u2の不定期更新日記

感じたことを思いつきで書いてみます。

読書感想文

2017年08月09日 00時30分12秒 | Weblog
昨日夏休みの宿題の定番である自由研究について書いたので、同じく宿題の定番である読書感想文についてかいてみる。 読書感想文は、①本を読む ②作文を書く という作業が必要になる。 読書感想文を効率的に済ますには、まず一冊本を読み、その感想文を書き、それを何年間か使い回すのだ。
例えば中学2年生の夏休みにヘルマンヘッセの「車輪の下」を読み感想文を書き、中学3年生と高校1年生の感想文にも使い回すのである。「車輪の下」は主人公が受験をし合格後に挫折する話で、中学生と高校生が感想文を書くにはうってつけだ。中学2年生では来年高校受験を迎える心境を、中学3年生では受験生として、高校1年生では受験を終えた心境をさりげなく入れれば夏休みの読書感想文としては十分であろう。
国語の教師が同じでなければ、使い回してもまずバレない。
あんまり良いアドバイスではないが、いかがであろうか?良い子向けではないけどね。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由研究 | トップ | 猛暑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事