浅野総一郎が映画「逮捕王」についてまとめてみてました。

韓国映画「逮捕王」について浅野総一郎がまとめました。

日本と海外の警察 逮捕に対する意識の違い

2018-10-08 19:10:28 | 日記
浅野総一郎が好きな韓国映画「逮捕王」では、韓国の警察を舞台にしています。警察は世界各国にありますが、日本と海外とでは警察の違いはあるのでしょうか。また、逮捕へと至るまでには様々な捜査が行われますが、「逮捕」そのものへの意識には違いはあるのかも気になります。ここでは、そんな日本と海外との警察の違いを紹介していきましょう。


浅野総一郎が調べた海外の警察の仕組み


日本の警察は、国の機関として警察庁が置かれ、警視庁や都道府県警察が捜査や取り締まりなどの幅広い活動を担います。そうした仕組みを見ても、1つの括りの組織として成り立つことがわかります。一方で、アメリカの警察組織は連邦制になっているため数多くの組織で成り立っており、州ごとの権限も日本の自治体と比べれば非常に大きいと言われているのです。日本の都道府県警察は、それぞれの自治体によって独立しているわけではありません。


逆に言えば、アメリカの警察は管轄の自治体以外で捜査することができないということにもなります。しかし、連邦捜査局のFBIなど、連邦政府に属しているような捜査機関は、アメリカ国内のすべての州を捜査できます。



アメリカは「逮捕」に対する意識も違う


浅野総一郎は数多くの警察ものの作品を見てきましたが、日本では、現行犯逮捕や緊急性を要する場合でない限り、逮捕状がなければ逮捕することができません。逮捕状を発行して初めて逮捕に踏み切ることができるというのは、犯罪の証拠を重視しているということでもあります。アメリカの場合、被疑者の身柄を一時的に拘束するために逮捕するという意味合いとなっているそうです。

アメリカは、警察官でなくても拳銃を所有しているケースが多く、罪を犯しているかどうかの証拠を集めるよりも先に、危険を排除する必要があるのです。罪を犯しているという十分な証拠を捜査しなくても、アメリカでは警察官の判断によって身柄を拘束することができます。そのため、警察官に危険性が高いと判断されれば、すぐに逮捕に至る可能性が高いのです。


同じ警察でも、日本とアメリカとでは仕組みや逮捕に対する認識も全く異なることがおわかりいただけたのではないでしょうか。浅野総一郎はここで調べたことで、海外警察にもさらに興味を持ちました。役割や体制が違うことで、犯罪との向き合い方も変わってくるのではないでしょうか。「逮捕王」では韓国警察を舞台としているので、今一度韓国警察の体制にも目を向けてみようと思います。
コメント

浅野総一郎が調べたー逮捕を取り消すことは可能?

2018-09-30 19:08:07 | 日記
韓国警察を舞台とする「逮捕王」、観たことがある方はいるでしょうか。浅野総一郎は「逮捕王」をはじめ、ポリスコメディ系の作品が好きで良く観ています。そもそも逮捕王は年間を通じて最高検挙得点を獲得した刑事に与えられる称号なのですが、逮捕が取り消された場合はどうなるのでしょうか。少し気になったので、逮捕の取り消しについて浅野総一郎なりに調べてみようと思います。


そもそも取り消しは有効なのか


刑事事件や何らかの犯罪によって逮捕されるようなことがあると、警察はその証拠を集めた上で逮捕の必要性を裁判官に求めます。現行犯逮捕以外は、基本的に逮捕状がなくては被疑者を逮捕することができません。そのため、逮捕するに至るまでにかなりの証拠があるということになるでしょう。浅野総一郎が思うに、そんな逮捕の取り消す必要がある場合には、逮捕状を請求する警察官または逮捕状を発行する立場の裁判官に働きかけることで成立するのではないかと思います。

しかし、そもそも逮捕は被疑者が逃亡する恐れがあり、証拠隠滅の恐れがある場合に行われるそうです。そう考えると、逃亡する恐れがなく、証拠隠滅の恐れがなく、被疑者の身元引受人がいるなどといった点をクリアできていれば警察官に主張することができると言えます。弁護士によれば、前述した条件を満たし、逮捕する必要性がない場合や示談を行うことで逮捕を回避することもできるとされています。




裁判官に働きかけることはできるのか


では、逮捕状を発行する立場にある裁判官に対してはどうなのでしょうか。弁護士がついている場合、裁判官へ逮捕状の発行を取りやめるように働きかけることはできるそうです。しかし、実際のところはそういった働きかけが行われるようなケースはほとんどないと言われています。それは、逮捕状がいつ請求されるか見極めることが困難であるということや、発行のタイミングも把握することができないといったことが理由です。たとえ弁護士がついている場合であっても、警察官が裁判官に逮捕状を請求する可能性が高ければ、取り消しを働きかけることは難しいと言えます。


浅野総一郎が逮捕の取り消しについて調べてみました。「逮捕王」でも何度も被疑者を逮捕するシーンが出てきますが、取り消しについてはあまり知られていないのではないでしょうか。実際に被疑者が逮捕されるまでには、警察官による捜査や逮捕の必要性を見極めた上で行われています。そういったことを踏まえても、取り消しが行われることはほとんどないと言えるのではないでしょうか。
コメント

浅野総一郎が注目している同時期の映画⑥おまえを逮捕する

2018-09-20 18:52:21 | 日記
「おまえを逮捕する」という韓国映画をご存じですか。これは浅野総一郎が好きな韓国映画「逮捕王」と同時期に公開されていた作品です。落ちこぼれの刑事達が事件解決に奮闘する作品で、出演者も実力派の韓国俳優が揃っています。具体的にどんなストーリーなのか、刑事ものが好きな浅野総一郎が「おまえを逮捕する」についてご紹介しましょう。


「おまえを逮捕する」について


「おまえを逮捕する」は今作ではじめて長編映画を手掛けたソン・ヒチャンが監督を務め、脚本はドラマ「朝鮮銃使い」や映画「キャンパス恋歌」などのキ・ステンです。メインキャストである新米刑事のキム・ホンジュをドラマ「チュオクの剣」でブレイクしたキム・ミンジュンが演じ、また、ベテラン刑事のムン・ボンスは「テロリスト 哀しき男に告げる挽歌」で青龍映画祭助演男優賞を受賞したホ・ジュノが演じています。この他にも「冬のソナタ」や「カル」に出演したチャン・ハンソンや「不良家族」などの出演したナミ・サンミなど実力派の役者が共演しています。




浅野総一郎がのめりこんだ「おまえを逮捕する」のあらすじ


新米刑事キム・ホンジュは捜査3課に所属していますが、その課は事件解決や犯人逮捕に対する熱意や情熱は課の中で最も強いのですが、なかなか結果出せていませんでした。そのため、署内ではお荷物扱いされていたのです。ホンジュは犯人を見分ける直感力の持ち主なのですが、多忙のせいで恋人テヒとの関係は危機に瀕しています。捜査3課には病に苦しむベテラン刑事のムンやホンジュに嫉妬心を持つオ刑事、恐妻家のコ刑事、個性的な4人をまとめるユク班長がいます。

巨大な組織に立ち向かっていく


張り込み捜査をさぼってテヒの同窓会に押しかけたホジュンはそこで麻薬密売の手掛かりを嗅ぎつけ、捜査3課は考課点数を稼ぐチャンスと意気込み、助っ人を要求しますが、現れたのは交通課のヘリョンでした。捜査3課は国際警察に事件を任せるように説得されますが、万年ビリを脱却するために、調査をはじめます。この事件の背景には国際麻薬組織が絡んでおり、捜査3課は困難な事件に立ち向かっていくストーリーとなっています。

「おまえを逮捕する」の名シーン


「おまえを逮捕する」は落ちこぼれ刑事たちが奮闘する話はコミカルな一面もありますが、途中、重要参考人やホジュンはバディを失うなどハードなシーンも含まれており、本格的な刑事ドラマとなっています。終盤はホジュンとヘリョンのアクションもあり、浅野総一郎もおすすめのシーンです。どんな結末を迎えるかは、ぜひ自分の目で確かめてみてください。
コメント

同時期の韓国映画⑤クイック!!

2018-08-28 10:00:12 | 日記
ここでは、韓国映画「逮捕王」の魅力を感じた浅野総一郎が、同時期に公開された映画を紹介していこうと思います。逮捕王はとにかく韓国警察の内情を楽しみながら観ることができる映画で、観やすくて浅野総一郎も好きな作品です。そんな逮捕王と同時期に公開された映画としては、「クイック」が挙げられます。では、「クイック」のあらすじや詳細を見ていきましょう。


逮捕王と違いラブストーリーだけどとにかく面白い



「クイック」は、浅野総一郎も面白おかしく観ることができた作品です。スピード狂のバイク便ライダー(イ・ミンギ)は、アイドル歌手(カン・イェウォン)をスタジオまで送ることになるのですが、正体不明の人物から脅迫電話がかかってくることで事件に巻き込まれていくというあらすじとなっています。

運悪く居合わせたアイドルと一緒にソウル市内を疾走するシーンが見物で、ハリウッド調かと思いきや、キムチパワーやお笑い要素が満載の作品になっています。スピード狂のバイク便ライダー役のイ・ミンギ自身もバイクがとにかく好きなようで、映画の中でもそれがよく伝わってきますし、止まるに止まれなくなった爆弾の運び屋となる2人は必見です。




高速道路を封鎖して撮影された



浅野総一郎も終始笑って楽しみながら観ることができた「クイック」は、高速道路を封鎖して撮影が行われたそうです。韓国のソウルに訪れたことがある方は、ソウルの中心部でバイクが駆け巡るシーンは迫力満点でより見応えがあるのではないでしょうか。キャスト・アクション・スタント・CGなど、あらゆる方向から見てもクオリティが高いので、浅野総一郎も魅了された作品です。

イ・ミンギのカッコよさに女性はときめくことでしょう。また、出演者の1人、キム・イングォンが作中で素敵な役を演じており、お腹を抱えて笑い転げるシーンも多々あります。浅野総一郎も、韓国映画はほかの映画とはレベルが違うとしばしば感じるのですが、「クイック」は特にそう感じる場面が多いです。

ここでは、韓国映画「逮捕王」と同時期に公開された「クイック」の魅力を伝えてきました。バイクの疾走シーンはもちろんですが、カーアクションも楽しんで観ることができるので、そういった場面が好きな方にも魅力的な映画になっていると思います。基本的にはラブストーリーとして展開していくので、キュンキュンするシーンもありますが、最後まで楽しんで観ることができるのは間違いないでしょう。
コメント

同時期の韓国映画④トガニ 幼き瞳の告発

2018-08-26 16:57:04 | 日記
韓国映画の「トガニ・幼き瞳の告発」という作品をご存知でしょうか。浅野総一郎は韓国映画の中でも特に韓国警察を舞台とする「逮捕王」という作品が好きで何度も観ていますが、同時期に公開された映画はどれも必見の作品ばかりです。ここでは、そんな同時期に公開された韓国映画の「トガニ・幼き瞳の告発」を紹介していきます。

「逮捕王」と同時期に公開 実際に起こった事件を描いた作品



「トガニ・幼き瞳の告発」は、韓国にて2011年にコン・ユ主演で映画化された作品で、2012年には日本公開もされています。この作品は2000年から2005円にかけて実際に行われていた入所児童に対する性的虐待やそれを施設や地域ぐるみで隠ぺいしていたことを題材にして描かれています。そのため、子役たちの演技も注目されました。

この作品の内容は、光州のろう者福祉施設の光州インファ学校で実際に起こった事件であり、現在は廃校になりました。内容が内容なだけに、作中では思わず浅野総一郎も目を背けたくなるシーンもありましたが、生徒の少女らに対して校長や教員による性的暴行が行われていた実態をリアルに描いており、考えさせられる作品となっています。

この事件を描いた小説を元に映画化となりましたが、主演を務めたコン・ユ氏はその小説を読んでおり、自ら出演したいと申し出たと言われています。



映画の影響を受けて廃校に



浅野総一郎も観たこの作品は、映画化されたことをきっかけに韓国国内では関係者に対して非難が集中し、再捜査や厳罰を求める声も後を絶ちませんでした。光州インファ学校は事件後も生徒の受け入れを行っていたそうですが、広州広域市教育庁により廃校が決定となりました。韓国政府も障害者の女性への虐待に対する厳罰化や13歳未満に対する虐待については公訴時効撤廃となる「トガニ法」を制定したのです。「トガニ・幼き瞳の告発」は、韓国の法律を変え、大きな影響力を与えたことでも話題になっています。


「トガニ・幼き瞳の告発」は、性的虐待をはじめとする内容になっているため、浅野総一郎だけでなく子どもたちには演技とは言っても見せたくない、近づけさせたくないシーンが多々あります。観続けるのが辛くなる生々しさもあり、直接的な表現にも近い印象を受けました。

しかし、浅野総一郎もこの映画の視聴者も、重たく受け止めなければならない現実を見せられたのです。観る方を選ぶ作品になっていますが、1人でも多くの方が現実と向き合うきっかけになる作品になっているのではないでしょうか。
コメント