ものずき烏の無味乾燥?文
ブログ発想 LP/LD/CD コレクション作業 進行中。ジャズばっかしじゃないかと言われたら身も蓋もない。
 



暦 (編)               ダイヤモンド社 1974/12/12
日本史小百科:暦      (近藤出版社)   1990/02/25
                      東京堂出版
天動説から地動説へ  国土社         1985/08/15 4刷
年・月・日の天文学  中央公論社     1973/05/01
日本人の天文観    NHKブックス 167   1972/10/20	
太陽・月・星と日本人  雄山閣出版     1979/03/20 2刷
東京天文台台長を勤めた、広瀬秀雄である。戦時中から暦学に興味を持ち、近藤出版の「暦」でその集大成を行った。この分野での広瀬の先学には、「日本天文史料」を編纂した神田茂がいる。古文書に関する知識も相当なもので、史料編纂所の桃裕行とも交流があったようである。内田正男「日本暦日原典」の成立には相当の支援を発揮したと想像される。
実に幅が広い。コペルニクスという西洋天文学者から物理、数学、さらに古事記、はては民俗学までと、広瀬秀雄の興味は尽きない。たしか「関孝和全集」にも関わっていたし岩波の日本思想大系(近代科学、洋学)にも関わっていた。

わたしが暦法計算にのめり込んだ期間と、広瀬秀雄の生存していた期間とが、重複していないので、コレクション数は少ないが、手持ちの著作を眺めただけでも、奥の深さと広がりが感じられる。

2005/03/22 ものずき烏

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 内田正男(暦... マックス・ロ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。