霞ヶ浦のほとりで

徒然なるままに

甦る化石生物(アノマロカリス) ーカンブリア紀ー

2017-07-16 11:30:53 | 趣味(木彫り)
大きいものは1mを超す物もいたというから向かうところ敵無しの王者で、三葉虫にとっては見つかったらもう逃げきれず、それはそれは怖い存在だったことでしょう。
しかし見れば見るほどへんてこりんなモンスターです。でも、もしかしたら私達の遠い遠いご先祖様かも知れません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甦る化石生物(三葉虫) ー... | トップ | ナナフシモドキ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
れれれ (わさび田のパパゲーノ)
2017-07-17 09:59:44
へんなもの、彫っちまったな!

 見れば見るほど、気持ちわるー!

気持ち悪いものを、気持ち悪く
 彫れるんだから
  ぬしは、やっぱあ・・・天才だあ!
土星の環 (わさび田のパパゲーノ)
2017-07-17 20:45:46
が見えるぞ ↓
https://blogs.yahoo.co.jp/anomarokarisu53/15747203.html
自分のニックネームに付けたのですか! (たー村のたーさん)
2017-07-19 22:50:22
このブログの方は、よほどアノマロカリスが気に入られたみたいですね。
あはは・・・ (わさび田のパパゲーノ)
2017-07-20 09:37:23
伊那で、ブログを書いていた時は、
 伊那の勘太郎って、名のっていたさ!

AB型なので、思考経路、おいらには、
 わからん

しかし、愛すべき、友さ!

コメントを投稿

趣味(木彫り)」カテゴリの最新記事