真実の言動録~タイムトラベラー、始動する。

タイムトラベルで明かした闇の歴史・本物の歴史・真実の歴史を暴露しつつ、陰謀を仕掛ける世界権力に立ち向かう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

我が振り見て

2009年08月04日 05時33分03秒 | 文化
 私が書いたブログの内容は、非常に重たいものばかりです。陰謀を題材にしているわけですから当然ですが、特に最近のは家族にも相手にされない偏屈オヤジが、酔っ払ってくだを巻く様相を呈しています。我ながらぞっとするので、今日は少し明るめの話題を書きます。

 実を言うと前々から気になっていたのですが、みなさんは麻生太郎の演説振りをどのように思われるでしょうか。ほかでもない異邦人が身振り手振りを駆使する光景は様になります。中でもヒトラーは捨て駒だったにせよ、さすが俳優と言えるものです。そこへ来て、麻生の振る舞いは一体全体なんなのでしょうか。

 もちろん日本人でも、異文化に慣れ親しんだ方のは板についているでしょう。しかしイエローモンキー丸出しの麻生が真似をしたところで、気色悪いだけではないでしょうか。触れるまでもありませんが、演説の内容は最低であり、嘘を言うならもっと高度なテクニックを使え、と言ってやりたいものです。

 私としたことが、はしたない言葉を連発してしまいましたが、麻生は間抜けな犯罪者ですから致し方ないでしょう。「他人の振り見て我が身を」とは言いますが、その気になれば我が身を振り返ることもできます。無論、罪人が気持ちを入れ替えてくれることを期待してやみません。

コメント   この記事についてブログを書く
« 医者の選択は慎重に! | トップ | 麻薬の裏事情 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文化」カテゴリの最新記事