津 軽 の 療 護

障がい者支援施設 内潟療護園の
利用者、スタッフが奮闘する姿を
紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『内潟療護園、第二うちがた合同花見会のおしらせ』

2016-03-24 | 日記

 平成28年度内潟療護園、第二うちがた『合同花見会』が平成28年4月30日(土)、例年通り五所川原市金木「芦野公園」を会場として行う予定となりました。昨年も開花が早く、葉桜見物でした、今年も開花が早まるようです。
 「金木桜まつり」の会期が4月下旬からですので、桜の花満開と花見会がマッチングしてくれるのが一番ですが、毎年天候が思うようになってくれません。桜の花も良いですが、『花より団子』(露店)もまた桜まつり定番です。それぞれの花見の楽しみ方で満喫します。
 また施設入所から35年間毎年公園内屋台でのラーメンとお酒を生き甲斐に頑張っている方もおります。しかし寂しいもので、屋台を開いているご主人が高齢で屋台を止めるとの話が聞かれ、津軽弁で「今度、からいねな!(食べられない)」と言っていました。弘前公園桜祭りも良いですが、桜桃忌でおなじみの太宰治文学碑がある芦野公園の桜も最高ですよ。

※ 当初5月1日の予定でありましたが、開催場所が使用できなくなり日程を変更することになりました。訂正してお詫びいたします。

コメント

『ようやく春の訪れ!』

2016-03-19 | 日記

  田んぼの雪もほとんど融け、冬を津軽で過ごした白鳥の群れが雪融けの田んぼで落穂をついばんでいました。今年は雪融けが早く、白鳥の群れも心なしか少ない気がします。落穂ひろいの白鳥が見られると津軽の地にもようやく春の訪れです。

コメント

『3月11日』

2016-03-11 | 日記
 3月11日(金)雪のち曇り 5年前の今日東日本大震災が起きました。あの日も雪の降る薄暗い日で、地震が起きた14時46分頃はちょうど15時のおやつの時間でした。突然の横揺れ、そして長い縦揺れ、停電、職員みんなで利用者の安全確認、利用者全員無事。暖房設備停止でホールに集まり、状況の確認。福祉あんぜん電話で活用していた発電機で固定電話へ通電、そして情報を集めるために事務室前にやっとテレビを取り付け、地震情報の確認。そこで初めて被害の凄さに唖然とした。
 私たちの施設は日本海側で直接津波の影響を受けなかったが、海沿いで避難地域に住んでおられる人工呼吸器を付けた在宅利用者2名を緊急で受け入れをしました。丸2日停電でみんな事務室前の1台のテレビに食い入って見ていたことがいちばん記憶に残っています。
 震災の次の年から年2回、災害時の食事確保の訓練と震災を忘れない為に「災害食体験の日」を設けています。だいぶ雪解けが進む奥津軽ですが、寒の戻りで小雪が降りました。
コメント

『雪解け』

2016-03-08 | 日記

3月8日(火)晴れ 先週からのマイナスの気温から一転、プラスの気温に変わり、朝起きることが楽になってきました。

奥津軽でも雪解けがだいぶ進み、少しずつ春の足音が近づいてきた今日この頃です。

施設敷地内はまだ3分の1程残雪があります。向かいの大沢内溜池も所どころ解けてきましたが、大半はまだ凍ったままです。

今週の金曜、土曜日は最低気温マイナス4℃で雪マークです。桜の見ごろまで、50日程度です。

☆ 障がい者支援施設 内潟療護園のFacebook始めました。

コメント

『桃の節句』『懇談会』

2016-03-03 | 日記

3月3日(木)くもり。今日は桃の節句、ひな祭りです。午前には毎月利用者と職員の意見や要望を交し合う、懇談会が行われました。利用者の代表が司会を務め、最初は施設長からのお知らせ、続いて利用者からの要望、各係等からお知らせと続きます。要望としては、献立に入れて欲しい食べ物やおやつで注文してほしい物、職員に直してほしいことなどが出されます。またこれからの行事予定のおしらせも行っています。職員と利用者がゆっくり意見を言い合う時間を作っています。

昼食は行事食で、にぎり寿司、てんぷら、お吸い物、デザートが出され、みんな笑顔いっぱいでした。

 月初めの昼食前の30分から40分の時間で懇談会を行っています。          ”ハイ、ポーズ”

☆ 障がい者支援施設 内潟療護園のFacebook始めました。

コメント