打越正行の研究室 UCHIKOSHI Masayuki's laboratory

このブログでは、広島と沖縄で暴走族・ヤンキーの若者を対象とした参与観察調査をしてきた打越正行の研究を紹介しています。

このホームページについて

2050年04月15日 23時00分59秒 | お知らせ

 訪問していただきありがとうございます。

 ここは所属先の社会理論・動態研究所や所属していた都立大、研究者情報検索のRead&ResearchmapFieldnetに掲載させてもらっている、私の論文や口頭発表のリストをまとめたブログ形式のホームページです。そちらも更新しますが、運営が本人でないため最新情報はこっちに掲載します。

 ここに掲載している論文や口頭発表などは、すべて広島や沖縄で貴重な話を聞かせていただいた方々のおかげでできあがったものです。それらの概要などを公開しています。ぜひご覧になっていただき、興味があればご連絡ください。

 できれば、すべての論文を読んでもらいたいですが、私の研究の中身や方法を簡潔に知ってもらえるものとしては、以下の3本をおすすめします。

(1)「建築業から風俗営業へ――沖縄のある若者の生活史と〈地元〉つながり」
(2)「暴走族のパシリになる――『分厚い記述』から『隙のある調査者による記述』へ」
(3)「つくられたしーじゃ・うっとぅ関係――沖縄建設業の戦後史」

 もちろん、これら以外の論文も読んでもらえれば大変ありがたいです。

 以下、簡単な研究の紹介です。

 かつては広島市と関東圏、そして沖縄で暴走族やヤンキーの若者の参与観察を行ってきました。すべての土地で出会いに恵まれていることに感謝しています。調査では暴走族のアジトに通い、下積みを重ねてきました。その結果、パシリから中堅クラスにポジションが変わりつつあると感じていましたが(2010年夏)、それは単なる勘違いでした(2011年夏)。それどころか、ビーチパーティの場所取りを頼まれたのに車内で昼寝したり、釣り大会の移動中にディーゼルの現場号にガソリンを給油するといったありえないミスを繰り返してしまい、パシリさえも降ろされそうです(2012年夏)。バイクに乗ったりそれを見物していた若者たちも現在では、サラ金の回収業、台打ち、性風俗店の経営、ボーイ、型枠解体業、鳶、塗装、彫師、バイク屋、ホスト、キャバクラ、弁当屋、主婦になりました。彼・彼女たちへの継続調査を現在も行っています。

2016年4月、やっとのことで、首都大にて博士号(博士:社会学)を取得しました。引き続き、調査・研究に邁進します。

博士論文

ダウンロード可能な論文などは以下の倉庫からどうぞ
打越正行の研究室(倉庫)
コメント

更新情報(1年以内)

2019年06月01日 18時10分58秒 | お知らせ

 ■190517
その他の業績生活に編み込まれる沖縄の構造と歴史を追加する。

 

■190510

論文(DL不可)「ヤンキーと地元――解体屋、風俗経営者、ヤミ業者になった沖縄の若者たち」に書評(週刊エコノミスト)を追加する。

 

■190429
論文(DL不可)「ヤンキーと地元――解体屋、風俗経営者、ヤミ業者になった沖縄の若者たち」に書評(朝日新聞、週刊読書人)を追加する。

 
■190421

論文(DL不可)「ヤンキーと地元――解体屋、風俗経営者、ヤミ業者になった沖縄の若者たち」に書評(琉球新報)を追加する。

 

■190420
論文(DL不可)「ヤンキーと地元――解体屋、風俗経営者、ヤミ業者になった沖縄の若者たち」に書評(沖縄タイムス)を追加する。

 

■190419

論文(DL不可)「ライフコースからの排除――沖縄のヤンキー、建設業の男性と暴力」に今月の3点(朝日新聞)を追加する。

 

■190411

お知らせ「ラジオ『マー坊ター坊のまちづくりハッピーレディオ』」を追加する。

 

■190331
研究助成「沖縄の暴走族・ヤンキー若者たち、その後――5年にわたる参与観察と生活史調査から」に研究成果報告書を追加しました。

■190324
お知らせ「web記事『ヤンキーの若者たちの生活、そして沖縄の建設業――彼らと走って、働いて、飲んで、わかってきたこと』」を追加する。

■190310
お知らせ「ラジオ『ヒトワク』」を追加する。

■190308
その他の業績「私の沖縄問題 第9回――沖縄と対峙するための流儀」を追加する。

■190303
その他の業績「書評:『〈ヤンチャな子ら〉のエスノグラフィー ヤンキーの生活世界を描き出す』――分断された若者描く」を追加する。

■190213
論文(DL不可)「ライフコースからの排除――沖縄のヤンキー、建設業の男性と暴力」を追加する。

■190213
論文(DL不可)「ヤンキーと地元――解体屋、風俗経営者、ヤミ業者になった沖縄の若者たち」を追加する。

■190131
理論と動態「『理論と動態』第11号」を追加する。

■181213
その他の業績「『先生かどうかわからない人』が教えてくれた他者への想像力の磨き方――いまも忘れられない大学の講義」を追加する。

■181115
論文(DL不可)「接待する建設業者/口説き落とすヤミ業者――沖縄のヤンキーの若者と地元・仕事・キャバクラ」を追加する。

■181022
その他の業績「10代で妊娠するということ――沖縄のヤンキー少女たちへの聞き取り調査から」を追加する。

■181015
論文(DL可能)にある「夜から昼にうつる――ライフステージの移行にともなうつながりの分化と家族像」のリンクをはる。

■181013
おしらせ「ラジオ『中村圭介対話の時間』」を追加する。

■181013
おしらせ「ラジオ『それってどうなの?沖縄の話』」を追加する。

■180723
論文(DL可能)「夜から昼にうつる――ライフステージの移行にともなうつながりの分化と家族像」を追加する。

■180712
論文(DL可能)「貧困調査のクリティーク(3)――『まなざしの地獄』再考」を追加する。

■180517
その他の業績「琉球新報インタビュー記事『30代まで続く先輩支配』」を追加する。

■180503
研究助成「未来の剥奪:貧困の〈生活-文脈〉の縦断的理解を通じて」を追加する。

■180412
その他の業績「パチプロから公務員へ――ある大学生の職業選択、那覇への船旅――ひと晩限りの話をきく」を追加する。

■180401
その他の業績「学位(博士)論文要旨:沖縄の下層若者と〈地元〉の社会学――下層労働の再生産と下層若者文化の再編」を追加する。

■180322
理論と動態「Social Theory and Dynamics Vol. 2」を追加する

■180322
理論と動態「『理論と動態』第10号」を追加する。

■180320
その他の業績「生きつづける沖縄の『アムラー』」を追加する。

■180226
論文(DL可能)「つくられたしーじゃ・うっとぅ関係――沖縄建設業の戦後史」を追加する。

■171231
その他の業績「沖縄の建築業で働く若者――しーじゃ・うっとぅ関係と暴力」に書評を追加する。

■171223
その他の業績「なぜ沖縄の貧困率は高いのか?――建設業の歴史からひもとく」を追加する。

コメント

生活に編み込まれる沖縄の構造と歴史

2019年05月30日 17時54分58秒 | その他の業績

 

■打越正行,2019年5月30日,「生活に編み込まれる沖縄の構造と歴史」反差別国際運動編『IMADR通信』198号,6-7.

 

 人びとの生活の営み方は、傍から見るとたいていは異質である。しかしそれは、当の本人からすると、きわめて当たり前のことを繰り返しているに過ぎない。つまり生活の形が異質であることと、それがきわめて平凡であることは矛盾しない。社会学の参与観察で描かなければならないことは、この異質な生活の平凡さである。その営みが、生活の文脈でいかにあたりまえとなり、日々繰り返されるにいたったのか、それをつかむことである。そして、その生活のなかに、沖縄の構造と歴史が編み込まれていることを明らかにすること、これが社会学の参与観察の課題である。

 本文では沖縄の建設現場における釘の踏み抜きをめぐって、上記の課題について紹介した。

 

反差別国際運動

 

コメント

ラジオ「マー坊ター坊のまちづくりハッピーレディオ」

2019年04月10日 12時40分43秒 | お知らせ
 
 
■2019年4月10日放送、「書籍『ヤンキーと地元 解体屋、風俗経営者、ヤミ業者になった沖縄の若者たち』からよむ沖縄の社会構造」『マー坊ター坊のまちづくりハッピーレディオ』(エフエム那覇).
 
出演:打越正行
司会:饒波正博、知念忠彦
 
 
放送を聞く(46:08)
 

 

コメント

ヤンキーと地元――解体屋、風俗経営者、ヤミ業者になった沖縄の若者たち

2019年03月25日 21時46分41秒 | 論文(DL不可)

 

■打越正行,2019年3月25日,『ヤンキーと地元――解体屋、風俗経営者、ヤミ業者になった沖縄の若者たち』筑摩書房.(全304ページ)ISBN:4480864652


「ここにあるのは「優しい沖縄」ではなく、地元社会の過酷な掟である。パシリから始まり、10年という歳月をかけた、驚愕のエスノグラフィー。」 岸政彦(社会学者)

「生まれ故郷が嫌いだと吐き捨てるように言った、沖縄の若者。その出会いを原点に、沖縄での調査が始まった。生きていくために建設業や性風俗業、ヤミ仕事に就いた若者たち。10年以上にわたって、かれらとつき合ってきた社会学者の、かつてない記録の誕生!」


書籍紹介
 『ヤンキーと地元』は、沖縄の暴走族、ヤンキーだった男の子と女の子たちの10年間の記録です。彼・彼女らは、解体屋となり、また風俗経営やヤミ仕事、そして主婦となりました。本書は彼・彼女らが地元を中心に生活をつくりあげ、そこで日々格闘する様子をあますことなく書きました。2007年に出会って10年以上つき合ってくれている若者が、下世話な話題で盛り上がったり、日々イラつき、時には弱気になり、殴り殴られ、そして互いに思いやり、逆に裏切り、そんでもってそれでも前を向いて生きてきたということを書きました。私は彼・彼女らを心から尊敬しています。彼・彼女らの行為や言葉はいまだにわからないことだらけですが、10年も追いかけていると、時どき部分的に理解できることがありました。本書を通じて読者にそれがひとつでも伝わればうれしいです。ぜひ手に取って読んでください。


■目次

※ 詳細については、下記のアマゾンページを参照してください。

はじめに

第一章 暴走族少年らとの出会い
第二章 地元の建築会社
第三章 性風俗店を経営する
第四章 地元を見切る
第五章 アジトの仲間、そして家族
おわりに

 


筑摩書房

アマゾン

紀伊国屋書店

TSUTAYA

RAKUTENブックス

 

■新聞

産経新聞(書評、2019.4.14)

沖縄タイムス(書評:與那覇里子、2019.4.20)

琉球新報(書評:石岡丈昇、2019.4.21

朝日新聞(書評:武田砂鉄、2019.4.29)

週刊読書人(書評:廣末登、2019.5.3)

琉球新報(取材:藤井誠二、撮影:ジャン松元、2019.5.3)

沖縄タイムス(取材:與那覇里子、2019.5.12-13)

南海日々新聞など(書評:新城和博、2019.5.17) 

中国新聞など(書評:片岡義博、2019.5.19)

 

■雑誌

ちくま(紹介:藤井誠二、No.577)

中央公論(撮影:深谷慎平、6月号)

週刊文春(書評:磯部涼、5月23日号) 

週刊現代(書評:野村進、5月25日号)

 
■web記事
 
■番組出演

琉球放送(2019年4月26日放送)

琉球朝日放送(2019年5月10日放送)

 

■トークイベント

くじらブックス(上間陽子、2019年4月24日)

 記事(沖縄タイムス)

ロフトプラスワンWEST(岸政彦、2019年5月3日)

ジュンク堂書店那覇店(石川竜一、2019年7月13日)

コメント

web記事『ヤンキーの若者たちの生活、そして沖縄の建設業――彼らと走って、働いて、飲んで、わかってきたこと』

2019年03月23日 10時01分17秒 | お知らせ


■2019年3月23日、「ヤンキーの若者たちの生活、そして沖縄の建設業――彼らと走って、働いて、飲んで、わかってきたこと」『RYUKYU JOURNAL』(取材:砂川真一郎、https://journal.ryukyu/people/1881, 2019.3.23)

沖縄の経済情報に特化したメディアの『RYUKYU JOURNAL』さんから取材を受けました。沖縄の建設業で起きていることについてお話しさせてもらいました。


琉球ジャーナル
コメント

沖縄と対峙するための流儀

2019年03月10日 16時00分48秒 | その他の業績

■打越正行,2019年3月10日,「私の沖縄問題 第9回――沖縄と対峙するための流儀」部落解放・人権研究所編『ヒューマンライツ』解放出版社,372号: 34-37.


本土の人間が沖縄を語り、書く際の流儀について書きました。


部落解放・人権研究所
コメント

ラジオ「インタビュープログラム『ヒトワク』」

2019年03月03日 13時59分07秒 | お知らせ

■2019年3月3日放送、「インタビュープログラム『ヒトワク』」(エフエム那覇)

出演:打越正行、平良斗星
司会:諸見里杉子


前編 なぜ沖縄のヤンキーを研究しているのか?を聞く(16:19)


後編 書籍についてインタビュー を聞く(21:19)

ヒトワクブログ

ヒトワクポッドキャスト

コメント

書評:『〈ヤンチャな子ら〉のエスノグラフィー ヤンキーの生活世界を描き出す』――分断された若者描く

2019年03月03日 12時41分41秒 | その他の業績


■打越正行,2019年3月3日,「書評『〈ヤンチャな子ら〉のエスノグラフィー ヤンキーの生活世界を描き出す』――分断された若者描く」琉球新報(2019年3月3日、朝刊)(https://ryukyushimpo.jp/news/entry-883504.html, 2019.3.3).


 本書は、大阪のヤンキーの若者たちのエスノグラフィーである。14名の〈ヤンチャな子〉が登場するが、なかでもそのひとりであるコウジに焦点をあてて紹介した。


琉球新報(書評)

アマゾン(書評した本)


青弓社(書評した本)



コメント

ライフコースからの排除――沖縄のヤンキー、建設業の男性と暴力

2019年03月01日 08時32分54秒 | 論文(DL不可)

■打越正行,2019年3月1日,「ライフコースからの排除――沖縄のヤンキー、建設業の男性と暴力」『現代思想(引退・卒業・定年)』青土社, 89-97(全246ページ).ISBN:9784791713783

概要
 沖縄のヤンキー、建設業の男性たちの生活と仕事の基盤は地元である。その地元には強烈な上下関係があり、また頻繁に暴力がふるわれる。本稿は参与観察調査を通じて、そのような暴力を地元の文脈から描くことを目的とする。
 彼らは、学校や就労世界、地域といった社会的空間から排除されている。また彼らは、学校、就職、世帯持ちといった標準的なライフコースから、そして暴走族、建設業、親方といったもうひとつのライフコースからさえも排除されている。それは社会的時間からの排除である。このように空間と時間から排除された状況を彼らは生きており、それは些細なことでいつ暴力が生じてもおかしくない閉塞した状況である。

青土社

アマゾン

朝日新聞今月の3点(森千香子さん)

 

コメント

『理論と動態』11号

2019年01月15日 11時03分55秒 | 理論と動態

■社会理論・動態研究所編,2019年1月15日,『理論と動態』第11号.

私が所属している研究所の研究紀要です。目次は以下の通りです。

■目次■
■巻頭言
変わりゆく世界の中で連帯を築く/デイビッド・ファーセンフェスト(Critical Sociology 編集長)  朴 沙羅訳

■投稿論文
天皇を語る「ことば」──本島等元長崎市長への手紙にみる差出人の思い  井手靖子

そして「父」になる──出生後認知による日本国籍取得手続きから見る戸籍制度  朴 沙羅

プラネタリー・ジェントリフィケーション論の批判的検討──今後のジェントリフィケーション研究の論点 結城 翼

■特集:ポジショナリティを問う
環状島の複数性とポジショナリティ──在沖米軍基地の県外移設を求める主張をめぐって  玉城福子

反基地闘争の歴史と基地問題の行方──闘うべきものを見失わないために  毛利慶典

植民地朝鮮とは何か──森崎和江『慶州は母の呼び声』を事例として  松井理恵

植民地主義の脱構築に向けて──中国人戦後補償裁判「花岡和解」を事例として  坪田典子

■書評
朴 沙羅『外国人をつくりだす──戦後日本における「密航」と入国管理制度の運用』(ナカニシ書店 2017 年)  伊地知紀子
書評に応えて  朴 沙羅

渡辺拓也『飯場へ──暮らしと仕事を記録する』(洛北出版 2018 年)  西澤晃彦
書評に応えて  渡辺拓也

■研究断想
「セックスワーク研究」という分野  青山 薫

各論文は社会理論・動態研究所のホームページにて販売しております。
コメント

接待する建設業者/口説き落とすヤミ業者――沖縄のヤンキーの若者と地元・仕事・キャバクラ

2018年12月31日 15時36分21秒 | 論文(DL不可)

■打越正行,2018年12月31日,「接待する建設業者/口説き落とすヤミ業者――沖縄のヤンキーの若者と地元・仕事・キャバクラ」川端浩平・安藤丈将編著(川端浩平・安藤丈将・轡田竜蔵・芦田裕介・打越正行・白石壮一郎・稲津秀樹・大橋史恵著)『サイレント・マジョリティとは誰か――フィールドから学ぶ地域社会学』ナカニシヤ出版,63-86(全197ページ).ISBN: 978-4779512964


概要
 本稿は、沖縄のヤンキーの若者にとっての地元が、彼らの就く仕事や身体技法を強力に方向づけていることについて述べる。ここで取り上げる沖縄のヤンキーの若者とは、建設業とヤミ仕事(違法就労)に就く男性である。彼らにとって、地元の社会関係は相互扶助の「ゆいまーる」とはほど遠いものである。彼らは、地元の暴走族を経て、地元で働き、そして遊ぶ。彼らは、それぞれの地元に吸いつけられ、また離散させられる。その点で、彼らにとっての地元は「磁場」である。以下では具体的に2つの地区のヤンキーの若者が仕事に就く過程に注目し、そこで地元が磁場となっていることについて述べる。
 一つは、ヤンキーの若者の多くが、地元の暴走族を通じて、地元の建設業で働くT地区である。そこでは先輩と後輩の集団的な作法が重視され、それにあった身体技法を習得する。そしてその身体技法ゆえに地元により吸い付けられる。
 もう一つは、ヤンキーの若者の多くが、地元の暴走族を通じて、地元のヤミ業者で働くM地区である。そこでは個人で生きていく能力が重視され、それにあった身体技法を習得する。そしてその身体技法ゆえに、地元から離れていく。
 このように対照的な経過をたどるそれぞれの地区のヤンキーの若者たちにとって、地元は強力な磁場として存在する。彼らが若者文化のなかで生き、仕事に就き、それにあった身体技法を身につける過程を通じて、地元は彼らを吸いつけ、そして離散させている。

以下は、目次です。


はじめに:水上バイクで現れた英雄(ヒーロー)
序 章(川端浩平)
第一章 サイレント・マジョリティを思考すること:広島二〇-三〇代調査から(轡田竜蔵)
第二章 等身大の地域社会:「地域活性化」がみえなくするもの(芦田裕介)
第三章 接待する建設業者/口説き落とすヤミ業者:沖縄のヤンキーの若者と地元・仕事・キャバクラ(打越正行)
第四章 Uターン専業漁師の引退への段階:人口減少地で年をとること(白石壮一郎)
第五章 〈原発被災地〉から「復興」を学び直す:福島の朝鮮学校コミュニティ(川端浩平)
第六章 濁流を聞く/危機を知る:「差別の川」のサウンド・スケープを歩く(稲津秀樹)
第七章 「寄る辺のなさ」を越える:中国の都市社会に生きる農村女性たち(大橋史恵)
第八章 「土」からの変革を求めて:菜園村生活館からみえる香港(安藤丈将)


ナカニシヤ出版

アマゾン
コメント

「先生かどうかわからない人」が教えてくれた他者への想像力の磨き方――いまも忘れられない大学の講義

2018年12月13日 06時21分21秒 | その他の業績


■打越正行,2018年12月13日,「『先生かどうかわからない人』が教えてくれた他者への想像力の磨き方――いまも忘れられない大学の講義」現代ビジネス(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58702,2018.12.13).


琉球大学(非常勤講師)で担当している「教育学原論」の講義紹介である。教室において教師はいかに正当性をもち、それを維持するかについて、実際に経験してもらうアクティブ・ラーニングを実施した。



https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58702
コメント

10代で妊娠するということ――沖縄のヤンキー少女たちへの聞き取り調査から

2018年10月22日 18時45分04秒 | その他の業績

■打越正行,2018年10月,「10代で妊娠するということ――沖縄のヤンキー少女たちへの聞き取り調査から」沖縄生活指導研究会編『民主的な子を育てるために』22: 38-44.




コメント

ラジオ『中村圭介対話の時間』

2018年10月04日 20時00分50秒 | お知らせ


■2018年10月4日放送、vol. 110『中村圭介対話の時間』(エフエム那覇)

出演:中村圭介、打越正行
司会:平良斗星

放送を聞く(22:24)



■2018年10月18日放送、vol. 111『中村圭介対話の時間』(エフエム那覇)

出演:中村圭介、打越正行
司会:平良斗星

放送を聞く(22:16)


ホームページ
コメント