日々の記録

にちにちのきろく

カドフェスに「ペンギン・ハイウェイ」が!

2018-06-30 | 小説を読む

半年ほど前の「ペンギンフェア」で読んだ。こちらから
映画化だそうで。たしかに、夏休み中の中学生・高校生が見るにはぴったりの内容。

ブックカバーほしい。再読再読
コメント

アンジュールの「紫芋あんぱん」大小

2018-06-30 | ぱんの店
小ぶりのは1こ70円

明日の遠征に備えて焼いたもらった。
遠征?ちょっと県外へ。

2018カドフェスブックカバーもらった

ちょっと一息
コメント

津ぅの「うなぎ おがわ」

2018-06-29 | ランチ・カフェなど
2切れので。。
「ばんめし屋」の面々はステーキで気合い。

お肉はちょっと・・・。でも、うなぎも4年に1回程度でよいのですが・・


 
うなぎ、なんてお高くなったのでせう・・・。と、遠い目になる。

おしかったよ。ごちそうさま。駐車場は車でいっぱい。
席数80超の店。そんなに大きかったんだ。
コメント

最後の晩ご飯 かけだし俳優とピザトースト

2018-06-29 | 小説を読む
ふしの みちる

Amazonまま
兵庫県芦屋市。夜だけ営業の定食屋「ばんめし屋」の一同は、夏バテ払拭のため、初めての極上ビフテキに舌つづみ。

そんな中、店員で元俳優の海里は、小説家の淡海から不意に問いかけられる。
「もう一度、役者の道に戻りたくはないかい?」複雑な想いで否定した海里だが、
後輩の役者、李英に頼まれて、芝居の読み合わせに付き合うことに。

しかし練習場所に、名も無き役者の幽霊が現れて…。

コスパ最高!癒し系お料理青春小説第10弾!


10作・・・。今回はわりと大きな転機が。心情面での転機。
コメント

高殿円♫トッカン 徴税ロワイヤル

2018-06-26 | 小説を読む
シリーズ4作目は短編

短編4つと言うより、中編2作とごく短いエピソードが2つ。

「戒名探偵」書籍化、まだかな まだかな。。
あれっ!トッカン出てるよ。知らなんだ・・・不覚。

おもしろい。高殿節絶好調。
対馬に出張った章のエピソードがおもしろすぎる。

金言・格言、わたくしも使いこなしたい・取り入れたいパワーワード満載。

鏡トッカンにカルガモの子どものように、影のようにくっついてまわるぐー子。
強くなりました。和光の研修でも大活躍!?
コメント

川瀬七緒♫紅のアンデッド

2018-06-25 | 小説を読む
川瀬氏のブログより
「小指が3本・・」undead:死んでいない者

帯からして、ゾンビ小説ふう。ちょっと怖い感じ。
確かに怖い。いろいろな面で。
ショートニング、やっぱり・・・。蚕食屋のハエや蛆が避ける食材って・・。捨てよう。

犯行現場に残された3人の小指の、ごくわずかな・・ウジが食べた・・組織の違いにひっかかりを持ち、徹底的に調べる。
シリーズ第6弾 たぶん は、遺体あるところに“虫がわく”のシリーズの原点に立ち返らせてくれる内容。
そして、虫控えめ、人物描写や内面・心情などの部分が多い。赤堀の過去も・・。

新たに設けられた「捜査分析支援センター」の所属となった赤堀。
プロファイラー:広澤と技術開発屋:波多野の3人が所属する部署。
ちょっとやそっとで沈まない「泥船」曰く“ハンパじゃない・・おしい・・舟”「じゃ」が余分だったねぇ。ハンパナイない
広澤と赤堀の会話が人間味?にあふれていていい。

昆虫相、出たっ!新たなメンバー「やけど虫」すごな。
自分たちのえさがなくなると解散してしまうメンバーの最後に残って、まだまだ食べ尽くす。
蚕のふん・・いいじゃないの。人工的に作られた、摂取量によっては毒物となる化学物質よりも。

コメント

天然酵母パン ほんわりぱん工房

2018-06-25 | ぱんの店
5月に続いて今月も「手づくり夢の市・・」ちがうかも・・に登場。
松阪の「ほんわりぱん工房」

土曜日のこと。雨のため、5月と同じ時間帯に行ってもまだパンがたくさんあった。


食パンも

購入パン

自家製酵母は

今月はホシノの天然酵母が半分ほどと、「バナナ」!「梅」季節ですね、「紅茶」ほーー。
コメント

津村記久子♫ディス・イズ・ザ・ディ

2018-06-23 | 小説を読む
全11話の、第9話を読書中。味わいながらじっくり読む。
HatenaBlog「自己紹介」で見つけた記事。
無断掲載ごめんなさい。
わかりやすい。
そっかーー。連載は「えりちゃん」から始まったんだ。
そして、
おぉぉ!詳しさアップ。
その続き

こういう仕組みというか、構図というか対戦になっていたんだ。
わかりやすいまとめ、ありがたい。

連載中は、最終節をむかえるにあたり、
どのチームがどんな立ち位置だったのかがイマイチわからなかったけど、
「自己紹介」様のブログを参考にすると、さらに深く読める。
ありがとうございます。感謝感謝
コメント

カフェダイニング ルート

2018-06-23 | ランチ・カフェなど
忘年会以来
本日のお薦めではないけど。「豚肉と小松菜の・・・」トマトソース

ルートと言えばこれっ!「自家製ジンジャエール」
そして、「ケークサレ」。サラダほか付きで、900円!
生パスタ・もちもち。おいしい。
冷製パスタも始まっているよ
コメント

行成 薫♫廃園日和

2018-06-21 | 小説を読む
表紙がちょっとおどろおどろしいが
中身はあたたかい。


廃園が決まった遊園地『星ヶ丘ハイランド』の最後の一日を描く連作短編集。

ジェットコースターには絶対に乗りません!派。
でも、こぶりな遊園地は好き。
地元には『星ヶ丘ハイランド』とコンセプトが似た“鈴鹿サーキット”がある。
老舗だよ。子どものころにはもうあった。

ジェットコースター好きは“ナガシマ”の方へ行く。棲み分けがうまくいっている。
花火は共通点だな。

小野寺作品の「うまさ」が何か気づいた。
本筋とは直接関係のない「日常会話」的な場面。
人となりや登場人物どうしの関係性が見えてくる会話のやり取りが楽しいから、さくさくするする読める。


コメント