typeKIDS+REJOICE! CLUB

書物と活字の懇話会

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第5回 複製本でたどる日本の書物(書字・刻字・タイポグラフィ)

2015年08月10日 | typeKIDS_Seminar
第5回 複製本でたどる日本の書物(書字、刻字、タイポグラフィ)
話者:今田欣一
日時:2015年8月9日(日)15:15-17:15
場所:新宿区・榎町地域センター 工芸美術室

今回は夏休み特別企画!ということで、今田の持っている数少ない複製本のコレクションの中から、書字(ハンドライティング)、刻字(レタリング)、タイポグラフィによる、わが国の書物のミニ展覧会となりました。

1 書字(ハンドライティング)による書物



●『国宝源氏物語絵巻』(五島美術館所蔵) 株式会社便利堂による複製・発行。巻子本。



●『御物本倭漢朗詠集』(宮内庁三の丸尚蔵館所蔵) 株式会社便利堂による複製・発行。粘葉本。




2 刻字(レタリング)による書物




●『偐紫田舎源氏 第四編』(柳亭種彦著、1831年) 日本古典文学会の監修・編集、株式会社ほるぷ出版による複製・刊行。袋綴じ。



●『字音假字用格』(本居宣長著、1776年)  勉誠社文庫10『玉あられ・字音假字用格』(勉誠社、1976年)より。




3 タイポグラフィによる書物



●『夏木立』(山田美妙著、金港堂、1888年) 特選名著復刻全集より。株式会社ほるぷ出版の製作、日本近代文学館の刊行。並製本。



●『ふるさと』(島崎藤村著、実業の日本社、1920年) 名著復刻日本児童文学館より。株式会社ほるぷ出版の刊行。上製本。




なお、typeKIDS ではいろいろな手製本を体験しています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第4回 近代明朝体の定着(美... | トップ | 活字書体年表閲覧会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

typeKIDS_Seminar」カテゴリの最新記事