悪魔の囁き

少年時代の友達と楽しかった遊び。青春時代の苦い思い出。社会人になっての挫折。現代のどん底からはいあがる波乱万丈物語です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

若葉と青葉と紅葉と・・・

2017-03-29 09:59:33 | 日記
第二話【桜のない校門】


中三になると幼稚な精神や貧祖な肉体も大人になり、勉強の出来る男子より頭が悪くてもイケメンで話が面白く性格の明るい男子が持てるようになった。
休み時間になると男女数人で塊、テレビ番組や映画などで話が盛り上がっていた。
ませてくると反抗期の仲間同士で、都心に遊びに行った事などを自慢して話していた。
『アパ 昨日後楽園に行ったんだって』とまり子ちゃんが聞いた。
『うん。サンスケとミツエちゃんと三人でローラースケートに行ったよ』
『滑れるの』
『小学校からやっていたからねぇ』
『へぇ~ 今度 私も連れて行ってよ』
『いいけど――』
『都合の悪いことがあるの』
『そうじゃないけど・・・』
『はっきりしないわねぇ』
『実は3人で話して連れて行く人選はしているんだよ』
『誰よ』
『まり子ちゃんも知っている連中だよ』
『具体的に言わないとわからないわよ』
『G組だよ』
『それで何人で行くの』
『取り敢えず 10人にしたんだよ』
『なら 一人ぐらい増えてもいいじゃない』
『俺は構わないけど ミツエちぁんがなんて言うかだなぁ~』
『アパ 付き合っているの』
『別に』
『誰とも付き合っていないんでしょ』
『そうだよ』
『それなら 別の日に二人で行こうよ』
『えぇ~ まり子ちゃん滑れるの』
『うぅん 教えてよ』
『それなら エテも連れて行こうよ』
『エテなら面白いからいいよ』

まり子ちゃんは、中里まり子、成績は中で顔を下だった。
身長は155cm、やせ型で逆三角形の顔していた。
鳥の巣状の髪はショートカットで左から6:4に分けてオデコを出し、小さな耳を出して後ろを刈り上げていた。
眉毛が細長く一重瞼で短いまつ毛に細い目をしていた。
鼻が細長く頬骨が出ていて、鼻の下が長く口が大きく上下の唇が薄かった。
顔が細いために顎が無く口が大きく裂けて見え顎が尖っていた。
耳年増で芸能ニュースには詳しかった。
早ガッテンの出しゃばりで、興味深く噂話には何処でも顔を、っ込んで仕切っていた。
声が高く性格は明るく、誰も頼みもしないのに学級員に立候補した。
私たち仲間は、まり子ちゃんに、一票入れた。
あと一歩のところで、牛乳瓶の底のような渦を巻いた分厚いレンズの黒メガネをかけた、ムッリスケベのガリ勉で、面倒見の悪い高山正隆に負けてしまった。

『残念だったなぁ~』
『高山は試験の成績は毎回一番だからなぁ~』
『まり子ちゃんの成績では負けても仕方がないなぁ』
『今度 プールに泳ぎに行こうよ』と利江ちゃんが提案した。
男はサンスケ、エテ、変態の西山と私、女性徒は、まり子ちゃん、利江ちゃん、千鶴子ちゃんの6人で行く事にした。
何時もの通り校門前の文房具店森下屋にAM9時に集合した。
歩いて10分弱の三角からバスに乗り新小岩駅に出て総武線で千駄ヶ谷駅に行った。
小窓の受付で1人20円を払い室内プールで泳いだ。

利江ちゃんは、高山利江子、成績は中の下で身長は155cm、丸顔で色が黒くニキビを散らしていた。
髪は右から6:4のショートカットで前髪を眉毛まで落としてオデコを隠していた。
眉毛が太く二重瞼に大きな瞳で長いまつ毛が上を向いていた。
鼻が丸く上を向いていて鼻の下が短く上下の唇が厚く隙間が空いていて、好きそうな顔に色気があった。
B85・W56・H85のナイスボディーだった。
『利江ちゃんてぇ、いい体をしていたんだなぁ~』
『ワンピースじゃ もったいないよなぁ~』
『ビキニなら、もう少しケツの振り方がセクシーなのになるのになぁ』

千鶴子ちゃんは、岩本千鶴子、成績は中の上で身長は163cm色が白く、瓜ざね顔の美形だった。
髪はロングで右から6:4に分けて前髪を細長い眉毛まで垂らしていた。
二重瞼に大きな切れ長の目に長いまつ毛が上を向いていてブラウンの瞳が輝いていた。
鼻筋が通り高く緩やかなカーブで先端が下がっていた。
鼻の下が短く上下の唇が整い、顎が尖っていた。
首が長く手脚が長く、特に膝から下が長かった。
B80・W56・H80のモデルタイプだった。
落ち着いた話し方で雲雀のような爽やかな声を出した。
『あれだけ美人で付き合っている奴がいないんだよな』
『不思議だよな』
『恐らく、頭が良くて美人だから、みんな敬遠してしまうんだよ』
『それでなかければ、俺たちと一緒に遊びに来ないよ』
『そうかもしれないな』
『アパ。トライしてみなぁ』
『俺なんか相手にしないよ』
『わかってんじゃねぇ』
ウァハハ八八ノヽノヽノヽノ \

変態の西山は、成績は中の上で身長は160cm色が白く丸顔だった。
髪は坊ちゃん刈りでオデコを出していた。
耳は大きく眉が太くて短く一重瞼で目が細かった。
鼻は団子で低く穴が横に広がっていた。
鼻の下が短く上唇が薄く下唇が厚く突き出していた。
気が短く一年生の頃は気に入らないと女子生徒でも殴っていた。
二年生になると色気が付き出し、エロ本で女を知ると優しくなった。
『まり子ちゃんは、一発やったら死んでしまいそうだなぁ 』
『頭の中はませているけど、体はガリガリだもんなぁ』
『あぁ~ 言うのが大人になると成熟してナイスバディーになるんだよ』
『ホントかよ』
『西山 詳しいじゃねぇ』
『エロ本に書いてあったよ』
『エロ本持っているのが親に見つかったら怒られるだろう』
『絶対に見つからないところに隠してあるから大丈夫だよ』
『何処に 』
『天井の柱の上に挟んであるんだよ』
『頭いい~!』

エテヤングは、本名は福田三男、3人兄弟の一番下だった。
成績は下の下、身長は150cm色が白く貧相で痩せていた。
輪郭は逆三角形で耳が大きく髪は坊ちゃん刈りにしていた。
眉毛が細く、二重瞼で目が大きく奥に引っ込んでいた。
鼻がヒヒバナで穴が上を向いて広がっていた。
鼻の下が長く上下の唇が薄く一文字を引いていた。
性格は明るくお茶目で面白くバカ丸出しだったので男女問わず友達が多かった。
隣に住んでいるアチャコちゃんと仲がよく漫才をやっていた。
休み時間になると、身振り手振りで絡み合い、くだらない事を言って笑わせていた。
モンキーダンスが得意で、付いたあだ名がエテ公だった。
私とは隣町だが家が歩いて5分と近く三月の早生れの辰年だった。
私と同じ三男だったのでクラスが同じになると気が合い毎日遊んでいた。
何時からは分からないが、学年では名前の後に”ヤング”が付いて呼んでいた。

私の隣の席に江梨子ちゃんが座っていた。
私の家に近く、小学校の頃はよく遊びに来て、二階で私や妹と相撲を取っていた。
成績は、中の下で身長は155cm、顔は卵型で色が白く髪はすトレーで真ん中から分けて肩まで伸ばしていた。
眉毛が細長く一重瞼でまつげが長く小さな瞳を隠していた。
鼻筋が通りなだらかな高さで整い鼻の下が長く赤い上下の唇が整っていた。
性格は明るく男女交えた友達も多く芸能人にも明るかった。
下を向くとセーラー服のまえ襟があきブラジャーからはみ出した大きなバストが半分見えた。
休み時間に、エテとふざけ突き飛ばされたと同時に、江梨子ちゃんのバストをセーラー服の上から鷲掴みにした。
思った通り、大きく柔らかく手に吸い付いてきた。
突き飛ばされたタイミングのアクシデントだったので江梨子ちゃんは何も言わなかった。
『エテヤング、江梨子ちゃん、おパイでかいよ』と耳打ちした。
『ホントかよ』
――うんダァ――
『エテヤング もう一回押せよ』
とわざと突き飛ばされ、江梨子ちゃんに抱きつきバストを揉んだ。
二度目は確信犯だったのでバレてしまった。
『エッチ やめてよ』と嫌われた。
江梨子ちゃんの親兄弟もキチガイ党だったので学校を卒業すると付き合いは無くなった。
エテヤングも、親兄弟がキチガイ党で当然入会した。
選挙になると支持者が屯して、投票所に来る知り合いを校門で待ち伏せしていた。
投票に来た無党派を捕まえた。
『入れくれ――』としつこく追いかけてきた。
名前を書こうとすると、左右後方から取り囲み、キチガイ党の候補者を指定して無理やり書かせていた。
『アパヤング。支持している党あるの』
『無いよ』
『なら 俺の党に入れてよ』
『やだよ』
『苦戦しているんだよ。お願いしますよ』
『俺の家は、キチガイ党が大嫌いなんだよ』
『そんな事言わずに頼むよ。一生のお願いだよぉ』
『これで付き合いもおしまいだな』
二十歳から二度と合うことはなかった。

つづく
コメント

馬澤落馬先生のメインレース競馬予想

2017-03-25 11:30:08 | ギャンブル
『ノラちゃんは元気ですか』
『キャトフードにも慣れて一日五回ぐらいは食べに来ているよ』
『可也宛にしていますね』
『だけど、水だけは飲まないね』
『何処かで牛乳でも貰っているんですかね』
『だといいけど』
『でも、ここまで流れてくるのに可也痛い思いをしてきたみたいだね』
『傷がありますか』
『右の耳が食いちぎれていているんだよ』
『かわいそうですね』
『ここの親分はいい猫で仲間に入れてくれたんだよ』
『良かったですね』
『5時過ぎると親分が食べに来るけど、ノラが先に食べても怒らないね』
『男らしいですね』
『親分はそのくらいの太っ腹でないとダメだね』

『高松宮記念はどうしますか』
『ここは実力どうりがいいね』
『買い方は』
馬単
7-12  12-7
馬連
7-18 7-17 12-17 12-18
6-7 6-12 6-10 12-6

『日経賞はどうですか』
『ディーマジェスティがジャパンカップの負け方がおかしかったので見てみたいね』
馬連
8-12 12―14 12-11 8-11
抑えで
6―8 6-12

コメント

若葉と青葉と紅葉と・・・

2017-03-22 10:10:01 | 日記
第二話【桜のない校門】


ミツエ・『面白かったねぇ』
アパ・『ミツヱちゃん また来る』
『うん 来たい』
サンスケ・『今度は エテも連れてこようか』
アパ・『そうだなぁ~ あいつ面白いからな』
ミツエ・『それならアチャコちゃんも呼びましょうよ』
サンスケ・『いいねぇ~ あの2人が来ると漫才になるからな』
ミツエ・『エテコとアチャコの名コンビだよねぇ』
アパ・『それに あの2人幼馴染で、家が隣同士だから気が合うんだよ』
サンスケ・『頭も同じ下だからアパとクラスが何時も一緒だよな』
アパ・『そうだよなぁ~ クラス替えがあっても離れることはないものなぁ~』
ミツエ・『G組だからって、バカにしないでよ。私も同じなんだから』
アパ・『E組以下は、頭のいい順に上・10%中・30%下が50%だからなぁ』
サンスケ・『そうだよなぁ~ それでないと 学級委員は誰もできないものなぁ~』
ミツエ・『それ 先生が言ったの』
アパ・『いや 俺が考えたんだよ』
サンスケ・『お前 たまに 尤もらしい事を言うからな』
アパ・『俺は 当たっていると思うよ。ミツエちゃんは』
ミツエ・『そう言えば そんな気がするぅ~』
アパ・『だろぉぅ~』
ミツエ・『すると 私は何処』
『中の上かなぁ~?』
・・・ニャハハハハハハ!!!!・・・
『なら いいわぁ』
――オホホホ――

アチャコは、本名山田綾子、成績は下、身長は150cm、丸顔でオカッパ頭にしていた。
眉毛が薄くて短く、一重瞼で細長い目が垂れ下がっていた。
鼻は団子で低く、穴が大きくて黒かった。
ほっぺたが丸く出っ張り、鼻の下が長く、上下の唇が赤紫で厚かった。
ダミ声で、色が黒く、左右にエクボが出来ていた。
細身の胴長だったが、運動会では短足でも回転の速い脚でスピードがあり、学年でも3着以下には落ちなかった。
エテコとのコンビで、休み時間に笑いを取っていた。
1番の得意技は“山下清”のモノマネだった。
中卒で就職してデパ地下の商材売り場で働いていた。

サンスケ・『エテはアパの家の近くだろう』
『そう 歩いて5分ぐらいだよ』
『それなら 呼べばすぐ来るよな』
『と 思うけど――』
『なら G組だけで行けるな』
『5人じゃ団体割引がないから、あと、何人か誘うか』
『そうだな。ミツエちゃんは誰がいい』
『和恵ちゃん・富子・正子・綾子(アチャコ)かな』
『すると女5人か』
サンスケ・『それなら 10人で行くことにして、男5人女5人しようよ』
『それがいいや』
『男は誰を呼ぶ』
アパ・『エテ・チンの助・キヨシにしようか』
『キヨシジィ~さんはダメだろう』
『なんで』
『若さがないからさぁ』
『いいじゃねぇ』
『ローラースケートなんかはヤングの遊びだよ。あんな年寄り臭い奴が来るとハツラツさがなくなるよ』
『ミツエちゃんはどう思う』
『私も なやだなぁ~ 顔か貧素で老けているし、眉毛が長くて下がっているし、目と目が離れていて何処を見ているかわからないし、痩せこけてヨレヨレだし、背中が丸くてしょぼくれて見えるし、給食のミルクの飲み方もお茶に似て、やる事や言う事はご隠居さんと同じだもの』
サンスケ・『頭の悪いのは仕方ないけど いないと ボロクソ だなぁ~』
ウァハハ八八ノヽノヽノヽノ \
『ん じゃ 誰にする』
サンスケ・『ダラマンにするか』
アパ・『ミツエちゃん いい』
『あんな 変態ダメよ』
『うぅん~トンカチは』
『アパの友達は・・・そんなのしか いないの』
『G組だからなぁ~』
『もう 遊んでやらないよ』
『帰ったら 人選しなおすかぁ~』
『大して変わらないと思うけでねぇ』
ミツエ・『まぁ 嫌いな連中じゃないから 仕方ないわねぇ』
サンスケ・『そんじゃ それで行くか』
アパ・『10人なら割引してくれるかなぁ~』
サンスケ・『無理だろうな――』
つづく
コメント

馬澤落馬先生のメインレース競馬予想

2017-03-18 11:11:45 | ギャンブル
『親分の白猫は来ていますか』
『夕方5時過ぎから来ているよ』
『昼間は何処かで食べているんですかね』
『だと思う。この前午後2時頃来たけど、洗濯物が干してあると、警戒して食べないね』
『罠に見えるんですかね』
『じゃないかなぁ。洗濯物を片付けて人影がなくなると食べるんだよ』
『捕まったら殺されるから油断をしないのでしょうね』
『野良猫の第1の心得だろうね』
『腹をペッタンコにして餌探しているから見ていると気の毒だよ』
『縄張りを守るのに空き腹では外敵に勝てないですものね』
『そう。厳つくて怖い顔しているけど威嚇だけでは、相手も死に物狂いだからね』
『野良猫商売も楽ではないってことですか』
『そう。夜中外敵が来ると戦って追い出しているよ』
『じや、先生のところで食べているから力がついているんですね』
『それはどうかなぁ・・・』
『それに食べ方の早くて“ガツガツガツ”と食べて“サッ~”と逃げて行くよ』
『出来るだけ長生きして欲しいですね』
『そうだよねぇ~』

『スプリングステークスはどこから入りますか』
『ブレスジャーニーが故障したから大本命がいなくなったね』
『するとサトノアレスが中心なりますか』
『そうだね。もし、ランガディアが出ていたら勝負になっていたかもしれないね』
『あと、1ヶ月早く始動していれば間に合ったかもしれませんね』
『そうだね。まぁ無理をしないでマイル戦に進路を変えたみたいだね』
『これで三冠はなくなりましたね』
『残念だよ』
『するとサトノアレスから入りますか』
『ここなら休養明けでも勝てるだろう』
9番から馬連で流しだね
4-9 7-9 9-11 8-9
馬単 8-9 9-8 9-11 8-11
3連複 8-9-11 8-9-7 4-8-9
8-11-4 4-9-11
『阪神大賞典はどうしますか』
『サトノダイヤモンドで硬いかいし、相手はシュヴァルグランだろうし、関西の競馬だから観ていた方がいいね』


コメント

若葉と青葉と紅葉と・・・

2017-03-13 10:31:01 | 日記
第二話【桜のない校門】


すると、私たちと同じ年代に見える可愛い子が、危なっかしそうに一人で滑っていた。
サンスケ・『あの子!可愛いじゃねぇ』
アパ・『そうだなぁ・・・』
『わかっているな――』
『ヨッシャァ!!一丁遣るか』
サンスケ・『ミツヱちゃん。十分休んだから滑ろうか』
『うん』と楽しそうだった。
そしてミツヱちゃんを真中に挟んで手を繋ぎ動き始めた。
周りで滑っている連中の横をすり抜けて、一人で滑っている女の子の後ろから近づいた。
『いくぞぅ 一斉のせぇ』と勢いよくミツヱちゃんの手を放した。
『あぁ、あぁ、あぁ、あぁ、あぁ、アァ~アブナイ!!』
と大口開けて両手を回し内股で尻を突き出した。
『ド~ン』とわざとぶつけると重ね持ちになって仰向けに倒れた。
『ゴメン!ごめん!!初心者なのですいません』と両手を出した。
『怪我はありませんか』と起こした。
『大丈夫です』
『良かった』
そして下になっていたミツヱちゃんを起こした。
『ミツヱちゃん痛くなかった』
『痛いよ!』とサンスケを睨めつけた。
『ごめんね もう大丈夫かと思って手を離したんだぁ』
『わざとでしょう』
『そんなことないよ』
『嘘ばかり――』と恨みがましく艶かしい上目遣いで言った。
そして仲良くなり四人で手を繋ぎ、ミツヱちゃんも昔の事は水に流して楽しく遊んでいた。 

サンスケ・『一人できているの』
『そうです』
『学校はどこなの』
『文京区です』
『ここから近いんだねぇ』
『そうですねぇ』
『だから一人で来られるんだ』
『はい それでも習いたてだから、上手く滑れないのですよ』
『誰か教えてくれる人はいないの』
『私の友達はローラースケートはやらないのですよ』
ローラーゲームは(昭和43年・1968年)この頃はまだ流行っていなかった。
――なるほどぉ. ――
サンスケ・『それなら僕たちと滑る』
『いいですよ・・・』
『じゃぁ~ミツヱちゃんと中に入りなよ』
『はい 宜しくでぇす』
『こちらこそ――』
アパ・『サンスケ ゆっくり行こうぜぇ』
――オーラー――
アパ・『名前はなんて言うの』
『美咲です』
『上は?』
『大下です』
『大下美咲さんですね』
『はい』
『学年は』
『中学3年です』
アパ・『俺たちと同じだね』
『アパさんたちも3年生ですか』
『そうです』
『じゃ・・・進学したら何処の学校で合うかもしれませんね』
『ミッキーは何処を受けるんですか』
『千代田区の私立にしようと思うっています』
サンスケ・『大妻か和洋または白百合か――』
『その辺ですね』
『お嬢様学校じゃないですか』
・・・ニャハハハハハハ!!!!・・・
『サンスケさんたちは』
『僕は墨田区の私立ですよ』
『俺も私立しか入れないからそうするつもりです』
『私も私立です』
『じゃぁ~同じ学校になるかもしれませんね』
『でも・・・お金がないからお嬢様学校には入れないなぁ』
アパ・『ミツエちゃんは神女でしょ』
『も、考えているけど?家から遠いからね』
『そうだなぁ・・・』
『アパさんたちの名前は――』
『アッ まだ言っていなかったなぁ』
『僕はサンスケ』
『俺はアパ』
『私はミツヱ』
『皆さん仲が良くて、ニックネームで呼んでいるのですね』
『そうです 名前で呼んでいると面倒ですからね』
『これから私のことはミッキーと呼んでくださいねぇ』
『オーライです』
サンスケ・『でも 大下美咲・・・いい名前ですね』
『何処にもある名前ですよ』
『いゃ、うちの学校にはいませんよ』
『学校は何処ですか』
『江戸川区です』
『江戸川区は南北縦に長いじゃないですか』
『そうか 南側東京湾寄りの葛西です』
『臨海学校のあるところですか』
『そうです』
『私小学生の時に臨海学校行きましたよ』
『じゃぁ~3~4年生頃でしょう』
『そうだと思います』
『今は閉鎖されて栃木の林間学校に行くようになっているからね』

一週間の林間学校では3日目に家にはがきを書くと、家に帰って次の日に着いた。

そして2時間ほど一緒に滑った。

アパ・『3時か 帰ろうか』
サンスケ・『そうだな』
ミツヱ・『でも 面白かった』
『私も楽しかったです』
ミツヱ・『良かった――』
アパ・『じゃぁ~ミッキーまたね』
『ありがとうございました』
サンスケ・『今度いつ来るの』
『来月の日曜日に来る予定です』
『そう 俺たちも来るかもしれない――』
『その時は一緒に滑りましょうね』
『お願いします』
『じゃぁ~さよなら・・・』
『じゃねぇ――』

ミツヱ・『太ももが痛くなった』
アパ・『初めてだから仕方ないよ』
『お歩けるかなぁ・・・』
『休み休み行けば大丈夫だよ』
『そうだねぁ』
『ミツヱちゃんまた来る』
『うん 来たい』
『後、一回来れば一人で滑れるようになるよ』
『本当に』
『運動神経がいいから大丈夫だよ』と煽てた。
ウァハハ八八ノヽノヽノヽノ \
つづく
コメント