趣味人Tの伝言

日々の趣味活動についてご紹介

向日町の転車台

2012-01-21 | 転車台訪問

京都から大阪に向かう途中、京都総合運転所の脇を通過します。

その末端にあるのがこちらの転車台。新快速とばしすぎ…

JRなら長岡京、阪急なら西向日が最寄になります。

接続する線路は1本のみで、すぐ先が車止めのちょっと寂しい配置でした。

土手の上にあるため車窓からの方がよく見えます。

ピットの一部が外側に張り出したような構造をしています。回送線と本線が交差する地点にあるため、十分なスペースが取れなかったのでしょう

踏切の先の土手に登ってみました。

この転車台は下路式バランスト型、20m級の枕木締結式です。通称G6

牽引車は作業灯が耳のようで可愛らしいです。

それにしても牽引車にはいろいろなバリエーションがありますね。

すぐ近くには電気訓練センターがありました。

クリックお願いします

↓  ↓   ↓

にほんブログ村 鉄道ブログへ


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 島式ホーム車両展示台の構想(仮) | トップ | 屋根上の色入れ さよなら能登 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
前から気になってました (グリニッヂ転車台)
2015-07-21 00:49:20
wikipediaの情報によると、まれに使われる事があるようですね。ぜひともその瞬間見てみたいもんです。
難易度が高いですね (カケス)
2015-07-23 01:14:09
グリニッヂ転車台さん

初めまして、コメントありがとうございます。
この転車台は編成の組み換えや方転で使用することがあるそうですが、自分も動いている姿を見たことはありません。
運転所の公開等で実演してくれるといいですね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

転車台訪問」カテゴリの最新記事