練習日誌

草津スキースクール校長のブログ

久々の吾妻渓谷でノルディックウォーキング♪

2021年06月05日 | 日記

⇩クリックして頂きますと大きなご案内をご覧いただけますm(_ _)m

2021シーズンも草津スキースクールでは

「くさつさんぽ」他様々なプログラムをご用意させて頂きます。

コロナ禍の収束がいまだ見えない世の中ですが

でき得る対策を万全に行い

密を回避できる自然の中

皆様をお迎えさせて頂きます。

 

雪のない時期も草津は様々にお楽しみ頂けます(^_-)-☆

名湯草津温泉にプラスしてのお楽しみを

皆様にご体験頂けましたら幸いですm(_ _)m

 

草津スキースクールグリーンシーズンご案内

 

 

 

八ッ場ダムの向こう側

本日は久しぶりな場所でノルディックウォーキング♪

 

草津のお隣東吾妻町の名勝吾妻渓谷。

ノルディックウォーキングイベントなどで

かつてよく訪れておりましたが

 

久々に吾妻渓谷ノルディックウォーキング復活♪

本日ご案内をさせて頂きました(^_-)-☆

 

ノルディックウォーキングコース

よく利用させて頂いている

・野反湖 ・八ッ場ダム ・榛名湖 と同じく

こちら吾妻渓谷

狭い渓谷コースでありながら

長距離~短い楽チンコースまで

お客様の意向や体力、その日の状況等に合わせ

様々なコース設定ができる場所です♪(^_^)

最も長くコース設定すると10km近く歩けます。

本日は少し長めなコース設定。

東吾妻町の「道の駅あがつま峡」からスタートです(^_^)

こちらも1周250mのウォーキングコースや遊歩道

様々な遊具やドッグランも備えている「健康広場」が

大変気持ちよく運動できそうなすばらしい場所(^_-)-☆

広々した芝生を我々も利用させて頂きウォームアップ。

ここを歩いてるだけでも楽しめちゃいそうです(>_<)

ウォームアップも順調に、道の駅から遊歩道を通って吾妻渓谷へ。

吾妻川が何百年かけて削った渓谷。

その周りには豊かな自然。緑色が眩しいコースが現れます♪

↑緑色の中に見える赤い線は鹿飛橋です。

眩しい緑が木陰を作ってくれるので

今日は涼しく感じました。

激流な吾妻川の水のおかげか

コース内には気持ちよい風がずっと吹いておりました(´ー`)

渓谷内の遊歩道。

八ッ場ダムの建設と共に周辺も整備が進み

こちら吾妻渓谷でも整備は進み

渓谷内の遊歩道、歩きやすい道になりました♪

 

かつての吾妻渓谷ノルディックウォーキングの際も

良いコースでしたが、その当時を上回る良いコースです♪

眩しい緑に包まれた渓谷♪歩きやすい道あり

ちょっと冒険な道あり。楽しいコース♪

 

難易度の高めな道もあるのでそこを通る際は特に注意。

難易度高めの道は切り立った断崖

場所によっては万が一の際は命に関わります

 

今日は最後まで危険の少ない道を選択です(^_-)-☆

順調に歩を進め、八ッ場ダムサイトの堤体まで来ました。

現在の八ッ場ダムは放流中で、堤体に近付くにつれ放水の轟音が

だんだんと聞こえてきます。

ここまで来ると相当です。水の音もすさまじいけど

水の勢いがものすごい!ど迫力の放水を見る事ができました(@_@)

放水のおかげで渓谷を流れる吾妻川の勢いもすごいのだ。

コース内に吹く良い風はこの放水によるものかもしれません( ゚Д゚)

涼しくて快適でしたが(^_^)

堤体で折り返し。なのですが、現在は多目的エレベーターが利用可能になり

ダムサイトまで行く事ができます。

本日はエレベーター稼働日で乗ることが出来まして

八ッ場ダムも見てまいりました(^_^)

ワタクシめも多目的エレベーター初めて乗りました。

 

その気になれば道の駅あがつま峡から道の駅八ッ場ふるさと館まで

歩いていく事もできなくはない!?

相当な距離になると思いますが(>_<)

時間を作れたら道の駅ら道の駅まで

チャレンジしてみようと思います。

それにしても歩きやすいコースです♪

ノルディックウォーキングに最適です♪

八ッ場ダムの周辺もとても歩きやすいですが

こちら吾妻渓谷も劣らぬ素晴らしいコースです。

 

本日は結局8km程のノルディックウォーキングとなりました♪

ワタクシめの距離系で10km!?を記録してましたが

エレベーターの上り下りがたぶん影響したのだと思います。

ご利用下さいましたお客様ありがとうございましたm(_ _)m

 

草津スキースクールのグリーンシーズンプログラムは

↓このようにご用意してございます。

八ッ場ダムのノルディックウォーキング

吾妻渓谷のノルディックウォーキング

吾妻渓谷さんぽ

皆様のお問い合わせ・ご利用をお待ち申し上げますm(_ _)m

コメント   この記事についてブログを書く
« 岩の中のヒカリゴケ | トップ | 新緑の野反湖♪ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事