typeKIDS+REJOICE! CLUB

書物と活字の懇話会

第9回 カリグラフィからタイポグラフィへ

2017年09月17日 | typeKIDS_Seminar
第9回 カリグラフィからタイポグラフィへ
記録:今田欣一
日時:2017年9月3日(日)13:00−14:00
場所:喫茶室ルノアール川越店

東京芸術劇場(Tokyo Metropolitan Theatre)のミーティングルーム1(Meeting Room 1)で、2016年7月2日(日)に開催されたセミナーの内容を復習しています。(独習です)

欧字の第1回は「カリグラフィからタイポグラフィへ」。和字においても、漢字においても、欧字においても、活字書体の基本は書字にあると思います。漢字の書道に相当するものとして、欧字ではカリグラフィと言われます。参考にした4冊の書物について記しておきたいと思います。

『西洋書体の歴史:古典時代からルネサンスへ』(スタン・ナイト著、高宮利行訳、慶應義塾大学出版会、2001年)



この書物はカリグラフィの歴史に関する翻訳本です。歴史の順番に基づいて写本の拡大・実寸の図版と解説で構成して紹介されています。ギリシャ・ローマの碑文、大文字(マジュスキュル)、小文字(ミニュスキュル)の出現、ゴシック体、ヒューマニスト体、イタリック体まで、細かく分類されています。


『もっと知りたいカリグラフィー―絵と写真で見る歴史と技法』(ディヴィッド・ハリス著、小田原真喜子監修、弓狩直子翻訳、雄鶏社、1997年)



この書物は、インペリアルキャピタル、ローマ時代および後期ローマ時代の書体、インシュラーおよびナショナル・スクリプト系の書体、カロリンおよび初期ゴシック系の書体、ゴシック系の書体、イタリアおよびヒューマニスト系の書体(イタリック体など)、ルネッサンス期以降の書体(カッパープレート体など)までの26種について、構成要素と基礎的ストロークを豊富な図版で解説しています。


『カリグラフィー講座テキスト1 イタリック体』、『カリグラフィー講座テキスト2 ブラックレター・ゴシック体』、『カリグラフィー講座テキスト3 カッパープレート体』、(日本カリグラフィー協会編、一寸社発行、発行年不明)



これは私が受講したカリグラフィー講座のテキストです。カリグラフィの基本3書体といわれるブラックレター・ゴシック体、イタリック体のほか、カッパープレート体を習うことになっています。


『西洋活字の歴史:グーテンベルグからウィリアム・モリスへ』(スタン・ナイト著、高宮利行監修・翻訳、安形麻里翻訳、慶應義塾大学出版会、2014年)

「カリグラフィからタイポグラフィへ」ということで、活字書体化についてはこの本によって学習することにしました。
ブラックレター・ゴシック体は「中世の活字」としてヨハン・グーテンベルク(Johann Gutenberg)らが取り上げられています。イタリック体は「イタリア・ルネサンスの活字」でルドヴィコ・デリ・アッリギ(Ludovico degli Arrighi)らが、「フランス・ルネサンスの活字」でロベール・グランジョン(Robert Granjon)らが取り上げられています。出現が新しいカッパープレート体には記載がありませんでした。

■これも参考にしました!
『文字百景034 イタリックにおける書字と印刷活字1 Arrighi Chronicle 1522–1527』(白井敬尚著、朗文堂、1996年)
『文字百景035 イタリックにおける書字と印刷活字2 Arrighi Chronicle 1925–1969』(白井敬尚著、朗文堂、1996年)


関連記事

入間でPangram



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 平賀元義の歌集を組む-つき... | トップ | 第10回 ローマン体の誕生と伝播 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

typeKIDS_Seminar」カテゴリの最新記事