typeKIDS+REJOICE! CLUB

書物と活字の懇話会

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第7回 石井書体(写研)を紐解く(1)

2016年09月25日 | typeKIDS_Seminar
第7回 石井書体(写研)を紐解く(1)
話者:今田欣一
日時:2016年9月4日(日)13:00–15:00
場所:新宿区・榎町地域センター 工芸美術室


今回は、石井書体(写研)の和字書体について、ちょっとだけ話しました。




Ⅰ 明朝体・ゴシック体・アンチック体に調和する和字書体

石井茂吉(1887−1963)は、1930年から1935年までに、本文用の明朝体(のちの石井中明朝体+オールドスタイル小がな)、太ゴシック体(のちの石井太ゴシック体+小がな)、それにアンチック体(和字書体のみ)を制作しています。和字書体においても、明朝体に調和する和字書体・ゴシック体に調和する和字書体・アンチック体に調和する和字書体が基本的な3書体と考えています。



石井中明朝体+オールドスタイル小がな(1933年)
石井中明朝体(当初は明朝体とされた)は、写真植字機の特性を最も生かした「明朝体」をめざすことと石井の個性とが結ばれて、結果的に毛筆の味わいのある優美な書体となっていると思います。和字書体「オールドスタイル小がな」にも顕著にあらわれています。

石井太ゴシック体+小がな(1932年)
太ゴシック体も写植文字盤の特性を生かすように設計されています。金属活字のゴシック体は同一の太さで均一に設計されていましたが、この漢字書体では起筆、収筆を太くして、毛筆の味わいをとりいれた優美な書体に仕上げています。和字書体は、この漢字書体と調和するように制作されています。

アンチック体(1935年)
「特殊文字盤」扱いで、今でも単なる「アンチック体」のままであり、「石井アンチック体」とはなっていません。この「アンチック体」には漢字書体がないので地味な存在ですが、使用サイズに合わせて、小見出し用、中見出し用、大見出し用の3書体が作られています。



『組みNOW』(写植ルール委員会編、株式会社写研、1976年)は使いすぎてかなりくたびれていますが、書体見本帳としても役立っています。


Ⅱ 和字書体の変遷 オールドスタイル、ニュースタイル、そして

石井明朝体と組み合わせている和字書体には3種があります。1933年に制作された「オールドスタイル」と、1951年に制作された「ニュースタイル」、さらに石井茂吉没後の1970年に橋本和夫氏によって制作された仮称「モダンスタイル」(縦組用かな・横組用かな)です。

オールドスタイル小がな(1933年)、大かな(1955年)
石井中明朝体と組み合わされている和字書体のうち最初のものは、当時の主流のひとつであった東京築地活版製造所の12ポイント活字をベースにしたようです。けっして古拙感を演出して制作したのではなく、時代性を反映した書体になっています。
 
ニュースタイル小がな(1951年)、大かな(1955年)
石井細明朝体と組み合わされている和字書体のうち最初のものは、1930年代-1940年代に制作された活字書体の時代性を取り込みながら、独自の感性に基づいた和字書体になっています。

モダンスタイル(仮称)縦組用かな(1970年)、横組用かな(1970年)
この書体が発表された当時は、和字書体の字面を大きくして漢字書体とあわせようとする方向でした。この後に開発された平成明朝体、小塚明朝なども同じようなコンセプトだろうと思われます。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 特別セミナー「欧字書体のSuc... | トップ | 第8回 石井書体(写研)を紐... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

typeKIDS_Seminar」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事