『るみこん2』 --美少女着ぐるみとコンタクト

イベントの参加記録/予定等を書いていきます。 『るみこん』 サブブログ『St. Doll』 の補助としても使用。

江古田ナイトバザール終了

2012-01-28 22:33:41 | 着ぐるみおでかけ
「江古田ゆうゆうロードのナイトバザール」

本日江古田のお祭りナイトバザールに参加してきました。
今回もお友達が来てくれました。
娘達の所有は里沙娘子さん、とりこっとさん。
引率、Mさん、Jさん、Sさん。
寒い中、皆さんお疲れ様でした。

写真はまだ無いけど、今回はお正月らしく獅子舞い、少し早いけど節分の鬼がいました。HXLのヒーローとも再会。

あと今回なぜか犬が多かったです。 それも大型犬。 
モフモフして遊びたかったけど我慢我慢、飴配らなきゃね。


今回は飴を15袋用意したのに一回廻っただけで無くなっちゃった。
毎回いつも途中で無くなるので五割増しにしたんだけどな…スゴッ

さてさて、
ここ4年来、ナイトバザールではほぼ毎回いろいろな着ぐるみ達がボランティアとして参加し、街の人たちとふれ合っています。
会ってみたい、見てみたいという方々は奇数月の第四土曜日、江古田にGOです。



[ブログ内関連ページ]
るみこん内「江古田」


[関連リンク]
江古田ゆうゆうロード

ヒーロー クロスライン公式ブログ

コメント (3)

美少女着ぐるみの初詣

2012-01-21 18:38:21 | 着ぐるみTV
美少女着ぐるみの初詣

ミーナちゃんが神社に初詣に行ってきました♪

着ぐるみTV 32話 初詣

龍の絵馬を買ったり、12支廻りをしたり。
さて、引いたおみくじの結果は…? ちょっと良いことあるかも!??

今年も着ぐるみテレビをよろしくお願いします。




着ぐるみTVが続くかどうかは皆様の応援にかかっています!
もし気に入っていただけたら動画画面下にある「イイネ」ボタンを押して応援してね~
ツイートもしてくれたらうれしいな。次もまたみてね


[出演者リンク]
ミーナ 美少女生活


[ブログ内関連日記]
着ぐるみテレビ 過去記事


[着ぐるみテレビ]
「着ぐるみテレビ」  全話リスト


Tokyo Borderless TV
コメント

美少女着ぐるみの酉の市(後編)

2012-01-18 21:20:18 | 着ぐるみTV
美少女着ぐるみの酉の市(後編)


陽花とワームが浅草おおとり神社の酉の市に行ってきました。 その後編です♪

着ぐるみTV 31話 酉の市 (後編)

酉の市の〆は、去年行ったのざきさんのところで熊手を買いました。
熊手は「福をかき集める」という意味があるんだって!
三本締めもしてもらったよ。今年もいっぱいいいことがあるといいなぁ。





着ぐるみTVが続くかどうかは皆様の応援にかかっています!
もし気に入っていただけたら動画画面下にある「イイネ」ボタンを押して応援してね~
ツイートもしてくれたらうれしいな。次もまたみてね


[関連リンク]
<鳳神社>
東京都台東区千束3丁目18-7
 最寄り駅
 JR日暮里駅東口から、都バス 千束下車
 地下鉄日比谷線 入谷駅
 つくばエクスプレス 浅草駅


[出演者リンク]
ミーナ 美少女生活


[ブログ内関連日記]
去年の酉の市→でっかい熊で酉の市~着ぐるみテレビ更新
着ぐるみテレビ 過去記事


[着ぐるみテレビ]
「着ぐるみテレビ」  全話リスト


Tokyo Borderless TV
コメント

謹賀新年 2012年 着ぐるみ一年の計

2012-01-02 21:41:18 | 着ぐるみ関連お知らせ
新年あけましておめでとうございます。
「一年の計は元旦にあり」と言いますが、
用事にて2日になってしまいました…
ここでここで今年の自己目標を立ててみたいと思います。

表現として本当にやりたかったことをしよう
 →着ぐるみで出来る表現で、これまで考えていて
  環境やらしがらみやらで実現させていなかったものを推し進める。(※1

部屋を撮影会や放送が出来るレベルにする
 →ちょっと計画が頓挫していた部屋の装飾を再開する。

着ぐるみ面半自動作成システムの改善
 →現状の手法は手間という点では手作りと比べて
  劇的に軽減というわけではないので。 もうちょっと改良する。

さて、どこまで出来るか挑戦。













※1
元よりアニメ系着ぐるみは、アニメなどのサブカルチャーの更にサブセット(部分)にすぎず
ほとんどの人から見るならぶっちゃけ言って「どうでもいい」存在です。
これを、アニメやゲーム等のサブカル以外の分野にも派生させ、
できうるなら「サブのサブ」→「普通のサブ」 くらいにする一端をなんとか担えればと思っています。

また、着ぐるみは既に文化の発展段階の第三期に来て久しく、
誰かが方向性を決めたり行動をコントロールしたりというのはとうの昔に不可能になっています。
ならば
(いわゆる「オタク文化」がかつての宮崎事件で後退したような目にあわない為にも)
逆に各自がさまざまな分野に打って出て
裾野を広くしておくことが大切と前々から考えています。
この辺はいずれ書いてみたいと思います。
コメント