透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



「星を継ぐもの」ジェイムズ・P・ホーガン

2020-08-08 | A ぼくはこんな本を読んできた


『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン(創元SF文庫2017年99版)

**月面調査隊が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。すぐさま地球の研究室で綿密な調査が行われた結果、驚くべき事実が明らかになった。死体はどの月面基地の所属でもなく、世界のいかなる人間でもない。ほとんど現代人と同じ生物であるにもかかわらず、五万年以上も前に死んでいたのだ。(中略)やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見されたが・・・。**扉にもカバー裏面にもこの謎が書かれている。この長編SFはこの謎を長大な理路によって解き明かすという内容。その内容に、ぼくは何回もなるほど!

理路は途中、次のようなところも通過する。

**惑星に取り残されたミネルヴァ原産の陸棲動物はやがて絶滅しました。ところが、地球から移入された動物たちは適応性を発揮して生き残ったのです。それどころか、先住者との競争がなくなって、地球動物はミネルヴァ全域をわがもの顔に闊歩したのです。こうして新米の移入生物は、何百万年も前に地球の海にはじまった進化を、片時も中断することなく続ける結果となりました。ところが、言うまでもなく、一方の地球でも、その同じ進化のプロセスが続いていました。共通の祖先から同じ遺伝形質を受け継ぎ、等しい進化ポテンシャルを備えた二つの動物集団が、二つの惑星でそれぞれ独自の進化を辿りはじめたのです。**(266、7頁) 

帯に100刷突破とある。確かに実におもしろいSFだ。2019年8月に読んだ。



『ガニメデの優しい巨人』は『星を継ぐもの』の続編。物語はさらに『巨人たちの星』へと続く。

コメント

塩尻市洗馬の火の見櫓

2020-08-07 | A 火の見櫓っておもしろい


185(再)火の見櫓のある風景 塩尻市洗馬(せば)下小曽部 3脚6〇型 撮影日2020.08.07

 この火の見櫓を既に5、6回スケッチしているが、どうも思うように描けない。構図は魅力的で、それ程描きにくいとは思えないのだが・・・。右側の住宅の壁面が正しく理解出来ていないこともその一因かもしれない。加えて瓦屋根の重なりを描くのが難しい。この週末にもう一度試みたい。



半鐘が外され、見張り台の床に置いてある。半鐘の替わりにサイレンが設置してある。主役交代か・・・。


 

コメント

「ソラリスの陽のもとに」スタニスワフ・レム

2020-08-07 | A ぼくはこんな本を読んできた

320

 『ソラリスの陽のもとに』スタニスワフ・レム(*1)(ハヤカワ文庫)はソ連の映画監督タルコフスキーによって映画化され、1977年の春に日本で公開された。ぼくはこの映画「惑星ソラリス」を東京の岩波ホールで観た。原作を読んだのはずっと後で、たぶん1993年。

ソラリスは海に覆われた惑星。なんとその海は「知的生命体」で人の脳の思考活動や記憶を読み解き、それを目の前に出現させてしまう。この発想からしてすごい。ソラリス探査のために宇宙ステーションにいる主人公クリスの前にソラリスは何年か前に死んだ恋人(映画では確か妻)ハリーを出現させる。

映画を観たのは今から40年以上も前だが、未来都市として撮影された首都高速(手塚治虫が描いた未来都市ほどではないにせよ、確かにビル群を縫うように伸びる空中高速は当時かなり未来的だった)とラストに主人公クリスの故郷の家が、島となった敷地周辺と共にソラリスの海に浮かびあがるシーンを鮮明に覚えている。

忘れ難きはやはり家族、そして故郷。たとえ地球から遠く離れた宇宙にいたとしても。それが人としての原点、ということなのだろう。

**思考する〈海〉と人類との奇妙な交渉を描き、宇宙における知性と認識の問題に肉薄する、東欧の巨匠の世界的傑作**(カバー裏面の紹介文より)

再読したい作品。



レムの作品では『天の声・枯草熱』(国書刊行会2005年初版第1刷発行)が書棚にある。スタニスワフ・レム コレクション全6巻にソラリスと共に収録されている作品。


*1 ポーランドのSF作家
2016.04.18の記事 改稿再掲

コメント

朝カフェ読書

2020-08-06 | A 本が好き

360

 しばらく前から『坊っちゃん』を読みたいと思っていた。自室の書棚に無かったので、今朝(6日)TSUTAYA北松本店で探した。新潮文庫の棚、無い。ならば角川の棚、無い。集英社文庫の棚、有った。 カバー裏面を見ると定価 本体260円+税という表示が。安い。今どきどんなに薄い文庫でも500円くらいするのでは。ちなみに巻末に年譜が載っているこの本は221頁ある。なんだか得した気分に。カバーに描かれた坊っちゃんはぼくが抱いているイメージとは違って、大人しそうでいかにも優等生といった感じ。

早速買い求めて、朝カフェスタバへ。馴染みの店員さんに「お久しぶりです」と声をかけられる。いつも通りホットのショートを手にいつもの席に着き、『かくれた次元』エドワード・ホール(みすず書房)を読む。

この本を読み終えたら『坊っちゃん』を読むつもり。なんだか中学生の夏休みの宿題みたいだな。


 

コメント

「漱石文学における「甘え」の研究」土居健郎

2020-08-06 | A ぼくはこんな本を読んできた




『漱石文学における「甘え」の研究』土居健郎(角川文庫1973年7版発行)

 日本文化論の名著と評される『甘えの構造』(弘文堂1974年59版発行)の著者・土居健郎がその「甘え」理論により浮きぼりにする漱石文学の作中人物論。

本書で論じられているのは「坊ちゃん」「坑夫」「三四郎」「それから」「門」「彼岸過迄」「行人」「こころ」「道草」「明暗」 以上の作品。

**またわれわれは日夜人間関係の束縛の中に呻吟し、それを切りたくとも切れないでいるが、「坊ちゃん」は勇猛果敢にすべての束縛する関係を断ち切るので、彼に声援を送りたいような気持に駆られる。要するに「坊ちゃん」はわれわれ日本人すべての者が内心に秘めている夢を実現している。「坊ちゃん」がかくも一般の人気を博するようになった理由はまさにここに存していると考えられるのである。**(28頁)

2冊とも20代で読んだ。なぜ20代で読んだ本を多く残したのだろう・・・。遠い昔を懐かしむ気持ちが強いのかもしれない。


 

コメント

2020-08-05 | A あれこれ


 先日載せたツバメの巣の写真。今日(5日)見ると雛がいた。左右ふたつの巣を繋げたような形の巣に3羽の雛が確認できた。右にもう1羽いるのかもしれない。

やはり巣が浅すぎると思う。少し成長して体が大きくなると、エサをねだる時バランスを失って巣から落ちてしまうのではないか・・・。心配だなぁ


 

コメント

「復活」トルストイ

2020-08-03 | A ぼくはこんな本を読んできた



『復活』トルストイ(新潮文庫 上:1973年35刷 下:1973年31刷)

 **トルストイがかりに『復活』以外、何も書かなかったとしても、なお且つ彼は、偉大なる作家として認められたであろう。**(上巻408頁) 上下2巻の場合、解説は下巻の巻末に載っているものと思うが、この小説は上巻に載っている(などと小説の内容と関係のないことを書く)。

今は海外の作品をあまり読まない。昔もそうだった。従って残した文庫本で海外の小説は少ない。上掲のような解説があるが、やはりトルストイといえば『戦争と平和』であろう。ぼくはこの長編を読んでいない。この先、読む機会はないだろう。「読まずに死ねるか作品」に何があるかなぁ・・・。


 

コメント

「湯川秀樹対談集」

2020-08-02 | A ぼくはこんな本を読んできた



『半日閑談集 湯川秀樹対談集Ⅰ』(講談社文庫1980年第1刷発行)
『科学と人間のゆくえ 湯川秀樹対談集Ⅱ』(講談社文庫1981年第1刷発行)

湯川秀樹の相手とテーマは以下の通り(上:対談集Ⅰ 下:対談集Ⅱ)。40年前に読んでいた本。小松左京とどんな話をしたのか?、司馬遼太郎とは?梅棹忠夫とは?加藤周一とは? 

本の良いところはいつでも書棚から取り出して読むことができること。そのフリーアクセス性。ただしカオスな書棚では無理。ぼくの場合、思い切ってかなり本を処分したから可能になった。いや、その前に本は書棚に並べることができるところが良い。電子本ではかなわない。このことで紙の本が好きな人が多いのではないだろうか、これはあくまでもぼくの推測に過ぎないが。




処分しないで残した文庫の全てをここに載せるつもりはないから、どこかで打ち切りにしないと・・・。


コメント

あれ?

2020-08-02 | A あれこれ


 建設現場の仮設事務所にツバメがつくった巣。大小ふたつの巣をつなげたような形をしている。

仮設事務所2階の床パネル端部の裏面、幅の狭い水平面を「敷地」に選んでいるが、よく見かけるお椀のような形の巣をつくるのにはこのスペースの高さが足りなかったのかもしれない。で、やむなく横に広げた? 

ツバメは常に一定の深さの巣をつくるわけではなく、敷地の条件で変えているのだろうか。外敵に襲われることはないと判断した場合には浅くてOKとか? ここは事務所1階の出入口の直上だから、敵は襲ってこないと思う。出入りしているのは善良で優しいおじさんたちだし。だが、浅い巣だと雛が落下してしまうという悲劇も起こり得る。敷地選択を誤った?

こんな形の巣を見るのは初めて。巣の左側にも卵があるのかどうか、分からない。雛が孵って顔を出すと分かるだろう。

常にこのような形の巣をつくって左をトイレとして使うようにしてくれたらいいけどなぁ。でもツバメが機能分化させた巣をつくったらすごいと思う。そんな巣をつくる鳥っているのかな。

『生きものの建築学』長谷川 堯(平凡社1981年 初版第1刷) 
生きものがつくる巣とヒトがつくる建築との類似性を論じていて興味深い本。


鳥の巣:外巣と産座(卵が乗る部分)

コメント

ブックレビュー 2020.07

2020-08-02 | A あれこれ



 7月に読んだ本は6冊。充実の読書月だった。

『夢の女』永井荷風(岩波文庫2019年第7刷)
ようやく僕も荷風の小説を味わう歳になった、ということか。これからは荷風の作品を読んでいきたい。読み急ぐことなく、時々。何年かかるか分からないが、楽しみがあることは良いことだ。

『植物のすさまじい生存競争 巧妙な仕組みと工夫で生き残る』田中 修(SBビジュアル新書2020年初版第1刷)
週末に庭の雑草たちとバトルを展開している。彼らはしたたかだと思うし、懸命に命を繋いでいると思う。負けそう・・・。彼らの事を知ろう。

『黄いろい船』北 杜夫(新潮文庫1978年発行)
中短編5編が収録されているが表題作が特に好き。北 杜夫もこの作品が好きだったようだ。

『増補 みんなの家。建築家一年生の初仕事と今になって思うこと』光嶋裕介(ちくま文庫2020年第1刷発行)
初仕事が内田 樹さんの道場兼住宅、そしてその仕事の一部始終が書籍化された。すばらしい。

『火星無期懲役』S・J・デーモン(ハヤカワ文庫2019年発行)
終身刑で服役中だった主人公はじめ7人の囚人が火星基地建設プロジェクトに参加して火星へ。彼らは火星で次々に死亡していく・・・。事故?自死?殺人? 500頁超の長編はラスト3頁のために書かれた。

『コロナ後の世界を生きる』村上陽一郎編(岩波新書2020年第1刷発行)
**どれほどの愚鈍さを身につければ、この政府のもとで危機を迎えた事実を楽観的に受け止めることができるだろうか。**(6頁)
**「日本モデル」「高い民度」などの自賛論の足元で、絶えざる「医療崩壊」への警鐘は鳴り続けている。**(282頁)などという厳しい記述も。

このところの感染確認者数を新聞で見るにつけ「コロナ後」の世界は来るのだろうか、と思ってしまう。


 

コメント

松本市梓川倭の火の見櫓

2020-07-31 | A 火の見櫓っておもしろい


1245 松本市梓川倭 4脚〇〇型 撮影日2020.07.31

 今朝7時半過ぎにはこの火の見櫓を見ていた。中学生が火の見櫓の横を歩いて登校していく。

松本平では櫓の平面が3角形、即ち脚(柱)が3本のタイプが多く、およそ8割を占めるがこれは脚が4本のタイプ。背が高く、総高は14mくらいありそうだ(*1)。櫓の中間に踊り場があり、双盤を吊り下げてある。



屋根と見張り台の様子。屋根頂部には避雷針があり、かわいらしいという形容しかできそうにない飾りがついている。半鐘は屋根の中心あたりに吊り下げてある。踊り場は円形、直径は2m超と見る。





脚元 梯子の下端がずいぶん高いところにある。この位置だと昇り降りできない。おそらく火の見櫓を使わなくなってから安全のためにカットしたものと思われる。地面に梯子の下端を固定していたコンクリート基礎が残っている。

このアーチ状の部材は構造上どの程度有効なのだろうか・・・。脚部の下半分以上が山形鋼の単材であることは少なくとも視覚的にはあまり効果が期待できないのではないか、という印象を与える。


*1 消火ホースを干すためのフック付きハンガーと踊り場床面の位置に付けてあるハンガーを引き上げるための滑車などから、火の見櫓の高さを推測した。

コメント

「「縮み」志向の日本人」李 御寧

2020-07-30 | A ぼくはこんな本を読んできた

 日本ほど自国の文化論が書かれ、読まれている国は他にない、とよく指摘される。本書の解説(高階秀爾氏)によると、戦後に発表された「日本人論」は千点を超えるそうだ。私も日本人論、日本文化論が好きだ。



2007年(*1)に読んだ『「縮み」志向の日本人』李 御寧(講談社学術文庫2007年第1刷)は日本人の縮み志向、縮み好き
に注目した日本人論。豊富な例示、説得力のある論考。

団扇を扇子に、庭園を箱庭に縮めてしまった日本人。縮めたものは他にも茶室とその入口の躙り口、そして正座。それから盆栽、折詰弁当、和歌、俳句、ウォークマン・・・、などいくらでもある。

「中銀カプセルタワービル」は黒川紀章も縮み志向の日本人だからこそ発想できた建築なのかもしれない(こじつけかな。これは論理的な推論としては正しくない。日本人に縮み志向があるからといって全員に当てはまるわけではないから。まあ、日常雑記ということで厳密性は問わないことに)。日本のプロジェクトということもあったのかも。



*1 2006年にブログを始めたので2007年に読んだこの本についても書いている。

コメント

「沈黙の春」レイチェル・カーソン

2020-07-29 | A ぼくはこんな本を読んできた

 日々変化に乏しい生活が続くと書くことがない。だが、同じことを繰り返す日常が続くことこそ幸せなことなんだ、と改めて思う。

320

そんな日のために設けたカテゴリー「ぼくはこんな本を読んできた」。今回は『沈黙の春 ―生と死の妙薬―』レイチェル・カーソン(新潮文庫1974年2刷)。改めてこの本の内容を記すまでもないだろう。化学薬品による環境破壊を警告した先駆的な1冊、とだけ記す。

20代で読んだことが水色のテープが貼ってあることからすぐ分かる。残った文庫本には水色のテープを貼ったものが多い。処分する時、このことを意識してたのかどうか。まあ、若いころ読んだ本は取り出すことができない記憶の基層に残っているのかもしれない。それは今でもものごとを考え、判断する際にあるいは有効に働いているのかもしれない・・・。


 

コメント

「パラサイト・イヴ」瀬名秀明

2020-07-27 | A ぼくはこんな本を読んできた

320
『パラサイト・イヴ』瀬名秀明(角川ホラー文庫1997年3版発行)

 映画が大ヒットした『ジュラシック・パーク』の原作者、マイクル・クライトンはハーバードで医学を修めた。クライトンは科学的な専門知識をベースに、サスペンスフルな長編小説を何作も残した。





『パラサイト・イヴ』には生化学に関する専門用語が多用されていて、巻末にはその解説が付いている。リストアップされている参考文献の大半は論文だ。カバー折り返しに載っている瀬名さんのプロフィールは次の通り。**一九六八年静岡県生まれ。九六年東北大学大学院薬学研究科(博士課程修了)。九五年、本作で第2回日本ホラー小説大賞を受賞。

以前松本清張の『火の路』について論文小説だと書いたが(過去ログ)、専門的な知識を駆使して書かれた小説はおもしろい。




コメント

「空海の風景」司馬遼太郎

2020-07-26 | A ぼくはこんな本を読んできた


『空海の風景 上下』司馬遼太郎(中公文庫2006年改版24刷(上)、2005年改版21刷(下))

 司馬遼太郎の作品は何作か読んだが、大半を処分した。この作品を処分しないで残したことに積極的な意味があるわけではない。ただし空海について書かれた本は今までに何冊か読んできた(過去ログ)。

上下両巻の本書紹介文を引く。**平安の巨人空海の思想と生涯、その時代風景を照射して、日本が生んだ最初の人類普遍の天才の実像に迫る。構想十余年、著者積年のテーマに挑む司馬文学の記念碑的大作。**

**大陸文明と日本文明の結びつきを達成した空海は、哲学宗教文学教育、医療施薬から土木潅漑建築まで、八面六腑の活躍を続ける。その死の謎をもふくめて描く完結篇。**昭和五十年度芸術院恩賜賞受賞

空海の起伏あれど幸運で充実した生涯について書かれたものは何作もあるが、司馬遼太郎の文体が好きな人はこの作品によって、空海について知ることも良いかもしれない。

ぼくも再読したい、って、この先、そんなにあれこれ読めるかなぁ(と常々思っている)。


 

コメント