ひかり

健康の事、環境の事、趣味の事…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トロントのディパス♪

2014年06月25日 | カナダ


今日は、いつもと違って、トロント市内の交通機関を使って移動する時に便利な1日券を紹介したいと思います。

トロント市内の交通機関というのは、
地下鉄、バス、ストリートカー(チンチン電車)で、
TTCと言う表示がされている交通機関です。

写真がその1日券=ディパスです。
右が表で、左が裏側。
パスの左上に、TTCのロゴが付いています。
このロゴの付いている交通機関で使用出来ます。

写真のパスは、まだ、使用前なので、日にちを擦っていませんが、
使用するときは、その日の月日を擦って、使用します。

この、ディパスは、    1枚11.00ドル
トークン(コイン切符)は、4枚10.80ドル

なので、ディパスを使うとお得な場合は、
トークンを5枚以上使う予定がある場合と言う事になる。

例えば、週末の我が家の場合、
夫と私と一緒に出かける時は、このディパスを使います。
何処かへ往復するだけの場合は、トークンを最低4枚使うだけなので、
トークンの方が20セント安上がりなのですが、
途中で予定変更して、別の場所へ行ったりする事もあるので、
最初から、ディパスを使います。

※ただ、ディパス1枚を大人2人で使えるのは、土日祝祭日だけなので、
 平日は、ディパス1枚で大人1人分しか使えませんからご注意を。

週末に、あちこち回りたい時には便利です。

ディパスは、主に駅の改札で買えますが、
駅員さんがいない時が良くあるし、
行列が出来ている時も良くあるので、
写真のように、削っていない状態の券を持っておくと便利です。
鞄の中で削れてしまわない様に、ビニール袋等に入れてくと良いでしょう。
(行列ができている時は、私達は、パスを駅員さんに見せて、
荷物ゲートから、入ります。)

そして、バスの運転手さんからは、トークンもパスも買えないので、
こうして、予備を持っておくと、
最初にバスに乗る場合も便利です。

但し、写真のパスの様に、削っていない状態のものを買う時は、
その旨を駅員さんに伝える事を忘れずに。
でないと、その日の月日を削ったパスを渡されてしまうから、注意してね。


カナダの交通機関は、日本のそれとは、色々と事情が違って、
説明し出すと、あれこれと枝葉が伸びてきてしまうので、
今回は、これくらいにしておきま~す。


では、また明日~。


人気ブログランキングへ

”ランク”の為に始めたブログではありませんが、
あなたと同じ「志」を持っているかも知れない…と思うと、とても嬉しいです。
このご縁に心から感謝いたします。
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« Big Carrot に行って来た☆(... | トップ | 中東レストラン Tabule (ト... »
最近の画像もっと見る

カナダ」カテゴリの最新記事