ガレージ「とんぼ玉」

愛機「TDM900A:千早」「TDR125:千波」「MW125:千咲」と共に歩むブログです。

滝と肉と山道と

2017-07-11 23:56:56 | 遠乗り道中記(「千早」編)
 LEWINさんが紹介されていた奥久慈軍鶏が実に美味そうで、機会があれば是非訪れてみたいと予てより思っていました。LEWINさん、悩ましい美食記事をいつも有り難うございます(笑)。そんな折、以前の職場の先輩A氏が奥久慈を訪れたと聞き及び、居ても立っても居られなくなり(笑)、「千早」で出撃してきました。

 料金所の営業時間前であれば、若草大橋が無料で通過できることが判明したので、前回の「千咲」と同じ経路を辿ります。当然、こちらにも再々訪しました。


<代わり映えのしない構図で申し訳ありません(笑)>

<そこで、今回は饂飩を蕎麦へ替えてみました(笑)>

 国道51号から茨城県道186号へと入り、北浦大橋を渡ったら、再び国道51号へと合流し、鹿島灘沿いを北上。YSPチャレンジツーリングの登録地点にも立ち寄りながら、国道245号、同293号、同349号、同461号と繋いで、奥久慈方面へと向かいます。最初の目的地は、A先輩が送り付けてきた羨ましメール(笑)にあった龍神大吊橋…の前に、YSPチャレンジツーリング(2017 夏編)の登録地点でもある竜神ダムです。


<竜神ダムの遠景、上方に見えるのはこの後に訪れる龍神大吊橋>


<堤体上からの眺め>

<ダム湖上の龍神大吊橋>

 写真を撮っている内に「千早」と龍神大吊り橋を写真に収めたいとうずうずしてしまい(笑)、「千早」を押し歩いて堤体上へと移動します。


<記念撮影♪>

 次の目的地は、龍神大吊橋へ行く途中にある美味い蕎麦屋だったのですが、残念ながら、この日は定休日でした。また再訪することにしましょう。


<A先輩へ送るための証拠写真を撮影>

 先へと進み、龍神大吊橋へと到着です。


<吊橋を渡るかどうか迷いましたが、今回は眺めて終了(笑)>

 ここからはツーリングマップルで快走路となっている武生林道で袋田の滝を目指しますが、この道が楽しいの何の!食傷してしまう位、上り下り、左右のくねくねが続くのです!そして、後半は最近整備されたばかりのようでした。国道461号へと合流したら、程無く袋田の滝です。手前の無料駐車場へと愛車を停めて、少し歩きます。



<この時は水量が少なめでしたが、これはこれで優雅ですね♪>

 さあ、次は愈々、本日の一番の目的である奥久慈軍鶏です。LEWINさんに敬意を表し、玉屋旅館で同じ献立を心行くまで堪能することにしましょう。勿論、軍鶏弁当も注文しましたよ。


<軍鶏親子丼、噛めば噛む程、味の出る軍鶏と卵、甘辛の垂れとがよく絡んで美味しいですね♪>

<軍鶏塩焼き、こちらは打って変わって簡素な味付けなので、肉そのものの味が楽しめます♪>

 次は是非、軍鶏鍋を食べてみたいですね。

 最後の目的地は、A先輩から教わった滝です。


<月待ちの滝>

<滝の裏側へ回ることができます>

<滝の真下から上を見上げるとこんな感じ>

 滝まで続く歩道には紅葉が植わっていたので、紅葉の季節にまた来たいですね。

 帰路は国道118号を只管南下し、那珂ICから高速道路を使用しました。



<軍鶏弁当も頂きました。普通に美味しい弁当でしたが、管理人的には一番好きかも知れません>

本日の走行距離:447km

(33)大洗フェリーターミナル
(34)大洗灯台
(35)道の駅日立おさかなセンター
(36)道の駅ひたちおおた
(37)道の駅さとみ
(38)竜神ダム
(39)道の駅奥久慈だいご
(40)道の駅常陸大宮
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LEDウインカー交換 | トップ | 楽しい代車(その7) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

遠乗り道中記(「千早」編)」カテゴリの最新記事