真実の言動録~タイムトラベラー、始動する。

タイムトラベルで明かした闇の歴史・本物の歴史・真実の歴史を暴露しつつ、陰謀を仕掛ける世界権力に立ち向かう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暴力の是非

2009年08月31日 02時17分15秒 | 社会
 前回の記事に対し、若者さんという方から「どうしたら支配者を倒せるんですか」との質問をいただきました。支配者とは、世界を陰で牛耳る悪魔崇拝者の呼称です。同じ疑問を抱く人は少なからず居るでしょう。こうした問題を一緒に考えるのは有意義なことです。若者さん、ありがとう! みなさんも遠慮せず、気軽にコメントして下さい。

 ということで、私なりの考えを記すことにします。その前に支配者が数え切れない罪を犯しているのは間違いありません。殺人罪だけでも数十億になるでしょう。身近なところでは、学校やマスコミを通じて嘘を教え込み、国民が寄せた血税ならびに年金を奪い取っています。

 そういう支配者は税金を払っていないも同然です。ちなみに長者番付は参考になりませんよ。悪事を行う連中は、麻薬の売上高など申告しないのです。正にやりたい放題のインチキ神様という訳です。よって若者さんならずとも、支配者を倒したいと思うのは当然かも知れません。

 けれども倒すという行為は駄目じゃないでしょうか。なぜなら悪人にも家族は居ます。仮に支配者の家系を根絶やしにしたとしても、周囲には仲間が居ます。その仲間全員を葬るのは実質不可能です。それでも倒したいというのであれば、人間は全滅するしかないでしょう。

 かつて共和制だった頃のローマは、カルタゴを徹底的に滅ぼしました。カルタゴというのは、支配者の先祖が築いた国で悪さばかりしていたのです。もちろん生き残ったカルタゴ人は居ました。彼らは長らくローマを恨み続け、復讐を成し遂げたのです。

 正義が悪を倒したところで、平和が訪れるでしょうか。そうなるのは、リアリズムが欠落したドラマだけです。人間はそんなにサッパリしてません。これは私の好みじゃなく、歴史が如実に語っていることです。従って真の平和を勝ち取るには、悪人が心を入れ変える以外にないと思います。

 こうしてもらうには、社会全体が実態に気づかねばなりません。支配者は極めて少人数なので、従う手下が居なければ何もできないのです。その多くは利用されているにすぎないが故に、実情を知れば悪への加担者は激減するでしょう。こうなれば支配者は孤立して、改心するか自殺するしかなくなります。ですから私は皆さんに訴え掛けているのです。
コメント (1)

『24時間テレビ』に騙されることなかれ

2009年08月30日 12時55分02秒 | 社会
 恵まれないところへの善意ある寄付行為は、まったくもって素晴らしく異論はありません。しかし一時の潤いだけで問題が解決するでしょうか。少なくとも第三世界の国々は、自給自足を促進させるインフラ(経済基盤)が欠かせないでしょう。

 ところが温暖な土地も労働力も有り余っている後進国の多くは、根幹の穀物を輸入しているのです。異常な事態だと思いませんか。なぜこんなことになっているかと言えば、そうされては困る連中が居るからです。こいつらは自立されたら世界支配の体制が揺らいでしまうので、発展途上国を頭ごなしに押さえつけています。

 その手口はワンパターンとも言えるものです。逆らう指導者が居れば暗殺し、自分の手下を擁立します。そして何もないところへ争いごとを起こし、双方へ旧式の武器を売りつけるのです。もちろん最先端の兵器など渡しませんよ。そんなことをしたら反逆され兼ねないですから。

 更にお金を貸して、用済みになったガラクタのパンフレットを見せびらかします。そこには超高性能なんて言葉が、もっともらしく飾られるわけです。死の商人、現在この活動を広く行っているのがIMF(国際通貨基金)なのです。テレビ局が支配者の傘下にあるのは触れるまでもありません。ご理解いただけたでしょうか。
コメント (1)

厚生労働省の素顔

2009年08月29日 00時35分13秒 | 政治・経済
 問題の厚生労働省とは、どのようなことをする組織なのでしょうか。ちなみに同省のホームページを見ると厚生労働省ってどんなとこ? 読んでわかるQ&Aというのがあります。これはPDFなので携帯電話だと見られませんが、以下に記すことなどが書かれています。

Q1「厚生労働省ってどんな仕事をしているのですか?」

A1「厚生労働省では、みなさんの生活をよりよくするために、いろいろな仕事をしています。病気を予防したり、食品の安全を確かめたり、お年寄りや体の不自由な人のための仕事や、働きたい人に仕事を紹介したり、働く人が安全で快適に働ける環境をつくる仕事をしています」

 果たして本当でしょうか。仮にも真実なら、社会はもっと良くなっているはずです。これは子供向けに用意されたものですが、少なくとも私は建前としか思えません。もちろん偏見を交えず公正に添削すれば、同省の回答はこのようになるでしょう。

本音「厚生労働省は、邪魔者を殺し、庶民からお金を巻き上げるためにも、いろいろな仕事をしています。病気を流行させたり、健康を阻害する薬剤を認可したり、ただしあからさまだと反逆されるので体裁を整えるべく、お年寄りや体の不自由な人を僅かでも労わったり、奴隷が減りすぎても困るので、働きたい人に低賃金の肉体労働をそこそこ紹介したりする仕事をしています」
コメント

省動

2009年08月28日 02時58分06秒 | 社会
 少し前の『我が振り見て』という記事に、「他人の振り見て我が身を、とは言いますが、その気になれば我が身を振り返ることもできます」なんて偉そうなことを私は書きました。ところがそういう自分こそ『真実の言動録』と謳っているくせに、口ばっかりで行動がサッパリ伴っていないですね。

 これでは相手にされなくて当然かも知れません。よって少し動くことにしました。まずは厚生労働省を突こうかと考えています。といっても私は微力なので、意見書を送りつけるのが手一杯です。児戯に等しく無視されるでしょうが、こうした行動で少しでも多くの方が疑問に思ってくれるなら前進と言えるでしょう。

 文面は近日中に作成し、ブログに掲載します。内容はガンの治療法にする予定です。これは六十年以上も前に画期的なものが見つかっているのです。しかるに厚労省はこれを広めず、有害でしかないアホな方法を促進させています。このせいで亡くなった方は数知れず、今も苦しむ人が大勢居るのです。

 できればみなさんも、厚労省に電話でもしてみて下さい。そして間抜けな対応を肌で感じていただきたいです。もちろん担当者がシドロモドロになる情報を提供します。私は悪戯と思われないように本名を名乗りますが、みなさんは「184」を忘れずに匿名の方がよいでしょう。

 こんな事態になっているのは、陰の支配者ことペテン師が圧力を掛けているからですが、こいつらに接触できないので、とりあえず厚労省を槍玉に挙げます。同省の職員は末端といえども、なんらかの形で不祥事に気づいているはずです。それを省みず言いなりになるのは罪だと思いますが、これ如何に。
コメント

私のスタイル

2009年08月27日 00時04分54秒 | 文学
 一般的に書物を読むことを読書と言います。以前もちらっと書きましたが、私はこの言葉があまり好きじゃありません。理由は単に読むだけでは不充分だと思うからです。肝心なのは理解し、できれば発展させることではないでしょうか。

 もちろん「行間を読む」という表現はあります。しかしこの場合でも「読む」という行為には不確定要素が付きまといます。これを上回るのは書き手の意図を見抜くことです。ですから私は「見書」と言います。これは「発見」にも通じるので、お気に入りの言葉です。文章を自分なりに映像化して見られれば最高だと思いませんか。
コメント

参考資料の重要性

2009年08月25日 20時51分15秒 | 文化
 一昨日、書いた『ロズウェル事件』について、お調べいただけたでしょうか。様々な見解が錯綜し、どれが本当か判らないという方は多いかも知れません。イルミナティはこういう事態を意図的に構築しました。つまり真実を隠し切るのは難しい、ならばニセ情報を氾濫させ、探求者を煙に巻いてしまおうと悪魔は考えたのです。

 それが証拠にテレビが特集する番組は、例外なく有耶無耶で終わります。放送前のコマーシャルでは、完全解明なる言葉が引っ張り出されるにもかかわらずです。これが繰り返されれば、大概の人は考えるのも嫌になり、もうどうでもいいという具合になるでしょう。

 かかる事態を避ける最良の方法は、真実の歴史を理解することです。これは覆しようがないので飲み込めさえすれば、世界権力の意図など手に取るように分かります。故に私は『激安タイムトラベル~そこで突きつけられた事実』を仕上げました。ただしこれは難しいです。

 理由は西洋史そのものが複雑なのに加え、多くの人が聞きなれない名称を覚えられず、訳が解らなくなるものと考えられます。私は最善を尽くした積もりですが、ハッキリ言って受けは悪いと言わざるを得ません。残念ながら一読で理解できる人は、ほぼ居ないようです。ですから興味のある方は二読、三読して見て下さい。

 もっと簡単なのは、当事者の声を聞くことです。ロズウェル事件の情報を攪乱したのはNSA(米国国家安全保障局)ですから、ここに居た人物の証言は貴重でしょう。この場合は信じるかどうかですが、私は信頼できると思います。

 これを記したのが、飛鳥昭雄氏ならびに三神たける氏の『エイリアンの謎とデルタUFO』です。両氏の論述は解り易く見事なので、まだの方には推奨します。またアルザルに関しては、『亜空間の謎と地球空洞論』が最高だと思います。いずれも、998円で買えます。
コメント

陰鬱な月曜日

2009年08月24日 16時43分21秒 | 文学
 なんの当てもなく、ふらっと外へ出た。太陽も今一つ覇気がない。だから私もそうなのだろうか、と物思いに耽ったところで、直ぐに明瞭な答えが得られないことくらいは知っている。なのに一瞬、考えてしまう。今は別段やることがないので、一瞬は継続する。どうせなら直接話しができればいいのに。

 こう思っても実際に「太陽さん、今日の調子はどうですか」なんてことを口にできない。実行したら間違いなく周囲に退かれるだろう。往来は多くないとはいえ、そこそこには居る。警察が居たら職質されるに違いない。シャブ中と思われて終わりである。そういうみんなは、せわしく歩いている。

 私は当てがないだけに急ぐ必要はない。それどころか次の信号を渡るべきか、左に折れるべきかすらも判らない。このまま行って、青だったら渡るだろう。そうじゃなかったら止まりたくないから、左にでもと思案している。ということは多少のやる気はあるのだ。そもそも外出したのは、そういうことなのだろう。
コメント

アルザル人の静的行動

2009年08月23日 16時27分58秒 | 文化
 昨日の私はアルザル人に興味を示し、今日書くと言いました。ということで何から書こうかと思案していたら、「それでいいのかい」と聞き覚えのない声が微かに聞こえたのです。考えてみれば彼らの生活以前に、地球内部の亜空間に知的生命体が居る、なんて話を信じられない人は多いと思います。

 不思議な声を発したのは、私の悪癖を矯正してくれる異次元の先生かも知れません。さもあらん悪癖とは、私のはしょり癖のことです。普通なら「1・2・3・4・5」という具合に順序だてて展開すべきところを、私は中間を蔑ろにする傾向があります。

 もちろん理由はあるのです。あまりにも隙間を埋めると、受け手側の想像範囲を束縛してしまいます。私はこれが嫌いです。されど飛ばしすぎて真意を伝えられなくては意味がありません。こういう時に重宝するのが、万国共通の足して2で割る方法でしょう。

 すなわち「1・5」としていたものを、「1・3・5」くらいのスタンスがよろしかろうという算段です。随分長い前置きになりましたが、気になる生態に全く触れないと私は嘘つきになるので、僅かばかりでも触れることにします。以上を踏まえると、アルザル人の存在が露見した事件を取り上げるのが最適でしょう。

 時は1947年7月2日、米国はニューメキシコ州の住民が寝静まろうとしている頃に、一筋の閃光が夜空を走り抜けました。直後に甲高い轟音が大地を揺るがします。中でもサンアウグスティン平原では前代未聞の事態が起こりました。あろうことか雷に打たれた一機の未確認飛行物体が墜落したのです。

 これが世に言う『ロズウェル事件』ですが、真相を知る人は少ないことでしょう。最大の理由は根幹のマスコミがしっかり報道しないからです。こいつらは情報が少ないがために報じられないのではありません。あえて嘘を書き、事実を隠蔽しています。

 詳しく知りたい方は「ロズウェル事件」で検索し、できるだけ多くの記事を見るのが得策だと思います。その努力が大であればあるほど、貴方の見解は一点に収束するに違いありません。なぜなら真実には隠し切れない性質があるからです。

 当然にも墜落したデルタ型UFOには搭乗者が居ました。残念なことに彼らの生存は確認されず、亡骸は米政府の指示により解剖されたのです。それがほかでもないアルザル人という訳です。要するに地球内部で暮す異邦人は、私達よりも高度な文明を誇っていると言えます。

 そして地球を征服する気などないようです。彼らは長らく静観して来ました。地上の社会はどういうふうに見られているのでしょうか。もちろんアルザル人は実態を把握しています。たった五人に支配される六十七億人、さぞかし滑稽なことでしょう。笑われたくなければ、行動するしかないと私は思います。
コメント (1)

知らない世界

2009年08月22日 20時12分43秒 | 文化
 異次元世界はあるとグラハム・ハンコック氏は主張しています。これについては判りませんが、人間は他世界のことを少ししか知らないのです。知らないだけで無いとは言えないでしょう。単純にあるとも言えませんが、その可能性は物理的に大きいし、実際に確認されているところもあります。

 最も身近なのはアルザルです。これは地球内部に実在する亜空間世界の呼称です。不思議なことに強い磁場が発生すると、空間は重複します。これによって生じるのが亜空間です。図らずも非固体の外殻を有する地球は自転しています。故に強磁場が持続するので、内部に亜空間が形成されるという訳です。

 ちょっと難しいですよね。残念ながら地球上の日常生活だと、あまり経験できない事柄なだけに、ピンと来ない方が多いと思います。しかし宇宙の尺度で考えれば、これが常識なのです。つまり一般常識は、地上という限定された空間でのみ通用するものが多いと言わざるを得ません。

 どだい空間が重複するとは、どういうことでしょうか。これは文字通り重なっているのです。平たく言うと地球内部のある場所は、地球内地底区3丁目1番地であり、アルザル国中央区74丁目1番地でもあります。すなわちそれぞれが独立して存在するということです。

 ともあれ問題のアルザルには、なんと知的生命体が居ます。一体、彼らはどんな生態なのでしょう。やはり喧嘩をするのでしょうか。それとも仲良く暮らしているのでしょうか。100メートル走のアルザル記録は、9秒58を上回るでしょうか。気になることは一杯ありますが、続きは明日書くことにします。
コメント

カミュの文学

2009年08月21日 15時20分22秒 | 文学
 昨日は『機動戦士ガンダム』を取り上げたので、今日はアルベール・カミュの小説から引用した会話について触れることにします。このブログを初めて見る方は分からないでしょうが、これらは三日前の奇天烈なタイムトラベルに関する補足です。

 カミュは『異邦人』でノーベル文学賞を取っていますから、知っている人は多いことでしょう。問題の言葉は『幸福な死』から借用しました。これは『異邦人』の元になった作で、氏の存命中は発表されませんでした。それにしても、カッコイイセリフだと思いませんか。

 小説全体としては大したことないですけど、あれだけは光りまくっています。私は見て直ぐに暗記しました。それほど当時の私は衝撃を受けたのです。正確にはロラン・ザグルーなる登場人物が吐いたものですが、考えたのはカミュですから問題ないでしょう。

 そしてパトリス・メルソーは主人公です。彼もアムロと同様にかなり変わっています。なんとザグルーはメルソーの恋人の元彼なのです。非常に嫉妬深く、対面することになりました。この点は解り兼ねますが、メルソーに共感できるところはあります。気になる八時間というのは、ご推察の通りサラリーマンの苦悩です。

 あまり話すと、これから見ようとする人の楽しみを奪ってしまうので、この程度にしておきますが、なぜこんなことを書くかと言えば、それは悪癖を正すことにあります。どうも私は独りよがりで勝手に進み、周囲にポカンとされる状況が珍しくありません。何事も理解してもらえないのは淋しいものです。
コメント

ガンダムは文学でもある

2009年08月20日 16時19分27秒 | 文学
 一昨日、私の書いた奇天烈な会話が見えたでしょうか。『機動戦士ガンダム』を知らない方は、訳が分からなかったかも知れません。アムロ・レイはその主人公で、ブライト・ノアは彼の上司です。共に地球連邦軍の兵士で、ジオン公国というところと戦争をしていました。問題の会話は、戦いに嫌気をさしたアムロが、ブライトの指令を無視した場面です。

 そもそもアムロは主人公の割に人気がありません。主な理由はオタクで協調性に欠けていたといった意見が多いようです。前者に関してはコメントを控えるとしても、後者に限れば仕方ないことではないでしょうか。なぜなら一年戦争時のアムロは、15歳くらいなのです。

 ガンダムというモビルスーツを乗りこなす人物が居なければ、連邦軍は危うかったと思います。アムロはこの重圧を背負っていました。たった一人の人間が大勢の命運を、それも成長過程にある少年がです。こんな状況で笑えるわけないですよね。

 こういう要素は得てして受けが悪いです。そのせいか『機動戦士ガンダム』は、当初、騒がれませんでした。というよりも不評だったために短縮されたのです。ハッキリ言って子供が理解するのは難しいでしょう。私もその口でした。ですが読解力の増した今なら、文学的にも素晴らしい作品だと思います。私は四年ほど前に、全話を見返しました。今年は放映して30周年に当たるようです。
コメント   トラックバック (1)

時空を超えろ!

2009年08月18日 19時04分39秒 | 文学
 うっとうしい選挙が始まりました。「なになにです。頑張ります。よろしく、お願いします」ほとんど意味のない言葉が、ひたすら繰り返される選挙運動を、異星人が目撃したなら大笑いすることでしょう。オールドタイプの所業を私は理解できません。

ブライト・ノア 「それにしても、寒い時代だと思わんかね」
アムロ・レイ 「ブライトさんは、どうして戦うんですか」
ブライト・ノア 「今はそんな哲学など語っている暇はない」
宮下ミレイ 「まあ、そう熱くならないで下さい」
アムロ・レイ 「あなたは誰なんですか」
宮下ミレイ 「通りすがりのタイムトラベラーです。せっかくですから、しばし語らいましょう。歴史を振り返ると、気になる発言はあります」

アルベール・カミュ 「人間というものは肉体の欲求と精神の必要の間で彼が保つ術を知っている、あの平衡によっていつも裁かれるものなんだ。メルソー君、きみは下手な生き方をしている」
パトリス・メルソー 「私はあの八時間が耐えられないのです」
宮下ミレイ 「それは今生を全てだと思っているからではないでしょうか」
グラハム・ハンコック 「異次元の世界もありますよ」
アムロ・レイ 「人間は孤独じゃないんですね。そこには、ララーも居ますか」
宮下ミレイ 「きっと。宇宙は広いですから」
コメント

麻薬の裏事情

2009年08月09日 05時07分06秒 | 社会
 酒井法子さんが覚せい剤の所持を認めたようです。これに対し社会は頭ごなしに断罪します。もちろん正当な法律を犯したわけですから非難されて当然ですが、そうなった背景こそを考えるべきではないでしょうか。なぜなら酒井さんに限らず、麻薬の利用者は大勢いるからです。

 この現象は簡単に入手できるということであり、こういう市場を無視できないと思います。かくも麻薬が流通する原因は、世界を牛耳る陰の支配者が総元締だからにほかなりません。こいつらは1715年に始まったであろうアヘン貿易以来、世界中に広めています。

 言うまでもなく正義の仮面を被る下手人は、あからさまに販売できないため、子分のマフィア経由にしているのです。なお政府も警察も支配者の管理下にありますから、麻薬は根絶されるわけがありません。ついでに言えば広報を担当しているのは、ローリング・ストーンズといった雑音を流出するならず者です。

 ファンの方には気の毒ですが、事実なので指摘せざるを得ません。ただ逮捕者が全く出なければ、誰もが怪しむが故に、多少の人が検挙されます。そして警察は押収した薬物をヤクザに垂れ流すのです。「なんとか警察24時」というようなテレビの映像は張りぼてに過ぎません。

 そもそも利用者は一時でも現状から離脱したいが為に、手を染めるものと考えられます。なぜ彼らは現実を嫌うのでしょう。それは社会が腐り切っているからではないでしょうか。正論を言えば叩かれ、生活のために耐えなければならない、こうしたジレンマが逃避を加速させると思えてなりません。
コメント

我が振り見て

2009年08月04日 05時33分03秒 | 文化
 私が書いたブログの内容は、非常に重たいものばかりです。陰謀を題材にしているわけですから当然ですが、特に最近のは家族にも相手にされない偏屈オヤジが、酔っ払ってくだを巻く様相を呈しています。我ながらぞっとするので、今日は少し明るめの話題を書きます。

 実を言うと前々から気になっていたのですが、みなさんは麻生太郎の演説振りをどのように思われるでしょうか。ほかでもない異邦人が身振り手振りを駆使する光景は様になります。中でもヒトラーは捨て駒だったにせよ、さすが俳優と言えるものです。そこへ来て、麻生の振る舞いは一体全体なんなのでしょうか。

 もちろん日本人でも、異文化に慣れ親しんだ方のは板についているでしょう。しかしイエローモンキー丸出しの麻生が真似をしたところで、気色悪いだけではないでしょうか。触れるまでもありませんが、演説の内容は最低であり、嘘を言うならもっと高度なテクニックを使え、と言ってやりたいものです。

 私としたことが、はしたない言葉を連発してしまいましたが、麻生は間抜けな犯罪者ですから致し方ないでしょう。「他人の振り見て我が身を」とは言いますが、その気になれば我が身を振り返ることもできます。無論、罪人が気持ちを入れ替えてくれることを期待してやみません。
コメント