宇ち中
宇ち多゛中毒のページ




2007/12/01
(続き)
大満足のみとめをあとにして、てくてくと赤羽へ続く道を歩きます。途中、公園でお手洗いを借りたりしながら、目指すお店「大久保酒場」への到着は20:15。10分ちょっとで到着しました。



おお、写真で見た佇まいです。早速暖簾をくぐり、お店の中に入ります。横長のコの字型カウンターの店内は、常連さん達が6人ほど。結構空いています。我々は入り口側の席に座り、ホッピーをいただくことにしました。



金髪の店主が、えっちらほっちらという感じでホッピーを出してくれます。ジョッキには焼酎が結構な量。レモンスライスでちょうど蓋をしているような感じになります。



ハムと玉子。おかずはガラスケースの中のものを選んで、店主が持ってきてくれるという方式のようです。



古い造りの店内。天井が高く、いい感じの雰囲気です。テレビは野球のオリンピック予選が放送されてます。



茶碗蒸し。これは市販のものをチンしてくれるものです。



おしんこもいただきました。素朴な味で、しょっぱすぎずいい味。そしてホッピーを呑み終わってお会計。30分ほどの滞在、4人で2,000円ほどでした。安いです~。



1月には取り壊しとのこと。この記事をアップする頃にはもう閉まっているんですね。また古い酒場が1つなくなってしまいました。しかしこの時既に酔っぱらい状態。ゴキゲンモードで赤羽へ向かったのでした。
(つづく)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 十条発赤羽ツ... 十条発赤羽ツ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown ()
2008-01-19 12:55:52
ここもなくなるのですね。

味があり誰も目を付けていない穴場と思っていたのに。無くなるのは寂しいですが、今度は自分たちの世代の番とも思っていますけど。

ミドル世代のもつ好きも増えているし、いい店は残る。いい店は繁盛する。世代交代に期待。
 
 
 
世代交代 (uchidaholic)
2008-01-19 13:25:35
東様

ほんと、そうですよね。世代交代に期待です。
でも立石の大林酒場といい、後継者問題は深刻ですよね。
しかもここのように、道路拡張なども。
立石の再開発のことが気になります。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。