記者会見見聞録

テレビで連日報道される各種記者会見の中から印象に残ったものをピックアップして記録します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ライブドア堀江社長が脱落余裕会見

2004年11月08日 | スポーツ
プロ野球新規参入問題で11月2日、楽天のパ・リーグ新規参入が決定した。
これを受けて、ライブドアの堀江貴文社長が仙台で会見を開いた。

仙台新球団おめでとうございます。
我々ライブドアが参入できなかったことは、仙台新球団でやりたいこといっぱいあったが、それができなかっただけの話であって、もちろん我々の方がうまくやる自信ありますけど、それを言ってもしょうがない。
皆さんには、仙台にできる新球団に期待していただくしかない。
そこで私の力が発揮できないのは、私自身残念だが、皆さんにとっては良い結果になるのではと思っています。
ますますこれからプロ野球が発展してくれればと、草場の陰から祈っています。
(各局ニュースから)

ライブドアは今回、真っ先に手を上げ、負けて勝ちの印象が強い。ライブドアの知名度は一気に浸透し、アクセス数も激増、株価も高騰。そんなこともあって、堀江社長は終始余裕の記者会見だった。裏取引など我々には分からないところだが、楽天には後出しのイメージが当分付いて回るだろう。
コメント (14)

松坂投手結婚報告会見

2004年11月08日 | スポーツ
西武の松坂大輔投手が10月29日、東京・港区のホテルで結婚報告会見を開いた。

この度、私、えー、松坂大輔は柴田倫世さんと結婚させていただくことになりました。
この場をもって報告させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
日本一になって、またこういう報告ができて、来年に向けて本当にいいスタートが切れたと思います。
僕は最初から彼女しかいないと思っていましたので、はい。
(「NHKニュース7」より)

日テレの柴田アナとはすでに同棲中。家庭を持った以上、来季は更なる飛躍をしてほしい。
コメント

一場投手謝罪会見

2004年11月08日 | スポーツ
明治大学の一場清弘投手が10月28日、プロ野球球団との一連の不祥事に対し謝罪会見を開いた。
会見の発言要約は次のとおり。

この度は自分の不注意な結果で、このようなご迷惑をおかけしてしまいました。
本当に申し訳ありませんでした。
自分がこういう立場で一切言えないことも分かっていますが、できるものならば、もう一度、日本のプロ野球でプレーしたいと考えております。
よろしくお願いします。すみませんでした。
(「NHKニュース7」より)

見た印象では、本人は本心から謝罪している感じがなかった。簡単に複数球団から金銭を受け取る根性がアマチュア選手として情けない。干されてプロ野球の舞台に立てなくなるべきだ。うぬぼれた自分の身から出た錆。冷静になって社会勉強すべきだ。それもまた人生だ。
コメント

高木邦夫ダイエー社長辞任会見

2004年10月16日 | 社会
自主再建を断念した高木邦夫ダイエー社長が10月15日、辞任会見した。
午後2時すぎの会見での発言は次のとおり。

10月22日付で代表取締役社長を辞任させていただきます。
以上、それぞれ関係各位に大変な影響、混乱を与えたかもしれません。
申し訳ございませんでした。
(起立して頭を下げる)
ここの総合スーパーというのは、悩み深き状態にあるわけでして、絶対水準としてもっと(利益を)上げないといけないことについての未達があったことは率直に認めております。
今ダイエーのみなさまの視点は借金が多いことをもって「再生できない」という言い方が中心かと思います。
それで銀行は銀行の置かれている「立ち位置」、ダイエーとしては時間を区切りながら計画を作っていく「立ち位置」、それぞれの「立ち位置」が違っちゃったわけですが、結果、ギャップも起きたのは事実です。
(球団への)販促支援はダイエーとして行いますから、世の中で言われているような状態ではなくて、きちんと黒字、加えてファン層をご覧ください。
ほかの球団以上に女性のファンが多い、この女性ファンがどういうところとシナジー(相乗効果)を持っているか。
ダイエーの店舗のお客さま、応援セールを今やっていますけど、百数十パーセントの伸びをしている。
新しい事業パートナーがどういう評価になるかわかりませんけど、似たような考え方をされるのではないか。
したがって、継続保有という考え方をお願いしている、ということです。
(「NHKニュース7」より)
コメント

シャラポワ2連覇

2004年10月10日 | スポーツ
AIGジャパンオープンテニス女子シングルス決勝が10月9日あり、マリア・シャラポワが6-0、6-1でストレート勝ち。大会2連覇を決めた。試合直後のテレビインタビューは次のとおり。

―きょうのゲームは完璧な試合内容だった?
きょうは完璧な出来でした。大変うれしく思っています。ウィンブルドンの続きで勝つこともできましたし、ディフェンディングチャンピオンとしてまた東京に戻ってきて2連覇達成したことは本当にうれしいです。最高で、本当にうれしく思っています。
―日本は相性がいいのではないか?
本当にそう思います。またぜひ日本に戻って試合をしたいと思っています。
―日本ではシャラポワ・ブームになっているが?
とっても楽しく思っています。私自身を応援なさっている方が多くてうれしく思っています。
―本当におめでとうございます。
サンキュー、ベリマッチ、チュー!
(NHK教育テレビより)
コメント (1)

UFJ銀行が謝罪会見

2004年10月08日 | 社会
金融庁が10月7日、UFJ銀行の検査忌避問題で刑事告訴した。これを受けて午後7時すぎ、UFJ銀行の沖原隆宗頭取が謝罪会見を開き頭を下げた。

皆さまにご心配、ご迷惑をかけ、社会の信頼を失う結果となりましたこと、心からおわび申しあげます。申し訳ありませんでした。
今後は検察当局の捜査に誠実かつ真摯に対応するとともに、全行挙げて信頼回復に努めてまいりますので、何とぞ、ご理解をよろしくお願い申しあげます。
(NHK総合「NHKニュース10」より)
コメント

水野真紀が「あっ!当たった!」

2004年10月08日 | 芸能
妊娠4カ月であることが明らかになった女優の水野真紀が10月7日午前、TBSのドラマ制作発表に出席し、喜びを語った。

(妊娠だと分かった時は?)
何となく基礎体温を計っていたので、あっもしかしたらと思ってたので、何か嬉しいというより「あっ!当たった!」というような気が強かったですね。
(どういう形でご主人に伝えたか?)
たしかメールだったと思いますけど。夜遅くなったけど報告しましたね。何か絵文字メールで「やった」みたいな感じの絵文字メールが入ってきて。
(ご主人は気遣ってくれますか?)
洗濯してくれたりとか、いろいろお皿を洗ってくれたりとか。地元に土日などは戻ることが多いので、そういうときは実家に行って楽したらと言ってくれます。そういう意味では気持ちが楽でしたね。
映像が出ると、動いているのを見ると、あっ中にいるのだなあというふうに思う。主人も写真という形では見てびっくりしていましたけど。
(つわりの方は?)
いちばんひどい段階は越えましたけど、やっぱりまだちょっと気持ちが悪かったり。
(立ってていいですか?)
気合いです(笑)。
(会見内容:ANB「ワイド!スクランブル」、画像:TBS「ジャスト」)
コメント

牧瀬里穂交際順調

2004年10月06日 | 芸能
恋人の存在が発覚した女優の牧瀬里穂が10月5日、ドラマの制作発表に出席し、日本テレビで会見に応じた。

(交際は)あの別にいたって普通の経過なんですけど。
(アプローチされたとの報道があるけど?)
何となくお互いまあいいなと思って、ハイ。
(結婚は?)
全然まだです、ハイ。あの、お互い忙しいので会える時間があれば、それなりに…。急がせないでくださいよ。
(「TIME」誌の中で「アジアの英雄20人」に日本人3人が選ばれ、NIGOさんが中に入っているけど?)
あらそうなんですか。すごいですね。あまりそういう話とかしないもので。いやあ、素晴らしいですね。リスペックしています、ハイ。
(ぜひご成功するように祈っています)
ドラマをですね。アハハハハハ。
(NTV「ザ・ワイド」より)
コメント

イチロー伝説の男に

2004年10月04日 | スポーツ
マリナーズのイチロー選手が10月2日(現地1日)、シーズン259安打の史上最多記録を樹立した。
試合終了後にベンチ内で代表インタビューを受けた。

ちょっと言葉にはできない。僕のこれまでの野球人生の中では最高の瞬間でした。“激アツ”でしたね、今日は。
こういう数字は時間が経ってとんでもないことだと気づくんだと、そういうふうに思います。
この前のホームスタッド(試合)ではすごくプレッシャーがありましたし、まあ胃が痛くなった程度だったんじゃないですかね。
やっている間にそのプレッシャーというのは解き放されるというのは不可能ですね。
よく、プレッシャーからどうやって抜け出すのかと、よく聞かれますけど、その方法というのはないですね。
その苦しみを背負ってプレーするしかない。それを今回も強く感じました。いやーあ、もう最高ですよね。
ものすごく苦しいんですけど、やっぱりドキドキする感じとか、ワクワクする感じ、プレッシャーのかかる感じっていうのはたまんないですから、僕にとっては。
これが勝負の世界にいる者のだいご味ですから。それがない選手ではまったくつまらないですから。
残りあってもおそらくマックス10打席になると思いますけど、1球1球1打席を大事にしたいと思いますし、僕にとっては最高の野球シーズンを最後しっかりした形で終わらせたいと思っています。
どうでしょうね、(妻は)今ごろおそらく帰って晩ご飯の準備をしていると思いますけど。
いちばん近くにいて、いろんなことを感じて、いいことも、悪いことも、辛いことも、楽しいことも一緒に分かち合っているので、まあ今晩は(愛犬の)一弓(いっきゅう)も悲しんだり、喜んだりしてくれているみたいなので、いい時間を過ごせればいいと思います。
(「NHKニュース7」より)
コメント