チョビ☆ママ ブログ

ネコ☆チョビとママの日常茶飯事を書いています
そして時々、宝塚…と、初孫りんちゃんの事も♪

仙台・観劇旅行

2018-04-11 17:16:46 | 宝塚・観劇
富士山を望みながら・・・東京へ


雪組の全国ツアー公演に合わせて4月7日~8日に仙台旅行敢行!

又従妹と「仙台行った事無いねー、行ってみたいねー、行く!?」

て事になってどんどん計画は進み・・・

新潟公演もある全ツー、新潟のブロ友・デルフィーさんが「新潟公演来られます?」

と、LINEがあったので仙台行きを伝えると

デルフィーさんも行った事がないので「友達誘って行きたい!」

と、これまたどんどん話が進み、仙台で観劇&観光となったのでしたー





東京駅で東海道新幹線から東北新幹線に乗り換え

初!東北新幹線!!




なんと!併結(へいけつ)してるんですねー

連結ではなくて併結?
では併結とは・・・
「終着地は異なるが途中区間を同一にする列車・車両、種別の異なる車両などを連結すること」

納得!



左がやまびこ 129号 右がつばさ 129号

福島で分割し、「やまびこ」は仙台に向かい「つばさ」は山形新幹線になります




たぶん奥羽山脈だねー




仙台駅・西口方面(中央改札口)は建物の2Fです

駅からホテルに行く前に・・・




牛タン通りの「伊達の牛タン」へ

牛タン通りとは・・・仙台駅2F(建物的には3F)にあり
他に「すし通り」「ずんだ小径」があって
仙台の味覚を駅で堪能できると言う訳です♪

すし通りも行きたかったぁ~!




極厚芯たん定食 塩味

牛たんの中でも柔らかい部分「芯たん」を厚切りにした人気メニュー
美味しゅうございました~♪

テールスープはあっさりでちょっと物足りなかったかな・・・



お腹を満たしホテルへ荷物を置いて・・・
(デルフィーさん達とは会場で待ち合わせ)

いざ!宝塚公演の会場「イズミティ21」へ!







幕末ロマン
『誠の群像』-新選組流亡記-
原案/司馬 遼太郎 作「燃えよ剣」「新選組血風録」

司馬遼太郎氏の小説「燃えよ剣」「新選組血風録」をもとに
新選組副長・土方歳三の生き様を描いた物語
幕末の世、京都の治安維持を目的に結成された新選組の副長となった土方は
時に冷酷なやり方で烏合の衆に過ぎなかった組織をまとめ上げ
幕末最強の集団として新選組の名を世に轟かせる
滅び行く幕府に忠義を尽くし、仲間達が散った後も最後まで戦い抜いた土方を中心に
それぞれの誠を貫いて生きた人々の姿を描く群像劇



1997年に星組の麻路さきさん主演で上演された作品で
旧東京宝塚劇場で観劇しました、20年以上も前になるんですねー
(しみじみ…)





レヴュー・スペクタキュラー
『SUPER VOYAGER!』 -希望の海へ-

「VOYAGER(ヴォイジャー/航海者)」をテーマに
新生雪組の「船出」を盛大に祝福する颯爽絢爛なレヴュー作品
豪華客船の出航をイメージした躍動感溢れるプロローグに始まり
「望(HOPE)」「海(OCEAN)」「風(WIND)」「斗(BIG DIPPER)」と
トップスターの名前にまつわる場面を中心に、全ツー用の新場面を加えた作品
  





緞帳、素敵でした!





幕間にずんだ餅!笑




14時公演観劇後は会場近くのお店「ひな田」で食事




食後は甘味で〆て・・・

ブリュレinバウム



明日の仙台観光に備えま~す♪




コメント

中日劇場・宝塚最終公演

2018-02-21 21:04:21 | 宝塚・観劇

ミュージカル・ロマン

『うたかたの恋』

原作/クロード・アネ
脚本/柴田 侑宏 演出/中村 暁

19世紀末、オーストリアで実際に起こった悲恋を描いた
クロード・アネの小説「マイヤーリンク」をもとに
オーストリア皇帝の嫡子ルドルフと、男爵令嬢マリー・ヴェッツェラとの
許されざる恋をドラマティックに描いた儚くも美しい愛の物語




タカラヅカレビュー

『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』

作・演出/酒井 澄夫

タカラヅカレビューの伝統を紡ぐ作品
『モン・パリ』初演から90年余り
その歴史は数多くの素晴らしい場面、素敵な曲で彩られている
パリレビューの場面を中心に宝塚の魅力を詰込んだ豪華絢爛なレビュー





毎年2月は恒例の中日劇場・宝塚公演です!
でも中日劇場が今年3月末で閉館することとなり
この星組公演が宝塚としての最後の公演となります




観劇前にキャトルレーヴで宝塚グッズや公演プログラムを物色

~中日公演の軌跡~
と題して公演のパネルを展示していました



2017年雪組公演のショー「Greatest HITS!」

左は2016年6月雪組公演「ローマの休日」




2017年雪組公演「星逢一夜」


来年からの名古屋での宝塚公演はどうなるのでしょうかね・・・







冬季オリンピック、ゆづ君、小平さん、金メダルおめでとう!

連日TV観戦してます

特に楽しみなのはカーリング!

スポーツだけど頭脳ゲームですよねー「氷上のチェス」と呼ばれる所以ですね

今も準決勝進出をかけた試合「日本対スイス」観ながらのブログ書き(笑)





昨日は少し暖かな気配、我家のクリローさんも花が上がって来ましたよ







楽しみ、楽しみ!


コメント

東京・宝塚観劇~浜松

2018-02-09 20:54:03 | 宝塚・観劇
ミュージカル
『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』

18世紀末のフランス革命
この革命の中心人物の一人であり、理想に燃え
そして自らもまたその炎に焼かれた革命家マクシミリアン・ロベスピエール
1791年9月14日、革命が始まって以来の宿願であった憲法がルイ16世によってついに承認される
国民議会議員として一大事業を為したロベスピエール達はパリ市民の歓呼の声に迎えられる
しかし憲法の承認は混迷する革命のまだ序章に過ぎないものであった・・・
志を一つに共に立ち上がった仲間達との絆、運命的なロマンス・・・
その青春を賭し、理想に燃えた青年が革命の頂点へと邁進する姿を通し
彼が掲げた「自由・平等・博愛」に込められた思いを紐解き
人類の歩むべき路を問いかける歴史ミュージカル
雪組新トップコンビ望海風斗と真彩希帆の大劇場お披露目公演




レヴュー・スペクタキュラー
『SUPER VOYAGER!』
-希望の海へ-

「VOYAGER(ヴォイジャー/航海者)」をテーマに
望海風斗のトップスター就任と
新生雪組の「船出」を盛大に祝福する颯爽絢爛なレヴュー作品
豪華客船の出航をイメージした躍動感溢れるプロローグに始まり
「望(HOPE)」「海(OCEAN)」「風(WIND)」「斗(BIG DIPPER)」
新トップスターの名前にまつわる場面を中心に、未来への希望に満ちた場面の数々
望海風斗の男役の美学と新生雪組の魅力の全てを凝縮した究極のエンターテインメント



2月3日、早霧さん卒業後の新生雪組を観劇してきました!

偶然にもお隣の席は早霧さんFCの重鎮の方!

お久しぶりです~と、色々お話し出来て良かったです~

観劇の感想は・・・

あゝ、もう望海さんの雪組なのね。。。



観劇後は、永久輝せあさんのお茶会に会員外で参加

雪組の次世代を担う若手スターさん!

素敵でした~♪





この日は次男宅に泊まるので先ずは次男宅へ・・・

次男宅から日比谷に向かう地下鉄の表参道駅で

早霧さんの次回作ポスター発見!

ちぎちゃん、きれいなお姉さんになってました~





次の日は、次男一家と浜松へ・・・

実は今年5月にりんちゃんがお姉さんになるので

久々に家族で美味しい「バンボシュール」のお料理を頂きに行こう!

と言う事になり、長男長女も浜名湖ロイヤルホテルに集結!
(りんちゃんママ、当分出かけられなくなりますからね~)








りんちゃんは特別に「お子様プレート」です





野菜とサーモンのミルフィーユ 由比産桜エビのプティシュー
桜エビがカリッと香ばしい




色々なお野菜がミルフィーユ状態になっていて
見て楽しく、食べて美味しい!




木の子と豆乳のポタージュスープ フォアグラソテーを添えて
フォアグラ添えと言うよりフォアグラメインじゃないの!?
と思える程、食べ応え十分なスープです




舞坂産スズキのブランダード
キャビアの下には細いパスタ風のジャガイモが・・・
シャキシャキ感を残していて絶妙~♪




お口直しは高橋農園のトマト
フルーツトマトのシロップ漬けにトマトエキスの白い泡
トマトのシャーベット
りんちゃん、トマト大好きだから一口パパから貰ってました~




和牛ロースト 地元野菜と共に
節分の季節だからお豆?(笑)
ソースにはお味噌の香りが・・・和風!




フランボワーズとバニラアイス




スミレのケーキ、ピスタチオとナッツの入ったチーズケーキ




りんちゃん、プレートほぼ完食!

2時間以上、席に座って大人と同じように食事を楽しめました!

次回は本格的フレンチでも大丈夫そうですね~

りんちゃんパパは4歳でフレンチデビューでしたが・・・

記録更新なるかな?(笑)



コメント

宝塚・お正月公演

2018-01-08 22:27:35 | 宝塚・観劇
年末、長女と次男一家が帰省し
賑やかに大晦日の夜は更け
新年を迎え氏神様にお参りに行き

2日は長女と次男一家と共に宝塚観劇に行って来ました  








ミュージカル・ゴシック

『ポーの一族』
原作/萩尾 望都「ポーの一族」(小学館フラワーコミックス)
脚本・演出/小池 修一郎

1972年に「別冊少女コミック」に第1作目を発表以来
少女まんがの枠を超えて幅広い読者を獲得してきた
漫画史上の傑作・萩尾望都の「ポーの一族」が宝塚歌劇に登場

永遠に年を取らず生き永らえていくバンパネラ“ポーの一族”
その一族に加わったエドガーが、アランやメリーベルを仲間に加え
哀しみをたたえつつ時空を超えて旅を続けるゴシック・ロマン
同作品をミュージカル化したいと夢見て宝塚歌劇団に入団した小池修一郎が
1985年に「いつか劇化させて欲しい」と申し出て以来30年余り
萩尾望都があらゆる上演希望を断り続けた幻の舞台が遂に実現する





りんちゃんママが漫画「ポーの一族」のファンなので皆で観劇しましょ!と言う事で
初宝塚大劇場のりんちゃんママです


阪急宝塚駅前「宝塚ゆめ広場」のモニュメント前で





「花のみち」久々ね~(でもないか…笑)




観劇前にレストラン 「フェリエ」でランチ

「レビューランチ」
『ポーの一族』に因んでバラの形のデザートです
ポーの一族のポスターも頂きました!
(かさ張るけれど持って帰った!笑)






劇場ロビーでは開演前に生演奏がありました




観劇後は阪急で神戸・三宮に出て神戸泊です


三宮に着いた時、生田ロードで火事があったようで
周辺は規制線が張られ消防車や人だかりで騒然としていました
近くの生田神社にも夜店が出ていたので人出も多く
私の勘違いで食事場所を間違え予約時間30分遅れ(汗)


ディナーはビフテキのカワムラで待望の・・・

神戸牛を堪能~♪


和牛の個体識別は「鼻紋」なんですねー





飲み物はサービスのソフトドリンク
もちろん、ビールと梅酒と赤白ワインは注文済み!(笑)





ローストビーフ 三種盛り





海鮮ステーキ(活車海老)
娘とりんちゃんママは「神戸ビーフ&海鮮コース」





神戸ビーフロースステーキ
息子と私は「神戸ビーフステーキコース」
息子は140g 私たちは100g





特製テールスープ





神戸ビーフ、旨味があって美味しい!
そして脂がサラッとしててくどくない!
いくらでも食べれそう(いや、食べないけど…笑)

ライスはもちろんガーリックライスで!!
(鉄板焼きだけにこれは鉄板!笑)





デザート



こうして神戸の夜は更けていったのでした・・・




明日に続く。。。



コメント (4)

宝塚の殿堂

2017-11-25 21:51:51 | 宝塚・観劇
11月18日、19日は
SECRET SPLENDOUR(シークレット スプレンダー)の前楽、大千秋楽




その公演の前に行きたい・・・
いえ、行っておかなければならない場所に行って来ました!



そう!その場所は!



「宝塚歌劇の殿堂」

大劇場で公演をしている組の前の演目のお衣装や小道具が展示されている
宝塚ファン必見の場所

本来ならばトップコンビのパレードのお衣装が飾られて居るのですが
今回はちぎみゆコンビ(早霧せいなさんと咲妃みゆさん)が
退団公演のサヨナラショーで着られたロイヤルブルーの雪のお衣装です

たぶんここでは二度と見られないと思い大阪から足を延ばして本拠地宝塚まで!






通称「シャンシャン」
公演ごとに作られ、フィナーレで出演者全員が手に持って大階段を下りて来ます




シャンシャンの裏には「早霧」と名前が入っています




ちぎさんの手形
退団されたトップスターのみが飾られる
トップスターの証!




阪急アプローズタワーのクリスマスツリー




そして、来年の5月は・・・


ちぎさん主演のミュージカル
「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」





ちぎさんとファンクラブの方達と

「メリ~クリスマスー!」

そして

「よいお年を~!」

と、それぞれ帰路に就いたのでした~






コメント

お知らせ

2017-11-09 18:37:25 | 宝塚・観劇
NHK BSプレミアム
11月13日(月)午後3時00分~ 午後5時35分


宝塚歌劇 雪組公演
「幕末太陽傳」「Dramatic“S”!」

5月19日 宝塚大劇場収録

第1部は名作映画を宝塚歌劇がミュージカル化した「幕末太陽傳」
古典落語「居残り左平次」を中心に
江戸時代の遊郭「相模屋」を舞台におこる様々な人間模様を軽妙に描く

第2部の『Dramatic“S”!』は雪組の魅力を最大限に詰め込んだショー
トップコンビ・早霧せいなと咲妃みゆの退団公演として注目された舞台をお送りします



早くもNHK BSプレミアムで放送です!
ちぎさん退団後の初コンサートに合わせたかのような放送に感謝!!
やるじゃんNHK!特別な受信料払ってる意味にやっと納得!(笑)


みなさ~ん!録画をお忘れなく~!






最近のチョビはん



11月に入ってお風呂のリフォームが始まったので
縁側に居ることが多いチョビはん
入念なセルフグルーミングしてますー





ふんふん





うっ、くっしぇ~





あ、ママはん撮ってた!
(チョビの小っ恥ずかしい姿、好きやねん!笑)







そうそう、ホムセンに行ったら可愛いお花があったので買って来ました


11月になってチューリップも植えなきゃ!って焦ってましたからねー





一鉢はこれ↑
クリスマスローズとハツユキカズラ(緑だけど…)
カルーナとパンジーを寄せ植えしました


後は・・・チューリップが咲いたら載せようかなぁ~(笑)





コメント

今日が初日

2017-11-05 16:42:46 | 宝塚・観劇
SECRET SPLENDOUR
(シークレット スプレンダー)


【東京公演】2017年11月5日(日)~14日(火)
東京・TBS赤坂ACTシアター


元宝塚歌劇雪組トップスター
早霧せいな
退団後初のステージ!

Super StarsによるSpecialなShowtime
ジャズ、ポップス、シャンソン、ミュージカルほか
様々なシーンでスプレンダーが輝く
Song&Dance&Entertainment
早霧せいな、再び舞台に舞い降りる!


退団から3ヵ月ちょっと
早い時期での退団後初のステージ!


初日観劇のお友達が送ってくれました
TBS赤坂ACTシアターの大看板



私は・・・
13日~15日にりんちゃんに会いに東京へ!

もちろん観劇にも行きますが・・・



そして15日は「一足お先に~」って感じのイベントに次男一家と行って来ます
こちらも楽しみです!


それまでは観劇された皆さんのTwitterで我慢!




コメント

一週間前・・・

2017-07-30 22:21:50 | 宝塚・観劇
7月23日

東京宝塚雪組千秋楽


トップスター早霧せいなさん退団






2014年9月ちぎさん(早霧さん)が雪組のトップスターに就任されてから退団までの間

私にとって人生最大の悲しみと喜びの時期でもありました

その悲しみの時、宝塚があったから救われました

ちぎさんと雪組さんの舞台に助けられ支えられてやって来れました

そして初孫の誕生と言う喜びに助けられ

今は心穏やかに過ごしています



これからも時々、宝塚を日々の生活に組み込み

孫の成長を楽しみに過ごして行けたらと思っています



早霧せいなさん、ご卒業おめでとうございます!

そして・・・

心から、ちぎさんありがとう!



コメント

大劇場の長い一日

2017-06-03 21:18:06 | 宝塚・観劇
5月29日の早朝、宝塚大橋から大劇場を写す





右手は宝塚音楽学校



楽屋入りのセレモニーがあるのでホテルから大劇場に向かいます

公演後はサヨナラパレードで早霧さんや退団者の方を送り出し

フェアウェルパーティーへと続きます




早霧さん退団公演千秋楽の長い一日の始まりです





観劇者に配られたペンライト
サヨナラショーで皆で振って・・・



早霧さん、入りのセレモニーから涙されて・・・

しかし舞台では佐平次を貫き、雪組のショースターとして輝き

大劇場の舞台を後にしました




宝塚大劇場の退団公演は幕を閉じましたが

今月16日からは東京宝塚劇場での退団公演が始まります

7月23日が大千秋楽・・・すべての幕が下ります






翌日、コンビニで各スポーツ紙を買いまくり切り抜く




ホテルのTVでスカイステージニュースで早霧さん退団ニュースを見て

大阪に出て、大阪ステーションシティシネマで「美女と野獣」を観ました

初お一人様鑑賞です!(もちろんシニア料金で…笑)
定番のポップコーンとコーラ買って・・・





一人って言うのも集中できてイイかも!
泣けたゎ。。。




映画鑑賞後は・・・



ステーションシティシネマ(大阪駅のノースゲートビル)の11階に
「風の広場」と言うガーデンテラスがあり、そこを通って・・・




14階の「天空の農園」を見学(画像は途中の花々)




今の時期はアジサイですね~




素敵に植えられていました~



そしてガーデンテラスで少しのんびりする事に・・・
平日の午後、結構ヒマな人が居るもんですねー(私を含めて…笑)




帰宅後、ちょっと喉がおかしいな~と思ったら
次の日は痰のからんだ咳が出て熱が上がり風邪っぴきとなりましたー
宝塚遠征の疲れも出たのでしょうかねー
やっと今日、熱も下がり咳もおさまり(時々痰がからみますが)
平常運転再開です!




早速、バラの花が終わったので剪定したら疲れましたゎ~(汗)

我家のアジサイは・・・

カシワバアジサイ
大きくなって今年もたくさん花をつけてくれました





山アジサイ「クレナイ(紅)」
最初は白く咲いて徐々に色が付いてきます




山アジサイ「七変化」



他のアジサイが咲くのはもう少し先のようです




コメント (4)

4/21雪組初日

2017-04-25 21:55:05 | 宝塚・観劇
『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)

1957年に封切られた、鬼才・川島雄三監督の代表作である映画「幕末太陽傳」
「居残り佐平次」を軸に、「品川心中」「三枚起請」「お見立て」他の古典落語を組み合わせ
実在した品川の遊廓・相模屋を舞台に起こる様々な人間模様を軽妙なタッチで描いた
日本映画史に燦然と輝く名作を原作にした早霧せいなさんの退団公演です

幕末の品川宿
一文無しのまま相模屋を訪れ、女郎おそめを揚げて大尽遊びに興じた佐平次は
翌朝飄々と居残りを決め込んでしまう、そして番頭まがいの仕事を始め
次々と起きる騒ぎを持前の度胸と機転で解決しては、お礼の金をちゃっかり貯めこんでいた
相模屋で攘夷の計画を練る高杉晋作らとも交友を深め
いつしか佐平次は、廓の人気者となるのだが…
生への活力が漲る中に憂いを漂わせる人情喜劇です





Show Spirit『Dramatic “S”!』

“S”をキーワードに繰り広げる「Song&dancing Show」
ショースター(Show Star)として
輝き(Splendor)を放つ早霧せいな(Seina Sagiri)率いる
雪組(Snow troupe)の魅力を最大限詰め込んだ
ショーシーン(Show Scene)の数々
そして、この宝塚大劇場公演は第103期初舞台生のお披露目公演です



二枚目ちぎさん(早霧せいなさん)が二枚目半(三枚目じゃない)のお芝居で笑わせてくれます
それも落語や吉本新喜劇並みの笑です!
それでも早霧さんは早霧さん!あくまでもカッコイイ!!
とぼけたりアタフタしても、根底にはあります!粋なカッコよさが!
羽織を上に投げてスチャ!と袖を通して着る所も完璧!初日から絶好調です

ゆうみちゃん(咲妃みゆさん)が、最後の場面で早霧さんに駆け寄る所で滑っちゃって
思わず「あっ!」って声出ましたが・・・
それも演出と言われれば何の不都合もございませんよー

因みに二日目はだいもんさん(望海風斗さん)がショーのプロローグで尻もち着いたようですが
皆さん怪我には気を付けてくださいねー

そして、体調不良で休演していたさきちゃん(彩風咲奈さん)は今日から復帰と言う事で
良かった良かった!

代役のひとこちゃん(永久輝せあさん)、放蕩息子を好演してましたね!



退団公演と言う事も忘れるくらいに笑わせてくれて・・・
でも退団を思わせる要素も少し入っていて、しんみりですが・・・
「しんみりは嫌いなのでっ!」と言うちぎさん

仕方ないよーしんみりしちゃうよー!
でも笑わせてくれるから素直に笑うゎ


佐平次さん、幕末のルパン三世みたいですね



そうそう!ルパンと言えば・・・

ショーではなんと!あの“ルパンジャンプ”健在です!
“絆!絆!”の振りも入っているしー
まさに集大成ですね!




今公演も作品にちなんだ飲み物があります
幕末時代に飲まれていた「下り酒」の復刻版
「幕末 慶応の酒」のロックとカクテルです

(下り酒とは、江戸時代に上方で生産され江戸へ運ばれたお酒の事です)

カクテル「幕末 緑の風」   下り酒「幕末 慶応の酒」ロック  

もちろん、美味しく頂いて簡易グラスはMyお土産です~♪






花のみち横の大きな公演看板ポスターがある所の藤の花
良いお天気でした~





コメント (4)