マイ・Joon・メモリーズ

☆いつも心にはヨンジュンさん☆

☆ペ・ヨンジュンさんの出版記念記者会見が開かれた日☆

2014-09-22 13:32:48 | ヨン様


こんにちわ

今日もこちらは秋晴れの良いお天気です

飛び石連休で、明日は秋分の日になりますが
週明けの月曜日

皆様 お変わりありませんか?

5年前の今日9月22日は、韓国ソウルにて
ペ・ヨンジュンさんの著書「韓国の美をたどる旅」の出版記念記者会見が行われた日でしたね
昨日 コメント欄でお知らせ頂きまして
本日は、過去ブログの記事から当時のヨンジュンさんのお写真と記事をお持ちしてみました
あの時は、直前の17日に緊急入院をされて 病み上がりのお身体で記者会見に臨まれたヨンジュンさんでしたね
とても心配しながら見守った記憶が蘇り、インタビューでのお話もとても懐かしく思い出されましたが
あらためて 当時を振り返ってみますと
体調が万全ではないにも関わらず同席された先生方を気遣われていらしたヨンジュンさん
やはりこの時も誠実で真摯な愛すべき人柄のヨンジュンさんのお姿がありましたね

「韓国の美をたどる旅」出版記念会見記事とヨンジュンさんのコメントより

ペ・ヨンジュンが22日午後2時、ソウル竜山区国立中央博物館大講堂で開催された「韓国の美をたどる旅」出刊記念会に
参加し、公式記者会見を開いた。
17日、急な敗血症の初期症状で入院治療を受けたペ・ヨンジュンは、
だいぶ痩せた様子だった。
1年前に比べて体重が15キロ近く減ったという。
「韓国の美をたどる旅」の著者として記者会見に臨んだ彼は
「締め切りを守るのがいちばん大変だった」と作家らしいコメントを述べた。

次は一問一答。

--急な入院でファンが心配している。健康状態はどうか。
「ご心配をおかけして申し訳ない。
今日の出版記念会のために遠くから来てくださった先生方のおかげで力を得た。
ずいぶん回復した」

--この本を書くことになったきっかけは?
「いつか日本での記者会見で韓国の名所を紹介してくれという取材陣の質問を受けた。
すぐに返事ができず恥ずかしかった。
韓国の名所に対して勉強しなくてはいけないと思った。
また自分を見るために撮影場だけ訪れて帰ってしまう海外ファンを見て残念に思った。
その方々のために韓国のおいしい店と名所を紹介する本を書くことを企画した。
そうするうちに名所やおいしい店より韓国の情緒を知らせることの方が先だという気がして、コンセプトを変えた。
大変な作業だった。多くの著名な先生方の助けで無事に終わり、
幸せだと思っている」

--すべて直接筆を執ったのか。
「もちろんすべて直接書いた」

--執筆分野の選定基準は何か。
「普段から知りたくて、好きだったことを主として13を選んだ。
推薦されたものもある。
多様な分野だったが、作業過程は自然に流れに乗るように進行された。
完璧ではないという気がするのがちょっと悔しい。
悔しいので次はもっとうまく書けると慰めている」

--執筆過程で最も大変だった点は何か?
「この席に参加した方々も共感すると思うが、
時間を守ることがいちばん大変だった。
締め切りが切迫してから筆が進み始めて苦労した。
出版の全体的な日程もずれこんだ。
後半の作業時間が絶対的に不足だった。
立派に仕上げてくれたスタッフに感謝している。」

--2作目はいつごろどんな内容で筆を執る計画か?
本より次の作品について悩まなければならない時期ではないかと思う。
俳優として空白が長く、申し訳なく思う。
ところで本の作業には妙な魅力があった。次に本をまた作ることになったら。
韓国の名所とおいしい店を紹介する本にしようかと思う。
文は少し、写真がたくさん入った面白い本を書きたい」

--この本の執筆のために旅行した所のうち、もっとも感銘深かった場所は?
「良い所があまりにも多く、1カ所を挙げるのはとても難しい。
敢えて1カ所を挙げるとしたら慶州の皇龍寺址が記憶に残っている。
何もなく、何も見えない所だが、重みを感じ、いろいろ考えさせられる所だ。
旅行を終えて家に帰った後、
自分が見られずに来てしまった所があると心に引っかかった場所だ」

--本のために学んだ分野の中で今後も続けて携わりたい分野は?
「難しい質問だが簡潔に答えよう。耕作することだ。農夫になりたい。地を踏みたい、土を触りたい。
何かを植えて実を結ばせ、元気な食べ物を誰かに与えることは幸せなことだと思う。
いつになるかわからないが、
職業欄に1つ付け加えられるとしたら農夫を入れてみたい」

--これから俳優ペ・ヨンジュンはいつどんな姿で?もし歌手になるつもりは?
歌手になることは絶対にない。歌が下手。いつか農夫になったときに歌おう。
俳優ペ・ヨンジュンという名がなければ作家ペ・ヨンジュンという名もなかった。
良い作品を選んでファンの期待に応じたい

--出版にあたって最も惜しまれる点は?
「残念な点は熱心に勉強したけれど、いつまでたっても未熟だということだ。
原稿の締め切りも守れず、後半作業もきちんとできなかった点も悔しい。
本に誤字もある。257ページの下から2行目は、西塔ではなく東塔だ。
悔しい点もあり恥ずかしい点もあるが、韓国文化に関心がある方々が、
私の旅を本で共にしていただき、韓国伝統文化の良さを感じてもらえたら満足だ」

5年前の日刊スポーツ記事より
【ソウル22日=久保勇人】韓国俳優ぺ・ヨンジュン(37)が当地の国立博物館で、
著書「韓国の美をたどる旅」の出版会見を行った。

背中まであった長髪を、約3年半ぶりに襟にかかるぐらいまで切り、
黒いスーツで登場。

敗血症による高熱で入院し、21日に退院したばかりだが、元気な姿を見せた。

時折笑みを浮かべながら、約1年にわたった取材、
執筆を振り返り「将来は農業を学んでみたい」との夢も語った。

本の取材、執筆のために10キロ以上もやせたヨン様は、ややほっそりして見えた。
敗血症による高熱で入院していたこともあるが、
髪をばっさり切ったことで、その印象が一層強調された。
韓国、日本、台湾など400人以上の報道陣からフラッシュを浴びると
「ご心配をおかけして、大変申し訳ありませんでした。すぐ元に戻ると思います」
と回復をアピールした。

髪を切ったのは、大きな仕事に区切りがつき、
次のステップに向けた決意の表れだ。

ドラマ「太王四神記」のために06年から髪を伸ばし、撮了後もそのままだった。
慣れたことや本に没頭していたことなどが理由だった。
だが、本が完成した直後の9月11日に切り、気持ちに区切りをつけたもようだ。

フォトエッセー「韓国の美をたどる旅」は、もっと深く広く韓国を知ってほしいと企画。
約1年にわたり約40カ所を自分で体験取材、撮影し、
13分野にわたる伝統文化の世界について執筆した労作だ。

取材で指導を受けた文化人のうち11人と一緒に臨んだ会見では、
初めての執筆について
「本をつくるのはとてもおもしろかったですが、締め切りを守るのが大変で、
最後はやり残したこともあります」と振り返った。

今月末に来日し、同書とアニメ「冬のソナタ」をテーマにしたイベントを開催する。

次のステップについては
「今度は俳優としての仕事を考えます。
長い空白を空けましたから」
と俳優業に戻ることを約束した。

その上で「今回の数々の経験も続けたいですが、いつか農業を学び、
農業に従事したいんです。職業欄に1つ書くなら『農民』と書いてみたいです。
土と触れ合い、実りを得て、おいしい食べ物をつくる仕事だからです」
と将来の夢についても語った。

[2009年9月23日9時17分 紙面から]


この時の一問一答をあらためて読んでみますと
先日の中国番組のインタビューで答えていらした部分と重なる内容もありましたが
歌については、「歌手になることはゼッタイにない」と仰っていらっしゃったけれど、
一曲だけ「最初から今まで」を歌って下さいましたよね
この時、歌は苦手だからゼッタイに歌うことはないと思っていらしたヨンジュンさんが
「農夫になったら歌おう」と仰っていらしたのには ちょっとウケましたが(笑)
実際は農夫にはなっていらっしゃいませんしね
そして、この時も作品については、俳優として長い空白があって「申し訳なく思う」と仰っていらしたんですね
昨年の来日イベントで仰った言葉を思い出しましたが
ヨンジュンさんは 今でもご自身の主演次回作についてはしっかりとしたお考えをお持ちではないかと思いながら。。
なかなか上手い具合に決まらない現状の中で 今は答えるのはきっと辛いんじゃないかなぁ・・・
なんて、ふと思ったりしましたが
この5年前の記者会見の数日前にアニメ「冬のソナタ」のメイキングDVDが家に届いて
その中のインタビューでも「俳優であれば 次はもっと上をと思い 常にプレッシャーを感じている・・・」
ヨンジュンさんは仰っていらしたんですよね
(さっき、↑記事を過去ブログからお持ちした時に前日の記事に書かれていたのを見まして・・)
きっと長年、作品に関しても、ご本人にしかわからない苦悩もお持ちでいらっしゃるのかなぁ・・・
とにかく 今まで通りヨンジュンさんの生き方、進む道を応援しながら信じてお待ちするのみですね
と、またあらためて再び思ったのでした(何度もしつこいようですが






ここからは、ちょうど5年前の今日の素敵なヨンジュンさんのお写真をご覧ください

「韓国の美をたどる旅」出版記者会見愛しのペ・ヨンジュンさんフォトより










































































では、皆様

週明けもお元気に

今日も良い日でありますように














『ペ・ヨンジュン』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 爽やかブルーのヨンジュンさん☆ | トップ | 大きなフォトで!今日も素敵... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tomo)
2014-09-22 15:06:34
まだ体調が回復しない時期の出版記者会見ヨンジュンさんは大丈夫?と心配でした
でも出席された皆様方の笑顔が嬉しかったです。
東京ドームのイベントの時も・・・
無事に終わりホットした事を思い出します
優しいほほえみ、やっぱり素敵です
こんばんは(*^_^*) (ちゅんちゅん)
2014-09-22 18:54:38
さやかさん、出版会見の素敵な写真を沢山ありがとうございます。トップの穏やかな微笑みがとてもいいですね~
昨日はさやかさんからのお返事の言葉がとってもとっても嬉しかったです。ありがとうございましたm(_ _)m
先ほど出版会見当時の韓国のニュース映像を見てみました。ご自分も体調がすぐれなかったでしょうに、杖をついて出てこられた陶芸の先生にさっと歩みよって導く姿がヨンジュンさんらしかったです。
こちらにUPして下さったお写真の中でも、先生方にお辞儀をされている姿に真心を感じました。
あと、写真から先生方のヨンジュンさんへの気持ちも感じられますね。
この時から随分たちましたが、きっと ずうっと家族たちが俳優復帰を願っている気持ちをひしひしと感じておられるのでしょうね。
ヨンジュンさんは何も語らないけれど、長い間プレッシャーを感じてると思います。
静かに待とうと思う気持ちと、早く逢いたい気持ちが私の中で交錯しています。
ひとつだけ確かなことは、待ちたいひとは彼しかいないということ…。

この会見の頃でしたか、ハナヨの梅の先生がヨンジュンさんに 永遠に枯れない花になってください、と仰いましたね。素敵な言葉で、強く印象に残っています。
Unknown (ローズ)
2014-09-22 20:07:21
さやかさん こんばんは(^_^)
本日も、たくさんアップしていただきましてありがとうございますm(_ _)m
東京ドームで行われたイベントのDVDを観るたびに、体調が万全ではないことを
感じていました(;_;)

こんなに長い期間、ヨンジュンさんのファンでいられるのは、俳優として
人として、ホントに魅力のある男性だからですよね(^_^)
心静かに、これからも俳優ぺ・ヨンジュンを待ちたいと思います(^∇^)
観てます (ハルモニ)
2014-09-23 11:34:21
お久しぶりです 先日 愛の群像を観ましたよ一週間レンタルで 何回見たかなU+2049 今は まだ 木蓮の涙を聴きながら涙 涙です
寝ないで仕事とDVD 家事サボリ過ぎて
…ちょっと真面目にしなきゃと思ってますが…さやかさんのブログ ずっとずっと観はまって 結局は変わらず へ へ へ
毎日楽しみにしてます 今年は早く涼しくなりました 体調に気を付けて下さいねさやかさんは 神奈川にお住まいですか?私は九州ですが 妹は川崎に住んでるんですよ
胸が痛む会見 (志村厚子)
2014-09-23 14:01:29
さやかさん、こんにちは♪
こちらは、少し暑いくらいの秋晴れです。午前中は母と息子、主人と彼岸のお勤めであるお墓参りに行ってきました。

本日も韓国の美をたどる旅・出版記念記者会見、沢山のフォトアップありがとうございます。5年前の9月22日ソウルでの体調万全でない中での会見でした。お疲れがお顔に表れていらして、胸が痛みました。
会見を開く事にドクターストップがかかっていたそうですね(/_・、)

それでも、笑顔を絶やさなかったヨンジュンさん。日本のメディアの質問がきっかけとなり1年かけて韓国の13ヶ所の名所、文化を精魂込めて、取材執筆して下さいました。何事にも極める人ですから、納得いくまて何度も挑戦なさったのでしょう。

わかった事がありました。
仰るように俳優に対する復帰の思いは今でも揺るぎないものであること、その時期を静かに準備中であることが、伝わってくるような気が致しました。

そして私はヨンジュンさんから、学んでいますよ。
『信頼して、待つ』ということです。
少し、心の痛みを伴いますが…(^^;)

さやかさん、安らぐ更新をありがとうございました♪
爽やかな良い陽気ですが、台風16号の進路が心配です。何もなく通り過ぎてくれますように。
朝晩の冷え込みが辛くなる時期になりました。お風邪などを召しませんように、お身体ご自愛、ご配慮くださいませ。

失礼致しました。 m(__)m
tomoさんへ (さやか)
2014-09-23 15:03:26
こんにちわ~

tomoさん
こちらにもコメントありがとうございます

仰るように 確か、入院されたのが17日だったそうですが
私達が知ったのはこの会見の前々日くらいだったのでしたよね
本当にまだ体調が回復されていらっしゃらない中大丈夫かと
凄く心配しましたよね
でも、無事に記念会と記者会見を終えられて
ヨンジュンさんと先生方皆様の素敵な笑顔が嬉しかったですね

東京ドームのイベントの時も初日登場された時は
やはり体調が万全でいらっしゃらないのが見てとれて
あの2日間も心配しましたが 無事に大成功で終えられて
本当にほっとしましたし
夢のような2日間で
ヨンジュンさんに感謝したイベントでもありましたね
本当に優しい微笑み
やっぱり素敵なヨンジュンさんでしたね

ちゅんちゅんさんへ (さやか)
2014-09-23 15:59:04
こんにちわ~

ちゅんちゅんさん
こちらこそ いつも心温まるコメントをありがとうございます

トップの穏やかな微笑のヨンジュンさん
とっても素敵ですよね~
そして、わぁ、先日の拙いお返事にそんな風に仰って下さって
こちらこそとても嬉しいです
ありがとうございます
万年文章ベタなもので
ブログの文章もごちゃごちゃになってしまって
いつも何が言いたいかわからない文章になってしまうのですが
先日も今回もちゅんちゅんさんが私の言いたかったことを
ほんとにそうなの!そう言いたかったの!
という言葉を書いて下さって とっても嬉しいですし
感謝しています
ちゅんちゅんさん、昨日、出版会見当時の韓国のニュース映像を
ご覧になられたのですね
仰るように ご自分の体調がすぐれなかったでしょうに
杖をつかれた陶芸の先生への素早いご配慮も
本当にヨンジュンさんらしいですよね
そして、ほんとに先生方にお辞儀されるお姿も真心が
篭っていらっしゃるのがわかりますね
また仰るように 写真からも先生方のヨンジュンさんへのお気持ちも伝わってきますよね
先ほど 私も当時の先生方のお話を少し読み返してみましたが
どの先生もヨンジュンさんの人柄と人間性を凄く褒めていらして
ヨンジュンさんがこの1年の間に各分野の名人と呼ばれる
先生方との強い信頼関係と絆をしっかりと築かれていらしたことも
あらためて感じましたね

そして、仰るようにこの時から5年もの長い月日が経ちましたが
その間ず~っとヨンジュンさんは 家族達が待ち望んでいる
俳優復帰のことをきっとヒシヒシと感じていらっしゃるのでしょうね
ほんとに何も語らないけれど 長い間強いプレッシャーを
感じていらっしゃるのでしょうね
それが一番辛いことでもあるでしょうね
言葉を発しないというよりも 今は発せられない辛さってありますよね・・
私も静かに待とうという気持ちももちろんありますが
一方で、早く逢いたい気持ちもあって
ほんとに交錯して・・・その繰り返しだったりもするかもしれませんが
でも、そうなんですよね
待ちたい人はヨンジュンさんしかしないこと
そうなんです!確実に揺るぎない気持ちなんですよね
だから待ち続けたいんです
ちゅんちゅんさんなんか、凄くスッキリしました

そして、梅農園のホン・サンリ先生のお言葉も
思い出させて下さってありがとうございます
「永遠に枯れない花になってください」
本当に素敵な言葉ですよね
その理由として、「ペ・ヨンジュン氏のように心がきれいで
礼儀正しい人は今までにみたことがありませんでした」
この言葉にもあらためて感動しました
ちゅんちゅんさん、色々貴重なお話を思い出させて下さって
本当に感謝です

ローズさんへ (さやか)
2014-09-23 16:18:21
こんにちわ~

ローズさん
こちらこそ 拙いブログに暖かなコメントをありがとうございます

仰るように 東京ドームのイベントのDVDや画像を拝見しても
体調が万全でいらっしゃらなかったことがわかりますよね

ですので 拝見するのも切なくなっちゃったりしていましたが
いつの時も本当に全力で頑張っていらしたヨンジュンさんでしたね

そして、仰るように こんなに長い間ヨンジュンさんのファンでいられるのは
俳優さんとしても 人としても本当に魅力のある男性
だからなんですよね
はい!私も心静かに俳優ペ・ヨンジュンさんをお待ちしたいと思います
心強いコメントに感謝です
ところで、先日ご紹介くださいましたローズさんのMV
拝見させて頂きましたよぉ
あらためて ドンヒョクの頃のヨンジュンさんとジニョンさんの
ソン・ユナさんのカップルもお似合いでしたね
愛溢れるローズさんの素敵なMV作品を堪能させて頂きました

ハルモニさんへ (さやか)
2014-09-23 16:30:19
こんにちわ~

ハルモニさん
お久しぶりですね
またお越し下さって嬉しいです

わぉ!「愛の群像」をご覧になられたのですね
一週間レンタルで何度もジェホに逢われたのですね
私の中では ヨンジュンさん作品の中でも今まで観たドラマの中で
一番泣ける作品でしたが
バスタオルがいるくらいに泣けませんでしたか?
「木蓮の涙」をお聴きになりながら・・
ほんとに涙涙の素晴らしい作品ですよね
個人的には「初恋」もお勧めです
しかし、寝不足とお仕事で体調を崩されないようにご自愛くださいね

そして、拙いブログもご覧くださいまして
暖かなコメントをありがとうございます
ハルモニさんは九州にお住まいで妹さんは川崎にいらっしゃるのですね
うちは横浜なのですが 川崎もわりと近いので時々行きますよ~
急に涼しくなりましたので
ハルモニさんもお風邪などひかれませんように
体調にお気をつけてくださいね

志村厚子さんへ (さやか)
2014-09-23 16:48:03
こんにちわ~

志村厚子さん
今日は秋晴れのお天気で
志村厚子さん、お母様と息子さんとご主人様とお墓参りに行かれて
ご先祖様とても喜ばれたでしょうね

こちらこそ いつも拙いブログにお付き合い下さいまして
暖かなコメントをありがとうございます
ほんとにこの時は きっとこの記念会見のために
前日に無理をされて退院されて出席されたのでしょうね
でも 無事に素晴らしい記念会を終えられて
ヨンジュンさんもほっとされたことでしょうね
この2009年の頃のご様子をお写真等で拝見しますと
体調が万全でいらっしゃらなかったことがわかって
切なくなりますが
現在は とってもお元気に健康になられて何よりでしたよね

そして、志村厚子さんが仰ってくださったように
ヨンジュンさんは、俳優さんとしての復帰のことも
きっとずっと考えていらっしゃることなのだと思いますよね
>『信頼して、待つ』
本当に一番大切なことだと私も感じています
仰るように ヨンジュンさんからは色々なことを学ばせて頂きましたね
時に切ない気持ちにもなりますが
これからもご一緒にお待ちできたら嬉しいです

志村厚子さん、こちらこそ 心温まるコメントをいつも本当にありがとうございます
台風の影響がないように祈るばかりですが
志村厚子さんもお身体お気をつけてご自愛くださいね

コメントを投稿

ヨン様」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事