釣る記満々! 今年こそ本当に釣りまくるぞ!

釣り好き中年「ツリマン」の釣行記。
エサでのバス釣り、フライ、ルアー、色々やってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

犬毛フライ 試す

2017年10月24日 | 日記
キャンプを兼ねて、群馬県前橋市の「アングラーズエリア フック」に行ってきた。


朝6時半。
平日ということもあり先釣者一人。

半日券3000円を購入。

ポンドの丁度対面に位置した。

先釣者の場所はインレットの近く
俺はアウトレットの近く。

曇り空、ちょっとだけ寒いかな?朝だから。

昨年元日の早戸以来だから少し緊張。

先ずは市販のエルク#14から。


すぐに食ってくるけどタイミングか、乗らない。

数投目でようやく。


その後、数匹釣りいよいよ犬毛にチェンジ。



エルクと変わらず1投目から食ってくる。
でも乗らない。

が、これもエルクと同様に数投目で釣れた!



よしっ!犬でも釣れる!
まあ、予想はしていたけど。

その後、なんとなく一番来そうな緑の羽根募金フライにチェンジ。


これも変わらず食ってくる。

この後数回フライをチェンジしながら20匹くらい釣って、フライをロストしたので納竿とした。

久々のフライで、キャストもへたっぴでライントラブルも多く、ペースはいまいちだったけど
アングラーズエリア フック、釣れる!

犬毛フライも釣れる!
コメント

1年5カ月ぶりの釣行 茨城県道仙田 千葉県吉植池 江川

2017年05月09日 | 日記
実に去年の元日以来の釣りをしてきた。

自分でもまさかこんなに間が空くとは思ってもいなかった。

今日は5月の連休終わりの平日
曇り空 それほど暑くない。朝のうちは寒いくらい。

釣り場は空いているだろうけど、連休中相当叩かれているだろうから厳しいのは承知の上。
とにかく、ここらで一度釣りをしておかないと今度のフライ釣行に不安がある。

場所はまず、茨城県龍ヶ崎市からちょいと北上した、いつもの道仙田
朝9時に家を出て車で向かったら、いつも通る道の踏み切り(成田線)が工事で通れない。
なんてことだ。
仕方なく迂回したけど、いきなりで気が動転したか、かなり遠回りの道を選んでしまった。

10時過ぎに道仙田着。




さすがに釣り人はいない。
俺と同時くらいに来た人もいたけど、すぐいなくなった。

タックルはスピニングで、バス用フライと、青木虫。
いつも反応のいいポイントを重点的に試した。
バス用フライから。
すると2投目でいきなりガポンッ!とフライが水中に引き込まれた。

合わせたが、数秒引きを感じたけどすっぽ抜けた。
フッキングしていなかったか。
たぶん、ギルだろう。

その後も同じ場所で何回かフライをつつかれた。
が、かかりはしなかった。
フライから青木虫にチェンジするとき驚いたのが、ラインの結び方を忘れている!

さすがにすぐ思い出したから問題なかったけど、まさかそこまでとは・・・・

場所を移動しながら約1時間試しアタリなし。

印旛へ移動する。

国道356を使い安食経由で印旛へ。
途中の「吉植池」で竿を出してみたけど、まったくアタリなし。
すぐ、「江川」へ。
その途中の道も結構工事されてて様変わりしていた。
1年5ヶ月のブランクはやっぱり大きい。

江川着
平日昼間でも4~5人釣り人がいた。
バス狙いは3人くらい。




人のいないところに入り、フライから。

ここでも2投目くらいでいきなりアタリ。
のらず。

その後も、小バスがフライを見に来るけど、口は使わない。

ここで長年連れ添った緑色のバス用フライを葦に引っ掛けロスト。
回収しようとしたけど、どうにも無理であきらめた。

なんか、とてもかわいそうな気分。
ずっと一緒にバスを釣って来たのに。
こんなところに1人で(1つで)置いてけぼりにしてしまうのが、かわいそうで・・・・

こういう時は気分が乗らない。
時間もいいし、ホワイトハウスで昼飯だ。

その後、また江川に戻り、別のフライと青木虫で続けたが、小バスはいるけど反応しない。

タフだなぁ。

他にも釣れている人はいないようだった。

3時過ぎまでやって納竿とした。

今日は釣れなくてもいいんだ。
釣りの感覚を思い出しに来たから。

来週、本格的に釣行する予定。
そのときは、管釣りでトラウトだけど。
いよいよ犬毛フライ試すぞっ!
コメント

犬毛フライ+緑の羽根募金

2017年04月18日 | 日記
これまで10個作ったけど、ハックルが無くていまいちボリュームが無かった。

そこで、先日もらった「緑の羽根募金」の緑の羽根。


これ使えるかも。
やってみよう!


マハラジャ?フルハムロード?みたいなケバケバしさ。
そこに犬毛をのせれば



もっとアップで撮りたいけど、どうもスマホカメラが機能しない。

とりあえず、これを含めた11個のフライを引っさげて、来週、行く!かも。
コメント

犬毛フライ製作開始

2017年04月11日 | 日記
犬の毛でフライを作ろう計画。

ようやく製作を始めた。

何しろフライを巻いたこともないので手探り。
西山徹氏のフライフィッシングDVDを参考にしながら、俺のメインの使用フライエルクヘアカディスを模して、エルクヘアの代わりにドッグヘアで。

昨年だったか、一昨年だったか、飼っている犬から毛をいただいて保管しておいた。

その時から、エルクに比べれば細いかなぁ、と感じてはいたけど実際製作すると実感する。

ハックルがないので、タイイングキットについていた変なやつを使って作った。
スレッドはある。

ただ、このタイイングキットが不親切で、これは何、あれは何、と言うそれぞれの道具の名称も使用方法も書いていないのでど素人の俺にはわかりにくい。
たぶんこれがそうだろう、的に道具を選んで製作。
ほぼほぼ間違いなかった。

最初の1個目は約1時間かかった。

2個目からは1時間に3個出来た。
どうも細かい作業は苦手だ。

犬の毛先はホントに細いので、少し中ほどの太い部分を使ってみたり、毛先を含めて長めに作ったり、試行錯誤。



とりあえず、まだ4個。
だいぶ手際も良くなったので仕事の合間に少しづつ作っていこう。

あんまり作りすぎても、実際に役立つかどうかわからないので次回の釣行で使う分くらいで。

市販の完成品と比べるとかなり貧相だけど、魚から見たら食欲を誘うかな?

楽しみだ。
今月釣行予定。
コメント

準備

2016年12月24日 | 日記
フライを購入。

エルクを2種。

群馬のショップから。

犬毛フライを作るためのフックも購入。
#14にしたけど、もう少し大きいほうが良かったかなぁ・・・・

年末までに作れるかなぁ・・・・

夏の間にとって置いた犬毛、ダメになっちゃわないか心配だ。

早く早く・・・・
コメント

2016年初釣りは「リヴァスポット早戸」

2016年01月02日 | 日記
1月1日
今年はキャンプに行かなかったので元日早戸川に行こう、と急遽決まって仲間のハラハラマンと。

彼のアクアで朝4時に鎌ヶ谷を出発し、今回は中央道から圏央道を使って早戸へ。
ナビがあるとはいえ、そのナビに圏央道は載っていない。
途中から勘と記憶を頼りに進む。

特に迷うことなく6時過ぎにリヴァスポット早戸着。

着いた時にはまだ日の出前、真っ暗。
元日だというのに釣りバカはここにもいた。

もっと空いていると思ったのに。
でもいつもの日曜日よりはぜんぜん少ない。

受付を済ませ、新年の挨拶をスタッフに。粗品のカレンダーをもらい、

日の出まで車で待機。
この暗いのにもう始めてるのもいる。

前回の釣果は散々だった。
今回はこの寒さ(外気マイナス1度)でリベンジできるか。
人生は常に挑戦だ。

明るくなったのでいよいよ開始。
今日もフライとルアー。

一番東(下流)から始めれば太陽があたりはじめ先に暖まるだろう、という読みをした。

フライから始めた。
ところがケースを開けてみたらたいしたフライが入ってない。
前回かなり魚に持ってかれたからなぁ。
忘れてたよ。

あるフライでやるしかない。
そのあるフライが、めちゃくちゃ小さいのしかない。
その小さいフライの小さいアイにティペットを通すのが一苦労。
手がかじかんで何回も失敗しながらセット。


一番下流の一番端で投げ始めたら、数投目に出た。
まさかこんなに早く出ると思っていなかったのもあり合わせが遅れ、かかりはしたけど抜けてしまった。
くやしい!

それからしばらくしてまた出た!
これも手前まで寄せてきたのにバレた。
フライが小さすぎるかなぁ。

その後ずっと無反応。

いったい水温はどれくらいあるんだ?
手を入れてみると、外気温と変わらない。

フライをあれこれ変えてみるが反応が無い。
もう手が自由に動かない。
フライの交換もしんどい。
さらに、キャストの時にどうもラインが出ないなぁ、と思っていたらガイドが凍り付いていた。
初めて経験した。
一昨年大晦日の宮城アングラーズビレッジでは暖かかったからなぁ。

限界を感じ、ルアーにチェンジ。

この日のために仕入れたスプーンを、カラー、巻き方、上下、いろいろ試したけど反応が無い。
でも隣の人は釣っている。
いったい何が違うんだ?
これじゃ、宮城~と同じじゃないか。
そんな時、白いスプーンにヒット。
開始後1時間以上たってやっと1匹ゲット。
25cm無いくらいの虹鱒。

釣れた魚を魚籠に入れて川に入れておいたのを見てふと思った。
「こんなに寒いのに、魚は寒くないのかなぁ・・・・よく凍らないなぁ・・・・」

そんなことを考えていたら余計寒くなって、缶コーヒーで暖まることにした。

その時やっと気づいた。
自販機の方(管理小屋)は陽があたって暖かい・・・・・
振り返って自分のいた下流を見ると、日陰。
しまったぁ・・・・・!
ここは山間、太陽が出たって山の陰で陽があたる場所は限られる!
俺はずっと日陰で震えながら釣りをしていたのだぁ!!!

寒さは俺の思考さえ乱してしまったようだ。
コーヒーで温まってからしばらくは同じ場所でやったけど、ホントに限界を感じ日向に仲間と移動。
仲間も俺の近くでやっていたようだけどそれにも気づかないほど、寒さにやられていた。
ちなみにそんな中でも仲間は4匹くらいは釣っていた。
そういえば、途中、放流があったけど、俺のとこに来たか?手前には放流していたけど。

上流に移動。
暖かい~
でも、さすがにみんな考えることは同じで、こっちは人が多い。
ひとつのエリアに2~3人入っているのでなかなか入れない。
それでも空いている場所を見つけて再開。

暖かいよぉ~





暖かいからだろうか、こちらではドライに対する反応もいい。
ようやく、キャストも慣れてきた頃、ヒット!

少し合せが遅れたけど、無事キャッチ。
その後も何度もフライに出たけどフッキングならず。

午後1時、タイムアップ。

結果、俺は2匹に終わった。
前回よりも悪い・・・・
これは俺の場所選びミスに他ならない。
さらにフライが無い、ってのもミスだ。
釣行前には確認しないとね。

今回はオリーブのマラブーとかも試したけど、反応無かった。
こんなの使ったことないし、引き方もわからない。
もっと勉強だな。

釣れたフライはエルクの小さいの。
反応があったのもこれだけ。

他のフライフィッシャーは結構釣っていたんだよなぁ。
やっぱり俺は何が間違ってるんだ。

今年は犬の毛フライを自作する予定。
ドッグヘアカディスだ。

2016年の釣りは渋くスタートした。
コメント

君津市 亀山ダム釣行&キャンプ

2015年10月15日 | 日記
約20年ぶりに亀山ダムで釣りをした。
朝5時半に、レンタルボートつばきもと着。

ボートの受付を済ませ、荷物をボートに。

今回、フットエレキのデッキを少し改良。
前回高滝湖で試したときの不具合を解消した。


裏側の固定用角材を長くした。
取り付け用ナットを蝶ネジからつまみ式に変えた。
蝶ネジを回したとき指が痛かったから。
結果は良好。

取り付けてからエレキを回そうとバッテリーに繋いで試したら回らない。
うそっ!?バッテリー?充電してきたし来る前に一度試したのに。
本体?
最悪だ。

しかしよく見たら配線が逆だった。
あぶないあぶない。確認したつもりなんだけどなぁ。
繋ぎなおしてテスト。
問題なし!

駐車場から荷物運んだり、エレキセットしたりで結構疲れた。
カートを使うと遠回りになるので手で運んだから。



一人だし、小回りの効く10ftのボートにした。
あとで思えば、最近流行のデッキ式のやつにすればよかったか・・・・

で、6時10分出航。
今日は平日だから各ボート屋さんで10組位づつの釣り客のようだ。

桟橋近くの水に手で触れてみたら結構あったかい。
ところが、沖に出て水に触ると冷たい。
そうか、浅瀬はすでに温まったけど沖はまだなのか?

どこに行こうか迷ったけどとりあえずボート屋前あたりを試す。
最初はワームノーシンカーで。

反応なし。

ダムサイト方面に移動しながら試す。
無反応。
バスも見えない。

すると、近くの二人組みが釣った。
バスはいるのか・・・・

昨日までの連休で相当たたかれているはずだ。
今日はハードだぞ。
タフで有名な亀山だけに。

気温はどんどん上がってきた。
上着を脱いでシャツだけでも十分だ。

水はマッディ。
3時間やってもまだバスの姿を見ていない。
鳥居手前で11時。
1時にはあがる予定なので、つばきもとに戻りながら釣ることに。

桟橋まで来て付近でようやくバスを数匹発見。
ポッパーを投げる。
25cmくらいのバスがチェイスしてくるが食わない。
見切られたか。
色を換えその付近を試すが今度は、チェイスもしなくなり、バスは姿を消した。




少し色づき始めた木々を眺めながらの釣りは、釣れなくても楽しかった。

そう、ボウズでした。
1チェイス、ノーバイト。
いや、ギルがつついたか。

そんなもんだ。

少し粘って2時で納竿とした。

そのあと、つばきもと隣のキャンプ場で、ソロキャンプ。

半日ボートに乗っただけで、その夜はテントの中で両足がつるほど疲れたようだ。
バランス感覚は養えるけどなぁ。

次回釣行は、どこになるかなぁ。
完全に寒くなる前にフロボも試したいな。
コメント (2)

懲りずに思いつき

2015年10月07日 | 日記
まあ、思いつきと言うわけでもないけどほとんど思いつき。

仕事の納品のあと時間があるのでそのまま近場で釣りをしよう、と道具を積み込み客先から直行。

場所は、いつもの六軒川から金山落しへ。

時間は16時ころから。
六軒川では水は濁っていて魚も見えない。
ワームを落としてみても反応無し。
ブロックの間に落としてもエビも反応しない。
ポッパーを引いてみても追ってくる魚もない。
すぐあきらめて金山落しへ。

すでに17時。
ここの水は割りと澄んでいる。
水量はいつもより少ないけど、川底もうっすら見える。
ただ、魚は見えない。

ワームを落としてきたけどやっぱり反応はない。

ポッパーを対岸の葦際に投げたとき、ス~ッと小バスが出てきた。
ポッパー近くまで来て見ていたけどそれ以上反応はしなかった。

魚影を見たのはそれっきり。
暗くなったので納竿した。

ワームはノーシンカーでベイトで投げた。
だいぶ使いこなせるようになった。
いまだによくライントラブルにはなるけど。
どこをどう調整すれば解消できるかがわかってきたので、今度の釣りキャンでも活躍しそうだ。
コメント

久しぶりにのんびりと釣り

2015年09月29日 | 日記
晴れ・微風
気温 25度くらい

ようやく仕事の休みが取れたので釣りに行った。

夜明けから印旛でボートを出して釣りをしようと予定していたけど、前日の仕事が深夜まで及んだので準備ができずボートは断念。
さらに朝夜明け前に起きることができず、家を出たのが7時半。

さ~て、印旛に直行するか、釣れそうな道仙田にするか、悩みながら車を走らせたがせっかくのんびりできるんだから印旛に行くことに。
いつも印旛ではあまり時間がなくていい結果を出せていないから。

結構遠回りをすることになって印旛に着いたのが9時。

まずは「吉植池」に。30分から1時間やって「江川」に移動する予定。
しかし、着いてみると

葉っぱだらけ。

無理だ。俺のタックルじゃ釣りにならない。やりたくもない。
すぐに「江川」に移動。

平日なので先釣者は3組くらい。

が、水がかなり濁ってる。


だが、魚の姿は見えた。
稚魚のほかに20cmくらいのバスが結構泳いでる。

今日はポッパーフライ、セミフライでトップを狙うことにしている。
他に、ベイトタックルで練習を兼ねてやってみる。
実は昨日昼休みにベイトタックルのキャスティング練習をした。
なんとなくコツはつかめた。
今日、実戦で試す。
以前高滝湖に行ったときに少しやったけどどうも距離を出せなかった。
その辺を徹底的に。

まずはスピニングでセミ。
もう陽も照っているので日陰になる葦の際を狙って投げてみる。
小さなバスがじっとセミを見つめている。
チョンチョン突っつくけど咥えるまではいかない。

セミよりは小さいポッパーに変更。

すぐにヒット。

20cmくらいの小バス。
小さいけど、今年初のバスにうれしくなる。

続けて同じようなサイズのバスが釣れた。



反応が悪くなったので、カラーチェンジ。
キャストしてすぐに少し大きいバスが!
やった!30cmくらいあるか?
と喜んだ直後、そのバスのすぐ下を40cm以上あるバスが2匹泳いでいた!
「なんだありゃ!?くそっ!おい、お前を釣ってる場合じゃないよ!その下にいるヤツちょっと待てっ!」
なんてつい声に出して叫んでしまった。

30cmくらいのヤツは無事取り込んだけど40cmはどこかにいってしまった。
さっき俺が叫んだので、近くで釣りをしていた人が寄ってきた。

その後も、40cmくらいのバスが何匹も泳いでいたが、ワームに換えてもプラグに換えても、ラバージグに換えても釣ることができなかった。

でも、やっぱり「江川」には大きなバスもいる。それがわかっただけでもよかった。
次は釣ってやる!

昼飯をはさんで、午後も夕方までやったけどノーヒットに終わった。

ベイトキャストは練習した。
リールもアブからダイワに変えてみたり、いろいろやってみた。
ダイワに換えたときにラインがクラッシュして、30分くらいかけて地道に直した。
ブレーキの調整をもう少し覚えないと。

今回、小さいけどようやくバスを釣り上げて、満足。
一日のんびり釣りができたのも満足。
なかなか休みが取れないけど、次は湖でボート釣り&キャンプの予定。
コメント

勢いついちゃって道仙田

2015年08月18日 | 日記
昨日日曜に思いつきで行って撃沈反省したはずなのに、今日も仕事が午前中で終わったのをいいことに釣行。

茨城道仙田へ。


今日の道仙田は最近の豪雨の影響か、かなりの水量。

着いたのは午後1時ころだけど、曇っていて風も涼しい。
今日はセミフライほかでトップ狙ってみようか。

フライは飛ばないので足元近辺に投入してみるとすぐ反応があった。
ギルか、小バス。
針がかりはしなかったけど、完全にフライを引き込まれた。

その後も何回か同じようなことが続き、フライを小さいものに交換。
はじめたところで雨が降り出した。
まだ小雨だからと続けていたがだんだん強くなった。

こうなると魚は下にもぐってしまう。
それより、雲を見てももう止みそうにない。
雷の音も聞こえる気がする。

あきらめて撤収。

惜しかった。
魚の活性はかなりよかったのに。

また次回チャレンジだ。
コメント