つん鯉の鯉するブログ

一言:もう高校生じゃないんやなぁ・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2003年9月15日ブレイバック

2007年02月05日 21時49分38秒 | つん鯉ぼやき

は~い。本日は失恋記念日です(爆)
1年前の今日流した涙は、菅野ダムには収まりきらなかった。

まぁ、それは置いておいて。

今日は昼から、中学の時仲良かった人と久しぶりに遊びました。
しかし、04年の12月ぶりに会ったのに、第一声が

『おっさんやん(爆)』

えぇ~っつとぉ・・・俺、もの凄い老けたみたいです。
1時からだーらだーら会話。
人の噂やら、昔の思い出など、かなり濃いトークを展開。
2月に行われる同窓会の裏話も。

4時からは、auショップやマックスバリュー(試食周り)爆
マックスバリューを出る時に、友達が行きたい場所を言い出した・・・

さかのぼる事・・・2003年9月15日(奇しくも阪神優勝の日)
中学3年のつん鯉ら、3年4組は前日の運動会の打ち上げで、
クラスの半分以上の20数名がボーリングへ行った。
そのクラス20数名ボーリングが終わって、行く場所を考えていた。
すると、とある釣り好きの1人の男が、
『櫛ヶ浜の海行こうやぁ』
と言い出した。そこは、普通の港町(漁港)の波止場。



その波止場の奥で少し出っ張った部分がある。
遠くからは見えなくて、すぐそこが海。船も止まってない。
波止場の最先端。近くのコンビニで大量にジュースとお菓子を買って、
クラスの20数名が仲良く、ミニパーティー。
すんげぇ雰囲気が良くて、綺麗な夕日も見える。
(コンビナートが景観を損ねるが)



クラスの女子とかに聞くと、
あの場所は今でも想い出に残ってるみたいです。
高校に入っても、女子の友達同士で行ったりしてるみたい。
本当に、最近もここに着た友達もいるみたいなんです。

もはや、伝説の場所となってるみたいなんです。
あの釣り好きの男の一言と、中3の頃の思い出が無かったら、
ここまで想い出の場所に発展しなかったはず。
正直、中学の教室よりも、クラスの想い出を感じる場所。

話は戻りますが・・

久しぶりに会ったんで、行ってみるか!って事に。
ちょうど綺麗な夕日が見えたぞぃ!爆
寒かったけど、すげぇ懐かしかった、
そこで、落とすフリをしてずっとふざけ合ってました(爆)



就職して、里帰りしたときは必ず1人でもココに行ってみよ。

って事で、毎日遊びまくってるつん鯉でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 君はえらい、現実的な・・・ | トップ | 祝・鯉する人々2周年 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ど素人)
2007-02-05 23:08:47
思いでの土地ってありますよね。私の場合、岡山のとある風俗店… ピーーー。強制終了 爆爆 いや、イイ思いでです。マジで。これ読んだ人、何の話なのか全然わからないと思う 爆 
Unknown (はむっちょ)
2007-02-06 00:21:06
忘れもしない2003年9月15日。
鶴田が赤星にライトオーバー打たれたのは未だに忘れられません。
ちなみにそのときのライトは朝山だったかな・・・(苦笑)

しかしいい思い出ですね。こういう思い出は一生語れますからね。
私の一生語りついでいきたい思い出は・・・胸にしまっておきましょう(笑)
Unknown (つん鯉)
2007-02-06 23:21:38
>ど素人さん
思わず、風俗かよ!!って口に出して突っ込んでしまいましたが。爆 でも想い出は人それぞれなんでね。

>はむっちょさん
朝山はそのウィニングボールを翌日星野監督に届けに行ったってエピソードもありましたね^^;赤星がサヨナラ打った時、何にも知らずつん鯉は仲間と超笑顔でしたねぇ。(後で知ってかなり落胆しましたが)

ホンマ、想い出の場所っていつまでもいいもんですね!
おもいでのばしょ (ゆず☆とら)
2007-02-07 09:06:56
わかいとき、エネルギッシュで希望に満ちたあのときに仲間と一緒に同じ場所で同じ思いでなんてない会話をしたことの方が意外に心に残るものです。大事にしてくださいよ!!私はだんだんそんな思い出の場所が違う雰囲気になってきてかなしいけど近くにいくだけで元気をもらえます(´Д`)
Unknown (つん鯉)
2007-02-07 23:05:52
>ゆず☆とらさん
他愛のない時間こそ思い出にのこるもんですねぇ
そうですかぁ・・時間がその場所の雰囲気を変えることもあるんですよねぇ。僕らの海も変な護岸工事とか、工場の更なる埋め立てとかになったら嫌ですわ。

コメントを投稿

つん鯉ぼやき」カテゴリの最新記事