からくの一人遊び

音楽、小説、映画、何でも紹介、あと雑文です。

「ブーベの恋人 、La ragazza di Bube」サウンドトラック Sound Track

2020-01-18 | 音楽
「ブーベの恋人 、La ragazza di Bube」サウンドトラック Sound Track



リクオ RIKUO 「氷の世界」



藤巻亮太 「3月9日」 (カロリーメイトCM『夢の背中』篇フルバージョン)



Lookin' 4 Luv (Acoustic) - Julian Lennon 'Everything Changes' The Videos


まだまだ、ジュリアンくんは偉大な父の影からぬけだせないようだね。

2017年にアルバムを出しているが、売れ行きは好調とは言えないようだ。

でも、ジョン・レノンの息子としてはまだまだ需要があるようだ。TVなどのインタビューには出ている。

私自身は彼はポップスターとしての才能を持っているとデビューしてからずっと信じているので、なんだか寂しい。

でも一方で彼の歌声を聴くとジョンにそっくりでそれで私自身は想い出に浸れて満足してしまうところがある。

この曲なんて特にそうなんだよね。

ジョンが生きていたら今頃こういう感じなんだろうね、って。


・・・・いやいや、ダメ! ジュリアンくんにはもう少しロックンロールスターとしての彼を見せてもらいたいな。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« Salyu 愛し君へ 森山直太朗 | トップ | ましまろ / ガランとしてる (... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中学時代よみがえ (yottin)
2020-01-18 05:08:38
1964年か65年頃だと思うけど
ハローポップスと言うベスト10番組
ビートルズ独占の中でブーベの恋人が
長く入っていた 私の初めての映画音楽
サントラ盤でセリフがある
その後友だちからこのレコードをもらった
映画も見た クラウディナカルディナーレ ジョージチャキリス
だったかな? West Sideも何度も見た
ブーベの恋人懐かしいです50年以上経ちましたよ

Re.yottinさま (からく)
2020-01-18 05:51:49
ブーベの恋人、いいですよね。

クラウディア・カルディナーレ。
あの強い意志を持った目が印象的です。
私は後追いですが、1950年代・60年代のイタリア、フランス映画は内容もですが音楽も印象的ですね。
70年代後半以降はイタリア・フランス映画もあまり来なくなって、今は田舎ではほとんど観られません。寂しいことです。

あ、アンソニー・クイーンとジュリエッタ・マシーナの「道」、監督フェデリコ・フェリーニ。
あれも大変印象深い映画でした。
Unknown (53607107)
2020-01-18 20:23:12
父レノンが偉大過ぎた故なる比較されてしまう評価となってしまったけれど、ジュリアンにはジュリアンの個性か光ってるので歌い続けて欲しいですね🍀
Re.テルリンさま (からく)
2020-01-18 22:23:09
そうですよねぇ。

ビートルズのパロディやった時はほんと、やってくれるじゃん!って思ったんだよね。

歌い続けてほしいです。(*‘ω‘ *)

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事