日本共産党都議会議員(町田市選出)池川友一「市民とつくる都政への架け橋」

日本共産党東京都議会議員の池川友一のオフィシャルブログです。地方政治の現場からいろいろと発信していきます。

「ヘリモードは日常茶飯事」「住民にスポットライト照射」──米軍横田基地について調査しました

2018-10-22 | 国政のこと

 22日、CV22オスプレイが横田基地に正式配備され、改めて基地周辺がどのようになっているのか、現地調査を行いました。(吉良よし子事務所主催。山添拓さん、池内さおりさん。都議団からはとくとめ道信都議と池川が参加)

 正式配備前から異常なほどの訓練が行われ、なし崩し的にオスプレイが正式配備されました。訓練等の内容についても質量ともに大きく変化しているということを感じました。

 住民のみなさんとの懇談では、次のような声が寄せられました。

  • 一日4時間近く断続的にホバリングを行い、騒音ではなく爆音。風圧によっていろいろなものが吹き飛ばされ、長時間に渡って爆音にさらされることで精神的にもおかしくなりそう。
  • 日米合同委員会の合意違反である基地外でのヘリモードでの飛行は日常茶飯事。ヘリモードから飛行モード、飛行モードからヘリモードへのモード転換も相当数目撃されている。
  • オスプレイの正式配備決定以来、オスプレイの無灯火飛行が増えている。無灯火で飛んで来て、見上げている住民に対してスポットライトで照らすこともある。これまであまり目撃されていなかった他の軍用機の無灯火訓練も増加している。

 日常生活に影響があるというレベルではなく、日常生活が脅かされていると感じました。

 そして、スポットライトで照らすというのは、威嚇行為であるだけでなく明らかに住民をバカにした行為であり許されるものではありません。

 CV22オスプレイは、事故率が高いことは米軍が認めている事実です。(参考:10月21日しんぶん赤旗「横田配備のCV22オスプレイ  米空軍内で事故率突出  最も深刻 クラスA4.05、クラスB41.87」

 記事でも紹介されていますが「CV22は、米国内ではフロリダ州、ニューメキシコ州の2カ所に配備されていますが、いずれも周辺に民家は存在しません」と。米国本土ではできないことを、日本ではやるというのは従属国です。

 自治体でこの問題について聞くと必ず「国の専管事項」だと責任転嫁、政府に聞くと「米軍による機密事項」だと逃げるのです。あまりにも住民の命や安全を軽んじた態度です。

 さらに怒りが湧いたのは、思いやり予算によって建てられた「TOMODACHI LANES」(ボーリング場)をはじめ基地内に日本が費用を出して建設されたあれこれ。もちろん、米軍専用です。

 この怒りを共有し、声を上げていきたいと思います。

 (写真は山添拓参議院議員のFacebookより)

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ

にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャルブログ「都政への架け橋」を見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 共産党都議団が緊急に知事に... | トップ | 日本共産党町田市議団が市長... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国政のこと」カテゴリの最新記事