∞doors 八戸探検隊

8を倒すと∞になる!青森県八戸市の美味しいもの、楽しいところを紹介します。生活や観光に役立つデータベースを目指します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ペルセウスの夜

2011年08月13日 | 自然

天文ショー ~超巨大彗星、流星群、オーロラ、皆既月食・・・~


「ペルセウス座流星群」が、8月12日の夜から見られます。流星が見られるのは12日から13日にかけての夜、8月13日から14日にかけての夜。
最も活発な極大の時間は13日午後3時とお昼の時間なので、見ることはできませんが、その前後の日で見られるようです。


■空のどの方向を見ればいいの? AstroArts

ペルセウス座流星群の場合、放射点のあるペルセウス座は北東方向に現れます。といっても、放射点を中心にあらゆる方向に向かって飛んでいるので、北東ばかりを見つめていなくても、実際には全天に流れます。南の空に飛んだ後には北の空に現れるといった具合です。

空が広く見渡せる見晴らしのいい場所で観察するのがベストです。月のある方向はまぶしく流星が見づらくなりますから、月を視界に入れないようにしたり、月に背を向けて見るようにするとよいでしょう。


■観測のポイント 流星電波観測国際プロジェクトホームページより

できるだけ郊外の町の明かりが少ないところへ出かけましょう
お勧めは13日未明(13日0時~夜明け).ただし12日未明や14日未明でも可
見る方向は東方向を中心にしましょう(月が西の空にあるのでそれを視界にいれない)
椅子などにこしかけ、ゆったりとして見ましょう(寝ないよう注意)



ペルセウスはメデューサをやっつけた人だよ。


200枚くらい撮ってみたけど、ぜんぜん写ってない・・・。




左下を拡大すると・・・






!?

よく見つけたなと自分でも感心するわ。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ 
ほめてください!





コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 【俺シピ007】冷やしイタリアン | トップ | 満開!対泉院の大賀ハス! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

ギリシャ神話と親子対決 (投資一族のブログ)
父は尋ねた。「最近、どんな本を読んでいるのか?」 息子が答える。「怪談レストラン」 怪談レストランとは、私が元株主だった4816東映アニメが後ろについている児童文学で小学校の図書室や図書館の子供コーナーに本があるばかりかテレビアニメ化もされている。昔で言うと...