旅の窓



平凡ながら列車の旅が好きで、その様子を多少時間がかかるものの、紹介しています。
日々の生活は、晴耕雨読日記を。

青い森鉄道全駅下車の旅11~清水川駅・浅虫温泉駅

2016-10-04 07:58:59 | 青い森鉄道全駅下車の...
 清水川駅に、普通 八戸行で向かいます。


西平内  07:19着 07:19発

   
小湊   07:22着 07:23発
 津軽地方から見る、秀峰烏帽子岳。


 乗車時間9分で到着します。
清水川  07:28着  




 相対式ホーム2面2線の無人駅です。
(小湊駅方面)


(狩場沢駅方面)


 有人駅時代の駅舎は、事務室側を閉鎖し待合室部分のみ使用されていて、トイレもありません。






 下りホーム側には待合室があるほか、出入口もあり自由に通ることが出来ます。




 普通 青森行に乗って次の下車駅、浅虫温泉駅に向かいます。


清水川  07:43着 07:43発   


小湊   07:48着 07:48発   


西平内  07:51着 07:52発   
 再び陸奥湾が見えてきます。
その形から通称「亀島」。正式名称は「鴎島」。
 なぜ、「亀」に見える島が「鴎」なったのかと言えば、そもそも「ごめ島」と呼ばれていたようですが、「神のご加護(ごかご)」「加護女(かごめ)」「鴎(かもめ)」と訛っていって、今の正式名称となったようです。


 14分間の乗車でした。
浅虫温泉 07:57着  




 単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線の有人駅です。
 1番線は上り八戸方面、3番線は下り青森方面、2番線は浅虫温泉駅発着電車となっています。


(西平内駅方面)


(野内駅方面)


 「温泉」と名の付く駅はたくさんありますが、温泉街に一番近い駅は、この「浅虫温泉駅」です。




 駅舎向かいには無料の足湯があり、駅舎内の観光案内所で30円でタオルを貸し出しています。
 足湯は当初24時間利用可能でしたが、現在は防犯上の理由で7時から19時30分まで利用できます。


 駅には自由通路はありませんが、歩道橋(ゆうやけ橋)により東西通り抜けが可能で、道の駅「ゆ〜さ浅虫」に行くことができます。


 駅舎には出札窓口、自動券売機、観光案内所、そして旧KIOSK跡には「モーリーズカフェ」があります。


 「モーリーズカフェ」は青い森鉄道の直営店で、イメージキャラクター「モーリー」や青森鉄道むすめ「八戸ときえ」の関連グッズのほか、青森の名産品を使用したオリジナル商品やお土産品、お菓子類などを販売しているそうですが、営業時間が9時から16時20分までなので、今回は利用することが出来ませんでした。


次は、小湊駅で下車します。

 つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 青い森鉄道全駅下車の旅6~... | トップ | 青い森鉄道全駅下車の旅8~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

青い森鉄道全駅下車の...」カテゴリの最新記事