星椎水精先生の浄霊 ‐REIKOの部屋‐

星椎水精先生の真の浄霊を、見届け役である私が間近で見て感じた事をお届けします。

「令和3年3月~アトランティス協会の浄霊」

2021-04-02 21:32:00 | 浄霊(先祖供養)
春、3月の浄霊は「お彼岸月」にふさわしい、穏やかな雰囲気の中で執り行われました。

これも一重に、本日の浄霊を申し込まれた末裔の方々に対する、ご先祖様方々のお気持ちの表れだと思いました。

日頃より、末裔の方々の頑張りに、ご先祖様方々も目を細めて喜んでおられると思います。

この度の儀式は、ご先祖様の浄霊に始まり、「お名前呼び直し」、「方位除け」のパワー入れ、「車のお守り」のパワー入れ、お墓の「お清め」の儀、仏壇の「お清め」の儀等が執り行われました。

成仏を果たされたご先祖様方々と各種儀式が無事に出来ました事、心よりお祝い申し上げます。

特に御霊の重さを感じられた方は、やはりガンで亡くなられ方と不慮の事故死をされた方でした。

普通に亡くなられた方も勿論の事、この様に重い御霊のご先祖が簡単に成仏出来ない事は、皆さんも周知の通りだと思います。

救済(浄霊)されたご先様は本当に何よりでした。

3月の浄霊でも、霊界へ入る為の扉が簡単に開けられない事、そしてその扉が閉められると誰も開ける事が出来ない事。

「成仏」とは、やはり「狭き門」と言う事をつくづく実感させられた瞬間でもありました。

この度も無事に成仏を果たされたご先祖様は、末裔の皆様の尽力により「徳」を与えて頂けた「尊い御霊」と言う事になります。

ですから、繰り返しになりますが、ご先祖様は申し込みをしてくれた末裔は「恩人」であり、とても「感謝」されている事だと思います。

それから、「アトランティス協会」での浄霊を通して、日頃より浄霊を頑張っておられる末裔の方々はお分かりかと思いますが、ご先祖様の応援があるのと、無いのとでは「雲泥の差」があります。

つまり、ご先祖様の応援を頂けた場合は「大難」が「小難」となり、大きな災いを回避出来ております。

この「回避」をして頂けるのも、一番の大きな勝因は、やはり「無欲の救済」と言う事となります。

常日頃より、末裔の皆様からの連絡で「お陰」の連絡を頂いた時は、ほっとして、「…ああ、良いご供養(浄霊)をしておられるのだな」と心が和みます。

これからの浄霊依頼も、心ある申し込みを願います。

そして、今の混乱の世を生きぬく術を、ご先祖様とともに考え進んで下さいませ。

くれぐれも、「シープル」にはならない様に、マスメディアの言う事を鵜呑みにするのではなく、何事も自分の頭でしっかり考えて下さい。

末裔の皆様、弥生3月の浄霊、心よりおめでとうございます。

又、4月の浄霊の申し込みを、救済されていないご先祖様と共にお待ちしております。

アトランティス協会:姫路 令子


人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント

「令和3年2月~アトランティス協会の浄霊」

2021-03-05 20:14:49 | 浄霊(先祖供養)
令和3年2月24日、この度の浄霊は、朝から穏やかなお天気の下、粛々と執り行われました。

最初にお名前を呼ばれましたのは、公家武士ご夫婦からでした。

その後に各末裔のご先祖様方々の浄霊が執り行われました。

浄霊後の儀式としましては、「お名前の呼び直し」「土地の水晶パワー入れ」の儀式、「仏壇のお清め」の儀式、「生き霊外し並びにオーラを厚くする」儀式等が、順次執り行われました。

この度の浄霊と各儀式は、全て滞りなく執り行われましたので、申し込まれた末裔の皆様、ご安心下さいませ。

ご先祖様方々の無事の成仏と各儀式の執り行い、おめでとうございました。


この度の浄霊でも、先月同様に「重い御霊」の霊が見られましたが、その「御霊の重さ」について考えてみたところ、やはりその方の生前からの「生き方(考え方)」や「亡くなり方」等が亡くなっ時に分かり易い「重さ」として、神々様が表されているのだろうと私(姫路)が個人的ですが、感じられたお思いです。

「死」と言う事一つに対しても、言葉にすると厳しい言い方ですが(当然、「生きざまも」大切です)が、「死に様」と言うものがいかに大事な事なのか、とも考えさせられたこの度の浄霊でした。

2021年に入り、世の中(全世界も含め)は、良くなるどころか、益々荒れる一方です。

情報やTVに真実は見られず、私達はどんどん不安を煽られているように感じます。「なにが本当で、なにが嘘なのか!」

最近は上に立つ「船頭者」、特に政治家などは「自分さえよければよい」ようなとこが、以前よりとても良く分かります。

私達の目はごまかしがきかないのに、そんなことも「お構いなし」の様子に、この国も含め、世界はこれから先どこに向けて進むのだろうか、と本当に考えさせられる毎日です。

それでも生活をして行かなければならない私達の日常は、もういままで通りの「平和」とは程遠くなりつつあります。

これから先は、「平和」な生活がいつまで続いてゆけるのか、それは私達が知らないだけで、もうすでに崩壊が始まっているのでは?…等々。

こんなに世の中の先行きについて考える事は、以前にはない事でしたが、嫌な事から目をつむり、生活して行く事は、今後は不可能だと思います。

嫌でも思い知らされる現実がそこまで迫ってきているのではないでしょうか?

厳しい話になってしまいましたが、地震などの「天変地異」や「コロナ」や「人災」によるものなど、本当に他人事ではありません。

この様な時代だからこそ、「アトランティス協会の浄霊」は必須となって行くと思います。

「自身の身は自身で守る」 これこそが、真の浄霊のあり方です。

何かがあってでは間に合いません。何もない時にこそ、ご先祖様の救済である浄霊に邁進して頂きたいものです。

今月は「お彼岸月」です。

多くのご先祖様が、現世にお帰りになります。それに合わせ、成仏出来ていない他家のご先祖様も、いつもより多く浮遊されておりますので、身辺に気を付けられ、一人でも多くのご先祖様の浄霊依頼をお待ちしております。

いつの日か振り返った時に「あの時、ご先祖様をお助けして良かった!」と言えるように、なって頂きたいものです。

アトランティス協会:姫路 令子

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界


コメント

「令和3年~アトランティス協会の浄霊」

2021-01-29 20:20:25 | 浄霊(先祖供養)
令和3年、新しい年の「浄霊」がスタートしました。

当日、朝から北九州は雨模様となりましたが、これは「お清め」の雨に違いないと確信できたのは、浄霊後の天気の回復の様子からでした。

しかし、浄霊時は天気とは裏腹に、粛々とした雰囲気の中でのスタートとなり、落ち着きのあるものとなりました。

この度も、ご先祖様御霊救済の浄霊から始まりましたが、新年度の浄霊は思った以上に「重い」御霊が多く感じ取らた事が印象的でした。

そして、その「重い」御霊に反して、水子さんや幼子さんにおきましては、軽やかな御霊で対照的だった事も感じ取れました。

ご先祖様の「お名前の呼び直し」も、正しいお名前が届けられ、佳き事でした。

「方位除け」のパワー入れは、パワーが切れていた方位除けに新たにパワーが注入されましたので、又一年安心してお仕え出来ます。

住居である「マンションのお清め」の儀式も滞りなく執り行われ、部屋に溜まった目に見えない汚れが綺麗に取り除かれ、快適な住居となる事でしょう。

最後の儀式は「生霊(いきりょう)外し並びにオーラを厚くする」儀式でした。

この度は、この儀式のお申し込みが多く、やはり日常の生活面での物理的な障害として、厄介な「人の感情(妬み、嫉み等、etc.)」を思わずにはいられませんでした。

私達から言わせると、ご先祖様の御霊より、生きている人間の「想い」の方が、意外に障害になりやすいのは人間の常だと言えます。

ご先祖様方々の霊障は、本物の「浄霊」により、解決が出来やすいものですが、先にも記しましたように、人間は生きている限り、その「想念」を出し続けてくるものです。

特に、その人の「カルマ」が大きければ大きい分、人から受ける生霊等は大きな障害として立ちはだかりやすいものです。

ご先祖様の浄霊と合わせ、自身の「防御」を考えて行くならば、それはやはりこの「生霊外し並びにオーラを厚くする」儀式は欠かせないものと言えます。

自身を守る意味でも、両車輪(浄霊と儀式)で生活を進めて行ける事が何よりだと思います。


私達は「浄霊」を通し、世の中の流れを見ながら、正しい物の見方が出来るようにならなければいけないと思います。

今は、私達をコントロールしがちな「報道」一つをとっても、それが正しいのか否かは自身の「心の眼」にかかっているのではないでしょうか。

全てを決めるのは、第三者(報道も含め)ではなく、あくまでも自身の選択が必死だと思います。

正しい「心の眼」を磨くためにも、まずはご先祖様の御霊救済である「浄霊」に邁進して行きましょう。

そうすれば、又おのずと、ご先祖様と共に正しい物の見方が出来てくるのだと思います。

それが、今後の私達人間の「課題」ともなりそうな気配を感じております。

年初めの浄霊を申し込まれた末裔の皆様、この度の浄霊、心よりお祝い申し上げます。

「令和3年」も新たな気持ちで、ご先祖様御霊救済であるアトランティス協会の本物の浄霊を頑張りましょう。

アトランティス協会:姫路 令子


人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント

「令和2年~12月・星椎水精先生の浄霊」

2020-12-30 21:38:23 | 星椎水精先生の浄霊
令和2年、12月最後の浄霊日は、朝から雨となりましたが、この雨も今年一年を清める意味での雨となったように感じられました。

それを反映するかのように、午後からは成仏を果たされたご先祖様の喜びとも取れる、眩しいほどの日差しが射し始め、お天気も回復して行きました。

「ああ、この光こそが、成仏されたご先祖様方々の喜びの光なのだ」と再認識させらたものでした。

この度の浄霊では、多くのご先祖様御霊(幼な子さんや水子さん達も含め)の浄霊を始め、「お名前の呼び直し」の儀、「アトランティス神殿」パワー入れの儀、各家庭の「方位除け」パワー入れ、「車のお守りのパワー入れ」、墓所「お清め」の儀、仏壇「お断わり」の儀、「生き霊外し並びにオーラを厚くする」儀式等が滞りなく執り行われました。

末裔の皆様、浄霊では、ご先祖様皆様が成仏を果たされ、各儀式も無事に終了出来ました事、心より、お祝い申し上げます。

この度の浄霊では、水子さんや幼な子さんの申し込みも多く、本当に何よりでした。

この度も、浄霊終了直後から、申し込みをされた末裔の方々が、ご先祖様が無事に成仏を果たされた事を理解されたお礼のメールが多く送られて来ました。

申し込みされた方自身が、ご先祖様の浄霊(成仏)が分かる事が一番重要なのです。

このようにアトランティス協会での浄霊は、依頼者の末裔の皆様自身が、成仏したことを確信される唯一のものであり、これが本物の証となります。

巷の霊能者や宗教団体のご供養では、そこの教祖、又は僧侶や霊能者などが、「はい、成仏出来ました」と言うだけで、当人の確認はありません。

これは、本当に大きな違いだと自信を持って言えます。

又、お礼のメールの中には、特に「方位除け」のパワー入れがとても良いものだと言う感想を多く頂きました。

「方位除け」に新たにパワーが注入されますと、霊感のある方には、とてもその儀式の後の家の空気が違うと言うか…感じ方はそれぞれでも、「良い」事には変わりないようです。

浄霊で、ご先祖様の御霊を救済して、ご先祖様と自身の御霊を清めながら、住み処である自宅を防御してゆく事は、二重の力となり、末裔の方においては何にも代えがたいものだと思います。

そして、その後に墓所「お清め」の儀式が執り行われましたが、お墓を浄化することで、そこにおられるご先祖様方々にとっての「居心地」が良くなる事も大切な事だと思います。

また、「お名前の呼び直し」も、無事に正しいお名前が霊界へと届けられました。

「アトランティス神殿」にも、新しくパワーが注入されました事、お知らせ致します。

「車のお守り」にも力強いパワーが注入され、この一年も安心ですね。

仏壇の「お断わり」の儀式も行われましたが、これも大切な儀式の一つになりました。

これらの儀式を申し込まれた末裔の方にも、安心して頂けたと思います。

最後に執り行われました「生き霊外し並びにオーラおを厚くする」儀式は、いつも思いますのいは、星椎水精先生の背後におわします、アトランティス神様の圧巻のお力です。

この力を持ってして、この儀式が可能とならしめん所となります。

これらの儀式は、出来れば、一年に一回体を綺麗にする意味でも、申し込まれる事は大変貴重な事だと思います。

私達は生きて生活しているだけで、目には見えないあらゆるマイナスの力を受けております。

その蓄積で、健康等に影響が出てきます。特に「霊媒体質」の方には、それらは顕著に現れます。

ご先祖様の浄霊で、どんどんパワーアップしながら、物理的な側面での目には見えない「汚れ」を取る事は、生活して行く上で、マイナスを払拭して行く事になります。

以上が、今年最後の浄霊報告となります。

いよいよ、「令和3年」を迎えますが、今年が「コロナ過」の年になるとは、想像もしなかった出来事です。「コロナ過」のように、今後もどんな困難が待ち受けているのか誰にもわかりません。

だからこそ、目には見えない人助け(=浄霊)をいかに頑張るのかが、問われてくるのだと思います。

何もできなくても、何の才能がなくても、何も有名でなくても、どうぞ「浄霊バカ」と言われるくらいの意気込みで、新しい年もご先祖様御霊の救済に邁進されて下さい。

私達のその想いこそが、未来を生きる「糧」となります。

「ノアの方舟」に乗れる人が、一人でも多くなるよう願いを込めて、令和2年の浄霊を締めくくりたいと思います。

12月24日の浄霊を申し込まれた末裔の皆様、心よりおめでとうございます。

アトランティス協会:姫路 令子


人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント

「令和2年・11月~星椎水精先生の浄霊」

2020-11-25 20:05:05 | 星椎水精先生の浄霊
本日、11時よりアトランティス教会にて執り行われました浄霊により、無事にご先祖様皆様の御霊が成仏を果たされました。

この度も浄霊時は、とても良いお天気に恵まれ、冷え込む事もなく、ご先祖様のお気持ちを反映しているかのように、落ち着いた浄霊日を迎える事が出来ました。

そして、各家庭に貼られている、アトランティス神の「方位除け」のパワー入れも、新しいパワーが注入されました。

又、「生霊外し並びにオーラを厚くする」儀式等以上が、ご先祖様の浄霊とあわせまして終了致しました事、ここにご報告申し上げます。

月日が経つのは早いもので、来月で「令和2年」が終わります。

月日と共に、世の中の荒れも収まる処か、来年はどのようになるのか、不安ばかりが募る時代となりました。

誰が、この様な流れの時代になるのかなど想像もできませんでしたが、ただ一つ言える事は、やはりアトランティス協会の浄霊なくしては、将来(未来)はないと言う事です。

最近は特に、アトランティス協会の浄霊は、「ノアの方舟」なのだと言う認識が、私自身どんどん強く感じられるようになりました。

星椎先生も、昔からその事は仰っておりましたが、それが年々色濃く表れるようになった事は確かです。

アトランティス協会で浄霊を実践されている末裔の皆様にとって、その言葉を肌で感じておられると、とても有難いです。

その様な事からも、これからも、自信を持ってアトランティス協会の浄霊に邁進されて下さい。
末裔の皆様の日頃の努力(浄霊)が、良い結果へと結びつく事でしょう。


来月は、いよいよ令和2年最後の浄霊日を迎える事となります。

「今年も精一杯頑張れた御霊救済になった」と思える浄霊の申し込み月となりますように、ご依頼をお待ちしております。

本日は、11月の浄霊を申し込まれた末裔の皆様、心よりお祝い申し上げます。

アトランティス協会:姫路 令子


人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント