チョコレート空間

チョコレートを食べて本でも読みましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蒲生英草紙-常野物語-(恩田陸/集英社)

2005-06-20 00:37:42 | 
常野物語第二弾。
時は明治、福島に近い阿武隈川沿いにある槙村の集落で、物語はこの土地の地主の槙村の屋敷を中心に繰り広げられます。
語り手である主人公はこのお屋敷の末娘であり体が弱くて家から出られない聡子の遊び相手として屋敷に出入りするようになった医師の娘、峰子。
この屋敷にはいろいろな人物が出入りしておりその人々も個性的に描かれています。
自動兵士(ロボット)など奇抜な研究をして勝手に危ない目に遭ったりしている老人の池端先生。
西洋画を学んで洋行経験もある椎名馨。
優れた仏師だったのに仏の姿を感じられなくなって仏像を彫れなくなった永慶。
政治家、書生たち。
そこへ『光の帝国』「しまう」能力を持った春田家の先祖である春田一家が集落へ滞在します。
田舎の集落へやってきた不思議な訪問者たちは"露西亜の間諜ではないか"などとウワサを立てられたりもしますが一部の人は彼らが「常野」だということが判っています。

地方の有力者のお屋敷といい体が弱いけれど大人も答えられないようなことを鋭く言い当てる美少女、聡子が先日まだ読んだばかりの『ユージニア』の青澤緋沙子とイメージがダブりました。
この聡子は悪の要素は全くない白緋沙子ですが。
彼女は心臓が弱いんですが、途中でうっかりあ、目は見えるんだっけと思ったり。
ちょっと期待過大だったか、感動少なに読み終えてしまいました。
このシリーズはパンチのある話ではないし、タイトルからして「たんぽぽ」ですから、そんなに激しい話であるわけないけどちょっと予定調和かな~っと。
恩田さんの凄く謎が残されるタイプの話もまた理解力不足というか、すっきりしなくて困るんだけど。
それなりにラストの方はじわっと来たんですが
『エンド・ゲーム』に期待…。
コメント   この記事についてブログを書く
« 光の帝国-常野物語-(恩田... | トップ | 龍は眠る(宮部みゆき/新潮文... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事