様を信じる私たちは神様の家族、神様を「お父さん」と呼ぶ関係に入れられています。(KE)

コメント

10月23日(月)の聖言

2017年10月24日 | Weblog

「これは、罪のゆるしを得させるようにと、多くの人のために流すわたしの契約の血である。」マタイ26:28

 十字架の死を目前にして、イエス様は弟子達と食事をしました。そのとき、杯をとって語られたのがこの言葉です。主はご自分の死によって、すべての人々の罪を許し、無罪放免の契約に血判を押してくださいました。なんと大きな喜びでしょうか。この新しい契約は今も信じるすべての人々に有効なものです。あなたも神様に罰せられない保証をいただいたのです。この言葉を信じて感謝しようではありませんか。(KE)

コメント

10月22日(日)の聖言

2017年10月22日 | Weblog

「主であるわたしは心を探り、思いを試みる。おのおのに、その道にしたがい、その行いの実によって報いをするためである。」エレミヤ17:10

 聖書をとおして語られる神様は木や石で作った神ではなく、また木偶の坊でもありません。今も生き働いておられる方です。しかも人を創造し不変の秩序で治めています。私たちの一挙手一投足から口の言葉、心の思いまで知り尽くして必ず報われます。人からの賞賛や報いを得なくても、神様の賞与を期待しつつみこころに従いましょう。(KE)

コメント

10月21日(土)の聖言

2017年10月21日 | Weblog

「こうしてサウルは主にむかって犯した罪のために死んだ。すなわち彼は主の言葉を守らず、また口寄せに問うことをして、主に問うことをしなかった。」歴代上10:13-14a

 サウル王は神様から立てられた王でありましたが、民衆を恐れて神様に従わなかったために、王位から退けられました。その後の彼の生涯はまことに惨めで、悲劇のうちに終わりました。決定的な失敗はなんと言っても「言葉を守らず」「主に問うこと」をしなかったことです。(KE)

コメント

10月18日(水)の聖言

2017年10月18日 | Weblog

「主なる神はこれらの骨にこう言われる、見よ、わたしはあなたがたのうちに息を入れて、あなたがたを生かす。」エゼキエル37:5

 預言者エゼキエルは枯れた骨が満ちている谷へ導かれてきました。そのとき神様は骨に預言して語られたのです。すると四方から息が吹いて来て骨に筋ができ、肉が覆い、生きたものとなりました。これはまさに神様の息、聖霊に生かされる私たちの姿です。罪と咎とに死んでいた私たちは主の復活の力、御霊に満たされて今日も生きるものとされています。(KE)

コメント

10月17日(火)の聖言

2017年10月17日 | Weblog

「信仰によって、彼は王の憤りをも恐れず、エジプトを立ち去った。彼は、見えないかたを見ているようにして、忍びとおした。」ヘブル11:27

 モーセはパロ王様の子として成長しましたが、自分の出生の秘密を知り、王宮を出て神の民と共に生きる道を選んだのです。その結果神様は彼の信仰にこたえて、神様の臨在を鮮やかに示し、彼もまた神様をまるで目の前に見ているごとく神様と共に生きたのです。今日もあなたと共にいてくださる見えない方を心の目に見つつ耐え忍び勝利を得てください。(KE)

コメント

10月16日(月)の聖言

2017年10月16日 | Weblog

「こういうわけだから、わたしたちは聞かされていることを、いっそう強く心に留めねばならない。そうでないと、おし流されてしまう。」ヘブル2:1

 信仰に立って生きようとするとき、それを阻もうとするサタンの力が強力に働きます。信仰は福音を聞くことから始まりますが、聞いたことをしっかり心にとどめて信じ続けなければ簡単に失われます。現実の事情や境遇、人の言葉、世間の習慣、心に忍び込む不信、自我の抵抗などが怒涛の如く押し寄せて、私たちを神様から引き離そうとします。ご用心ください。(KE)

コメント

10月15日(日)の聖言

2017年10月15日 | Weblog

「最後に言う。主にあって、その偉大な力によって、強くなりなさい。」エペソ6:10

 「強くなる」ことは、すべての人の願いです。そのために体力だけではなく、様々な「力」、経済力、政治力、知力など、「力」と名のつくものを少しでも多く得ようとします。しかし、それらはすべて肉の力であって人を生かす力ではありません。真の力は神様から与えられます。神様は全能者であり、力の根源です。自分の無能無力を認めて、へりくだり求める者に惜しみなく、与えてくださいます。今日も神様の力に満たされ生きてください。(KE)

コメント

十字架のイエス・キリスト

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/EjJNEsDJPFk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>