675000番を踏まれた方、ご連絡を下さいませ。

うき特製のお菓子をお送りします♪



地獄絵VSコンクリート仏像なり~




昨夜行われました「地獄絵VSコンクリート仏像」のご報告を。
タイトルの通り、コンクリート造型師・浅野祥雲研究家フリーライター・大竹敏之氏との対決だったらしいのですが、いったい何の対決だったの?(笑
聞くのを忘れちゃいました。
「どっちがウケるか?対決」だったのかなー。
ハハハ。
えっ!?肝心のエベントの趣旨を知らんて!オイオイ!
ふふふ、何やら、ちょっと前に流行った芸人のネタ対決と同じようなもん。
つうたら、語弊があるかな。
ま、楽しい会だったということは間違いないね。
またそんな大雑把な!(呆
場所は大須の雑貨カフェ「モノコト」
ハイ、お話をしている後ろでは、商品のTシャツが掛かっています。
先週はお寺のご本尊さんの前で、今週はTシャツの前です。
「楽しそうなところだったらどこでも行きますよ♪」ですな。(笑
今週はメイクさんがいなかったので、私がメイクをと着付けを手伝いました。
こんなところでしょう。雰囲気だけ伝わればね。
まずはの話から。
先週に比べて、カジュアルでしょ?
それにしても、はちょっと勝ちに拘って少し嫌らしかった。。
だって、古今東西年齢を問わず色恋とシモはウケネタじゃないですか。
「あー、それを持ってきますか。ズルイよ~」とね。
私はの芸人魂(?)は好きだけど、ちょっとお客に媚び過ぎましたな。
今までの話で笑いが起こるのを何度も見たことはあったけど、ここまでの大爆笑は見たことがなかったよ。
うむむ~。
いくらわかりやすくと言っても、コレはちと軽すぎるんでないかい?
軽すぎたわけはね、どうやらいつも車の中で聞くものが原因だったみたい。
先週のシンポジウム準備期間中には、宝生流宗家の「謡い」を車の中で聞いてたの。
それが昨日の対決の準備期間中は、枝雀さん「地獄八景亡者の戯れ」だったんだよねー。
↑これがめっちゃおもろい話なのよ!
それで軽くなったらしいの。
ほんまかいな!?
ま、「笑いを取れた」という点では、大成功だったんだけどね・・・。

続きまして、挑戦相手の大竹さんのお話。
意識したわけではないのですが、こんな写真しかなくてすんません。(笑
コンクリートにエゲツない彩色の仏像を作っていた浅野祥雲さんの作品の映像を交えて(めっちゃ一杯作品がある!)、解説して下すってた。
ほんまにねぇ、浅野さんの作品は、突っ込みどころ満載で面白いのよね。
「トホホ」つうのがこんなに当てはまる作品ってのもないよねー。
でも、大竹さんは、「彼を単にイロモノ扱いするの違うんじゃないか」とおっしゃってた。
厚い信仰心の元、本当の仏師だったんじゃないか、とね。

さぁ、試合は終わりました。
その後、トークショーつうか、お客さんと質疑応答みたいなものが行われて、最初の質問は「その閻魔の衣裳は自前ですか?」ですって!
皆さん、気になってたのねー。
もちろんは鼻を膨らませて、「ハイ、自前です。オーダーメイドなんですよ」
もう衣裳のことでいじって欲しくてしょうがないのよ。(笑
いよいよ対決の審議です。
お客さんの挙手が多い方が勝ちです。
まずはの方がよかったと思う人は?
我が陣営は、さくらをちゃんと送り込んでおりました。
オイオイ。
ええ、勝負は勝ってなんぼです。
喧嘩上等!
何かわけわからんのう。
続いて、大竹さんの方がよかったと思う人は?
どうやらの勝ちのようです。
ほほほ~。
って!?こんなんズルイよね。
だって、は毎週10時間以上ステージ(授業)こなしてるんだし、その上、イロとシモだもん。
つうか、衣裳だけでもかなりの反則だよね。(笑

それにしても、こんなニッチなつうか、マニアックな話に雨の中沢山の人(60人弱)が集まって下すって、しかも立ち見の方もいらしたとか。
ありがたいねぇ。
この様子を見て、私は「老後は夫婦でこの衣裳を持って、全国を絵解きして回っても食っていけるんじゃないか」
と確信しましたよ。(笑
そういう老後も悪くないよねー。
えっ!?私も調子に乗り過ぎ!?
いやいや、皆さん、本当にありがとうございました。
またいつかどこかでお会いすることを楽しみにしています。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




« 調子記憶する... テレビ一つで... »
 
コメント
 
 
 
完敗でした (大竹敏之)
2010-06-28 07:24:03
大竹です。
今回はありがとうございました!
とても楽しい夜でした。
地獄先生のお話、面白かった~と思ったら
普段とは違うかなりのお笑いバージョンだったんですね。
こりゃかないっこありません。
全国絵解き行脚、いけると思いますよ(笑)。
また何かご一緒しましょう。
閻魔様にもよろしくお伝えください。

 
 
 
大竹様 (うっきーマウス)
2010-06-28 13:20:22
こちらこそありがとうございました。
打ち上げも普段行かないような場所で皆とワイワイ楽しゅうございました。

夫のアレは、どう考えても禁じ手ですよ。
本当に負けず嫌いですみません。(笑
普段の講演会や発表会では、遠くはないですけど、もう少し真面目な話を
しているようです。
大竹さんの貴重な画像やお話も新鮮で興味深かったです。
浅野家のお墓には、「ここまで!」とびっくりしました。
私は大竹さんに沢山の仏像の写真を見せて頂いて、浅野さんはアーティストというより、空間をプロデュースするデザイナーなんじゃないかしら?
と思っちゃいました。
まったく見当違いだったのですね。
失礼いたしました。
ど素人はこれだから困りますね。ホホホ。
また機会があったら、お話を聞かせて下さいませ。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。