TSUNODAの経営・経済つれづれ草

身近な経営に関すること、経済に関することを思うままに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地元食品スーパー「フレッセイ」が原信ナルス(新潟)と経営統合 

2013-04-15 20:46:24 | 経営全般

  食品スーパーを主事業とするフレッセイホールディングス(前橋市力丸町、植木威行社長)と原信ナルスホールディングス(新潟県長岡市、原和彦社長、東証1部)は12日、10月1日付で経営統合すると発表しました。

 株式交換により、原信ナルスHDがフレッセイHDを完全子会社化し、社名を「アクシアル リテイリング」に変更する。年間売上高は2000億円規模と見込まれ、販売規模拡大の効果を生かして競争力の強化を図る。統合後もそれぞれが独自性を生かして事業を展開、店舗名はそのまま引き継がれます。

 両社が12日に取締役会を開き、株式交換契約を結びました。統合会社の社長に原信ナルスHDの原社長、副社長にはフレッセイHDの植木社長が就任します。株式交換は、フレッセイHD株1株に対し、原信ナルス株0.86株を割り当てる。両社の株主総会での承認を経て正式に決まります。

 このニュースには驚きました。 地元群馬県の地場スーパーとして「フレッセイ」は、優等生と思っていました。店舗も毎年拡大していました。しかし、植木社長のインタビュー記事を読むと、危機感があったようです。

 地場の企業の吸収合併による再編が今後も加速しそうです。都市銀行の再編は典型でしょうが、小売業の再編も今後、急速に加速するのではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 富岡製糸場で観桜会 | トップ | 信長の縁 全国10市町首長... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

経営全般」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事