人間の書

励みの門

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【無人販売】 ④〔4日目〕 家の隣の無人販売所の料金箱は、盗難に遭い改良しました。〔色々あります。〕

2015-02-01 06:13:18 | Weblog
【無人販売】 ④〔4日目〕 家の隣の無人販売所の料金箱は、盗難に遭い改良しました。〔色々あります。〕

(画像が小さいと思う方へ)画像にカーソルを合わせ、左クリック。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
1 売上金が盗まれた。
2 カギの付いた料金箱が盗まれた。←勿論、料金入り。
3 販売代金と売上金が一致しない。←商品が盗まれた。
==================================
無人販売所では、時々聞く話です。

=そこで、
===========================================
1 料金箱が通行人から見えない場所に設置する。
2 料金箱は持ち運びが出来ないように固定する。
3 料金箱は必ずカギを掛け施錠をする。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
家の隣の無人販売所の料金箱は、盗難に遭い改良してあります。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4 商品代金のお金を入れる投入口しかありません。
5 お金の貯まる所は、外からは見えません。

=ここまでは、自販機と同じです。
===========================================
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
6 施錠して有るか、無いか、全然、まったく、分かりません。 ←先ずびっくりする。
7 お金の取り出し口が何処にあるか、全然、分かりません。←想像が出来ない。
8 お金に関する事は管理をしている人、しか分かりません。←どうなてるんだろ。

===========================================

===========================================
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
===========================================
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日のお客さんは、白菜を持って、料金箱を探していました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
同級生の母親(91歳)です。小一時間位その場で話をしました。←(こいちじかん=約1時間。)
(顔は以前から知っていますが一度も話をした事はありません。)

1 お金を入れたいが箱が無い。
2 前はここにあったんでよ。
3 私の家はあそこでよ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
===========================================

こ‐いちじかん【小一時間】
《「こ」は接頭語》ほぼ一時間。約一時間。一時間弱。「―散歩する」「豪雨が―ほどでやむ」

提供元:「デジタル大辞泉」
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【無人販売】 ③〔3日目〕 ... | トップ | しばらく休みます。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事