片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

粉雪舞う山麓、「神呪寺」詣での甲山大師道

2018-01-03 15:51:44 | 「リハビリ」

日本付近は強い冬型の気圧配置となっています。北海道は所々で雪が降り、東北や北陸は大雪や猛ふぶきになる所がありそうです。近畿北部や山陰は、所々で雪や雨が降るでしょう。太平洋側と九州は晴れ間が出ますが、雪雲や雨雲の流れ込む所がありそうです。最高気温は全国的にきのうより低く、真冬並みです。(tenki・jp)

渋谷109の初売り「109 ウインター セール」が2日、スタートした。先頭50人までは入店順を先着順から抽選で決めるシステムに変更。
目当てのアイテムをゲットするため約2000人が並び、地下通路を埋め尽くした。開店時間は予定の10時から1時間前倒しの9時に変更。昨年までは2時間前倒しだった。(WWD JAPAN.com) 

7:00 読売テレビ 東京箱根間往復大学駅伝復路「芦ノ湖湖畔」スタート、往路優勝東洋大学、4連覇へ挑む青山学院、悲願の優勝目指す東洋大、狙うは総合優勝早稲田 見応えのある箱根山降りのデッドヒートに目が離せない。
途中に位置するホテル「箱根小湧園」、応援団が待ち構える周辺の景色が絶景絶好地、昔 商業界主催の大型店舗ゼミナールに参加、各業界トップの講演を聴いて勉強した頃を懐かしく想い出す。

10:

10:00 この三日間、食べて・飲んで・観ているばかりの自堕落な生活続き、散歩がてらに歩行訓練に出掛ける。
県道16号線を登って甲寿橋交差点を左折、北山ダム周辺に向かう。
甲山巡る自動車道路ではあるがリュックを背負ったハイカーが単独又はグループで甲山・仁川ピクニックセンター等を目指して歩いて居られる。
北山ダムを右に見て、広田神社へ向かって降る道、門の「神呪寺」にお参りする。神呪寺(かんのうじ、神咒寺)は兵庫県西宮市甲山山麓にある仏教寺院。山号は武庫山 。真言宗御室派別格本山。
甲山大師とも呼ばれ、地元では「お大師さん」とも呼ばれて いる。
駐車場に車を停め、本殿に至る階段入り口まで近づこうとするが下り甲山大師道は大きくカーブ、登って来る車の見通しが悪く、おまけに横断歩道も見当たらない。

折から雪雲が掛かったのか陽ざしが無くなり冷え込みが厳しく、粉雪が舞い始め駐車場内の股関節歩行に留める。

「神呪寺」は甲山の中腹に伽藍を構え、それは見晴らしがよく市内は一望、天気がよければ大阪湾 をぐるりと見渡せます。昔ランニグ仲間と西山橋~鷲林寺~北山ダム~広田神社~門戸厄神とランニング参拝した時代を懐かしく振り返る。

午後14:00 コンビニ「フアミリーマート」にて文芸春秋新年特別号購入、コーヒー飲みながらイートインで寛ぐ。

注目記事、”政治家は将来の姿を語れ”元内閣総理大臣 福田康夫、
一番は人口減少、今のペースでいけば50年後の2060年代には日本の人口は8000万人になる推計が出ている。各省庁に対応する全体計画が存在しない。少なくとも30年~50年後位を見据えた総合的・戦略的な計画を早急に練らないといけません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加