屋根裏部屋のナマケモノ

読書感想などなど。趣味のページ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

風水天戯 結べ!師弟のきずな

2011年04月29日 | 読書感想    ビーンズ文庫
ビーンズ文庫

望月もらん
藤崎竜(イラスト)


星淑(せいしゅく)は、風水師を目ざして修行中の第八公子。師匠である親指サイズの自称仙人・楊(よう)老師とともに、兄・英祥の目を盗んでは、お忍びで街の風水をみている。そんななか、街の異変に気づいた星淑は、オンボロ羅盤(ローバン)を使い、新たに建設中の桜閣が怪しい気を発していることを突きとめる。だが、隠された陰謀を暴こうとする星淑の前に、謎のスゴ腕少年風水師が立ちはだかり!? 空前の話題となった史上初・大賞受賞作、絶好調の第2弾!

「開け!運命の扉」レビュー



大賞受賞作の2巻目です。
今回は王宮の外での活躍でしたね。「お姉さん」こと嬌杏がほとんど登場しなくて、ちょっと寂しかったな。

風水のことに関しては今回もほとんど老師が活躍しましたが、星淑の意思の強さは頼もしかったですね。
公子と言っても名ばかりだからこそ、変な誇りとかもなくて、純粋な気持ちからの行動は読んでいていいなーと思います。

兄の太子・英祥は星淑とは反対と言ってもいい、真面目だけど頑なな心の持ち主。
融通の利かないところはすこし読んでいてイラッときますね。
彼は風水を信用せず、重要に思っているわけでもないようなので、そういう面でも星淑とは正反対なわけで。
風水が原因で兄弟仲がこじれることがなければいいですけどね。


今回は呉のお兄さんとも星淑はいい関係を築けてきているようでしたねー。
だんだん星淑にも味方と言える人が増えてきて、頼もしいです。初登場の啓天とも、これから関わることが多くなりそうですね。


3巻は夏発売。楽しみにしています!
コメント

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と緑の工房

2011年04月20日 | 読書感想    ビーンズ文庫
ビーンズ文庫

三川みり
あき(イラスト)


王家が認めた砂糖菓子の作り手・銀砂糖師の称号を手に入れたアン。けれどその陰には、アンのために、ペイジ工房の娘・ブリジットに自らを売ったシャルの犠牲があった。シャルを取り戻すため、アンは工房へ乗り込むが、砂糖菓子職人の大派閥であるはずのペイジ工房は、なんと没落寸前。工房を立て直せたら、シャルを返すと言われたアンは!? 個性的なペイジ工房の職人たちと、アンの新たな挑戦スタート!! 待望の第四弾!!

「銀砂糖師と白の貴公子」レビュー



第4巻。今回もきれいに収まりましたね。
ペイジ工房で働くことになったアンでしたが、彼女の職人魂はやっぱり素晴らしいですね。
個性のありすぎる職人たちをまとめ、最後まで自分の信念を曲げなかったのはアンらしいです。

ここまできて、やっぱり気になるのはブリジット。
はっきり言って面倒なキャラではあるけど、工房長の娘としての行動が常に求められていることによる、彼女の捻くれた性格は理解できなくないです。
登場人物の中で一番不幸な人かもしれませんね。早く彼女も幸せになってくれないかな。
最後の不穏な感じがとにかく気になります。

アンとシャルの関係の変化も気になりますが、・・・やっぱりゆっくりモードで進行中ですね、ラブの方は。
シャルはすでにアンに対する気持ちがリズへのものと違うことを実感しているようですが、やっぱり相手がアンだから遠慮がち。
アンは・・・恋だということに気付いているのかな? 
ともあれ、友人としてお互いを信頼する様子は、最初のころとはまるで違い、読んでいて安心感があります。


ペイジ工房の建て直しも成功しそうだし、アンはまだペイジ工房で働きそうかな?
次からは今回初登場した謎の妖精と関わることになりそうですね。
次も楽しみにしてます。
コメント

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと陽のあたる階段

2011年04月20日 | 読書感想    コバルト文庫
コバルト文庫

青木祐子
あき(イラスト)


結婚を決意したシャーロックに、厳しい試練!
シャーロックはクリスとの結婚を両親に認めさせるため、クリスを連れてハクニール家の領地に向かう。一方、クリスはシャーロックの求婚に返事ができずにいた。ある日、クリスに悪意ある罠が…!!

 
「恋のドレスと湖の恋人」レビュー



十日間も更新してませんでしたね・・・。

今回も色々と大変でしたね。
シャーロックはフローレンスに大嫌いと言われ、母・ソフィアとも大喧嘩。
フローレンスの言葉はどんな感情から言われたのかが気になりますな。階級がどうのという感じではなさそうですが。

シャーロック以上に、クリスは頑張りましたね。
今まで馴染みのなかった世界の中で、戸惑いつつ精一杯やろうとする姿はかっこいい。
行き過ぎた嫌がらせを受けても、以前のように倒れるのではなく、表では毅然とした態度を保ち続けたのには成長を感じ(?)ます。
最後にはママ・リンダにもはっきりと自分の気持ちを言い渡し、随分クリスも意思が固まってきたなと思いました。


残る問題はクリスが認めてもらえるかと、リンダかな?
ハクニール家の面々にクリスが顔を合わせることもなく終わった今回。続きが楽しみです!
コメント

ダイヤモンド・スカイ 夢見る宝石と銀色の恋人

2011年04月10日 | 読書感想    ルルル文庫
ルルル文庫

本宮ことは
伊藤明十(イラスト)


「──ディアは俺のもんだ」ついにディアへの想いを自覚した
エルディック。最愛の人の面影を追い続けてきたディアは……?
私は何者なの?『失われた皇帝の秘宝』って? 最愛の人と同じ外見をした皇帝との対面を経て、海賊エルディックと共に謎の手がかりを探す旅に出ることを決意したディア。ディアの母親の出身地であるギヨーネへと歩を進める中、エルディックは過酷な運命に立ち向かっていくディアをいつの間にか愛しく感じるようになっていた自分に気づく……。二人の間に訪れる心の変化とは? 明かされていく驚くべき真実とは?


「不敗の海賊と不死の帝王」レビュー



遅くなりましたー。
なぜか先月、図書館が購入してくれなかったのですよー。


いやー、どんどんSFになってきました。あとがきにも、最初はファンタジーを装ったみたいなことが書いてありましたが。
私はSF嫌いじゃないんで、他と比べて些か異質な雰囲気を楽しんでます。


今回は敵サイドと戦うようなことはなく、ひたすら謎解きといった感じでしたね。
それでも、綺麗に全部が明かされるわけではなく、謎は深まるばかり。・・・先が読めません。

ディアに付き従う《人形》のダイヤモンドの《鍵》がパスワードということは分かり、今回は二つも一気に解けてしまいましたが・・・最後の一つは何なのか。


恋愛面のほうでは、随分と前に進展しましたね。
・・・とは言っても、やっぱりディアはちょっとしか進んでいないんだけど。
エルディックは意外に素直にディアへの想いを自覚し、ディアを落とす気満々。
対してディアは、エルディックに不思議な感情を抱くものの、それが何なのか分かっていない状態。
純粋培養されたディアだからこそ、このじりじり感も楽しんで読めますなー。
なんだかサザンラディヤーも複雑に絡んできそうだし、エルディック頑張ってね、という感じでした。


そして今回、平和に終わると思いきや、最後に裏切り者が登場しましたよ。
『彼女』で、あの口調だと・・・やっぱりあの人しかいないかなー??
なぜ裏切るのか、ディアはどうなるのか、続きが楽しみです!
コメント

更新してなかった・・・

2011年04月06日 | 日記
十日くらい更新してなかった~・・・
(絵文字並べるとうるさいなあ。特にカエル。浮いてるし)

今読む本がないもので。

映画はいきましたけども・・・そう言えば、ぜんぜん映画の感想かいてないなあ。
・ハリポタも、
・ソーシャルネットワークも、
・ナルニアも、
・英国王のスピーチも。

ついでに、この前見たのは、「塔の上のラプンチェル」。
あー、ディズニーだなー、と言いたくなるような映画。素敵でしたよ。夢を見させてくれます。
ラプンチェルもかわいかったし。

いっそのこと、映画の感想のカテゴリーを消去してしまうかっ・・・。
・・・いやいや、一応取っておこう。気が向いたらぼちぼち書きます。
コメント