と~ま君の団塊世代独り言日記 

定年後を、いつまでも少年のような気持ちで過ごしています。九十九里浜で、年金+5つのバイトで気ままな暮らしを継続中。

生涯学習はオノレの初期設定をやりなおすことが出来るのだ マジに

2014年02月24日 12時17分00秒 | 大学院博士ごっこ2012年から2015年

12:17である。

院生室にいる。昼食も食べ終わり、のんびりしている。ただし、午前中はかなり忙しかった。論文を印刷して、チェックしていた。しかも二つ。オレの駄文である。なかなかの作業である。まだ終わっていないから、これから午後もやって、家に帰って孫と遊んで、それから夜やろう。

これがオレの生涯学習の殆ど全部である。授業や講義を受けるというのもむろんあるが、殆どが自学自習でオノレでやっているだけである。だから楽しいのだ。しかも、どうしても教えていただきたかった師匠の側近くにいることができるのだ。こんな幸せはないのだ。

生涯学習というのは、これまで国語、文学、宗教、教育について、それで喰ってきたはずなのに、どうしても満足できないオノレが潜在的にいて、オレはそれこそ自己嫌悪に陥っていたのだ。こんな程度で良かったのかい?論文書けなくて、このまま死んでもいいのかい?って悩みだ。むろん、昇任試験の論文は書けた。書けたから昇任できた。しかし、今、書いている論文の方は質量ともにまったく異次元の世界である。

オレの云っていることはそんなことではない。本当にやりたかったことは、文学だったからだ。だから定年になってもオレはあきらめなかった。絶望はオレにはふさわしくないからである。

オレは、だから生涯学習を五十過ぎてから始めて、オノレの人格の初期設定をやってきたのだ。初めは放送大学大学院で教育学をやった。それから武蔵野大学大学院で人間学をやった。五十過ぎてからである。

仕事は当然厳しいものがあったから、絶対に誰にも云わずに努力していた。

そして、定年退職のその年に、3月19日に修士をとらしていただいたのである。その前には、在籍大学を受験して合格していたから、4月から花の大学院生として通学し始めたのである。

生涯学習というのは、こういうことである。

つまり自分を初期設定するということである。

だから、誰になんと云われようと関係ないのである。

 

あーたもやりましょうよん。

わはははっははは。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« いないいないばぁ~ | トップ | 郷土史の世界には「定年がない」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とーま先生 (フラ夫)
2014-02-25 23:46:40
はい、生涯学習、わーしもやってますよん(笑)

ということで、武蔵野大学にて、再度、学習の場を得ることができました。また2年間、学びの場を確保することができ、安堵しております。
祝合格 (と~ま君)
2014-02-26 05:14:53
おめでとうございます。
何度でも、何回でも、こういう話は楽しいものです。こっちまでうれしくなってきます。大兄のブログで、武蔵野での履修計画を拝見して、あああの先生かなぁとか、おもしろいだろうなぁとか実に想像していました。
民俗芸能と宗教というのが、私のテーマですので、まんざら無関係でもありません。考えてみようと思っております。
またいろいろアドヴァイスをくださいませ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大学院博士ごっこ2012年から2015年」カテゴリの最新記事