ウルトラセブンの活動時間は3分ではない事が分かったのは

 ウルトラセブンのキングジョー編で鮮明になったのは、ウルトラ
マンとの違いだろう。

 セブンとキングジョーの神戸港での戦いはウルトラ警備隊がドロ
シー・アンダーソンの記憶を蘇らせてライトンR30爆弾を完成させ
神戸港まで運ぶまでの間、延々と続いていたわけで時間にして2時
間前後はかかっており3分しか戦えないウルトラマンでは絶対に無
理な設定だ。

 セブンの戦いは13話まで苦戦がほとんどなく早めに決着を付けて
いたので、視聴者は時間制限がないという設定に気付かなかったの
だがキングジョーとの戦いで表面化した事になる。

 もともと1話から等身大の状態でクール星人と戦っており巨大化
しなかったのが13話中4話あるのだから、等身大での戦いがなかっ
たウルトラマンとの違いを実感していたのだろうが時間制限なしで
戦えるというのは決定的な違いである。

 考えてみるとウルトラマンに付いている活動限界を知らせるカラ
ータイマーがセブンにはないわけで、時間制限に縛られずに戦える
という事になる。

 その昔 円谷プロファンクラブ会報の投稿に‘ウルトラマンは宇宙
警備隊の隊員だったのに対しセブンは恒星観測員だった'的な記事が
あったのだが、時間制限のあるなしというのは両者の立場の違いと
もいえるだろう。

 とはいえセブンの場合も活動限界が近付くと額のビームランプが
点滅し始めるわけで、決して無制限に戦えるわけではないという事
ではある。

 ただし時間制限なく戦えるセブンだからこそ最終回で歴戦の戦い
で蓄積したダメージのためボロボロになってしまうという状況に
なるわけで、基本的に3分以内で戦いを終わらせていたウルトラ
マンでは絶対に起こりえなかったシーンだろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 1月15日の新年... キングジョー... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。