天川貴之 理念哲学講義録 哲学的エセー

無常から絶対無にいたる哲学の実相を平易なことばで綴り、人生に即した叡智のあり方を解きあかす。

6ー6「大楽天観の哲学」天川貴之

2018年06月09日 | 哲学(本文)
:::::::::::::::::::::
あの稲盛和夫をして
こう言わしめた書籍
『精神的ジャパニーズドリーム』
「京都賞受賞の可能性がある」
そして
『理念哲学講義録』
「更によくなっている」
:::::::::::::::::::::


理念哲学講義録~哲学的エセー~天川貴之
第六章 厭世観と楽天観について


第六節 大楽天観の哲学

究極の哲学者の御心は、遠大で深遠で、
何故にかくの如き人間と世界を創られたのかは充分に忖度しえない。
しかし、徹底的なる叡智と愛の実在であられるから、
必ず、地上の人生と世界の形式の裏には、
遠大で深遠なる意志があられるはずなのである。
私が探求できたことは、
煩悩的実在の人生の本質、世界の本質は、
「苦」であるという現象の真理と、
理性的実在の人生の本質と、世界の本質は、
「法楽」であるという理念の真理の両方があるということであり、
前者が厭世観の源となりやすく、
後者が楽天観の源となりやすいということである。
さらに、究極の絶対者は、
すべての人生と世界の幸と不幸、
光と闇とをすべて包みながら、
すべてを限りなく生長させてゆき、
同時に、限りなく芸術的に、
昇華してゆかんとされているのではないかということである。
かかる究極の絶対者を、
人生と世界の根底に把握することができたならば、
限りなく積極的に人生を生きてゆくことができるのである。
そこに、現象の真理である厭世観も、
理念の真理である楽天観も大きく包んだ、
大楽天観の哲学がうまれるように思うのである。
この大楽天観の哲学は、
大いなる究極の絶対者の御心を忖度したものであり、
その神髄は、「芸術的発展」にあるというえよう。
限りなく生長発展してゆきながら、
その過程で限りなく芸術的であること、
かかる観点から人生と世界を観じてゆき、
すべての与えられた存在を、
すべて「よきもの」として積極的に受けとめてゆくこと、
そして、かかる観点から、
「すべての経験を『よきもの』である。」と大楽天的に観じ、
芸術的に発展してゆくという視点が大切であると思う。
大楽天観の前では、すべてが光であり、
すべてが真であり、善であり、美であり、聖であり、
そして、すべてが絶対者の栄光の顕れなのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6-5「苦悩と絶対者の意図」... | トップ | 7-1「真の知と真の知者につ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

哲学(本文)」カテゴリの最新記事