やまろぐ☆つあれぽ

海外登山&トレッキングツア専門
添乗員の仕事と家事育児の日常

写真は9月のナンガパルバット8125mです♫

同窓会一年ぶり

2018-12-09 10:10:46 | おもう。

去年のキリマンジャロツアーの
一年ぶりの同窓会は
東京駅そばの丸ビル!

地方出身(広島人)のわたし、笑、
東京駅出て、見上げて
わー
て、
丸ビルは右側だった。
写真まちがえてる。

おしゃれだー。東京駅。久しぶりかもー。


たくさんの人々がみてた。みんなが撮ってたから、わたしも撮ってみた

感動すべき?笑





このメンバー!!!

みなさんが、すっごい交流続けていらっしゃって

ツアーから一年以上たつのに
この集まり具合❤️

みなさんも、いい出会いだったーと、
おっしゃってた。振り返ると、あのキリマンジャロツアーも
いろんなことがあって、それらを笑いながら一緒に振り返れるのは
すごいことだと思う。








この出会いを通して
わたしは今年岩手山にも子供連れて行かせてもらい
岩手山の強者方とご一緒させていただくことができた。
また行きたいなあ♪

それから、みんなキリマンジャロの歌を少し
口ずさんだり。笑
よく覚えていらっしゃる!

しかーし、私たちの作ったキリマンジャロ日本語版は
歌わなかった、昨夜は店だったし。笑
こんど、どこかの山で歌えたらいいなあ

昨夜は3時間の飲み放題のあと、
さらに二次会でも楽しかった!年齢も住む場所も
お仕事も全くつながりのなかった私たちが
こうして一緒に飲めるって、なんて幸せなの!

お土産や
このキリマンジャロの回想記も
ありがとうございました。
そして重ね重ね、幹事さん達も
ありがとうございました。


あと!わたしが飲み会に出てた間、
親友のママ友宅で、夫とはーたんを鍋に呼んでくれて!
ご馳走さまでした!ありがとうー!!!!
ママ友とかじゃないよね!親友。







Comment

おすすめ その1 ノルウェー

2018-12-08 16:16:30 | このブログについて



わたしの来年のツアの
個人のものをご紹介するのでよかったら
ご一緒しましょう♡西遊旅行のパンフレットには
出ないのです。でも西遊旅行のツアー♪
シリーズでお伝えしたいと思います

①来年3月14~23 ノルウェー(催行決定)
『仁美とブライアンといくノルウエー フィヨルド プライベートクルーズと
スノーシュー&オーロラ』10日間 688,000円 成田発着

②㋄21~30 南イタリア&シチリア島(催行決定)
③9月10日~20日(未定)まだ始めたばかりの挑戦だけどピレネー&バスク
④10月カタログツアかオリジナルになるかわからないけどカンチエンジュンガ&ジャヌー展望


*

これらの旅はどれも、
ちょっと家族旅行みたいな雰囲気になると思います。
特にノルウェーは一週間、ヨット(10人乗り)を貸し切って
お天気と海の様子を見て行き先や島を考えるミステリー要素の強い
ワクワクする旅です。

今年はノルウェーや、ギアナ高地の旅が、明日はどこへ?的
とてもミステリーだったけど、そのときのお客さんたちの
ご様子はとても楽しかったみたいやはり、
冒険的な旅は忘れがたいし、感じるもの多いし、
そのうえ、メンバーも楽しいとうれしいですよね。

このノルウェーの旅の内容は地球の歩き方にもどのガイドブックにも出ていません。島も。



ガイドのブライアン(スイスの公式ガイド)は毎年冬は
このノルウェーの北極圏のフィヨルドの島で
スキーとヨットツアのガイドをしてます。
そのブライアンが、ヨットのベテランのキャプテンと組んで
超オリジナルな旅へ連れて行ってくれます。
歩く場所は誰もいないとか、島にも人がいないとか、
無人のバーなど、世界の果ての美しさを感じていただけると思います。



わたしたちのために、スノーシューで
案内してくれます。初日は安全な歩き方講習も
しっかりしてくれます。

スノーシューはあちらでレンタル(込み)です。








ヨットの操縦体験もできるし、
海を眺めていると、イルカが横を泳いでるときもありました。




私たちのヨットのリビング・ダイニング


スーパーには豊富な魚介



美しい景色

すいません、ピンボケでした



夜のヨット



晴れていればオーロラ鑑賞。

などなど。


あと2名入れます(いま、5名)



*


わたし、今月は海外ツアーオフで
ひがわりで毎日いろんなことしてます。今日は
さきほどまではーたんの吹奏楽部演奏会。
成長感じますね。

これから去年のキリマンジャロのツアのメンバー
と同窓会です。このメンバーの絆は強く、
一年たっても、みんなの交流が続いてます。
今日もすごい出席率で集まれることがうれしいです。
遠方からもいま、新幹線で東京に
向かってきてくださってる方々も!
幹事さんたちも、ありがとうございます!

わたしも電車乗りました。笑












Comment

親友が本を出した

2018-12-05 18:03:07 | このブログについて


今日、ポストに親友のバカコちゃんから
本が届いていた。

封筒みて、あ、ばかこからだ
と思って、玄関で靴履いたまま、あけた。
それは、親友のバカコちゃんが
出版した本だった。

「愛舞田 薔花子」って
書いてあるの~
ちなみに「らぶた ばかこ」って読みます。

ばかこについてはいつも
わたしも熱く語りたい想いでいっぱいなんだけど
彼女はついに、自分で本にしちゃったんだ。

バカコちゃんのプロフィール


彼女は重度の脳性麻痺の障がい者で
電動車いすで生活してて、動かせるのは片足だけ。
コップを自分でもつこともできない。
そんなバカコと
出会って何年だろ、たぶん20年近いかも。
バカコが教えてくれたのは、それは・・・。

わたしは車いすで生活している友達がいなかったので
その生活とかなにも知らなかったということで、
一人暮らししてスイミングとかジムのチャリこぎをして
スポーツもしてたバカコちゃんを
ふつうと思っていた。

だけど、一緒に町を歩いてみると、それは
ふつうではないことがわかってきた。
まず一人暮らしをすることの社会の障害というのかな。
そもそも、口もきけなくてものごとすべて
人の手を借りて生活するひとの一人暮らしって
どんなものか、知ってる大人も少ない社会。
家族が世話をするものじゃないの?とか。
段差だらけの道や駅。車いすはまっすぐ進むことが困難で
急いでどこかに行くことは難しいわ、
電車にのるのに事前に駅員さんにお願いしたり、地下を通ったり、
入れる店も少ないわ、狭いわ、トイレも入れないわ、・・・
誰も彼女の目を見て話しかけてこないこと。話すときは
一緒に立ってるわたしに話しかけてくること。
赤ちゃんに対するみたいなしゃべり方でしゃべってくるひともいた。
障害なのは彼女ではなく、
この生きる世界のことなんだと。
なんて難しい社会なんだと
彼女が教えてくれたと思う。

そもそも、わたしも子供のとき、障がいの子は違うクラスにまとめてあって
小学校のときはふつうに接することがなかった。記憶にない。

ばかこのように一人暮らしをしたり、スポーツをしたり
そういうのはちょつと普通とは違うって
わかってきた。
ばかこと出会ってから、もっとふつうに
特別じゃないふうになればいいなあって、

そもそも障害って言うなよ、ちょっと
変わってることをいちいち特別扱いしなきゃいけない
社会とか人の目とかそういうのにちょっと怒りを感じた。
手が必要ならふつうに手を差し伸べるだけみたいな
そんなふうにはできないかな、とか
特別なクラスとかいるのかなあとか。
(はーたんの今の学校にはそういうクラスはないと思う)
現実的に難しいことがたくさんあけど、
ばかこはそういうのに立ち向かって生きてる風だった。
それが、ふつうと違うといえばちがうのかな。

一番、考えさせられたのは自立についてなんだけど
超長くなるから、また書くね、いつか。

この本はこの帯が語るように、

励ましてくれるメッセージになってる。

「体に重いハンディがあって他人に手を借りて生活しなきゃいけない」
それでも、恋やセックスや、夢や仕事や、
ふつうにあるし、思うわけ。てことをばかこちゃんは赤裸々に書いてる。



わたしは、本を手にとって
靴はいたまま、玄関先で涙ぽろんとでた、それは、
ふっと、ふつうに親友として、
ひとりの女子として、(年齢はふたりとも40越えてるけど)
なんか失恋やひとを愛している感覚や、
友達のこと、まわりのこと、目標のこと、
乗り越えたいこと、そういうのが
同じだなあって思って、安心ていうか、共感かな、
なかなか会えなくても
共有している気持ちを感じて。
なんじゃばかこもがんばっとるわー、あたしもがんばろー
って感じ。一緒なの。感覚は。生きて
大変なことがあっても、明るく乗り越えていきたいことも。

そして、広島から横浜に引っ越してきても
やっぱりおとなしくしてるわけがないバカコを
いとおしく、尊敬もかんじる。

ばかこのブログより本の紹介
こちら→クリック

来週の12/10月曜日からネットで買えるみたい。

それからやはり、
体の障がいだけでない、精神的なこと、性のこと、同性愛とか
なんだろ
容姿、たとえばあざやなんだろ、外には
出づらいよなこともあったりするとおもうの、
いろいろとそういう壁みたいなのが
なくて、『普通』に驚かない、そんな世界になればいいと
思う。
そのために世界を変えていって、発信していくひとたちがいるんだなあて
おもう。



わたしはちょっと今時間がなくて、まとめきれないし

ばかこちゃんと書いたり、バカコとかいろいろな表記してるけど
なおさずにupします

またあとでなおすかも。

(ならupするの待てば?て思うけど)

熱い気持ちのうちに。




Comments (3)

富士山の夢 

2018-12-03 20:38:22 | おもう。

AM4:20から家を出て
(あの家の奥さんいつも暗いうちにザック背負って出かけるわね・・と
目撃されたら言われてそう)
首都高を抜けまだ暗い中央道へ、今日も山梨県へ向かった。

コーヒーを飲みながら音楽聞きながら
運転してたけど、あまりに眠くなって
6:30~7:00までサービスエリアの駐車場で
寝た。笑←超気まま。

そのとき、夢を見たの。
それは富士山の夢だった。
富士山の夢は生まれて初めて見たかも。

超スーパー美しい富士山だった。
真っ白に雪がついたうえ、朝焼けで黄金と、ピンクやパープルにキラキラ
輝いていた。それが目の前にあって
すご・・・って絶句してた。絵よりすごかった。神がかってるって
こういうことねって。
キラキラよ。

目が覚めたら、あら、夢だったんじゃわって
思ったけど、富士山の夢は縁起がいいというし。
忘年登山も来年もきっとすべてが素晴らしいんだと思う。

今日の実際の富士山。笑

このあとはもう少し見えてたときもあったよ。
この一か月ですごい富士山と仲良くしてるわたし。

湖のそばも、人がいなくて北欧みたいだった。
遠い外国に来たんだと錯覚しそうな静けさだった。しばらくぼーっと見て
そこの澄んだ空気たくさん吸った。

北欧。笑

わたしにとって、今日の山歩きは
これこれ!っていう求めていたものだった。
ちょうど、自分の計画計算景観がそろった3K。笑


見晴らしよいし。

富士山は目の前で、こりゃ晴れたら
素晴らしいだろうなあっていう次への期待感でいっぱい。

天気予報通り曇りだったし、途中には雨が降ったけど
相変わらず、誰もいなくて一人の歩きは
心地よかった。てか、雨の一人歩き、いいね、この前もそうだったけど
かなり落ち着く。なぜだろ。私のなかの孤独が騒ぐ。

古い石仏が三体並んでいて、
それらは木の小さな社に守られるように入っていた。
きっとすごい古いものだと思う。
すごい頑丈に守られてる感じする。
座り込んで小さい
木の枠からのぞいてみた。
一体ずつ
顔を見て、また、お願いした。三つのお願い。笑


だーれもいなかった。

このカシの大木は
今日、わたしと友達になった。


*

今日は学芸会の振り替え休日ではーたんは
学校が休みだったので、お友達の家族に
キッザニアに一緒に連れてってもらってる。

ママが送ってくれる写真が
真剣で笑える。ありがたい経験をありがとう。

牛乳石鹸




モスバーガー


JTB




ANAのパイロット




三井住友銀行





子供たちの未来もキラキラしてるだろう。







Comments (2)

楽しいひととき

2018-12-01 18:13:37 | モンチュラ


MONTURA TOKYO
3日間出勤だった
少し模様替えした店内

会いに来てお買い物してくださった方々
ありがとうございました。
みんな試着室にいくでしょ、
かっこよく出てこられるでしょ。
すごいなあって思うの、
服でイメージ変わるし
色でまた印象変わる!
楽しいのよね、それが。

大事だなーて思って。

わたしは、自分もモンチュラ着て
6000メートルまで行くわけだから機能もわかるし
説得力もってお勧めできる、と思ってる


お客さんたちとおしゃべり
杉岡店長とおしゃべり
そして
わたしも買い物した


これ着てキリマンジャロー
とか
こっちはナミビアー→二月催行決定
とか、笑
ノルウェーにあれほしいなあー
とか。思いながら買い物、楽しいよね

ちなみに、明日日曜日、
はーたん山に行こうって3度目誘ったら
あっさり断られた
日曜登山部、休部です。

12月は、来年のための準備や、リセット
たくさん!勉強も、家事も、大好きな仕事のためなら
頑張れる。→いや、このニュアンス、ちょっと違う。
でもまあいいや。
最近のわたしは、外にいても
早く家に帰って勉強したい
って思うから、異常だよね。

そして飲み会の予定もたくさん。笑

なんか、お客さんで、日本酒好きな方がいらしてね、
そのメールを読むだけでわたしも、刺激うける。笑
わたしは、賀茂鶴か酔心なの。(どちらも広島のお酒)

左はいつも飲むもので右は父からきたうちの一本

なんかいま、しぼりたてが出回ってるシーズンらしく
そうゆのも取り寄せたり。笑

やだ、酒ネタばかり・・・

お料理も楽しんでるから~
この時期は、数か月前に保温鍋を買ったのが大活躍。
シャトルシェフっていうものです




わたしのモンチュラ出勤予定↓
12月11日 15時から19時
18日 15時から19時
20日 12時から16時半
ですお買い物にいらしてくださいね。

MONTURA TOKYO
こちら
→クリック









Comments (2)

熱意が動かす

2018-11-29 12:28:30 | おもう。


今日もひとりで山に行こうと思っていたけど
急きょ、モンチュラ出勤になっていま向かってる。
13時から17時のみだけど、今日と明日
よかったらお越しください。
神田小川町MONTURA TOKYOです。
今日は新しいものが入荷してくるみたい!
わたしはこの冬からの新しい薄手の手袋などを
買ったよ、昨日写真撮らなかったので
今日は写真撮るね。
手袋もあと少ししかないです。
ショップの内装も変わっていたよ。
店長とわたしでお待ちしてます





いま、忘年登山の準備をしつつ、
来年のツアーの準備もしていて、
3月のノルウェーとは別に
5月にいつものメンバーの方々のおかげで、
シチリア島と南イタリア、5月21日から9日間で
できあがった。『絶景の南イタリアを歩く』というもので、
シチリアからアマルフィを巡ります。
会社が企画してる来年新企画のツアーなんだけど、
そこに追加の1日を加えた
言ってみれば仁美といくバージョンになって
お値段はプラス10万ちょっとになっている。
けど、6名の方々がいて、ほぼ催行が決まった。
これはいつもご一緒してくださる
お客さんたちのおかげなので
本当にありがたく思っている。
また改めてご紹介します。

10月にはまだカタログに出てないけど
カンチェンジュンガ(8536m世界3位)とジャヌー展望
も頭にある。こちらもお客さん方ー、
忘れてないから〜よろしくお願いいたします

そんなこんなで、
わたしは来年は自分の度量的に技量的に
手いっぱいで
新しい個人企画はあり得ないと思ってた、
今朝までは。

今年、サンティアゴ巡礼完全踏破の1回目
フランスからピレネー越えをしたときの
ある女性から、わたしとそのときのガイドさんでまた
ピレネーに行きたいという
お手紙をいただいていた。
わたしも興味はあるけどちょっと形にするには
遠すぎるというか、なんも浮かばなくて
ちょっと難しいです、忙しいし。。
とお伝えするつもりでお電話したの。

おはなししていると、
そのときのツアーがとても印象的で
忘れられなくて
彼女の中ではまだ完結していないものがあることなどなどなどなど、
など、笑
ひとりでもいい!あなたと彼と行きたいの
と、
とても熱意のある気持ちを伝えていただき、

わたしの返事

わかりました、彼にその気持ちをまずは伝えましょう

と。笑


で、今朝、家事をして出勤前
バスクに住む彼(ガイド)わたしも熱いメールを送った。
来年の九月か、それ以降のお互いのあいてるときに
なにかオリジナルツアーを作りませんか
と。ピレネーとバスクの文化を感じながら
知りながら歩くツアー。

彼はわたしとは前世で姉弟だったと言ってた。
そのときのツアーはこちら→クリック

そんなかんじで、
わたしの新しい挑戦がまたひとつ動き始めた。

みんな、周りの方々のおかげなの。

そのときのサンティアゴ巡礼のツアー





御茶ノ水駅につきました。笑
東京もやたら、爽やか。
読み返さずにぽちします。















Comment

透明な空気と青い空・・・て、そのままじゃん、笑

2018-11-27 18:55:26 | 山旅(国内)

今日、
空気は透明で、
空は青かったです。

て、書いたら
国語の先生はなんていうだろう。
当たり前なんだけど、
その意味がそのまま、その通りだった。




やっと山に行けた。3時半に起きた。
山梨と静岡県境の二百名山、
毛無山1964mに登ってきた。歩いた標高差は
1100mなので、そこそこいいトレーニング。かな。

東京から車で
2時間半。ドライブも楽しかった。音楽がんがんかけて。
ひとりで、気が楽で、自由で、感じるまま。

富士山が近づいてきて
その大きさもすごいけど、朝霧高原に
本当に霧がほんのりかかっているのがとても綺麗だった。

おいおいまじかよ おーまいがっ
てひとりで叫んでた。笑
ずるい美しさだ。ここは日本なの?て感じだった。
映画のセットでしょう?ていうふうな。
ずるいっていうのは
山での勝負の前にもうあちらから仕掛けてきた感じ?笑
その目の前に逆行の富士山がどーんで
目の前には太陽に照らされた毛無山




朝の7時半くらいから歩き始め、
とにかく静かだし、登りが続く、後ろにはフジボー
それもなんか帽子をかぶっているかのような

いつ振り向いても、すぐそばにどーんといるの
この世にはフジボーとわたしだけ

なんとも透明な空気感なの。


次から次から頭の中で
ひとりで会話がつづくの。
けどはっとすると、無な感じで、今の時間、瞑想だったんかな
っていうひとときが流れてて
いつのまにかどんどん登ってるの。
透明な空気の中になんか自分も透明で、ひとつになってるの。
その感覚はとっても気持ちいい。

水を飲んで再び歩き始めたときには
なんか飽きた
って思うときもあった。笑
で、最近、山にもついてこなくなってきたはーたんのことを考え、
どうやったらまた楽しいって思ってもらえるかな
とか添乗員のように考えてた。
たしかに最近は、無理に楽します努力を
なにもしてなかったなあとか。クイズもない、歌もない。
けど、どうなんだろ、そんなの必要なのかなとか。
もしここに連れてきてても、長くてつまんないって言われそう。
あのひとたちは富士山の景観にそんなに興味をもってないし。笑
けどそういうわたしだって
さっきは「飽きた」と感じてた。笑

わたしはそういうところも含めて全部と思ってる。
だって山頂に立ったら次の山のことをワクワク考えてる。
ずーっとピークの喜びじゃなくてそこにいたるまで
いろんな感情があるところ。つらいことやときめくこと。
空が青いってことを改めて見つめること。
全部含めて好きということ。

歩きながら思い続けてた、いろんなこと。


やるねぇ、フジボー
そしてまだ帽子をかぶってる

上の稜線からは伊勢湾や伊豆半島まで見えてた。

裾野も大きい。

長女は初めてみたとき「ねえねえあの山は有名なんじゃない?すごいおおきいよっ」
と東名高速の車内から、(東京に引っ越してきたとき)
富士山であることを知らずに叫んでた。のを思い出す。

南アルプスから北アルプス南部も見えた

歩きたいなあ、あっちも。
北岳、間ノ岳、同じ場所から日本の3位までの山が見えてる。

下りてきた時はまだ昼の12時で空は青く眩しく
富士山が近くてあまりに美しいので
物足りなくて、もっと歩きたかった。

車を停めて下りて撮った




これは忘年登山の下見だったのだけど、
まだこの山に100パー決めているわけではない。
でも実際この距離の富士山の近さは、そこに立ってみないと
わからないくらい最高。
それにみんなで歩くときには全然違う登山になるわけで♪

次はどんな発見なんだろ♫みんなとは。






Comment

美しい音楽 眠れぬ夜

2018-11-26 14:22:45 | おもう。


昨夜、山に行くために早く寝たのに
全然眠れなくて、朝、起き損ねた。今朝はわたしのほうが
半目状態で はーたんに行ってらっしゃいした。
ママ1時間半しか寝てないのに起きれて偉いね
て褒められた。笑

また次の日もあると思うと
気合いに欠けるね。

昨日、調布フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会に
行ってきて美しいオーケストラを満喫した。
市民オーケストラとは思えないほど素晴らしい演奏で、
至福の時間だった。
ひとりひとりの楽器の音を、みんなで合わせた時に
こんなふうにハーモニーになる瞬間て、
演奏してる方々もさぞかし気持ちいいだろうと思うわ。
手元のパンフレットも曲紹介が素敵な文章で
読みふけってた。音楽は人生って書いてあった。
情熱や、喜びや、平穏や、悲しみや孤独や。
音楽も人生なんだなー。
今年のいろんな美しい地球の景色を思い出しながら
自然の創る芸術と、人間の創り上げる芸術の素晴らしさ
どちらも比べようもなく美しく、
どちらも堪能できる自分は
幸せだと思った。
フルート演奏のふじもん、かっこよかったです!

公演の終わりはご一緒したデートのお相手に、笑
ビールをご馳走になった。コーヒーでもよかったのよ?笑
さすがジェントルマン。

帰ってから夕飯を作り、夕飯は天ぷら、笑
仕事を終わらせた。朝のご飯も作っておいた。
寝ようと思ったのに次々と新しいことが思い浮かんできて
眠れなくなってきた。
いい緊張感なの。
こんなふうにしたい
あんなふうにしたい
病気じゃ。
そういうの考えないようにして寝ようと思えば思うほど
眠れなくなって
親友と、ラインでやりとりしたり。
勉強もした。なるべく早く本がぼろぼろになるように
雑にページをめくりながら、赤ペンで線を引きながら。
(それはもちろんボロボロにする方法として間違っているけど、笑)
それでも眠れなくなって
山はあきらめたわけ。

今日は新しい仕事に取り掛かり、(来年のツアーのこととか)
お客さんのたくさんのリクエストやご質問や
温かいメッセージにまだまだお応えしたいところ。
だけど、
いま、時間を作ってホットヨガにむかってる♫
このまえ
間違えて上級クラスに行ったら大変だったの。

なんじゃそりゃあ

ていう、シルクドソレイユ中国雑技団的なポーズに
ついていけずにわたしもほとんどの生徒たちも呆然。笑
でもできる方も2人くらいいて。
わたし思わずすごいですねっ
って言ったら、
前は全然できなかったのにずっと練習してたら
できるようになったんです
って。素晴らしいよね。
腕だけで体があちこちの方向に持ち上がってるかんじよ。
わたしも、その大技に挑戦中!笑

新宿についたわ。


そうだ。
(いま乗り換えの電車、笑)

はーたんは、ベビーシッターさんに
来年もよろしくお願いします
と、ご挨拶してた。
別に気負わなくていい、喋らなくていい
甘えたい時は伝えていい、わがまま言っていい、多少は
でも守ることは守らなきゃいけないし
やることはやらなきゃいけない
みんなが育てて見守ってくださってるから
と。
ベビーシッターさんは大人だしうまくやってくださってるし、
理解してくださってた。
はーたんからも
その都度ちゃんと話は聞こうと思ってる。
だいたいわたしにも全然ついて来なくなったし。
大人になるんじゃの。

このことについても
メッセージいただきありがとうございます。
パソコンに向かってちゃんとお返事します♡












Comment

ぽわわわん

2018-11-25 12:25:19 | おもう。


わたしははっきりいって
クリスマスとか興味ねーし
なんかクリスマスの喧騒も
うっとおしいから
どこか遠くの山か砂漠にでも行きたいわ
これまで、クリスマスで浮かれ騒いでた
自分は馬鹿なのか

くらいに思ってる


思ってる。



しかーし!!!!!!!!!


find Hitomi

↑仁美を探せ



もういないよ


ぽわわん




ぽわわわん





ぽわわわわわん

でしょっ

かわいいわ

クリスマス色

笑笑

かわいすぎるっ


お部屋をこんな風にしたいなあとか
ワクワクするっ
花は可愛いし。




頭でなぜか否定してても
惹かれるものってあるよね。笑

好きじゃないけど
好き

この
深層心理ってなんだろーか。笑

ジングルベールジングルベール






今日は芸術の秋を
これから堪能してきまーす♫








Comment

ウクレレ 忘年登山 モンチュラ 

2018-11-24 11:13:01 | おもう。


隙間の時間にウクレレ弾いてる。
やはり楽器もいいね♪はーたんと、
歌いながら、楽しくて夢中になってしまう。
ウクレレって、ハッピーなのんびりした気分に
してくれる。
けど、弦を抑える左手の人差し指は
今年、包丁でケガをして縫ったんだけど、
見た目は治っているけど指先がまだ
しびれてちょっと痛くなってくる。根深い後遺症じゃ。
そのときのケガの日記はこちら

このウクレレは昔、知人にもらったもの。
その方が今朝の夢に出てきた。わたしのぎっしり埋まっている
カレンダーを指さして、これはやりすぎだろう?と
苦笑いしていたの。
そして空いてる日にちのスペースに
なんか書き込んだの。
読んでみたら
「ひとみはかわいい」
って書いてあった。笑
筆跡とかもリアルだったわ~
(我ながら幸せすぎる夢じゃ)
はっ?として、
夢の中でその解釈をしてみてて、
そっか、わたしは美しいし、こうして
なかなか会えない遠い方も、わたしを想い、
応援してくれてるんだと。笑

ウクレレの音はやさしくてかわいい♪


昨日はーたんと遊んで作ってたスタンプ


*


12月に予定しているわたしの個人の忘年登山ツア、
予想外に
満席を越えてとっても感謝です
なので発表はしていないけど、募集はもう終了。
毎年お世話になっている方々、今年お会いした方、再会した方。
大好きな方たち。
8名くらいで考えていたけど、今、21名になり、
それも当初は車の都合で16名しか無理と思っていたけど、
やりくりなどをなんとかかんとかして、
大丈夫だろうと。みなさんありがとうございます
とっても楽しい内容なので楽しみにしていてくださいね。

あとそれにあたって、協力してくれているわたしの
お客さんだけどもう友達のあのかた、このかた、みなさんありがとう♡

月曜日はまたひとりで下見に行く予定で
今日は土曜日だけど、このあとは別のお仕事に取り組むよ。
たくさんたくさんあるけど
できることはいっこいっこ。

昨日はーたんと遊んで作ったスタンプ2

*


11月28日の17時から閉店まで

11月30日の午後は
モンチュラのショップに出ているので遊びに(お買い物に。笑)
いらしてください。コーヒーも飲んでいってくださいね。

何人かのわたしの親しいお客さんちがお買い物をしてくださるというので
わたしもアルバイトに入るの♪お待ちしています。


この11月のわたしのネパールのツアでも、お客さんが
わたしの着ているモンチュラを見て「かっこいいパンツだなあ、どこの?」と
興味をもってくださったよ。


MONTURA TOKYO
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-14-3
03-5577-6820
営業時間
平日/11:00-20:00  土日・祝/11:00-19:00

※11月は3日間のみ営業時間延長
20時閉店→21時閉店
11月16日(金)、11月22日(木)、11月30日(金)






Comment

ネパール 幻想的な景色

2018-11-21 10:34:49 | ネパール

夜明け前から3637mのマルダイピークで
まわりの景色が見えるのを待っていた。
ネパール。
マイナス五度くらい。
はあって手袋の手先を握りしめながら
暗闇から光のあるほうを眺めていた。

霜が下りてあたりの足元は白く、ヘッドライトで照らしても
白い霧が流れていて、
東のほうも、コバルトブルーからピンクが
霞んだりはっきり出たり、目が離せない光景だった。


アンナプルナ南峰




何色というんだろ。

右側はマチャプチャレ




ダウラギリ 8167m




いつも青空じゃなくて
いくら祈っても何も見えないときがあった。
でも突然、
雲が晴れて想像していたよりはるかに
美しくて心奪われる、心ときめく景色がそこにあった。

(やだ。やはり人生と同じ)












コプラダンダから3900mあたりへ稜線の
展望トレッキング。






すごいよね、魅せ方が。







マチャプチャレ 神聖な山で登山は禁止されている6993m


ガスっててなかなかダウラギリが見えなかったけど
最後の朝に見えた時はみんなすごい笑顔だった。
見たかったもの、それ以上のものが
見えた。


神様ありがとう
って自然に言いたくなる。


右上は雲がかかってて星がない。

今回は、天の川がダウラギリにかかっているところを
わたしは見損ねたの。お客さんの中には見れた方もいらしたみたい。
なので星の写真はまあまあ。これらは、アンナプルナ方面。(撮影を早々と切り上げたわたし)
でも、満点の星は、ずーっと眺めていた。
なんて綺麗なんだろうと。
私たちは毎晩こんな星天の下にいるのに、東京からは見えない。笑
なんてちっぽけな自分。ちっぽけな心。ちっぽけな悩み。
笑いたくなるし、どうしようもないことは考えるのをやめて
忘れよう。と。笑


ティハールの最終日にロッジの中庭で。

この美しい神々のいらっしゃる山々のふもとは
またほんとーーに素朴であたたかい。
だからみんなネパールにまた戻ってくるんだと思う。













毎日、薪ストーブで各国のトレッカーたちと語り合った。



このひとはネパール人で、いろんな歌を歌ってくれた。
この横顔と長いまつげ、誰かに似てるとか思いつつ。隣にすわって
眺めてた。笑

そこへ、スペイン人の若いカップルがきて、一緒に話した。
ワイルドな風貌だったわ。
アンダルシア出身という彼女のほうが、このギターで
ひきはじめると、こんどはそこにアンダルシアの別の風が流れたの。



はーたんと同い年の子供たちが野外活動のいっかんで
3660mのコプラダンダにゴミ拾いに上がってきていた。
一緒に歌を歌ったり、絵を描いたわたしたちのテーブル。




日本のことは知らないと言ってた。
もう少しふもとの2200mくらいの村に住んでいる。

夜21時頃にキッチンの(こんなふうな)片隅で

カレーを食べている男の子たちもいた。4600mの湖まで上がってきたとか。
なんか、集団とか規律を重んじる日本の学生たちとは
全然雰囲気が違ってて、みんなバラバラに
自由に楽しそうだった。


















Comment

勉強意欲 なんとかなる

2018-11-20 09:59:29 | おもう。

わたし、
一昨日は、来年のツアー予定なんてアップしたけど、
はーたんはどうも、ベビーシッターさんを辞めたいみたい
ベビーシッターさんというのも、もう五年生なのでおかしいけど
なんと呼ぶんだろ。
わたしの留守の間に家に来てご飯を作ったりしてくださる方。
とっても助かっている。

これまで何年もいろんな方々にお世話になったけど
この数年はこの方にお任せで落ち着いていた。

しかも、この夏には義母さんが
シッターさんにお菓子を持たせてくれるまで進展していた

どうも最近のツア中は、シッターさんを
急にキャンセルしたり、はーたん本人もその方に
もう来年からは卒業します
とか言ったらしいの。

はーたんからよくよく話を聞いたら、
ちょっとめんどくさいとか。
1人の自由を満喫したいような
どうしたものかのう。
留守番もひとりで長くできるようになったとはいえ、
連日は無理だし。

料理も少しずつは練習させるにしても、
連日は無理だし。

六年生になってもひとりで留守番させる気は
ない。

わたしが仕事を続ける意味もその都度考えるし、考えてきたし
家族への負担を考えたら心が揺らぐ。

クラクラ

少しずつ、うまくいくように
意識改革をしていこうと思ってる。笑
はーたんの。
東京に引っ越して来てから7年!ここまでなんとか
やってきたんだもん
みなさんの協力のおかげで!!
わたしも、相手に無理やり我慢させるんじゃなくて
自分の方がいろんなこと変えてやってみせようって
思ってる。


帰国した夜、はーたんと2人で寿司屋のカウンターにて。
何気に入ったら廻らない寿司屋だった!
(廻るで良かったのに。笑)


はーたんの大好きなマグロをさばいていた。大きい。
そのまま、パクッ
すべて、
美味しかったー、そのあたりの寿司屋とは違っていたわ。
でも、母娘2人でお会計が8000円って
それに、横からはーたんが
『ママ飲みすぎないでねー、飲みすぎるとうざいから』って。笑
でもいいお酒を飲みすぎちゃった。笑
カウンターに並んで座り
2人でうまっ、うっまーって小さく叫びながらパクパク食べた。

12月には娘2人と温泉女三人旅を計画。



わたし、勉強を始めたの。

今年の海外ツアおわり、
旅日記をこれから作るのだけど、そのあとは
来年一月まで海外はお休み。

いろんなリセットをしてる。
したいことが次々次々と湧いてくる。
しなきゃいけないことも山積み。
自分の5年先とか10年先ってどんなふうに
していたいかなあて思うの。
ふつうは、子供達のことを先に考えるのかもしれないけど、笑
子供は子供で好きなことを見つけたらいいと思うし
そのための手伝いはしようと思ってる。

自分自身の構想も、考えずにはいられない。
もっともっと、こんな自分。
で、
勉強始めたの。

勉強して、磨いて、国家試験も受けようと。
偶然こんなカバーだけど、山の勉強じゃない。笑

この、始めの一冊をボロボロになるまで勉強しようと。

好きなことってずっと変わらない。

親友が、分野は違うけど
国家試験を受けて合格した。
猛勉強してた、尊敬するし
刺激になったし、元気をもらう。
別の親友も独学で、難関の資格を取るために勉強し続けている。
いつも励ましてくれる親友たち。
わたしの両親もそういえば、勉強好きだなあ。

朝起きた時から
ワクワクするの。しようと思うことが
できることに。
やりたいことがいっぱいあることに。

もちろん、海外登山添乗員としても
もっと勉強することたくさんと思ってるし
頑張りたい♡




いま、検診のため病院にいて
待ち中。1時間は過ぎた。
本を読もう。勉強だ。笑



Comments (2)

来年2019の海外ツア

2018-11-18 15:00:29 | ツアー予定

わたしが同行する予定のツア♪
12/22~23忘年登山 国内
一緒に笑って年越しへ

ゆったりキリマンジャロ5895m登頂
こちら
2019年1月11日~1月20日
ジャンボジャンボヴァナハバリガーニンズリーサーナっウァゲリマカリビシャキリマンジャロハクナマタタ
、もう想像するだけで歌が出てくる、スタッフたちに再会するのも楽しみすぎる。
あの、キリマンジャロ空港に降り立つときの懐かしい気持ち・・・みんな~って感じ。
そして、わたしも、体力維持がんばらなきゃ。笑

2月にナミビアいかがですか。
こちら
あと2名で催行です♡2/17~2/25
ゆったりナミビアハイキング&絶景の星空キャンプとエトーシャ国立公園サファリ


3月は仁美とブラアイアンのノルウェー フィヨルド オーロラとスノーシューー
3/14~3/23
(西遊旅行のパンフにはまだ出たことないけど)来年も催行決定
あと二人入れます

4月
台湾
4/22~27
こちら
台湾の名峰・南湖大山登頂と
3,000m峰三山縦走トレッキング


5月はシチリア島準備中 個人グループだけど
楽しいメンバーなのでご興味ある方は待っててくださいね。
実現できたらいいなあ。

6月~10月もほぼ決まっているの。とっても
ありがたく楽しみです

*

時間あるときに
もうすこしこのブログのカテゴリーを整理していくつもり。


※上記内容は会社の公式ではなく変更することもあります。




Comments (4)

ネパールから帰国して電車内

2018-11-17 15:22:37 | ネパール

なんかホッとする♡

お客さんたちと羽田空港に到着し、
楽しかった、最高だったと、と言っていただき、握手して
笑顔でお別れした。

今回もいいメンバーだった。
楽しくて明るくて優しい男性6名と
ちょっとシャイで笑顔がかわいい女性3名だったの。

初海外!!とか、
お客さんのうち2名が82歳(偶然)であることや。
お一人はご一緒するの3回目だけど、
相変わらずよく食べ、声も大きく、お元気だし、♡
女性のほうは、山々や青空を背に先頭を歩く姿が
かっこよかった。尊敬を越えるよ。

連日歩くことに慣れていなかった他の女性の2名も
みんなに励ましてもらい、歩ききって涙のゴールだった。

今回も、みんなが、
あたたかかった。絶景の中、無事に六日間、
3900メートル含むトレッキングを終えて、
わたし、やはり、この仕事好きだわと、涙ぐんでしまう
心から幸せ者だった。


それから、サーダー(ガイド頭)、スタッフも
最高だった。いつもだけど。
社内で評判の
噂に聞いていた、素晴らしいビルさん。
いつも楽しそうに動いてくれる
シェフ、シェルパ、ポーターのみなさん。



男性のお客さんに
いい男だなあ
と言わせるガイドのビルさんすごいよね。

一緒に仕事してて心地よかった。
細かいところに応えてくれて、
それも嬉しそうにやってくれて、
そういうのが、お客さんにも伝わるの♡
落ち着いていて、笑顔を絶やさず、
頼りになるのよ。

ロッジで毎夜出会う新しい出会いも楽しかったなあ。
ドイツ、スペイン、フランス、イギリス、
オーストラリアのトレッカーたちと
薪の火を囲んで遅くまで飲みながらおしゃべりして。

いつものことだけど、
満点の星、天の川、白い8000メートルの山々、赤く染まる山々の
景色は、
日常の小さなバタバタを
全て忘れさせてくれて
小さなわたしを、大らかに
静かに、包んでくれた。
心が
解き放たれたわ。
ぼーっと、それらを見つめていると
吸い込まれていって、心の奥底が広がっていくの。
わかるー?

それに、お客さんたちも言われていたけど、
その、白い山々と麓の素朴な暮らしは
日本もかつてこんなだったのかなと思わせるもの。
同じ地球上なのに、
あまりに違う世界で。大自然の中に
本来は生かされているのに
忘れてる。
セカセカした面白い日本人を思う。笑
自分もそうなんだけど。

遠くから眺めたらいろんなことに悩むこともなく、
ちっさいことにクヨクヨすることよないよね、と思えてくる。

旅はいいものだね。




後ろのモンチュラの女性のジャケットが
目立っていたわ。笑



Comment

カトマンズの色

2018-11-08 08:13:22 | ネパール

Namaste

わたしは、カトマンズのホテルにいます!
今日はポカラに飛ぶけど
時間に余裕があるのでホテルで
ゆっくり朝コーヒー中。
今朝早い時 わたしの部屋の窓から

標高1300mの盆地なのでいつもこんなふうに
霞んでる
実際日中は、空気の埃がすごいけど!笑


昨夜
カトマンズに到着したら
ティハールのお祭り中だったことを知った。
ティハールのお祭りにあうのは
2年ぶりかな。


カトマンズの夜も賑やか






ホテルは





この色、ヒンズー教
かわいいと思いませんか。



沢山いるヒンズー教の神様の中で
この、ティハールは、ラクシュミという美と豊穣の女神
に感謝のお祭りなんですって。
現地では、ディパウリと呼ばれてるみたい。
わたしの耳できいた発音だけどね。

一昨日はカラス、昨日は犬、
今日は牛をお祀りするとか。

いろんなものが混在してるこの国のような
ヒンズー教。
原色。

はあ、なんか楽しいです。






Comments (3)