大岩剛監督は鹿島の体質を変えられるか?

鹿島 石井監督が解任!ACL敗退で決断 昨季2冠の実績も…後任は大岩コーチ

 昨日まで行われていたサッカーACL決勝トーナメント1回戦で
日本勢は川崎がタイのムアントン、浦和が済州に勝ってベスト8
進出を決めたのに対し鹿島は広州に敗れる形で終わった。

 今大会の日本勢はG大阪以外の3チームが全てグループステー
ジを1位通過するという見事な成績を残したのだが、問題の決勝
トーナメントでは先週行われたアウェー戦で川崎が3-1で勝っ
たものの鹿島と浦和は0-1&0-2で敗れるスタートだった。

 鹿島は相手が強豪の広州恒大だった事からアウェーでの0-1
は仕方ないかもしれないが、浦和が0-2というのは厳しいと思
われた。

 3試合ともホームで行われる第2レグでは川崎は4-1で順当
勝ちしたものの鹿島は2-1で勝ちながら1失点したためアウェ
ーゴール方式で敗退となった翌日、浦和は2-0で勝ち2試合
合計で2-2にして延長で1点を勝ち越し勝ち抜けを決めた。

 驚いたのは敗退した鹿島の石井忠監督が解任された事で、
昨年のCS優勝やクラブW杯ファイナリストという実績を過去
のものとしている考えだ。

 ただ今シーズンはリーグ戦とACLの2冠を目指すべく大型補
強をしターンオーバー制を取って2冠を狙ったのだが、上手く
機能させきれずに同じメンバーで戦い続けた結果、メンバーが
疲弊してチーム力がダウンした感が強い。

 それにしても鹿島というチームは昨年のCSやクラブW杯のよ
うな短期決戦には見事な勝負強さを見せる反面、こういった
長期にわたるリーグ戦などになると今ひとつ勝ち切れないのは
チームの体質なのかと思ってしまうので大岩剛新監督がそこを
どう立て直せるかが注目である。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« キックベース... 意外な組織・U... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。