よきおとづれ  

メッセージは榎本和義牧師

4月30日(月)の聖言

2012年04月30日 | Weblog
「われわれは粘土であって、あなたは陶器師です。われわれはみな、み手のわざです。」イザヤ64:8

 私たちは陶器師の手に握られた粘土です。粘土は自分で好き勝手に用途や形を決めることは出来ません。陶器師によってそれぞれの器に仕上げられるのです。同様に、神様の手に握られ、日々造られている私たちです。思いがけないこと、願わないことなどがあります。しかし、造り主なる神様には明確な意図があり、計画があってわざをなさるのです。一握りの土くれにすぎないものですが、神様のみ手にあることを信じましょう。(KE)
コメント

4月29日(日)の聖言

2012年04月29日 | Weblog
「ただ一つのことだけ知っています。わたしは盲人であったが、今は見えるということです。」ヨハネ9:25

生まれつき目が見えなかった人に、イエス様はシロアムの池で洗うように命じました。主の言葉に従った結果、見えるようになりました。彼にとって、キリスト体験とも言うべき事態です。彼はどうして目が見えるようになったのか、さっぱり分かりません。理屈は説明できなくても、確かな結果を握っている彼はどんなに言われても動きません。私たちもこれ程の確信となるキリスト体験をしようではありませんか。(KE)
コメント

4月28日(土)の聖言

2012年04月28日 | Weblog
「これであなたがたは、主がアハブの家について告げられた主の言葉は一つも地に落ちないことを知りなさい。」列王記下10:10 

アハブ王は王妃イゼベルにそそのかされて偶像の神々を拝むようになり、彼の治世はまことの神様から離れたものとなりました。その結果、神様は預言者エリヤを通して警告や勧告を与えましたが、彼らは無視しました。しかし、神様の言葉は長年のうちに次々と具体化され、振り返るとすべて主の語られたとおりになったのです。聖書の言葉も同様に決して言葉だけに終わらず、必ず結果が伴います。(KE)
コメント

4月27日(金)の聖言

2012年04月27日 | Weblog
「主はわれらの神であり、われらはその牧の民、そのみ手の羊である。どうか、あなたがたは、きょう、そのみ声を聞くように。」詩篇95:7

 神様と私たちの関係が羊飼いと羊にしばしば譬えられます。しかし、私たちは実際の羊たちのように牧者なる神様に信頼しているでしょうか。考えると、羊飼いにとってこれほど扱いにくく、手ごわい羊はいないでしょう。それでも神様は忍耐し、寛容で、愛し続けているのです。今日も主は牧者となり、あなたに先立って進まれます。素直に御声を聞き、従順に従いましょう。(KE)
コメント

4月26日(木)の聖言

2012年04月26日 | Weblog
「あなたがたの地の実のりを刈り入れるときは、畑のすみずみまで刈りつくしてはならない。またあなたの刈入れの落ち穂を拾ってはならない。」レビ19:9 

画家ミレーの名画「落穂拾い」を思い出させる言葉ですが、旧約時代の律法の一つです。現代風に言うならば、いただく収入のすべてを残さず自分のために使い尽くしてはならない、と言うことです。収入の幾分かを弱い人、貧しい人などのために取り分けることを神様は願っているのです。それはまた私たちが神様に養われていることを証しする行為でもあります。(KE)
コメント

4月25日(水)の聖言

2012年04月25日 | Weblog
「あなたがた自身が、だれかの僕になって服従するなら、あなたがたは自分の服従するその者の僕であって、死に至る罪の僕ともなり、あるいは、義にいたる従順の僕ともなるのである。」ローマ6:16

 人は何かに縋らなければ生きることができません。なぜなら、人は神様に頼って生きるように造られたものだからです。人それ自身は単なる器にすぎません。しかし、罪の力に握られると、人を傷つける凶器になります。神様の手に握られるとき、有益な器となり、世の光、地の塩となるのです。今日、あなたは誰の僕ですか。(KE)
コメント

4月24日(火)の聖言

2012年04月24日 | Weblog
「主よ、あなたのみわざはいかに多いことであろう。あなたはこれらをみな知恵をもって造られた。地はあなたの造られたもので満ちている。」詩篇104:24 

近くの公園を散歩すると鬱蒼とした木々に薄緑の若葉が芽生え、春の日差しを受けて命に輝いています。一年でこの時期ほど躍動感にあふれたときはないでしょう。まさに神様の創造のわざが進行中であると思わされます。山川草木は言うに及ばず、生きとし生けるものすべて神様のみ手によるものです。私たちもまた神様のみわざであることを覚えておいてください。(KE)
コメント

4月23日(月)の聖言

2012年04月23日 | Weblog
「すべて、心から喜んでする者は、主にささげる物を持ってきなさい。」出エジプト35:5

 神様が求められるのは、どんなことであっても、自発の行為です。強いられたり、嫌々ながらであったり、惰性や習慣ではなく、神様のために“心から喜んで”することを願っています。信仰に生きるとは物や行為ではなく、それらの背後にある心の状態です。自由意思により喜びと感謝をもってなされるなら、それらは清いもので神様が受けてくださいます。今日の一日を心から神様のものとして奉げ、主に仕える喜びを体験してください。(KE)
コメント

4月22日(日)の聖言

2012年04月22日 | Weblog
「もし、神がわたしたちの味方であるなら、だれがわたしたちに敵し得ようか。」ローマ8:31

“もし”と言われていますが、ここでは決して仮定の話ではなく、“その通りなのだ”と強調する表現です。神様はひとり子すら惜しまずに私たちを救ってくださった方です。どんなことがあっても、見捨てないどころか、私たちの側に立って味方してくださると言われるのですから、「鬼に金棒」どころではない、強力な後ろ盾です。だから、幼子のように、素直な心になって見えない神様のみ手を信じてゆだねましょう。(KE)
コメント

4月21日(土)の聖言

2012年04月21日 | Weblog
「信仰によって、彼は王の憤りをも恐れず、エジプトを立ち去った。彼は、見えないかたを見ているようにして、忍びとおした。」ヘブル11:27 

モーセはエジプト王の娘の子として育ちました。しかし、自分の出自を知り、神の民として生きる道を選びました。エジプトに居れば不自由のない生活は保障されたでしょう。しかし、彼は目には見えない神様を見上げて、困難をもものともしないで、神様の祝福を受ける決断をしたのです。そのことが彼をして神の民の指導者として用いられたきっかけです。あなたはどの道を選びますか。(KE)
コメント (2)

4月20日(金)の聖言

2012年04月20日 | Weblog
「わたしの兄弟たちよ。ある人が自分には信仰があると称していても、もし行いがなかったら、なんの役に立つか。その信仰は彼を救うことができるか。」ヤコブ2:14 

信仰は神様の言葉を信じて得られるものですが、ただ言葉だけに終わるなら、信仰が形骸化してしまいます。神様の言葉を信じて、それに自分の生活を賭けること、すなわち“信仰の行い”が伴ってこそ、信仰の結果を喜び味わうことができます。折に触れ、時の応じて与えられるみ言葉を受け流さず、そこで具体的な生活に結び付けようではありませんか。(KE)
コメント

4月19日(木)の聖言

2012年04月19日 | Weblog
「そのときエリヤはすべての民に近づいて言った、『あなたがたはいつまで二つのものの間に迷っているのですか。主が神ならばそれに従いなさい。しかしバアルが神ならば、それに従いなさい』。」列王上18:21

 人はずるいところがあって、旗色を鮮明にせず、なにごとも曖昧にしようとします。形勢を見ながら、うまい具合に立ちまわろうとするからです。それではいつまでも宙ぶらりんで、地に足のつかない人生を生きるほかありません。殊に信仰に生きようとするとき、心一つにして一途に貫くことが大切です。(KE)
コメント

4月18日(水)の聖言

2012年04月18日 | Weblog
「この民の前に出入りすることのできるように今わたしに知恵と知識とを与えてください。」歴代下1:10

ソロモンが王となった時、神様は「あなたに何を与えようか、求めなさい」と言われました。彼は正しく国を治める英知を求めました。国王として強力な軍隊や豊かな産物など求めたいものはたくさんあるでしょうが、彼は自分にとって何が最も必要なものであるかを知っていました。このことは神様のみ心に適って喜ばれたのです。主は何を与えようか、求めなさいと言われます。あなたは今なにを求めますか。(KE)
コメント

4月17日(火)の聖言

2012年04月17日 | Weblog
「彼らはその悩みのうちに主に呼ばわったので、主は彼らをその悩みから助け出し、住むべき町に行き着くまで、まっすぐな道に導かれた。」詩篇107:6-7 

悩み苦しみなど、試練にあうとき、パニックに陥り、常軌を失い迷い出てしまいます。そのようなとき、先ずすべきことは神様に祈り求めることです。主は真実な方ですから、必ず応答してくさいます。そればかりか、なすすべもなく、途方に暮れる者を懇ろに導いて、目的の地に案内する者のごとく、最後まで守り導いて下さいます。遠慮なく、大胆に主を呼び求めましょう。(KE)
コメント

4月16日(月)の聖言

2012年04月16日 | Weblog
「善を求めよ、悪を求めるな。そうすればあなたがたは生きることができる。またあなたがたが言うように、万軍の神、主はあなたがたと共におられる。」アモス5:14 

神様が共にいてくださるとは、私たちを導き、守り、恵むためです。共にいていただくには善を求め、へりくだった者となり、神様に聞き従うことが条件です。“善”とは道徳的、倫理的善行ではなく、神様のみこころに適う道です。高き所にいます神様は、へりくだって砕けた心で御心に従うとき、命を与え生きる者として下さいます。(KE)
コメント

十字架のイエス・キリスト

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/EjJNEsDJPFk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>