680000番を踏まれた方、ご連絡を下さいませ。

うき特製のお菓子をお送りします♪



中村芝翫襲名披露に行って来たなり~







先日の歌舞伎座での芝翫さんの襲名披露を記録に残しておきますね。
演目は「外郎売」「口上」「熊谷陣屋」「藤娘」

とても楽しみにしていた「外郎売」
外郎は「ういろう」じゃなくて、丸薬のことなんですよ。
私、何も知らない頃は、ずっとういろう、つまりお菓子売りの話かと思ってたんです。
可愛いでしょ?
って!アホじゃ。
簡単に言ってしまえば、仇討ちを企んでる曽我兄弟の弟・五郎(松緑)が外郎売りに扮して敵役を襲おうとする、ちゅう話なんです。
ウリはその外郎売の口上、早口で滑稽で、芝居の見せ場なんです。
えっ?簡単すぎる?
だって、話自体はそないに上手いこといくかいな、って話なんだもん。
宴の余興として呼ばれた五郎が、敵役の祐経(歌六)に切りかかろうとしたら、突然十郎(亀三郎)が「弟、ちょっと待て早まるな」と現われるのよ。
2人で仇討ちをしようって。
オイオイ、何で五郎に居場所がわかったんだ?
タイミングがよすぎるじゃん。
また敵役の祐経が出来た人でさぁ、総奉行の大役を果たしたら、素直に討たれようと約束して、チャンチャン。
そんなん、あり得へんやん。
自分からわざわざ首を差し出すってするか?
万が一、約束したとしてもやで、そんな約束、普通、信じるか?
なーんて、突っ込んだら、話にならんよね。
ハハハ。

お次は口上。
この幕、何とか言ったんだけど・・・忘れた。
↑有名人じゃなくて、後援会の方に贈られたみたい。
襲名をする4人を挟んで、向かって右側から藤十郎・玉三郎・歌六・又五郎・松緑・菊之助・雀右衛門・我當・菊五郎
次は上手に移って、吉右衛門・魁春・東蔵・七之助・児太郎・梅玉
藤十郎さんが仕切りをやってたんだけどさぁ、何かねー、もう痛々しいの。
あのお盛んなおじいちゃんはどこに行ったのかしら?って感じ。
滑舌が悪いのは当然なんだけど、次の言葉が出て来ないのね。
数年前に見た曾根崎心中のお初も酷かったけど、あれとも比べようもないほど衰えてて、悲しくなったわ。
テレビで話題になってた菊五郎さんの口上は、「芝翫さんは奥さんに叱られ続けております」となってました。(笑
おっちゃん、引っ張るよねぇ。
つうか、ちょっとウケたと思って使い続けるのが、おっさん。
と言うてる私も、幕間に隣の席の人とお喋り。
おばちゃんという生き物は、どこでも知らん人に声を掛けてお喋り出来るのよね。
近頃、LGBTとか叫ばれてるけど、私は、男性女性、LGBTの他に、おっさんおばはんつう生き物もまた別に存在すると思うわ。
ハハハ。

次は「熊谷陣屋」
これも先日観た「寺子屋」同様、恩義のために我が子を殺しちゃう、っていう話なのよねー。
「2013年4月」に歌舞伎座のこけら落としでも観てるのよねー。
もう3,4回観てるんじゃないかしら。
前回は相模玉三郎さん藤の方菊之助さんで、年齢的におかしいんちゃうかと思ったの。
今回も相模魁春さんで、藤の方菊之助さんがやってたんだよねー。
藤の方は、いくつのときに、直実相模の仲を取り持ったんやって!
何か違和感があるわ~。
えっ?歌舞伎の女形はおじいさんになっても、少女だって?
うーーーーん。
そして、芝翫さん、何だかねぇ、直実は合わない気がする。
弁天小僧とか、もっと軽やかなものの方がいいんじゃないかなぁ。
わたくし、睡魔と戦ってしまいましたわ。

最後は玉三郎さん「藤娘」
ギリギリまで待って取った席は6列目の真ん中。
キャー!待ってました!
踊りは、変わらぬ恋を誓ったはずの男に浮気をされて、それでもその恋を捨てられない娘(藤の精)の心情を表したんだと思う。
踊り自体は切ないんだけど、早着替えもあって楽しめたわ~。
玉三郎さん、往年の艶やかさはないけど、やはりお美しい。
首を見なきゃ60オーバーなんて思えませんよ。
彼の藤娘、もう最後かもと思いながら心して観ましたよ。
って!失礼な。
機会があればまた観たいと思いますが、私自身もいつどうなるかわかんないからねぇ。
彼も歳を取ったけど、私も取った。
あって当然、いて当然と思っていたものが突然なくなるんだよ。
もうねぇ、勘三郎さんや三津五郎さんがいなくなってから、より一層強く思うようになったんだよねー。
形に残らないものほど、観られるときに、観ておかなきゃって。
ふふふ、そのせいでチケット貧乏になっちゃったけどね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



頂いちゃっていいの?なり〜







今日は、のんびり日曜日を過ごしておりました。
は、夕方まで目を開けていた時間が2時間にも満たなかったんじゃないかしら。
どれだけでも眠れそうな勢いよ。(笑
買い出しとお昼を食べただけで1日終わってるじゃん。
ハハハ。
お昼はマッシュルームが安かったので、オイルベースのスパゲティーにしました。
たらふく食べてええ調子でございました。

さて、昨日の友にこんなものを頂いたの。
奥さん!カラスミですよ。
国産のカラスミなんか数えるほどしか食べたことないよ。
こんな高価なものをもらっていいの?
桐箱に入ってるじゃん。
もったいなくて食べられないよ〜。
と言いつつ、ここはやはり軽く炙って、大根で食べる贅沢な食べ方をした方がいいかのう、と考えています。(笑)
の友は「スイーツがお好きだと聞いたので」と福砂屋の包みを下すったの。
カステラ?
カステラはの大好物じゃん。
包みを開けたら、手作り最中でした。
カステラじゃなかったので、ちとガッカリするであった。
↑最中も結構好き。
って!私にもらったんだって!
しゃーないなぁ、分けてやるよ。

そうそう。
頂きものと言えば…
最近めっちゃ嬉しかったもの。
じゃんぼおかんが豚まんと焼売を入れて来てくれた保冷バック。
↑もちろん豚まんも焼売も大活躍だけどね。
口はファスナーじゃなくて、マジックテープになってます。
ステキじゃーん!
あからさまなブランドもんで嫌らしいかなぁ。(笑)
ティーチャーチャタッタターと口ずさみながら、に披露しましたよ。
ハハハ。
どこに持っていこうかなー。
って!スーパー以外にどこに持って行くねーん。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



夫の同級生がやって来たなり〜







昨晩?来訪者555555人を突破いたしました。
いつもくだらない独り言にお付き合い頂きまして、ありがとうございます。
大して有効な情報、いや、ほとんど愚痴といった内容に突っ込むことなく(笑)、皆様の大人の対応に感謝しております。
ええ、叩くのは大好きなくせに、叩かれ弱いのでございます。
ホホホ。
該当の方からは既にご連絡を頂いております。
以前に何度かキリ番をGETされたことがあるぷぅさんでした。
PCとスマホ(?)を駆使されたようですよ。(笑
カウントはIPアドレスで取ってるので、他にもキリ番を踏まれた方はご連絡下さいませ。

さて、今日はの大学院の同級生(推定60オーバー)が長崎からみえていたので、ランチをご一緒しました。
私はお会いしたことがなかったんだけど、ウチの年賀状を見て、私にも会いたいとおっしゃって下すったの。
これがまぁ、アクシデント続きだったのよ。
まず、彼女から連絡があったことは聞いていたんだけど、具体的なことは何も聞いてなかったの。
東京から戻って、「土曜日のランチ、どこにしよう?」と聞かれて、うん?決定事項だったんかい!
聞いてないぞ。
↑忙しくてそれどころではなかったみたい。
と言える雰囲気でもなく…黙って、昨日お店の予約を入れましたよ。
やれやれ。
午前中講演が入ってた、戻ってすぐに出るつもりでいたのに、私がグズグズしてたもんだからイライラ〜。
時間前に待ち合わせ場所の歴博に着いたら、今度は彼女がいなくてイライラ〜。
彼女は午前中岡崎の博物館に行ってたらしく、歴博どころか、まだ途中の駅にいるのが判明。
おまけに電車に乗り遅れるという、笑っちゃう展開。
のイライラはMAXよ。
無事落ち合えた後、私と彼女に「(夫)ちっちゃいわね!」と。
内心、ムカムカだったと思うわ。
ハハハ。
予約していた「戸たに」には30分の遅刻。
一応連絡は入れておいたけど、申し訳なかったわー。
今日はわんこ蕎麦接客にも文句言わないよ。(笑)
まずは、かぼちゃの胡麻豆腐。
丁寧に裏ごしなさったのねー、全然ザラザラしてなかった。
かぼちゃもモサモサした感じもなく、ただ色付けに使った感じかな。
大好きな胡麻豆腐、もうちょい大きいと嬉しかったなぁ。
次は椀物。
銀杏のしんじょうと白きくらげ(と言ってたと思う)。
コレも大好きなしんじょう。
テンション上がったわ〜。
次はお刺身だったかなぁ、この辺りからわんこ蕎麦接客が始まったので、順番がわからなくなります。
鯛、マグロ、カツオにホタテだったかな。
ホタテは湯びきがしてありました。
相変わらず、ええもん使ってます。
この皿は焼き物と天ぷらを一緒にしたのかな。
ワカメの巻き寿司、鰆の柚庵焼き、栗のすり流し、ししとうとレンコンのホタテの挟み揚げ、サツマイモの天ぷら。
栗のすり流し、美味しかったなぁ。
最後は炊き合わせ。
海老芋とコンニャクとがんもどき。
プロの煮物、なんでこんなに家のものと違うんだろ。
地味なだけに違いが大きいわ。
ご飯は鶏肉と何だったかなの炊き込みご飯ともずくのお味噌汁。
デザートは、和栗のムース。
ムースと香ばしいクルミの組み合わせはよかったなぁ。
食感の違いも楽しいしね。
もう少し甘くてもよかったと思う。
ま、お客さんも喜んでくれたので、今日のお店選びは正解でしたな。
ただ給仕のお姉さんのキッツイ香りはいかがなもんかだったわ。
って!文句言わんと言うたやないかぁぁ。
ハハハ。

食後は安城歴博の展覧会を見て(2度目!)、彼女を駅まで送りました。
男前な方でしたよ。
ふふふ、今日も刺激的な1日でした。
明日はテレビを見ながら記憶を失くしたいわ〜。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



新しい友達がやって来たなり〜







昨晩、「君が留守の間、めっちゃ仕事がはかどったわ」と言われてしまいました。(笑)
女房元気で留守がええ、かい!
「来月も忠臣蔵を観に行っておいで」だって。
行ってええんかい!
じゃ、お言葉に甘えて…
ハハハ。
でも、ウチには小人さんがいないんだよねー。
床に綿埃りが舞ってるやーん、洗濯物も溜まってるやーん。
留守にしてると片付けなきゃいけないことが、夫婦2人の生活でもあるんだな。
いやいや、そんなことより、留守の間に大変なことが起こってたの。
私の大親友のテレビ君が壊れてしまってたのぉ。
テレビの音が聞こえないと生活出来ないよ。
昨夜は、iPadのデジタルテレビチューナーを引っ張り出して、つけておりました。
ちっちゃ!
おまけにiPadでは音声が出なくて、iPadminiしか使えない。
あかんがな。
「僕は忙しいから、君1人で買いに行きな。好きに選んでええから」
うーーん、言うてもなぁ、どんなんを選んでいいんだか。
しかし、は忙しくて、テレビを買いに行く暇もない。
エイヤッ!と言って来ましたがな。
まぁ、ブルーレイもステレオテレビ台もSONYだから、同じメーカーの方がいいよね。
お店のお兄ちゃんは、4Kテレビを勧めて来たの。
さすがに断ったわ。
だって、壊れたテレビ、調子こいて3Dを買ったけど、使ってないし存在すら忘れてるやん。
お店の人に乗せられたらあかーん。
ここで「せっかくさん」を出したら、絶対にあかんやろ。
いやいや、5,6万の違いやったら、4Kテレビの方がええんちゃう?
悪魔の囁きが聞こえる。(笑)
なんかねー、いつものこうやって高スペックの家電を買っちゃうんだよね。
あかん、あかん、今回だけは初心貫徹、値段重視よ。
見慣れたら同じだって。
頑張りました、私。
そして、最重要課題、一刻も早く設置してもらうこと!
お兄ちゃん、ニコーッとバックヤードから戻って来ました。
あちこち問い合わせしてくれて、近くにいる工事の人を見つけてくれたらしい。
「在庫はありますので、次の現場に行く前にテレビを積んでお伺い出来そうです」
ラッキー!
慌てて会計をして家に戻りましたよ。
5分くらいで工事の人が来て設置してくれました。
2時頃買いに行って、3時半には設置出来ました。
早っ!
えっ!?私が兄ちゃんに「早う設置せえや!」と強引に迫ったんちゃうかって?
ふふふ、出来る兄ちゃんだったんです。
何はともあれ、新しい友達が出来てよかったわ〜。
↑新しいものは、どんどんいらん機能が難しくなるよねー。

昨日、のお土産に買って来たカツサンド。
大吉だったんだよねー。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



今日も歌舞伎なり〜







今日はね、国立劇場で「仮名手本忠臣蔵」を観ておりました。
10月から3ヶ月かけて、忠臣蔵を全段やるんですよ。
↑と言うても、1週間前くらいに知って、慌ててチケットを取った。
全段やることは滅多にないことで、次はいつになるかわかんないから、思い切って上京したんです。
ふふふ、昨日の襲名披露は、オマケみたいなもんだったの。
せっかく上京するんだから、といつもの「せっかくさん」の悪い癖が出たんだよね。(笑)
まぁ、昨日のはどうでもよかったけど(オイ!)、やっぱり今日のは見ておいてよかったよ。
所謂松の廊下、その後切腹、お家取り潰しまでだったんだけど、ええーっ、そういう話だったの?と初めて知りました。
判官(浅野内匠頭)は、いじめられてたわけじゃなくて、とばっちりを受けただけなの?
そんな初歩的なことも知らなかったの!?
だって、今まで討ち入りの段しか見たことがなかったんだもの。
まぁ、それにしても滅多に上演されない段は、それなりに理由があってさぁ。
地味だったり、地味だったり。(笑
何度もカックンとなって、意識を失いそうになりましたよ。
もったいない(そこかい!)から、あちこちつねってみたりしたんだけど、猛烈な睡魔には勝てず。
あーあ、つまんないわけじゃなかったのになぁ。
さすがに2日続けてはキツイか。
また今日は、休憩合わせて5時間15分もあったのよ〜。
帰りの新幹線に2時間で、もうお尻の皮が剥けるちゅうねん!
ハハハ。
お昼は劇場の売店で買いました。
お腹一杯にしたらヤバイと思って、オニギリ弁当、800円。
見た目ほど悪くなかったよ。
結局お腹一杯にしなくても、睡魔はどうしようもなかったんだから、劇場の食堂で食べればよかったなぁ。
しかし、国立劇場ってだけあるねー、私が今まで行ったことのある劇場の中で一番お客さんの質がよかったわ。
↑歌舞伎座が一番ヒドイ。

そうそう。
終わったら、玄関に都バスが何台か待っててねー。
渋谷、東京駅、もう一つ行き先があったあったな。
とにかく私は乗り換えなしで、東京駅に行けるじゃーん。
めっちゃありがたかった。
なんかねー、人の多さも地下鉄の乗り換えもウンザリしてたのよ。
皇居を見ながらの帰り道は、ホッとしたわ。
ホッとしたのは一瞬で、八重洲の地下街で遭難しかけてようやく脱出したと思ったら、今度は東京駅で遭難よ。
もうあか〜ん。
美味しいもんや珍しいもんを買って帰ろうと思ってたのに、んなもんどうでもええわい!って気分になった。(笑)
ホームの待合室で30分も過ごしたわ。
一番落ち着いたよ。
ハハハ。
今、新幹線の中で、こんなもん食べてます。
千疋屋のフルーツ杏仁。
血糖値が下がってちょっと気持ち悪かったから、大丸で買ったの。
ちゃっかりしてる?
ふふふ、ええ感じです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



歌舞伎座に行って来ましたなり〜







来訪者が555000人を突破したのですが、告知をすっかり忘れておりました。
というわけで、今回はゾロ目の555555番をキリ番にしたいと思います。
お菓子作りに最適な季節となりました。
555555番を踏まれた方、是非ご連絡下さいませ。

さて、今日は中村芝翫さんの襲名披露、夜の部を観る予定にしてたんです。
観劇の前に銀座でショッピングでもと思ったのですが、チケット貧乏なわたくし、見るだけじゃ目の毒でございます。(笑)
ギリギリまでねぇやんの家でゆっくりしてたの。
お昼はどうする?
1人で外食が出来ない私(アホか?)、ねぇやんちの近所のカレーパンで有名なお店に行ってみました。
元祖カレーパン、普通味と辛い味。
買ったときはまだほんのり温かくて、パン生地がもっちりしてて確かにカレーによく合う。
が、そういや、私、カレーパンにそれほど思い入れがなかったじゃん。
美味しくないカレーパンも食べたことがない代わりに、特別美味しいカレーパンも食べたことがないよ。
これがめーっちゃ美味しいのかはわかりませんわ。
ただちょっと油の臭さが気になるかなぁ。

午後になってようやく動き出したはいいけど、何なの?この暑さ。
歌舞伎座に着く前に既にヘトヘトよ。
昨日はあんなに寒かったのに…
寒い方がまだマシです。
せっかく待って待ってええ席を取ったのに、疲れて寝ちゃいそう。
↑贔屓筋で捌けないのか?、直前にええ席が戻って来るみたい。
えっ?1人でご飯は食べられないのに、観劇は1人で出来る?
ふふふ。
今日は千秋楽だから、三田寛子さんを見られるかしら?と行ったんだけど(このミーハー!)、役者の妻って大変だねぇ。
↑富司純子さんと菊之助さんの奥さん、勘三郎さんの奥さんもいた。
メモ片手に客席のご贔屓さんに挨拶回りをしてみえましたわ。
顔と名前を一致させるだけでも大変だよ。
しかし、歌舞伎座で奥さんに写真や握手を求めてる人なんかいないんだけど、演舞場は特別なのかしら?(笑)
って!あんたも写真撮りたかったんかい!
ハハハ。
演目は、外郎売りと熊谷陣屋と藤娘だったのね。
実は外郎売りを見るの、初めてだったのよ〜。
めっちゃ楽しみにしてたのに、外郎売りが松緑さんだったの。
サ行、特に「す」「せ」が言えないじゃん。
一所懸命やってみえたし、好きな役者さんだけど、コレはどうしようもないよねー。
なんで彼に外郎売りをさせるんだろう。
配役と言えば、熊谷陣屋の直実芝翫さんもなぁ。
気合いを入れて頑張れば頑張るほどウザくなる。
もっと軽やかな役の演目はなかったんだろうか。
途中、一瞬意識が飛んじゃったよ。
頑張ったんだけどねー。

お弁当はいつものやつね。
「弁松」の白詰め弁当。
久しぶりだわー。
落ち着きますな。
そういや、隣の隣に座ったおっさんが酒場放浪記のおっさんみたいなおっさんでさぁ。
↑もしかしたら、有名人かも。
ベレー帽に何故か舞台の間中、座席でパイプをくわえてんの。
吸えるわけでもないのに、ファッション?口が寂しいの?
なんなんだろ。
お前は竹村健一かよ!と突っ込みそうになった。
えっ?古い?
ハハハ。
暑さと4時間座りっぱなしでさすがに疲れました。
風呂に入って寝ます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



全然成長してないやんなり〜







朝、じゃんぼおかんとモーニングに行って来ました。
最近、ムラカミーチェがお気に入りの喫茶店にお連れしましたよ。
その後、JAに野菜を仕入れに行ったんだけど、いくら安くても送料を掛けてまで送るほどじゃないじゃーん。
彼女は迷って迷って、選んで選んで軽いものを数種類買っていたようです。
立派な葉っぱのついた人参とか、大きい生落花生とかあって、私も買いたかったんわ〜。
何故買わなかった買ったって?
ふふふ、じゃんぼおかんと一緒に東京に来ているのだー。
もちろん上京前に、「仔馬」でハンバーグぅよ。
が、私、アホでねー、いつも行く秋葉店は定休日だったのよぉ〜。
ならば、と宮前店へ。
うむむ、相変わらず放置プレイをするのう。
さ、目的のハンバーグ焼き。
何だか、つなぎが多くて柔らかいハンバーグじゃのう。
ナイフを入れたあとジュワーと出る脂も控え目。
野菜もモヤシが多かったし。(笑)
やっぱり私は「秋葉店」の方が好みかな。
豚汁の代わりにサラダとコーヒーがついておりました。
そして、我らは調子に乗って、ナポリタンも単品で頼んでしまったんだなぁ。
うん?コレ、量が多くないか?
ハンバーグ焼きを食べて、ナポリタンをシェアって、きっつい。
久しぶりに吐きそうなくらい食べましたよ。
なんで、それぞれ一つずつ頼んでシェアしなじゃったのかなー。
己の衰えも忘れて、目が欲しがるままに頼んじゃったんですな。
ほんまに苦しかった、言うてからしばらく苦しかった。
大反省。
アホでした。
今動いたら吐くぞぉぉ。
一旦家に戻って、少し昼寝をしてお腹を落ち着かせましたがな。
ハハハ。

新幹線の中で喋り倒して、彼女は先に降りて行き、私は品川で初めての京急への乗り換えを体験。
名古屋でも滅多に電車に乗らないから、ドキドキよ。
無事ねぇやんと友とそのお嬢さんと待ち合わせの六本木に到着して、私、やれば出来る子じゃん!
やれやれ。(笑)
夕飯はじゃんぼおかんに選んでもらったスペイン料理屋。
生ハムとサラミの盛り合わせ。
私、子供の頃にサラミを食べ過ぎて吐いて以来、食べられなくなったのよ。
って!お昼の事と言い、あんた、ずーぅっと、同じ失敗を繰り返してるのね。
自分でも呆れるよ。
次はタパスの盛り合わせ。
野菜のマリネ、魚介のマリネ、スパニッシュオムレツ。
オムレツはよく出来ていたなぁ。
給仕の兄ちゃんは、よく気がつくし、フレンドリーだけどウザくない、と感じのええ人だったわ。
お次は友のお嬢さんの好物のマッシュルームのアヒージョ。
パンが進む危険な食べものだけど、お昼の食べ過ぎがジャブのように効いて来てヤバイがな。
と思ってるときに、海老のアヒージョが運ばれて来ました。
益々あかんがな。
あかん、あかんがなー。
そして、留めがイベリコ豚のグリル。
美味しいはずなのに、惰性で食べることに。
あー、もったいない!
お肉は何とか食べたけど、スペイン風のフライドポテトは完食出来ませんでした。
〆のパエリア。
あかんと思われたんだけど、コレは案外すっと入っていきましたわ。
あら!不思議。
パエリアはもう少しパリパリに焼いて欲しかったなぁ。
これでこのコースは終了。
今日も大満足の夕飯でした。
何故か、いつも冷静な友が壊れてて、終始笑いっぱなし。
楽しかったわ〜。
BGMは80年代の懐かしい曲がかかってて、これも何気に嬉しい。
フラッシュダンスがかかったときには、自然と体が動きそうになったよ。
ハハハ。
「あー、レッグウォーマーを忘れちゃったよ」と結構イケてるギャクを言うたつもりだったのに、お嬢さんは???。
これがわからんかぁ〜!!
おばちゃんはこんなにツボにはまってるのにぃぃ。
寂しいわ。
ざんねーん!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



友がやって来たなり〜







今日はじゃおかんが実家から言えないけど戻る途中に、ウチに寄ってくれました。
2時過ぎに着いて、それからランチ。
彼女が食べたがっていた味噌煮込みうどん。
「元禄」はお昼の営業が終わっていたので、「おかだや」で。
「元禄」ほどではないけど、味噌煮込みうどんが食べたい、いう目的は果たされました。(笑)
概ね満足。

彼女は「551蓬莱」の豚まんと焼売をたーくさん持って来てくれたの。
豚まんはチルドだよ。
めっちゃ嬉しい〜。
ふふふ、早速冷凍庫にしまいました。
何にもしたくないときに大活躍すると思います!
ありがとう。
2時過ぎにお昼を食べたというのに、彼女が持って来てくれたわらび餅でオヤツ〜。
そんなに食べて夕飯は大丈夫なんかい!
おばちゃん達、いつまでも気分は20代。
ハハハ。
夕飯まで5時間くらい?直接会ってしか話せない話を途切れなく、喋り倒しましたわ。
CIAにでも盗聴されてたら、エライことよ。(笑)
オイオイ。
いつもよりカロリーを消費したからかなぁ、7時前にはお腹が空いてきた。
お昼に味噌煮込みうどんにご飯も食べてたやないか〜。
どんだけ食べるんや。
、早く帰って来ないかなぁ。
8時前にが戻って来て、3人で彼女リクエストの「石かわ」へ。
ふふふ、彼女をダシに使って、美味しいものを食べようという算段です。
まずは前菜。
鯵の酢の物、サツマイモのレモン煮、茹で落花生、秋刀魚寿司。
私、青いお魚が苦手なんだけど、ここのは臭みもないので食べられます。
秋刀魚寿司、あと3個は食べられそうでしたわ。
無理だって!
次は自家製胡麻豆腐のウニ載せ。
胡麻豆腐、大好き。
温かい胡麻豆腐は初めて食べたかも。
これももう一ついけた気がする。
無理だって!
次はお刺身。
タイ、カンパチ、赤貝、キングサーモン、シラスでした。
カンパチが美味しかったなぁ。
こんな美しいシラスを見たのも初めてかも。
思い入れがないので、特別美味しいかどうかはわかんなかったけど、食べるのがもったいないほど美しかったわ〜。
そして、大将からの一品。
鰯のたたき。
うーーん、困った。
青い魚の中でも特に鰯は苦手。
せっかくご厚意で出して下すったので、一口食べてみました。
あら!私が抱いていた鰯のイメージとは全く違うじゃない。
これなら食べられるじゃない。
というわけで、ここのものなら青い魚が全て食べられることがわかりました。
次は茶碗蒸し。
冬瓜のあんかけ、いくら載せ。
もうねぇ、料理屋さんの茶碗蒸しって、なんでこんなに美味しいんだろ。
硬さも私好みなんだよね。
の分も食べちゃった。
↑鶏肉が入っていたので、彼は食べない。
そして、せっかくだから、土瓶蒸しも注文。
今季3回目かなぁ。
今日の松茸は少し香りが弱かったみたい。
ただダシは文句ナシよ。
じゃんぼおかんとシェアして、堪能いたしました。
さ、今日のメインはカレイの煮付け。
付け合わせの豆腐がめっちゃ美味しかったー。
じゃんぼおかん「ご飯の上載せて食べたい」と。
もうお里が知れるよね。
ハハハ。
味付けはよかったんだけど、カレイはちょっとパサついてたかな。
最後は天ぷら。
海老の代わりにシラスを揚げてもらいました。
以上が今日のお料理でした。
何度も言うけど、(土瓶蒸しを除いて)このコースが2700円よ。
びっくりする。
大満足でした。
大将から、自家製のポン酢に漬けてた昆布も頂いて(オヤツにイケるのよ!)来ちゃいました。
じゃんぼおかんも気に入ってくれたようでよかったよかった。
美味しい料理と友とのお喋り、本当に楽しい夜でした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



大事な人とお別れは寂しいなぁなり〜







今日は、パパのお友達が亡くなった、と悲しいお知らせが届きました。
パパより年下のおじちゃんは、お子さんがいなくて、子供の頃本当に良くしてもらったの。
映画も何回か一緒に観に行ったんだよね。
何故か、小学校低学年の私にチャップリン。(笑)
↑あの頃、名駅の映画館ではリバイバルを頻繁にやってたのかなぁ。
あの頃、子供向けの東映映画もあったと思うんだけど、なんでチャップリンだったんだろ。
でも、今でも黄金時代でチャップリンが靴を食べるシーンや、モダンタイムスの歯車を回すシーンを覚えてるよ。
私、子供の頃の記憶があまりないから(覚えてない)、映像ではっきり残ってるのが不思議なんだよね。
子供ながら何か琴線に触れるものがあったんだろうね。
おじちゃん、チャップリンを選んでくれてありがとう、と思う。
私にとって、おじちゃんは何でも買ってくれる足ながおじさんでした。
本やお洋服も沢山買ってもらったなぁ。
おじちゃんに買ってもらったエナメルに赤い靴、お気に入りだったよ。
そして、おじちゃんが買って来てくれた革のランドセル、コレは嫌だったなぁ。
友達は皆クラリーノのピッカピカのランドセルを持ってて、私は重くて黒みがかった赤の地味なランドセルが嫌で仕方なかった。
結局、3年生くらいまでしか持って行かなかったの。
今、考えるとアホだったよね。
皆が持ってる安もんのランドセルが羨ましくて、しょうがなかったんだー。
今なら感謝出来るのに。
おじちゃん、ごめんね。
奥さんのマユミさんが作ってくれるナポリタンは絶品だったんだ。
今日、偶然お昼にナポリタンを食べたんだ。
虫の知らせだったのかしら。
おじちゃんは苦しまずに逝けたんだろうか。
まだあちらに行ってないになら、今晩の夢に出て来て欲しいなぁ。
一杯お礼を言いたかったのに、何にも言えないままお別れになっちゃった。
ごめんね。
落ち着いたら、おじちゃんの最期を聞きに行こうと思う。

さて、は親友の男子中学生と京都と石山寺の仏像を見に出掛けておりました。
私はお遣いもののお菓子を焼く予定だったんだけど、「2時からやろう」「3時から」になり、結局、動き出したのは3時半。
やらなきゃいけないことはさっさと済ませ〜!
ようやく重い腰を上げて作ったのに、これがだいしっぱーい!
↑辛うじて割れなかったものね。
なんでなんだ?3分の1ほどが割れちゃった。
たぶん分量は間違ってないはずなんだけどなぁ。
乾燥が足りなかった?
いやいや、触っても生地が手についてこなかったよ。
うーーん、失敗の原因がわかんない。
頭に来たので、マカロンに向かって、「バカモノ〜!」と言って、ゴミ箱に放り込んでやったわい。
あー、すっきり。
って!バカ者はおまえじゃ!ってね。
割れただけで食えんもんじゃなかったつうの。
ふぅ〜、やれやれ。
どんなに調子が悪くても、いつものは大丈夫。
いや、むしろ「うき夫ケーキ」は出来がよくないか?
なんなんだろ。(笑)
ハハハ。

久しぶりに複数のお菓子を焼いてヘトヘトよ。
夕飯の用意かぁ…
サンマを買って来てしまったしなー、福島から野菜も届いたしなー。
マコモダケが入っていたので、きんぴらにしてみました。
味に個性はないけど、食感が楽しいよね。
スーパーで売ってて気になってたんだけど、買えなかったんだ。
家でも試せてよかったわ。
となんだかんだ頑張って作りましたよ。
ときどき、無理もしなきゃダメね。(笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



グータラ過ぎる休日なり〜







スエーデンアカデミーの選考委員が連絡のつかんボブ・ディランさんを「無礼で傲慢だ」と言うてるのを読んで、なんだかなぁ。
だってさ、彼は「くれ」と頼んだ訳でもないんやろ?
勝手に選んでおいて、傲慢なんはどっちなんだか。
誰もがノーベル賞と聞けば、ひれ伏さないとあかんのかなぁ。
自分から欲しいと言うた訳でもないのに、「あれは文学賞か?」と非難を浴びてるのも気の毒やしな。
まぁ、彼もええ大人なんやから、いらんのならさっさと「いらん」とはっきり断ればいいのに、とは思うけど。

さて、今日はと2人で一日中ゴロゴロしておりました。
リビングがうっとーしいこの上ないっす。(笑
、一日中パジャマでした。
洗濯物を減らしてくれたらしいです。
だらしない?
今月に入ってから、土日共が家にいるってことがなかったからねぇ、たまの休みくらいグータラさせてやりましょ。
って!毎日グータラしてるあんたが上から目線で言うなぁ〜!
ハハハ。
そんなわけで、家から一歩も出ておりません。
土曜日、冷蔵庫の中も寂しいことになっとりますの。
お昼は冷蔵庫に残っていた山芋を素麺にかけてみました。
気色悪いもん?
そうだよなぁ、素麺だけじゃ栄養的にと思ったんだけど、見た目が悪すぎたわ。
残念。
夏の素麺がまだ随分残ってるんだよねー。
夜は夜で、全くやる気もないし、材料もない。
ただ外に出たくない。
青椒肉絲モドキ。
ストックしてる松阪牛が残り少なくてねー、使うのがもったいなくて豚ひき肉にしてみました。
ついでに玉ねぎ、椎茸も入れて、ますます訳がわからんもんになりました。
これも気色悪い?
もっとすごいのがこれと焼きナスのお味噌汁だけよ。
なんちゅう手抜きなんだって。
あかんよなぁ。
ま、こんな日もあるよね。
って!いつもやーん。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



またまたサボっちゃったなり〜







夜、夫婦でよく裏のコンビニにアイスクリームを買いに行くのね。
そして、冷凍庫の前でどれにするか、2人でしばらく悩むの。
ええ歳したおっさんとおばはんが何やっとんねーん。(笑
あまりに頻繁に行くせいなのかなぁ、この間アルバイトのお姉ちゃんに「いつも仲がいいですねー」と言われちゃった。
どんだけ通ってんねんって。
ハハハ。

さて、今日は美容院に行って来ました。
また白髪がエライことになっとったのよ。
ほんま、面倒臭いわ〜。
2時間弱座りっぱなしでづかれた。
夕飯を作る気力もなくて、夕飯はトンカツ屋に行って来ました。
もう牡蠣の季節なんだねぇ。
は迷わず牡蠣フライ定食。
5個入りだったんだけど、何か事故があったのかなぁ、4個しか載っていませんでした。
「あとで1個お持ちします」って。
不細工だけど、コレはいい方法よね。
だって、揚がるのを待ってて、4個が冷めるのは嫌じゃない?
全部揚げ直すのももったいないしねー。
先に揚がったものを持って来てくれるのはありがたい。
それにしても、大ぶりの牡蠣でめっちゃ美味しそうだったわ。
食べたいなぁ。
でも、後のことを考えると食べる勇気がないので(笑、いつもの海老カツにしときました。
これも美味しい。
上げ膳据え膳、楽チンでお腹いっぱい。
あーあ、今日もまたサボっちゃった。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



ウロが回りすぎてますなり~







沖縄の米軍訓練場の工事で、機動隊と反対派が揉めて機動隊員が「土人」と言うたいう件ねー。
何だかめっちゃ嫌な気分。
機動隊員が本来の意味を知ってて言うたんか、それともネットで気軽に飛び交ってる蔑称をつい使ってしまったのか。
それはわからんけど、前者なら、機動隊員としてあるまじき言動だし、後者なら底抜けのアホやね。
だってね、彼はね、公務員なわけでしょ?
自分が「土人」と蔑む人達からも、自分の給料が出てるんだよ。
それ、あんたのプライドは許すんか?
そらね、確かにあんなに揉み合いになってイラつくのもわからんでもないけど、あんた、プロでしょ?
厳しい訓練に経て現場にいるんでしょ?
なら、尚更、もっとプライドを持ってよね。
ネットで拾った言葉をよく考えもせずに使うんじゃないわよ。
ほんと、気分悪い。
なんかねー、ほら、ネットで「死ね」だのなんだのって軽く使ってて、リアルでも使ってもいいと思ってる感覚が怖いよ。
私はなるべくネットスラング(と言うの?)目にしても、意味を調べようと思わないの。
知らなきゃ使いようがないから、知らないままでいようと思ってます。
だって、言葉って、何気なくふっと出て来るもんだもん。
大して意味もなく使っちゃうって危険なことでしょ?
本当に死んで欲しいならとにかく、「バッカじゃないの?」程度のつもりで使われたら堪んないじゃん。
↑死んで欲しい相手に「死ね」ゆうのも怖いけど。
他人事じゃなく、私も気を付けなきゃ、と思ってます。

さて、さっきね、ちょっとカード決済をしようと思って、リビングに置いてある鞄から財布を取り出そうとしたの。
そしたら、鞄の中に財布がなかったのよ。
中身を全部ぶちまけて見たけど、入ってない。
ええーっ?どこで落としたの?
とりあえず、アピタに行ったから落し物で届けられてないか電話しよ、うん?アピタの電話番号は?
アウアウアウ。
ちょっと待て、財布の中には何が入ってた?
えーっと、現金が3万くらいか?クレジットカードやキャッシュカードは何枚入ってた?免許証も保険証も入ってたよ。
アウアウ~。
いかん、一先ず落ち着こう。
お昼にケンタッキーでお金払って、そこからは財布を出してないよね?
確かに鞄にしまったか?うーん、覚えてない。
でも、落とした音はしてないと思う。
どうしよう、どうしよう。
意味もなくリビングをウロウロ~。
ハハハ、人って、パニックになると、思考が完全に止まってしまうのね。
しばらくウロウロした後、「うん?もしかして?」と思って、自分の部屋のPCの前に来たら、財布が置いてありました。
ええーっ?私、いつ持って来た?
カード決済をしようと持って来たとは思うんだけど、全然記憶にない。
あかんで、私。
ヘナヘナ~。

今朝ね、が出掛ける前に「今日、何かやっておくことある?」と聞いたの。
そしたら、「最近君はウロが回ってるから、外に出て刺激を受けて来なさい」と言われたのよ。(笑
まったく、その通り、最近のボケっぷりは冗談の域を超えている。
自分でもかなーり危機感を抱いてるの。
で、宅配を出しに行くついでに、アピタに寄ってケンタッキーを食べて来たというわけなの。
んでもって、さっきの財布事件よ。
ほんまにあかん。
というわけで、東京に行くついでに国立劇場でやってる忠臣蔵を見ようと、無事カード決済(これで大騒ぎしてた)しましたわ。(笑
↑3ヶ月通しで全段上演するんだって!こんな機会めったにない。
ホホホ、刺激を受けてきます。
って!それ、何か違うやーん。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



錦秋名古屋顔見世に行って来たなり~







先日の歌舞伎観劇の記録を残しておきます。
もうねぇ、忘れちゃうのよ。
何度も見た演目でもストーリーや配役を全然思い出せないの。
そういうとき、過去の記録を見ると、「ああ、そうだった」と思い出せて便利なのよね。
いつでも、どこでも、出先でも出来るってのがいい。
このどうでもいい過疎ブログも、私の脳をサポートするのにとても役立っています。(笑

さて、この日の演目は「寺子屋」「英執着獅子」「品川心中」でした。
「寺子屋」は、「菅原伝授手習鑑」の全五段の中の四段目。
追放された菅原道真の息子を預かっている染五郎さん扮する寺子屋の塾長・武部源蔵
これがまぁ!酷いのよ。
寺子屋に道真の息子がおると疑われて、息子の代わりに塾生を差し出そうとするの。
が、どの塾生も田舎の山猿のような子供ばかりでがっかりして、めっちゃ機嫌が悪くなるのよ。
がっかりって、なんやねん!
あんた、お金もろて預かってる大事な他所さんの子供を身代わりしようって思うだけでも、大概酷い人間やで。
ちょうどそこへ品の良い賢そうな塾生が新しくやって来るのね。
先生、「こりゃええ!これなら身代わりに使える」と上機嫌。
オイオイ。
時平(敵方)の家臣と息子の首実検を命じられた仁左衛門さん扮する松王丸がやって来て、田舎の子供達の顔を確認していくの。
ここはねー、ちょっと滑稽で、結構見せ場らしいのよね。
涎くり与太郎というちょっと足らん子を中村国生さん(橋之助)で観たことがあるんだけど、これがもうめっちゃハマり役なのよ。(笑
ゆるーい感じ(地?)を上手く演じてましたわ。
彼の与太郎は、もう観れないんだろうなぁ。
さ、田舎の子供の中には道真の息子はおりませんがな、どうします?
塾長、なんと!心を決めてしまいます。
家臣と松王丸の前に首桶を持って現れます。
キャー!いくら主君のためとはいえ、他所さんのお子さんの首を勝手にはねちゃったの?
はねられた首を確認する松王丸
「これは間違いなく道真の息子」と証言するんだよなぁ。
家臣がその首を持って引き揚げた後、新塾生の母親が息子を迎えに来るのね。
塾長、ここでもまた非道なことをしようとするの。
なんと!その母親を口封じのために殺そうとするのよ。
どんだけクズなんだって。
で、母親が「自分の息子は、身代わりに役になったか?」と塾長に聞くの。
塾長、???よね。
そこに再び松王丸が現われて、「自分の本当の主君は道真、道真の息子を守るために、自分の息子を差し向けたんだ。あの首は息子のもんだ」
とこれまたエゲツナイことを言う。
オイオイ、あんたら狂ってるで。
で、最後は松王丸夫妻が白装束に着替えて、自分らの息子の胴体を籠に載せて去って行く。
とまぁ、こんな理解出来ないストーリーなのよ。
松王丸が敵方の時平に仕えてるのに、なんで道真のために自分の息子の命を差し出すの?
そこまでのことをする理由は何?
とか、ずっと疑問に思ってたのね。
それが去年の春に通し狂言で観て、ようやく話が繋がりましたわ。
↑道真を仁左衛門さんがやっていた。
なるほどねー、なんだけど、それにしても切ない話なんだよね。
この話に似た「熊谷陣屋」という演目があるんだけど、私の中でいつもごっちゃになるんだ。
こいうことが美談として流行った時代があったのね。

「英執着獅子」は、舞踊でした。
踊り手は、我らの中村時蔵さん
↑何故か名古屋公演に必ずいらっしゃるんだよね。(笑
踊りの解釈はわからないので、プログラムから引用します。
「花飛び蝶驚けども人知れず」の長唄の演奏に合わせて姫君が登場。
「短夜~」から手踊りで恋に悩む心情を表現。
続いて「露東雲の草葉になびく」からは手獅子を用いて、胡蝶に戯れる獅子の姿を華やかに。
「大宮人の庭桜」からは「桜尽くし」の詩章に合わせた艶やかな踊り。
この辺りが、長唄の最大の聞きどころとなっているそうな。
続いて、「時しも今は牡丹の花」からは、鈴太鼓を用いた踊り、さらに、扇獅子を用いた踊りを見せた後、姫君は姿を消します。
そして、舞台は清涼山へと変わり、ここへ最前の姫君とは変わった獅子の精が出現。
勇敢な獅子の狂いを見せて幕となります。
とまぁ、恋する乙女の心情を表現した踊りなんでしょうかねぇ。
時蔵さんがこの踊りがお好きなんじゃないかしら?
イキイキと踊ってらっしゃいました。
小道具の鈴のついた小さな獅子も可愛らしかったし、早着替えもスムーズで観ていて華やかな気分になる演目でした。

そして、最後の「品川心中」
まぁ、これはバカバカしいお話なの。(笑
人気に翳りの見える芸者おそめは紋日(京踊りの発表会みたいなもん?)に支度が出来なくて死にたくなってるのね。
1人で死ぬのは寂しいから、誰かを道連れにして心中をしようと決意するの。
その相手として白羽の矢が立ったのは、元は大店の若旦那だったんだけど、放蕩の末勘当された太鼓持ち・染五郎さん扮する一八
このアホウがさぁ、しっかり者の女房と乳飲み子の息子がいるにもかかわらず、おそめの誘いに乗っちゃうのよ。
ほんまに底抜けのアホウは、どうせ死ぬなら、とお座敷に相撲取りや落語家を呼んで飲めや唄えやのどんちゃん騒ぎをやっちゃうの。
いやいや、あんた、そんなん出来る立場やないですやん。
借金で首が回らんと息子を里子に出そうかという話まで出てんのに、なにやってんねーん。
いよいよ心中を決行。
いざとなったら、あれやこれや理由をつけて逃げようとする一八
そんな一八を海に突き落すおそめ
自分も続いて飛び込もうとしたとき、お店の人が現れて「贔屓の若旦那が紋日の支度をしたると言うてるで」と。
おそめ「あ、それなら死ぬ理由がないやん。一八さんごめんね~」
と店に戻って行ってしまったの。
あららー、なんちゅう現金な女なんやー!
ハハハ。
胸騒ぎがした女房おたね一八を探しに来るの。
みつからなくて、「キツイことばっかり言うてごめんね。私も一所懸命働くから、頑張っていこな」
みたいなことを言うてたら、一八が姿を現すのよ。
一八が突き落とされた海は、浅瀬で膝丈くらいまでしか水がないじゃない。
で、お定まりの改心して夫婦仲良くやっていこ。
となるんだけど、最後のドタバタ劇で(ドリフの最後みたいなやつね)、おそめが懺悔のつもりか丸坊主になって現われるの?
ええっ?なんで?
晴れに日に支度が出来なくて死のうとまで考えた女が丸坊主って?
明日からのお座敷はどうするつもり?
とどうでもええようなことが気になる私でありました。
ほんま、しょうもない話でしたが、全体のバランスとしてはとても演目でした。
最後に伊勢音頭みたいな話だったら、どよーんのまま帰らなきゃいけないじゃない?
あれ、シンドイんだよね。
バッカだねー、で終わるのは気分よく帰れますわ。(笑
それにしても、染五郎さんは横から見ると男前なのに、正面から見るとなんでニューハーフの人みたいになっちゃうんだろ。
シリアスな場面でも、あの顔を見るとつい笑っちゃうんだよね。
って!失礼だろうがぁ~!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



実はコストダウンにならない!?なり~







オリンピックのボート会場は、もう何が何だかわららん状態になって来ましたなぁ。
うん?何?何?招致時は69億円で、再試算したら1038億円と15倍に跳ね上がって、「それは高すぎる。100億円に抑えろ」とIOCに怒られたんやな?
ほんでもって、「本体工事費は98億円」とウソの建設費を伝えたんやな?
いやいや、ちゃうな。
98億円で開催の承認を得たつうことは、再試算前なんやな?
何度読み返してもよーわからん。
>海の森の整備費は招致時に69億円だったが、13年9月の再試算で1038億円とされた。関係者によると、IOCは整備費が当初計画の15倍超に膨れあがったことを問題視。100億円以下に抑えるよう、都に要請したという。
都は再検討の結果、14年11月に総整備費を491億円とし、本体工事費251億円、周辺整備費86億円などとする内訳も決めた。一方、IOCには同時期に東京五輪・パラリンピック組織委員会を通じて「本体工事費は98億円で、残りの393億円は遺産(レガシー)として残る周辺の公園整備費だ」と説明、承認されたという。

つまり、IOCには「本体工事98億円、残り393億円は遺産で使いまっせ」と伝えておったんだな?
そして、実際は本体工事251億円、周辺設備費69億円と国内では話が進んでおったちゅうわけやな?
子供がお母ちゃんに「無駄使いして!」と怒られて、「参考書も買うたんや」と言い訳したと、そういうわけやな?
なんじゃ、ソレ。
幼稚すぎへんか?
おまけに仙台やの、果ては韓国やの、もうそれ東京オリンピックやないやん!って話になって来てるしー。
どないするつもりやろなぁ。
だいたい、民主党政権のときもそうやったけど、節約って、そのための経費を考えたら、そうそうコストダウン出来るもんとちゃうのよね。
10円安い大根を買いに15分も自転車漕いで隣町のスーパーに行ったところで、時間と労力を考えたらちっとも安くない、ちゅうことやね。
おまけに安いからって、なくても困らない他のものを買って、ちっとも節約になってないと。(笑
今回の件もそれに似たもんがあるんちゃうの?
仙台や戸田やゆうて、人を動かすだけでお金って掛かるもんやで。
結局、海の森が一番安かった、ってなったりして。
ハハハ。
私はね、懐に入れたもんをシレーッと返して、「こんなに安くなりましてん」と発表したらええんちゃうかなぁ、と思ってます。
何かさぁ、目先に安い金額を提示されても、「これなら節約出来る」なんて、単純なことじゃないと思うのよ。
掛かる経費について、皆さん無頓着すぎると思う。
無頓着すぎると言えば・・・
この間、元アナウンサーが「不摂生に結果、人工透析患者は殺せ」言うてた問題もさぁ、コストをどう考えてるのかと思う。
そら、そういう人を殺したら、目先の医療費は減るかもしれん。
↑私は彼の意見に大反対よ。
でも、誰がどう選別するんや?
判断する人は1人って、わけにはいかんやろ?
調査費、人件費、そんなことを考えたら、減った医療費より果たして安くなるやろか?
安くなるわけない。
死刑確定の人だって、執行まで何年も何十年も掛かってんねんで。
彼は問題を提起したつもりでおるかもしれんけど、お金だけの問題なら意味のないことをしてると思うわ。
大きな声で「無駄を省こう」と言う人ほど、省くのにもお金が掛かることを知らん人が多いんだよねー。

さて、今日は無事にNTTの工事が終わりました。
「2時間掛かる」と言われてた工事、15分で終わりました。
たった15分のために昨日あんな大変な思いをしたんかぁ。
って!いずれはせなあかんかったやろぉぉ。
やれやれ。
その後の設定にはYAMAGUCHI君が来てくれて、ついでに私のPCも掃除してくれましたわ。(笑
「ゴミ箱だけで7Gもありますよ」と怒られてしまった。
すんません。
今後は部屋だけではなくて、PCの掃除もマメにいたします。
マメと言えば・・・
が日曜日に徳川美術館でこんなものを買って来てくれました。
桜餅のマグネット。
よく出来てるでしょ?
私、こういうものに弱いのよ。
実はドールハウスの小物も大好き。
、私の好みのものを常に気にかけてるのよね。(笑
見つけたら、必ず買って来てくれます。
ほんま、彼、気持ちは女子よ。
マメよねー。
ありがとう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



食べ歩きなり〜







明日ね、NTTの工事が入るんですよ。
どこがどう変わるかわからんのですが、何やら光プレミアムのサービスが廃止になって、光ネクストに変わるそうな。
速さとか全然変わらないんだよね。
向こうの都合で変えるのに、設定やプロパイダーへの連絡はこっちでせえ、だって。
もういろいろ腹が立つわ。
おまけに私の部屋に電話口つうか、インターネットが来てる口があるのね。
ああああぁ、物置きと化してる私の部屋、人に入ってるもらえる部屋やないやん。
新聞やダンボール(1ヶ月に1回しか回収がない)、棚に入り切らない靴箱、梱包資材で溢れかえってるがな。
毎日四角い部屋を丸く掃除機を掛けてたツケとでも言いましょうか、埃も半端ない。
6畳もない部屋の掃除に2時間も掛かったよ。
あまりの埃に鼻がムズムズする。
って!普段からちゃんと掃除してたら、あんな状態にならんでも済んだんちゃうのぉぉ。
ええ、その通りでございます。
疲れ果てました。

さて、昨夜、歌舞伎を観終わったあと、たまたま名古屋に出て来てたと落ち合って、夕飯を食べて来ました。
小籠包が急に食べたくなって、欲望の赴くまま注文しちゃいました。
シェアしません、1人で食べましたよ。
は別に8個入りの小籠包の蒸篭と海老蒸し餃子を頼んでいました。
ふふふ、相手のことを考えずに、自分の食べたいものを注文する夫婦でございます。
メニューに酸辣湯麺を見つけて、迷わずオーダー。
もう少しスパイシーなものがよかったんだけど、ま、まずまずかな。
ウチの近所では食べられないから、不味くなかっただけでもありがたいのよね。(笑
どんだけハードルが低いねん!
お店に入って、20数分でお勘定をしておりました。
って!どんだけ早いねん。
相変わらずのおっさん食いの我らでございました。
飲茶屋でロマンチックな会話もないもんだけどね。
ハハハ。

今日はムラカミーチェとランチの約束をしてて、2日続けてのお出掛けでした。
今月はまだ「釜の座」に行ってなかったのよ。
お重にかかってる和紙は紅葉、お花リンドウかのう。
お料理やお店のお花もそうだけど、細かいところまで秋を演出しています。
この辺りが妙齢の女性の心をくすぐるんでしょうなぁ、今日もエライ賑わいでした。
↑値段のせい?子育てママグループはいないの。
一の重。
きのこ飛竜図、西京味噌あんかけ。
西京味噌あんかけはええ具合でしたが、飛竜図はもう少しフワフワのものがよかったなぁ。
二の重。
鯛の昆布〆とボラのお刺身。
私が小さい頃、実家ではボラつう魚はめっちゃバカにされてたんだけどなぁ。
お刺身で食べるのは初めてだけど、臭いもクセもないお魚なのね?
強烈に印象に残る魚じゃないのねー。
次回黙って出されたら、わかんないと思う。(笑)
三の重。
栗と焼き椎茸の白和え、南瓜の博多寄せ、根菜の黒酢南蛮、梨の煮物。
私、白和え、好きなのよねー。
胡麻豆腐のむにゅむにゅをなくしたもので栗と椎茸が和えてある、そんな感じ?
これはどストライクで、ムラカミーチェの分も頂きました。
これだけ丼一杯食べられそうだった。(笑)
南瓜の博多寄せ、博多寄せって何?
南瓜のザラザラした食感と寒天かゼラチンの組み合わせがちと苦手な食感だったわ。
南瓜は普通に煮たのでいいわ。
最近気付いたんだけど、私、栗のようにホクホクした南瓜以外は好きじゃないかも。
そして、お店の人がイチオシしてた梨の煮物。
「丁寧にアク抜きした梨を煮ました。冬瓜のような食感です」
とおっしゃってたんだけど、正に冬瓜でした。
だったら、冬瓜でええやん!と心の中で突っ込んでおきました。
ハハハ。
ご飯は今月の鶏のご飯を選択しました。
鶏はジューシーで、アクセントに山椒が使ってあって、炊き加減もパーフェクトで、これは本当に美味しかった!
↑ムラカミーチェには硬すぎたみたい。
お味噌汁は、京都の赤味噌、自家製の卵豆腐入ってました。
めっちゃ美味しそう!と一口頂いたら、塩辛いじゃーん。
お味噌を変えた?
お店の人に言ったら、ダシで薄めてくれましたわ。
ちょうどええ感じになって、満足満足。
デザートは焼いたサツマイモの入ったぜんざい。
お品書きにぜんざいと書いてあるのを見て、ムラカミーチェ
「ぜんざい、大好き。楽しみ〜」と言ってたんだけど、私は心の中で「あなたが思ってるぜんざいとは違うと思うよ」と思ってました。
案の定、全然甘くないぜんざいで、ええ意味で素材、小豆の香りを楽しむぜんざいでした。
ハハハ。
ムラカミーチェ、少しは学習しようよ。
ここのデザートは、どれも甘くなかったでしょ?
期待を大きく裏切られたムラカミーチェは、静かに半分ほど残しておりました。
ガッカリ感、半端なかったのねー。
私は結構好きなぜんざいでした。
デザートというより、小豆のすり流しとしてお料理で出てきてもおかしくないものでしたな。
あー、お腹一杯。
今月も概ね満足、また来月ね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




« 前ページ