星椎水精先生の浄霊 ‐REIKOの部屋‐

星椎水精先生の真の浄霊を、見届け役である私が間近で見て感じた事をお届けします。

本日の星椎水精先生のコラムより

2019-08-20 15:07:40 | 戦没者
2019年8月20日

本日付けの星椎水精先生のコラムを読んで、このお盆の日にTVで見た鹿児島の特攻隊の方の言葉をフト想い出しました。

(星椎水精先生のコラムより~奄美大島一日目前半)
「・・・中略、戦争というのは、非常に厄介な出来事なのだが、日本の兵士達の霊は、霊ゾーンで佇む霊とは全く違っていて、非常に温かく優しい充実したものを持っている。」

と言う所の内容で、同調出来た話がありました。

明日、飛び立つ特攻隊の人が、最後に家庭生活を味わいたいと、一晩お世話になった家があり、家を出る間際、その娘さんにお礼を言い、その時に伝言したのは、

「自分がいなくなった後をお願いします。」

と言うことでした。

それを聞いた娘さんは、

「はい、わかりました。後の事はご家族にお知らせします。」

と言ったらしいのですが、「後の事」と言うのは、自身の家族両親の事ではなくて、実はこの日本の将来の事を指していたのが、その方が戦死してから分かった当時の言葉の意味だったと言う話でした。

それを見ていたので、星椎水精先生がコラムの中に述べられていた、

「日本の兵士達は・・・」

の所の話が正に合致していて、とても頷けたものでした。

自身の命より、未来の日本のために「命」を懸ける。凄い事です。

果たして、今の私達にできる事でしょうか?

星椎水精先生とも日頃からよく話しますが、何とか全国、全世界の戦没者の方の浄霊をしたいという強い想いがあります。

当時、本当に私達末裔のために命を懸けて戦争に向かわれた、何の罪もない方々を救済できればと常々思うものです。

今世、果たせなかった「生」を、何とか全う出来るようにして差し上げたい、そう思います。

しかし、世の中をみると、毎年の慰霊祭は色々な所で行われていても、本当の浄霊(戦没者の成仏)には繋がりません。

そのような事からも戦没者方々の尊い命とご先祖様皆様は、私達末裔の「恩人」なのですから、改めて今後も真剣に救済が必要だと実感させられた内容のコラムでした。

              アトランティス協会:姫路 令子


≫星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら

クリックして下さいね !!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界



コメント   この記事についてブログを書く
« 令和元年7月~星椎水精先生の... | トップ | 「令和元年~8月、星椎水精先... »

コメントを投稿

戦没者」カテゴリの最新記事