と~ま君の独り言日記 

定年後を、いつまでも少年のような気持ちで過ごしています。九十九里浜で、年金+5つのバイトで気ままな暮らしを継続中。

中根東里 偉人の格言・名言・いい言葉 23 Wise remark proverb Nakane Touri

2018年10月11日 22時38分19秒 | 独り言2018

中根東里 偉人の格言・名言・いい言葉 23 Wise remark proverb Nakane Touri

コメント

CONTROL、コントロール、こんとろーる・・・難しいです

2018年10月11日 15時21分40秒 | こころの世界

相手をコントロールするより、自分をコントロールすることだ。しかし、こんな難しいことはない。

 

 

「相手を自分の思うとおりにコントロールしよう」とするから、トラブルが起きる。経験上そうだ。

そもそも相手というのは、コントロールできないのだ。それをである。こっちの思うとおりにしようとするから、抵抗される。当たり前である。相手だって人間である。

そこのところを勘違いしていると、ケンカになる。

夫婦間でもそうだ。お互いなんでも言いたいことは言い放題、相手の言っていることなんか一切聞かない。罵りあってばかりいたら、そりゃケンカになる。

職場でもそうだ。お互い言いたいことを言い合っていたら、人間関係の円滑さなんて現実離れしてしまう。ま、それでも利潤追求だけが目的の組織ならば、それでも良いのだろうが。それじゃぁあまりにもサミシイ。

自営業はどうだろうか。ボキは経験がないので、書けない。書けないが、お客さんをコントロールしようとしたら、その業種は繁盛しないのではないのか。

コントロールしようとしたら、相手は気がつく。あたりまえである。他人にコントロールされるということは、気分が悪いからである。嫌悪感というやつである。さらに、ボキのようなジジイにコントロールされたら、おもしろくないであろう。

要するに上手にやればいいのである。円滑に、人間関係を維持するのならばである。上手にやれる人が大人の人間のやり方である。いつもいつも本音ばかり言って、怒鳴っていたら、そりゃガキのすることだ。

小さい子どもならばわかる。子どもは、相手をコントロールしたがる。親をもコントロールしたがる。それだけ、自分の欲求が強いからである。おなかがすいてしまったら、親に要求する。親をコントロールしたいからである。当たり前である。それができなかったら、空腹で死んじまう。

本能でやっているのだ。

攻撃性の発露なのかもしれない。だから、我々大人も相手をコントロールしたがる。

そこをじっと我慢していくことだ。

相手をコントロールしたいと思うより、「自分をコントロール」しているかどうかを問題にすべきである。自分ほど、難しいものはないからである。自分を知ることなんか、できやしない。自分がなにを考えているのかすら、ボキはよくわからない。

行動はわかる。これから千葉市の某高校に行ってくるが、アルバイトで行っているだけである。目的はそれだけである。往復の電車の中で中国語講座を聴きながらである。それもなんのためにやっているのかとなると、さしたる価値はない。せいぜい中国に行ったときに、なんかになるのかもしれないと思っているだけである。大上段に振りかぶった理想論なんかない。今更である。

そもそも、ボキはなにをしたいのだろうと思うだけである。つまり、自分をコントロールできていないのだ。

こんなことを考え始めたら、堂々巡りである。考えないことである。

だから「淡々として生きる」ことである。自分をコントロールするもへったくれもない。目的なんか関係ない。目標もない。

「淡々として生き」て、「他人に喜ばれて」生きることが楽しいのである。

それで良し。

それっきりの人生だ。

 

わははっはははっはははっはははっはははっはは。

 

(。・_・)ノ

コメント

10月10日(水)のつぶやき

2018年10月11日 06時20分29秒 | 独り言2018
コメント

光こそ、すべての源という気がするのだが

柔道をやると~ま君

サンスクリット般若心経

高齢\(^_^)/