うちな~んちゅになりたくて沖縄

沖縄好きが高じて、とうとう沖縄の住人に。「うちな~んちゅ」に憧れる千葉県生まれAYAKOの体当たりな日々、堂々、公開!

千葉でのロハスなひととき

2007-03-29 14:00:00 | Weblog


 久しぶりの長めの帰省。数日間、なつかしい友人たちと昼夜をともに過ごしていたけれど、お彼岸の時期に重なっていたから、祖母のお墓参りをすべく母の実家へも行ってきた。千葉県南部の南房総市。

 高速の終点を下りてから、小一時間ほど走る。ところどころにかたまって咲いている菜の花畑の黄色がまぶしい。いつもならば、すぐに母の実家へ向かうのだけれど、遅い昼食を摂ろうと町外れのレストランへ向かった。ここは手作りソーセージが有名で、素朴でしっかりした味のソーセージも、そのソーセージをのせてカリっと焼かれたピザも、相変わらずおいしかった。ログハウス風の建物の前には田畑が広がって、パノラマ風景を見るよう。

 母の実家は、かつては8人の大家族。そこに親戚一同が集まればそれはもう賑やかだった。従兄弟がそれぞれ家を出たり、近頃は親戚が同時に集まることが少なくなったりして、寂しく感じる。

 とはいっても、現役農家の一家。翌日も朝から農作業だ。珍しく、わたしもお手伝いを頼まれる。稲を育てるためのビニルハウスにビニルをかける作業。こんなお手伝いをするのは初めて!おじさんから作業服を借りて、日よけの帽子をかぶり、軍手をして準備完了。ハウスに、大きなビニルをみんなでタイミングをそろえてエイヤッとかぶせたら、今度は長い紐でビニルを抑えていく。おじいちゃんが紐をほぐし、わたしが高い脚立の上からそれを受け取って、ハウスの両サイドにいるおじさん夫婦へ手渡す。連携プレーなしにはできない作業だ。



 それが済んだら、今度は母がキンカンを採ってきてと言う。庭にある木から、コロンとして橙色に熟れたキンカンを枝から枝へパチリ、パチリと剪定バサミで切りとって、手に持ったカゴに落としていく。夢中になって、最後はまたしても脚立に上って、高い枝先の実も採りまくり。

 時間にしたら、ほんの2時間足らずのことなのに、達成感と清々しさに満たされた。そういえばいつかの春に、たけのこ掘りをしたり、おばあちゃんに付き合ってフキ採りをしたりしたなぁ。たまに遊びにきては、当たり前のように過ごしていたこの環境が、いかに恵まれているかということに改めて気付かされる。千葉に帰るたび、ここを訪れたいという気持ちが一層強くなった。(続く)


里帰り準備

2007-03-15 09:00:00 | Weblog


 お正月に実家に顔を見せなかった薄情娘のわたし。うまく仕事が休めることになったので、実家・千葉に帰る予定を立てた。前回の帰省が7月だったから、半年以上ぶりだ。千葉は今どんな様子なんだろうか、だいぶ変わったかな、などとソワソワ。何年も帰っていないわけじゃないのに訳もなく緊張している自分がいたりして、浦島太郎になりそうな気分。

 さぁ、帰るとなったらまずはお土産選び。大きなスーパーに出かけて、家族や会う約束をしている友人たちを思い浮かべながら、「県産品コーナー」をぐるぐる、ぐるぐる。全国のあちらこちらに沖縄物産品を扱うお店やブースができている昨今、沖縄のものが手軽に入手できるようになっているものだから、沖縄から帰る身としては何を買っていこうか頭を悩ますところ。



 沖縄の定番おみやげといえば「ちんすこう」。初めて食べたときからその食感に病み付きになってしまい、今でも好きなお菓子だけれど、あまりにも定番過ぎて珍しくもなく、喜ばれるかが心配なんだよね。これ以外の定番は「さーたーあんだぎー(揚げたドーナツ菓子)」かな。こないだ、わりと有名なあんだぎー屋さんが、家から近いところにあることを知った。直営なので出来たてを安く買えて、お土産にいいかなとも思ったけれど、あんだぎーは揚げたてじゃないと美味しくないのであきらめた。沖縄に来る方は、ぜひ揚げたてを召し上がれ!



 あれこれ迷ってかなり時間はかかったけれど、最後はわたし自身の好みやユーモアセンスでチョイスしてお土産選び完了。自分の帰省準備も含めて、かなり充実したお買い物ができた。あとは旅支度をして、出発の日を待つばかり。今年は例年になく桜の開花が早そうで、あの薄桃色のはかない桜の花が見られるかもしれないと思うと、楽しみもまた増える。桜ちゃん、どうかわたしにその姿を見せてね。(続く)

春待ちのバーベキュー

2007-03-11 12:00:00 | Weblog


 ここのところ、天気がコロコロ変わる。上着がいらないくらい暑い日があるかと思えば、一日中、雨がシトシト降っていて身震いするような寒い日もあって、春はまだかなぁ、とソワソワしちゃう。そんな気まぐれお天気の中、春を待たずに今年初!のバーベキューをしましたぁ。

 通い慣れた(?!)北部のお家。その日は家主のご夫婦、息子さん、娘さんご夫婦とその子ども(2人)、石垣から来た共通の知人がそろって、とにかく賑やか。前日の予報では雨だったのに、見事に外れて朝からイイお天気。のーんびりと昼食をとって、ひと休憩したら、さぁ行動開始!

 女性陣と子どもは車に乗り込み、買い出しに向かう。窓からさし込む日差しが、真夏かと思うくらいギラギラと照りつけてきて、天気のせいなのか大人数でのお出かけせいなのか、まるで遠足に出かけているような気分だ。おしゃべりな女性ばかりだったので、車中は話が尽きない。みんなが好き勝手にしゃべっていたけれど、それすら楽しかった。

 手際よく目的のものを買い終えて家に戻ると、ご主人お手製のウッドデッキでは、バーベキューの準備が着々と整えられていた。沖縄には旧暦1月16日に「ウートートー」(手を合わせて拝むこと)する「十六日(ジュウルクニチ)」という習慣があるので、そのために集まってきた親戚の方たちも一緒にバーベキュー。やがて100歳になるというおじいちゃんも、ビールを飲みながら優しい表情でひ孫が駆け回るのを見守っている。実に4世代が集合。あぁ、沖縄の大家族ってこんな感じなのかなと、フト思う。

 陽が長くなってまだ明るいと思っていた空には、いつの間にか星が出ていた。適度に風があって、心地いい。北部にお邪魔して3日目、1日目の夜は、月明かりで空がボーっと明るくなり、幻想的な世界を体験した。小さな島・沖縄本島だけれど、南北に長いからか、こうして北部=ヤンバルでしばらく過ごしていると、那覇が遠い現実のように感じられる。(続く)