起業家精神、谷治 肇 オフィシャルブログ

銀座Wall Builではたらく社長のブログ。独立自尊の精神|独立起業のススメ。

【自己鼓舞】起業12年目の奮起、新たなる挑戦『無限なる可能性』

2016年08月06日 15時11分19秒 | 人生の羅針盤アーカイブ・法華経の実践と実証

【自己鼓舞】起業12年目の奮起、新たなる挑戦『無限なる可能性』

1)よく「身の丈を知る」「等身大」という言葉がありますが

一見、謙虚であるような響きで聞いた相手に安心感を与える。

しかし、最近これが大きな間違えてであることに気付く。

なぜならば、「身の丈を知る」「等身大」ということは、それ以上の成長へ

「挑戦すること」から都合の良い綺語をつかい逃げている、ということでもある。

決して謙虚でもない、単に卑屈になっているだけだと思う。

事業家たちとの交流会は自らも奮起させる。

 

2)「身の丈を知る」や「等身大」という言葉は『マイナス思考の根源』

自らの成長を自らで制限し、自らでその殻を破れなくし固く殻に閉じ込める呪文なので

私は決して口にしたりしないようにしている。またそう思っても考えてもいけない。

なぜなら、いつもマイナスなことを思考したり言葉に発していると脳や心に深く刻印されてしまい

現実にそうなってしまうから。(一度、魂に脳や心に深く刻印されてしまうとなかなか消せない)

誰しも『無限大の可能性』をうちなる秘めている、ただそれに気づいていないのか

自ら制限し諦めや悪習慣のマイナス思考で封じこめているように思える。


ひとりごと

たかだか数千万の年収で満足していたら、

国内の大企業の役員クラスや外科医クラスと変わらないではないか。

やはり、起業した以上、億単位の年収をとらなければ「起業家」として恥ずかしく思えた。

(考えていたことが小さくせこかったと反省)

私が数千万の年収で満足していたら働いてくれているスタッフに申し訳ないし、

年収1千万2千万は出せないでしょう(苦笑

本当に「身の丈を知る」のであば億単位。(お金は成功のバロメーター)

今までは身の丈をよくわかっていないような気がしてきました。

 

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
« 新事業立ち上げという熱中症に | トップ | 【事業好機・忘備録】時流の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人生の羅針盤アーカイブ・法華経の実践と実証」カテゴリの最新記事