透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



飯山市蓮の火の見櫓再訪

2018-04-23 | A 火の見櫓っておもしろい 


768 3脚3〇型・極細 撮影日時 180422 05:47AM



朝日を浴びて輝く火の見櫓


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

姨捨SAから見えた火の見櫓

2018-04-22 | A 火の見櫓っておもしろい 


1000 火の見櫓のある風景 千曲市八幡 3脚4〇型 撮影日180422 05:04AM

 今日(22日)の早朝に出発して、飯山市・野沢温泉村・栄村の火の見櫓めぐりをしてきた。途中姨捨サービスエリア(下り)で休憩した。駐車場から急な斜面の集落に火の見櫓が見えた。姨捨の下りのサービスエリアで休むことはないので、この火の見櫓を見るのは初めて。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚い用紙

2018-04-21 | A 本が好き



■ 『人類の進化が病を生んだ』(写真の右の本)を読み始めた。ページをめくるとき、2枚めくってしまったような気がして確認すると、1枚だったということが数回続いた。この本に使われている用紙が厚いことに気がついた。

『流れとかたち』は本文の用紙が214枚で厚さが23mm、『人類の進化が病を生んだ』は172枚で26mm。確かに「人類」の方が厚い。で、どのくらい厚い?

電卓をたたいて計算してみるて、用紙の厚さが約1.4倍ということが分かった。これだけ厚さが違えば、指先のセンサーでも感知できるということか・・・。

読み終えた『流れとかたち』については別の機会に書きたい。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝焼けの詩

2018-04-20 | C 朝焼けの詩


撮影日時180420 05:15AM

今朝5時過ぎ、東の空が朱く染まっていた。

空は刻々と表情を変えていく。

自然の表現力はすごい。

今日も何か良いことがあるだろう・・・。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松本市島内の火の見櫓

2018-04-19 | A 火の見櫓っておもしろい 


999 松本市島内 小宮公民館前 3脚8〇3型 撮影日180418

 「火の見櫓っておもしろい」 このカテゴリーの記事が1,200稿を超えた。よくもまあ飽きずに繰り返し同じようなことを書き続けたものだ、と自分でも思う。 このところ火の見櫓センサーの反応域が変わったのかどうか、近場にありながら今まで気が付かなかった火の見櫓に反応することがある。この火の見櫓然り。この火の見櫓近くの幹線道路を時々車で通っているが、今まで気が付かなかった。それが昨日、遠景の中にこの火の見櫓が見えたのだった。

屋根のてっぺんの「だんご」を貫いて風向計付きの避雷針を設置している。このようなだんご付きのデザインは松本平で見られる。



松本平によくある平面が3角形の櫓に8角形の屋根が載っているのは珍しい。既に何回か書いたことだが、このような組合せだと、下の写真で分かるように、柱と屋根下地とがうまく納まらない。このことが分かっていて、敢えて8角形の屋根にしたのかどうか・・・。でも8角形でなければならないという積極的な理由が浮かばない。

3角形の櫓に円形見張り台。床面の構成はこの組合せに素直に対応している。



柱の頂部と屋根下地との取り合い



基礎にあらかじめセットしておいた山形鋼の部材に脚の下端を留めている。櫓の建て方をした後で、基礎コンクリートを打設する方法とは、施工手順が違う。この手順の方が施工性が良いかもしれない。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬師の湯の黒部ダムカレー

2018-04-17 | F ダムカレーを食べよう



■ 昨日(16日)所用で大町へ。大町温泉郷まで足を延ばして薬師の湯で昼食に黒部ダムカレーを食べた。

食べるときの流儀はダムを最後まで決壊させないようにすること。ダム湖側から徐々食べて、堤体幅を少なくしていく。型に堤体材料のごはんをぎっしり詰め込む方法で施工されているので、堤体幅がかなり薄くなっても、注意深く食べ進めれば決壊することはまずない。


湯けむり屋敷 薬師の湯 黒部ダムカレー諸元 

・ダム型式:アーチ式ライスダム
・堤体長:約15cm(黒部ダムカレーカードに記載されている数値)
・堤体高:約4cm(実測値)
・堤体幅:約4cm(目視による推測値)
・堤体重量:不明(他店と比べてやや少なめ、200~250gくらいではないかと思われる。昼食には適量)
・総貯ルー量:約200cc(黒部ダムカレーカードに記載されている数値) 
・ダム湖に浮かぶ遊覧船・ガルベ:温泉たまご
・ダム下流:ポテトサラダ、キャベツのせん切り、リンゴ 
・敷地:円形の白い皿 直径24cm 
・ダム湖の深さ:計測しなかった
・施工費:800円(税込み)

・施工に要した時間:約4分 施工立会いをしていないが、数量限定であることと施工に要した時間から、ある程度まであらかじめ施工してあるものと推測する。
・竣工検査に要した時間:約15分
・味:味のことを言葉で表現することは苦手、好みの味だった。温泉たまごでよりマイルドに。
・施工会社:「湯けむり屋敷 薬師の湯」
・施工会社の所在地:長野県大町市大町温泉郷



施工会社 外観 撮影日180416

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

推敲

2018-04-15 | A「火の見櫓っておもしろい」を本にしよう

■ 昨日(14日)の午後、28会(他にも24会33会という親睦会がある)の花見をした。ほぼ全員がそろい、桜の木の下で昼間っからビール、日本酒、焼酎、ワイン!! 

今年は例年より桜が早く咲き、鄙里でも満開を過ぎているが、花より酒。準備は毎年N君がしてくれている。感謝! 肉も美味かったが、一緒に焼いたネギが甘くて美味かった。聞けばN君がつくったネギとのこと。

隣に座ったM君、以前僕が出演したラジオ番組を2週続けて聞いたそうで、僕が火の見櫓めぐりをしていることを知っていた。で、実は本を出そうと思っていて、原稿を書いていることを話した。文章を書くより写真集にした方が良い、とM君。見開きで1基取り上げて、右のページに火の見櫓の全形写真を大きく載せて、左のページに説明文と、必要に応じて補足写真を小さく載せるというレイアウトもいいかもしれないと思った(花見の席ではなくて、今日酔いから醒めた頭で)。

今日、原稿の推敲の1回目を終えた。火の見櫓について過不足なく、分かりやすく書くのは難しい。文章に手を入れ、不要な写真を削除する。取り上げたい火の見櫓は他にはないか。書きたいことはもうないか。

まだまだ作業は続く・・・。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「人類の進化が病を生んだ」

2018-04-14 | A 本が好き



 新聞(*1)の読書欄に『人類の進化が病を生んだ』ジェレミー・テイラー/河出書房新社が載っていた。

**人類の身体は現在の環境におおむね適応してうまくできているが、パーフェクトではない。自然選択は、子孫を残すための形質には味方したが、長生きしたり、生活習慣病から免れたりすることには冷淡であった。**

病気は進化の失敗という結果ではなく、子孫繁栄とのトレードオフによる必然的な結果、ということなら病気になっても仕方がないかな・・・。



『流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則』エイドリアン・べジャン&J・ペダー・ゼイン/紀伊國屋書店を読み終えたら、読もう。

週末、仕事モードをオフにするためにくつろぎのひと時を過ごしたカフェ バロが閉店した。で、別のカフェ(*2)で読書にいそしむことにする。そう、今年度は本を読もう!


*1 信濃毎日新聞3月11日付朝刊
*2 名古屋珈琲店 松本市梓川倭

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見立てる

2018-04-13 | D 新聞を読んで

**「A社はクールビューティーなスーパーモデル。B社は愛嬌のあるアイドルグループの子」。** 昨日12日の地元紙・市民タイムスの「月見やぐら」に鉄塔というタイトルのコラムが掲載されていた。鉄塔写真家・ふじのえみこさんの写真展の取材で、記者がふじのさんから聞いたことばのようだ。

私も火の見櫓を擬人化してみることがよくある。例えば次のように。**上の火の見櫓のスタイルのいいこと。美人です。タイトなロングスカートを履いていて歩きにくそうだとか、どうしても中年のおっさんはこの頃火の見櫓を女性に見立ててしまいます。** 過去ログ

**ちなみにA社とB社は、東京電力と中部電力である。どちらがどちらに当たるのかは、ぜひ皆さんの目で見て推測を楽しんでもらいたい。**このようにコラムの末文にある。ふじのさんの写真展は塩尻市のえんぱーくで4月29日まで開催されている。近々見に行って推測してみよう。 


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

松本市四賀の火の見櫓

2018-04-11 | A 火の見櫓っておもしろい 

 
998 松本市四賀 3脚66型 撮影日 左:101003 右:180409(撮影A君)

 この火の見櫓を見たのは2010年10月3日(日)。当然この日にブログに載せていると思いきや、載せていなかった。右はA君が撮ってくれた写真(横フレの写真を私が縦フレにトリミングした)。

このところ「桜と火の見櫓」の写真を続けて載せていたので、彼も撮ってくれたようだ。感謝。


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

墓地に枝垂桜、なぜ?

2018-04-10 | D 新聞を読んで

■ なぜ墓地に枝垂桜があるのだろうと何年も前から思っていた。他県のことは分からないが、長野県内の墓地には枝垂桜があることが多い。今月4日の朝刊に掲載された県立歴史館館長 笹本正治氏の「しなの歴史再見」は私の長年のなぜ?に答える内容だった。

**柳田国男は、著書「信州随筆」に(中略)樹木の枝が垂れる現象に昔の人が特別の力を感じ、神霊や魂が宿る所だと理解し、死者をまつる場所に枝垂桜が植えられたと記した。**

**柳田は「信濃桜の話」でも(中略)昔の人は大空を行く神霊が地上に降りて来ようとする時、特に枝の垂れた樹木を選ぶと理解したのだとした。**

**県内の墓地にある墓石のほとんどは江戸時代の17世紀半ば以降のもので、多くの家で墓石を代々持ち続けるようになるのは18世紀になってからである。県内にあるお墓の枝垂桜の古木はほぼ同じ時期に植えられたように感じる。先祖の霊が留まると認識された枝垂桜は、墓石とともに信州人の先祖意識がいつごろできたのかを物語る証人ともいえよう。**

なるほど!


18年4月4日付信濃毎日新聞朝刊文化面


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こまつうどん店の黒部ダムカレー

2018-04-09 | F ダムカレーを食べよう







 黒部ダムは堤体の両側の岩盤の強度不足が分かって、途中で設計変更してウイングを造ることにしたという経緯がある。それで独特の形をしているが、こまつうどん店の黒部ダムはこのウイングも施工している。他には大町駅前の豚のさんぽもウイングまで施工しているがそれ以外の施工業者はアーチのみ。過去ログ

ダムの施工に堤体の型に材料であるごはんを詰めて脱型するという工法を採用している施工会社が大半だと思われるが、こまつうどん店は型を使わず手作りだという。今日、施工費を支払う時、教えていただいた。

こまつうどん店の黒部ダムカレーはサザエさんも食べた。その時の様子が店内に紹介されている。


こまつうどん店 黒部ダムカレー諸元 

・ダム型式:アーチ式ライスダム
・堤体長:約30cm(黒部ダムカレーカードに記載されている数値)
・堤体高:約5cm(同上)
・堤体幅:約4.5cm(実測値)
・堤体重量:不明(施工者に訊くも分からないとの答えだった)
・総貯ルー量:約360cc(黒部ダムカレーカードに記載されている数値) 
・ダム湖に浮かぶ遊覧船・ガルベ:サクサクの串カツ
・ダム下流:豚しゃぶとキュウリ、トマト、レタスなどの生野菜サラダ 

・敷地:円形の白い皿 直径30cm かなり広い敷地
・深さ:計測しなかった
・施工費:1,300円(税込み)ミニうどん付き 
・施工に要した時間:うっかり計測するのを忘れた
・味:ルーは和風だしベースでスパイシー
・施工会社:「こまつうどん店」
・施工会社の所在地:長野県大町市大町3306-14



施工会社外観 撮影日180409



カード右下のA✛Gはダムの形式を表していて、Aはアーチ式、Gは重力式を示す。上記のように黒部ダムはアーチ式ダムの両側に重力式のウイングを付けている。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ペンタゴン・ペーパーズ」

2018-04-08 | A あれこれ

■ 現在公開中のスティーブン・スピルバーグ監督の最新作「ペンタゴン・ペーパーズ」を観た。

アメリカ政府、歴代大統領が30年にわたりひた隠しにしてきた国防総省のベトナム戦争に関する最高機密文書(ペンタゴン・ペーパーズ)の漏洩。その全貌の掲載をめぐるワシントン・ポスト社主(メリル・ストリープ)の葛藤と編集主幹(トム・ハンクス)の奮闘。

夫の死後、主婦から新聞社のオーナーになった(なってしまった)女性。初めは頼りなかったが、次第に権力に立ち向かう頼もしい女性に変わっていく。その変貌ぶりをメリル・ストリープが見事に演じている。

国家機密を掲載すれば全員が逮捕される。政府との戦いに敗れればワシントン・ポストは潰れる。周囲の役員らの掲載取りやめの説得に彼女は答える。「もう父の会社じゃない 夫の会社でもない 私の会社よ」 自分の会社のことは自分が決める!という強い意志表明。そして編集主幹が印刷の準備ができている工場に電話で印刷開始の指示「RUN!」。このシーンには感動、涙が出た。


信濃毎日新聞0408付朝刊2面

アメリカの政情を憂うスピルバーグ監督の報道機関への強烈な応援メッセージ。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火の見櫓のある風景

2018-04-08 | A 火の見櫓っておもしろい 


126 松本市波田渕東 4脚〇〇〇型 撮影日180408

 国道158号(野麦街道)沿いに立っていて、背が高いので遠くからでもよく見える。期間限定の桜と火の見櫓のある風景。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火の見櫓 桜花をまとう

2018-04-08 | A 火の見櫓っておもしろい 


154 松本市波田 3脚〇〇型 撮影日180408

■ 毎年桜の季節になると気になる火の見櫓が何基かある。松本市波田の下赤松集落センターの敷地に立っている火の見櫓もその内の1基。

波田は松本市の郊外で市街地より少し標高が高い。その分気温が低いから、たぶん今日あたり桜が満開だろうと思って出かけてきた。予想通り桜は満開。今年も桜を身にまとう火の見櫓を見ることができた。満足。


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加